「それぞれの勝手に年間ランキング2019」公開

今年から新しくなったこの企画、投稿を公開した。

予想としては平成回顧の募集企画くらい(30通程度)だと思っていたので正直「集計します」とは言ったものの集計できないだろうなというのは分かっていて実際その通りになって集計してもほとんど意味がなさそうだったので集計は見送る事になった。

更新の都合上、例年駆け込み票が入る時間帯で集計中止を発表したので駆け込み投稿も皆無だったが(ただしTwitterで一切宣伝しなかったため0時越えての投稿は多かった)、やはりランキングという言葉は今でも人々を熱くする要素の1つではあったらしい。

2007年に投票企画を始めた際は票数の割にはとても活気があって票数が少なくてもある程度集中するところに集中したのでそこそこランキングっぽくなったんだけど、現代では好みがバラバラになっていてもうランキングにならない

また平成回顧時にも触れたように2015年前後をピークに現在の当サイトのアクセス数も最盛期の半分程度まで落ちているのでもう票数が伸びる事も無いだろう。一昔で言うサブカル系だとかフェス文化の中心にいるようなJ-POPとJ-ROCKが何か別ジャンルみたいに扱われていてJ-ROCK側に属しているような音楽ファンのブログや盛り上がりは続いているようで、まるでプロライターのような優れた構成力で音楽シーンの未来や流行の最先端を分析したような文章やチャットモンチーのベストに載ってたみたいな自分語り系(「音楽文」というロキノン系の投稿ブログの影響だと思う)は昔よりも多く見かけるが、そうではない00年前後のテキストサイト時代から細々続いてきたJ-POPの音源レビュー中心の音楽レビューサイト/ブログには明らかに新たな若い世代が現れなくなってきている。雑な言い方をすればなんかもうここ何年も生き残りの老舗だけがいるみたいな感じ。読者層もそんなに入れ替わっている様子が無いし、流行に疎いのは昔からだが筆者の加齢と共にやはりますます若者向けでも無くなってきているので、みんながそのまま加齢していくだけであれば若い時ほどは熱心に聞かなくなっていく人も増えてくるのでアクセスも投稿も減るのは必然といえる。

ていうか一昔前に比べて本当にレビューサイト/ブログ文化は変わったというか廃れたのを感じる。「アーティスト名 作品名」で検索したら以前はもっと個人の人が書いたレビューとかけっこう引っかかったのに今は販売サイトとか情報サイトばかりが検索上位に並ぶし、「アーティスト名 作品名 レビュー」で検索しても何かほとんど出てこない。けっこう昨年のジオシティーズ完全消滅とかも響いているのだろうか。ジオシティーズには00年代前半のレビューサイトやファンサイトがけっこうあったし。

元々当サイトはなるべくアクセス数を増やしたくなかったというひねくれた方針で隠れ家のようにやってきたので、なんなら途中から検索に引っかかりやすいレビューという言葉を使わずに「感想」と言い張って検索逆対策をしていたほどである。アクセス数が半減して最近は厄介な人の特攻を受けることも無くなったので半減自体に焦りとかは無いんだけど…でも当サイトだけじゃなくて近いスタイルのリスナーが減ってるなぁ…という感じはここ1,2年くらいで一気に感じ始めた。減ったなぁ…どころかいなくなったなぁレベルの寂しさは感じている。なので20通でも30通でも投稿が届いたのは単純にまだ近いスタイルのリスナーがいる事が分かって嬉しくもある。同じように感じる人はいるだろうか。

そんなわけでのんびりとしたそれぞれの勝手に年間ランキングを公開しあおうというゆるっとした企画となったわけだけど、個々のランキングはこれまでの集計ランキングとは違う個人個人の嗜好が見えるので、これをざっと並べるだけでもそれぞれの思いが見えてきてなかなか面白くはなったと思う。やはりチャートから当サイトに入った人も未だ多いのでチャート的な盛り上がりに比べれば結果を予想する楽しみとかそういう盛り上がりは無いんだけど、こういうのも良くないだろうか?年々減り続けて最後の1人になるまでは続けていきたいなと思う。

