ベスト E~Complete A side Singles~ 初回盤DISC-2

スポンサーリンク

ベスト E~Complete A side Singles~ 初回盤DISC-2

B0007X91BY B0007X91C8
05年4月13日
4月1日の解散ライブ明けに発売されたシングルベスト。全シングルA面+インディーズの「believe in love」をボーナストラックで収録。

新たな写真撮影は行われておらず、ジャケットは歴代ジャケット写真、ブックレット内の写真もジャケ写と当時のアー写が使用されているのみ。

Z、O、Nときて結局『E』で終わってしまったため、最初から終わるつもりだったのではないかとも言われてしまったが、元々ソニーとの最初の契約がアルバム4枚だった事もあって、順番に並べていたら結果的にここで解散になってしまっただけとされる。

初回盤DISC-2にのみ最後の新曲が収録された。

旅立ち…

作詞:町田紀彦、ZONE、作曲:町田紀彦、編曲:genepool
次のシングル用に準備されていたと当時説明されたが、とてもシングル用の曲には思えない。解散を聞いて、もしくはMIZUHO脱退を聞いた町田紀彦が最後に書き下ろした曲ではありそうだが、シングルとするにはシリアスで暗すぎる。MIZUHO脱退を受けての4人でのラストシングルのC/W…とかそのくらいのポジションの曲として用意されたのではないか。

シリアスな曲調はこのタイミングで解散してもまだメンバーそれぞれあまりに長い人生の本番が待っているという現実を強く突き付けてくるようでもあり、実際、歌手活動においてはメンバー全員がままならない状態となり、再結成時に残ったメンバー3人が全員正直苦労した事が語られているためよりずっしり響いてくるところがある。

ボーカルは全編通してソロパート繋ぎのみで、メンバーが声を重ねている部分が一切ないという初の編成。平メロをMIYU以外の3人がソロパートで回し、MIYUがサビをソロ歌唱という同じパターンで1番2番が構成され、ラストサビでは4人でソロ回し。終始、個に続く個なのは解散してそれぞれが違う道を行くからという事なのか。

解散から1年後に勝手にMVが制作され、解散から1年後に発売された『ZONE BEST MEMORIAL CLIPS』に収録された。これは解散ライブのリハーサル映像と当日の映像、終演後の未公開カット等を駆使してスロー映像にして組み合わせたもの。全編に渡って4人のソロパート回しになっているので編集しやすかったのか歌っているメンバーの時にほぼ歌っているメンバーの映像が流れる。一部何となくこの曲を歌っているかのように口の動きが合う瞬間があるが、スロー映像にして合わせているだけの編集マジックである。

続けて収録されているのはMIYU presentsMIZUHO presentsTOMOKA presentsMAIKO presentsと題された4人それぞれのソロバージョンアレンジ全く同じなので連続で聞くと相当かったるい。違いは歌詞のラスト1フレーズをメンバーそれぞれが書き下ろしているところである。それぞれのラストメッセージとして捉えられる。

順番としては恐らくこの各自のソロバージョンをレコーディングしてここからスタッフが本編のパート割をしているこれまでと同じ制作パターンと思われ、本編での各自のソロ歌唱部分とそれぞれのソロバージョンでの該当箇所は全く同じテイクなのではないかと思われるが、どうなんだろうか。最後の1行だけのために改めて全編別に録音されているのだろうか。

ライブでは披露されていないが、エンディングのSEとしては流されていた。
★★★☆☆
1stベスト『E~Complete A side Singles~』初回盤DISC-2
2ndベスト『ura E~Complete B side Melodies~

旅立ち・・・
ZONE
2001/01/01 ¥255

旅立ち・・・ MIYU presents
ZONE
2001/01/01 ¥255

旅立ち・・・ MIZUHO presents
ZONE
2001/01/01 ¥255

旅立ち・・・ TOMOKA presents
ZONE
2001/01/01 ¥255

旅立ち・・・ MAIKO presents
ZONE
2001/01/01 ¥255

コメント

タイトルとURLをコピーしました