ありがとうさようならガラケー…そして。

このサイトにあるプロフィール欄を見ると携帯電話を使い始めてからの使用期間と歴代機種が記録してある。携帯電話を周囲が持ち始めたのはちょうど00年3月の中学卒業時期。卒業前に買ってもらったというやつがクラスに数名いる感じで、00年4月高校入学と同時におおよそクラスの半数程度が買ってもらった感じになり、ワンギリ文化や意味のないショートメールのやり取りなどが流行。中学時代までは無かった新たなツールとして時代と共に進化していった。高校を卒業する頃にはもう持ってない奴が数人とかそういう普及率だったと記憶している。

J-PHONEだった社名もVodafoneに変わり、ソフトバンクへ変わり、外人が「予想GUYです」と言い始めて犬がお父さんになったCMを始めて落ち着いた。やがてスマートフォンが登場した。そんな中でもガラケーを使い続け、2014年からは格安スマホと2台持ちへ変更したが、2011年秋に変えたNEC最後のガラケー001Nがこの6年弱の中で徐々に疲弊

第一ケータイ

2014~15年頃だろうか?ここの蓋がどこかへ旅立っていった

第二ケータイ

今年になると1回落とした際にここの部分が彼方へと旅立っていった

第三ケータイ

そして先日、ここの蓋までもが何処へと旅立とうとしたが引き留めた

という感じでパーツがボロボロ剥がれ落ちてきてしまい段々無残な感じになってきた。前任の820Nは現役バリバリだったところ、自転車走行中にポケットから落下、背後から来たトラックの下敷きになり木っ端みじんという一撃での凄惨な最期を遂げたが、今回のはじわじわボロくなっていく。さらに前任のV-601N(GOING UNDER GROUND「ハートビート」CMタイアップで宣伝してたやつ)は4年半使っただけで電池が瀕死(1回電話しただけで電池残量真っ赤)だったが、電池に関しては過去最長の5年8ヶ月の使用でもへたることはなかった。まあ途中で電池パック1個無料プレゼントを駆使したのもあるが。

とはいえパーツが3つ旅立ち、角も欠けてボロボロなのでこれはそろそろなんじゃないかと思い、思い立ったが吉日。機種変更をする事にした。

しかし既にスマートフォンは格安スマホのZenfone Goを昨秋購入したばかりでここでスマートフォンに乗り換えたら意味が無くなってしまう。なので店員の「ガラケーからスマートフォンですとお得な…」という言葉を遮るようにガラケーを宣言。既に選択肢は3つしかなく、そのうちの1つは「かんたん携帯」。しかも厳密にはガラケーはもう滅んでいた。さらっと4Gのガラホと呼ばれるものへと変化していた。

ガラケー全盛期はSHARPが最先端を誇っていたので、反抗期だった俺はSHARPを回避し続け、やれKENWOODSANYONECだとそんなとこが携帯出してたの!?ていうかSANYOもう無いよ!と現代では驚かれそうな会社の機種ばかり選んでいたが、回避し続けて17年、ついにSHARPの携帯を手に取る時が来た

SHARP降臨

なんだか色々な新プランがあり、無駄に6000円くらいかかっていた使用料が半額以下くらいになるという事で結果的に物凄いコストダウンになる模様。というのも当時はパケ放題が定額で4000円超えるようなのしか無かったが、現在はGBごとに選べたり、使った分だけ上がっていって以前の4000円強のラインで上限になるという仕組みのもあるという。Web使用の大半をスマートフォンでやっていて、ガラケーではほとんど使わない、調べたら毎月1000円ちょい相当しか使ってなかったらしく、これがコスト減に繋がった。というか無駄にボラれていた感じじゃねーかこれ。5年8ヵ月も料金プラン放置はマズかったか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)