勝手に音楽大賞2019

楽曲部門

1位 アンドロメダ/藍坊主
2位 キュン/日向坂46
3位 Pretender/Official髭男dism
4位 レタス/藍坊主
5位 Summer Delay/ClariS
6位 イエスタデイ/Official髭男dism
7位 宿命/Official髭男dism
8位 ミライからの光/DEEN
9位 星のファンファーレ/新しい地図 join ミュージック
10位 ドレミソラシド/日向坂46
11位 光の気配/KinKi Kids
12位 馬と鹿/米津玄師
13位 風を待つ/STU48
14位 Wonder Caravan!/水瀬いのり
15位 WE DO/いきものがかり
16位 OH!/SHISHAMO
17位 元号/GLAY
18位 光るよ/東京女子流
19位 ロマンチシズム/Mrs. GREEN APPLE
20位 やさしさが邪魔をする/日向坂46
順不同候補曲
仰げば青空/秦基博
JOYFUL LOVE/日向坂46
僕のこと/Mrs. GREEN APPLE
夜明けまで強がらなくてもいい/乃木坂46
青春/スキマスイッチ
Chime/大塚愛
こんなに好きになっちゃっていいの?/日向坂46
SEIMEI/ゆず
優しいあの子/スピッツ
GreenGreen/ゆず
東京/スキマスイッチ
リボン feat.桜井和寿/東京スカパラダイスオーケストラ
Journey/さかいゆう
She’s Gettin’Married/さかいゆう
Turning Up/嵐
セレモニー/キンモクセイ
一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない/日向坂46(上村ひなの)
旅のつづき/竹内まりや
Dreaming of You/さかいゆう
歌になりたい/ASKA
ありがちな恋愛/乃木坂46
朱夏/LUNKHEAD
愛にできることはまだあるかい/RADWIMPS

正直ずば抜けてこれだというのは無く、トップ3辺りでももう明日には順番が入れ替わっていそうな感じ。とりあえず無理やり20位まで割り振ってあるが、これも明日には変わっているかもしれない。

とはいえ突き抜けまくったこれぞ2019年の1曲というのが無いだけであって、気に入った曲はそれなりに数多い。前年の好調を維持した藍坊主、ポップに突き抜けたOfficial髭男dismは良かったし、日向坂46も良かった。ClariSはカバーミニアルバムに入っていた新曲の「Summer Delay」が良かった。

アルバム部門

1位 plusequal/LUNKHEAD
2位 燃えない化石/藍坊主
3位 Yu Are Something/さかいゆう
4位 Traveler/Official髭男dism
5位 木梨ファンク~NORI NORI NO-RI~/木梨憲武
6位 見っけ/スピッツ
7位 RYOTA FUJIMAKI Acoustic Recordings 2000-2010/藤巻亮太
8位 ログライン/夏川椎菜
9位 aurora arc/BUMP OF CHICKEN
10位 NEWJOURNEY/DEEN
11位 Ballads in Love The greatest love songs of DEEN/DEEN
12位 Why Me? Why Not./Liam Gallagher
13位 Ep01/夏川椎菜
14位 ジャパニーズポップス/キンモクセイ
15位 WE DO/いきものがかり
16位 Catch the Rainbow!/水瀬いのり
17位 QUIZMASTER/NICO Touches the Walls
18位 Sympa/King Gnu
19位 コペルニクス/秦基博
20位 金色BITTER/ウカスカジー
+1  ALL TIME SUPER BEST/LUNKHEAD

結成20周年の意地と窮状を惜しげもなくさらけ出したLUNKHEADがやはり今年は1番刺さった。藍坊主も前年に引き続き良かったが前年にはトータルで及ばずといったところ。さかいゆうは1曲単位というよりもトータルでの音の良さに惹かれた。雰囲気カッコいいという点ではKing Gnuもそれに近いがこちらはもっとメインで聞かないけどなんか時々いいなっていう。

Official髭男dismは前作はそこまででもなかったが今年のは売れ線に突き抜けていて良かった。10月以降に一気に色々聞いてきた中では木梨憲武が予想外に良かった。スピッツ、キンモクセイ、いきものがかり、秦基博辺りは期待通りのラインで以上までは行かなかった感じ。ただまだ感想も上げてない段階の作品もあり、感想を上げる段階では話が変わっていてもまたあいつやりやがったなと思ってそっとしておいてほしい。

マイブレイク部門 

1位 日向坂46
2位 さかいゆう
3位 木梨憲武
4位 Official髭男dism
5位 LUNKHEAD
次点 キンモクセイ

改名単独シングルデビューの日向坂46がダントツ。ひらがな時代から好印象ではあったがさらに突き抜けた。さかいゆうとLUNKEAHDは飛躍や再ブレイクに近い形で。木梨憲武、Official髭男dismは純粋に今年新しく聞いたので。

キンモクセイは活動急始が嬉しかった。

フォーエバー部門

1位 柿崎芽実(日向坂46)
2位 長濱ねる(欅坂46)
3位 ねごと
4位 Shiggy Jr.
5位 NICO Touches the Walls
6位 CHAGE and ASKA
7位 TRUSTRICK

今年引退・解散してしまって惜しい人たちという部門。なんか今年は目立った気がしたので新設してみた。卒業メンバーとか基本的に残念だねくらいの軽い感じで終わるんだけど、長濱ねるの不可解というか疲れ果ててサヨウナラみたいな終わり方はいつもよりも遥かに残念だった。さらに柿崎芽実のフェードアウト卒業は過去の卒業で1番残念だったかもしれない。あんな終わり方って無い。

