勝手に音楽大賞2018

シングルは聞こうと思っていたものは全部聞き終え、アルバムは「MUSIC MUSCLE」やまだ借りてもいないアジカン、RADWIMPS、ClariS辺りがあるけどこれらは来年に回す。年々候補を上げるのは苦労しないけど並べるのに苦労するのでそろそろやらなくていいんじゃないかなと思いつつも、しかし新年に向けて1つの区切りである事もまた間違いないわけで…。

楽曲部門

大体当時書いた感想と同じで、その中でも現時点で良かった記憶が残っているものを列挙。7位までで1つ壁があるイメージなので8位以下は事実上順不同といった感じ。

アルバム部門

1位 木造の瞬間/藍坊主
2位 822/森山直太朗
3位 DANCE TO THE MUSIC/Shiggy Jr.
4位 重力と呼吸/Mr.Children
5位 FILMS/GOING UNDER GROUND
6位 STARTING OVER/高橋優
7位 DELICIOUS./TWEEDEES
8位 KICK UP!! E.P./Shiggy Jr.
9位 Peachy!/麻倉もも
10位 ROCK GOES ON/相川七瀬
11位 僕だけの君~Under Super Best~/乃木坂46
12位 新空間アルゴリズム/スキマスイッチ
13位 二重螺旋のまさゆめ/Aqua Timez
14位 走り出す瞬間/けやき坂46
15位 BLUE COMPASS/水瀬いのり
16位 ISLAND/doa
17位 ALL TIME BEST~福耳 20th Anniversary~/福耳
18位 海のOh,Yeah!!/サザンオールスターズ
19位 MeRISE/Sabao
20位 Future Pop/Perfume

アルバムは毎年迷うけど1位だけは超鉄板。ベスト盤を除くと★5発動は唯一だったんじゃないかと思う。同時に感想を書き終えた後もちょくちょく聞いていたのもこの1作のみとなるので、基本残りのアルバムはどれもだいぶ忘れていておおざっぱな印象しか残っていないのが正直なところ。「重力と呼吸」や「FILMS」は最初の印象があまりに無さすぎたのでいつもより回数を聞いたり、寝かしたりしてから感想を書いたところはある。

今年もだいぶ聞く数は抑えめにしてなるべく1作ごとに集中したとこはあるんだけど、まだちょっと多すぎたところはあるのかもしれない。

マイブレイク部門

1位 藍坊主
2位 Shiggy Jr.
3位 新しい地図
4位 夏川椎菜
5位 sumika

華麗なる復活を果たした藍坊主が再ブレイクで1位。
Shiggy Jr.はとっちらかった印象の方が強かったけど今年はレンタル追放をきっかけに今までよりしっかり聞いたためか、ある程度軸が定まったためか印象が上がった。
新しい地図は思っていた以上にSMAPっぽさを継承していて楽曲の出来がどれもいい。
夏川椎菜は「パレイド」効果、sumikaは「ファンファーレ」効果。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)