ねごと、Shiggy Jr.、NICO Touches the Wallsといった中堅どころのバンドが相次いで解散。ねごとは解散ベスト・ツアーを大々的にやれて音楽的にも行きついた(バンドである必要が無くなった)のである意味で仕方ないところもあったが、NICO Touches the Wallsは唐突な終了宣言をしたっきり全員音沙汰が無いまま。Shiggy Jr.は解散発表から解散ライブまで猶予はあったが事務所もレーベルも活動期間の割に安定せずに移籍をしていたためか、総括的ないわゆるベスト盤などの締めの作品も一切リリースされないまま。最後の作品は春の配信シングルになってしまったので、アルバム締めでもない。印象的にも曲作ってる側男子メンバー的には志半ばで30代目前で冷静になったボーカルに辞められてしまった感じで残念だった。「ピュアなソルジャー」のMVでエキストラもメンバーもニコニコなのになんかボーカルだけ微笑程度で温度差があったのが気になっていたがまさか…な…。

CHAGE and ASKAはASKAの脱退宣言とCHAGEへの一方的な物言いがASKAらしくもあったが、やはりそりゃないよなぁと。

TRUSTRICKは基本音楽活動が長続きしない神田の沙也加さんらしいといえばらしいんだけど、休止で留めていた意味が結局無かったなと。というか休止のまま放置だと思っていたので解散宣言が逆に意外だった。

勝手に2019音楽大賞~途中経過~

上半期が終わってないのに6月真ん中あたりから流行り始めてしまい6月後半の作品が不遇になりがちでお馴染みの上半期勝手にランキング(コピペ)。いつだったか上半期だけやって下半期が無いのは不公平だという声が飛び交ったため、そういやそうだなと「途中経過」と改名したが、結局みんな上半期のままじゃねーかよでおなじみの季節がやってきた。

先日平成総括で1~4月までをやったばかりでまたすぐやるという初の事態となったが案の定な結果となった。

なおシングルはあらかた予定していたものは聞き終えているが(感想執筆前多数)、アルバムは特に5,6月が揃いきってない中で行っている。

これとどっか変わった?

と思ってもそっとしておいてほしい。 「勝手に2019音楽大賞~途中経過~」の続きを読む…

勝手に音楽大賞2018

シングルは聞こうと思っていたものは全部聞き終え、アルバムは「MUSIC MUSCLE」やまだ借りてもいないアジカン、RADWIMPS、ClariS辺りがあるけどこれらは来年に回す。年々候補を上げるのは苦労しないけど並べるのに苦労するのでそろそろやらなくていいんじゃないかなと思いつつも、しかし新年に向けて1つの区切りである事もまた間違いないわけで…。

楽曲部門

大体当時書いた感想と同じで、その中でも現時点で良かった記憶が残っているものを列挙。7位までで1つ壁があるイメージなので8位以下は事実上順不同といった感じ。

アルバム部門

1位 木造の瞬間/藍坊主
2位 822/森山直太朗
3位 DANCE TO THE MUSIC/Shiggy Jr.
4位 重力と呼吸/Mr.Children
5位 FILMS/GOING UNDER GROUND
6位 STARTING OVER/高橋優
7位 DELICIOUS./TWEEDEES
8位 KICK UP!! E.P./Shiggy Jr.
9位 Peachy!/麻倉もも
10位 ROCK GOES ON/相川七瀬
11位 僕だけの君~Under Super Best~/乃木坂46
12位 新空間アルゴリズム/スキマスイッチ
13位 二重螺旋のまさゆめ/Aqua Timez
14位 走り出す瞬間/けやき坂46
15位 BLUE COMPASS/水瀬いのり
16位 ISLAND/doa
17位 ALL TIME BEST~福耳 20th Anniversary~/福耳
18位 海のOh,Yeah!!/サザンオールスターズ
19位 MeRISE/Sabao
20位 Future Pop/Perfume

アルバムは毎年迷うけど1位だけは超鉄板。ベスト盤を除くと★5発動は唯一だったんじゃないかと思う。同時に感想を書き終えた後もちょくちょく聞いていたのもこの1作のみとなるので、基本残りのアルバムはどれもだいぶ忘れていておおざっぱな印象しか残っていないのが正直なところ。「重力と呼吸」や「FILMS」は最初の印象があまりに無さすぎたのでいつもより回数を聞いたり、寝かしたりしてから感想を書いたところはある。

今年もだいぶ聞く数は抑えめにしてなるべく1作ごとに集中したとこはあるんだけど、まだちょっと多すぎたところはあるのかもしれない。

マイブレイク部門

1位 藍坊主
2位 Shiggy Jr.
3位 新しい地図
4位 夏川椎菜
5位 sumika

華麗なる復活を果たした藍坊主が再ブレイクで1位。
Shiggy Jr.はとっちらかった印象の方が強かったけど今年はレンタル追放をきっかけに今までよりしっかり聞いたためか、ある程度軸が定まったためか印象が上がった。
新しい地図は思っていた以上にSMAPっぽさを継承していて楽曲の出来がどれもいい。
夏川椎菜は「パレイド」効果、sumikaは「ファンファーレ」効果。