罠の戦争 1~2話

2023年冬クール、関西テレビ制作フジ系月曜22時枠。2015年「銭の戦争」、2017年「嘘の戦争」に続く戦争シリーズ第3弾の位置づけ。00年代の僕シリーズ3作同様に3作に繋がりは無くタイトルを揃えているだけ。

「嘘の戦争」以来の草彅剛主演地上波ドラマ復帰作となり、ジャニーズ退所後初にして6年ぶりの連ドラ主演となった。

1話

かつて救われた犬飼大臣(本田博太郎)に忠誠を誓い、有能な秘書として働いていた鷲津(草彅剛)。仕事が多忙でなかなか家族サービスはできないものの、妻の可南子(井川遥)、息子の泰生(白鳥晴都)との関係も良好だったが、泰生が何者かに突き落とされて瀕死の重傷を負い意識不明になってしまう。

政治的な何かが絡んでいるのか犬飼大臣に事故でもみ消すようにという特命が下り、犬飼から事故で処理するように脅された鷲津はショックを受ける。鷲津の有能さは認めている犬飼は本気か嘘か脅しをかけつつも、言う事を聞いてくれと懇願気味の態度に転じて土下座までする始末。要求をのんだ(かに見えた)鷲津に可南子はショックを受けて離婚を切り出そうとするが、鷲津は怒りと復讐に燃えていた。鷲津は危ない橋を渡って関係者全員権力の座から引きずり落とす事にしたから離婚した方がいいと逆に提案するが、可南子も共に戦うと宣言。夫婦仲安泰

手始めに秘書の蛍原(小野花梨)が同じ秘書で1番年上の立場の虻川(田口浩正)の常日頃のパワハラ行為にもう辞めようかと言っているのを聞いて、協力者として引き込み、虻川を貶める罠を仕掛ける事に。虻川と責任者である犬飼をある程度追い込むことに成功した鷲津は自身の境遇と復讐するという目的を明かし、正式な協力を蛍原と新人の蛯沢(杉野遥亮)に依頼。日頃から鷲津がそれとなくパワハラから守ってくれたり、今回の件で覚悟を決めている蛍原は乗っかるが、新人で何も知らない蛯沢にまでいきなり明かすのはヤバいのでは?と聞く蛍原、自分でもそう思うという蛯沢。しかし冒頭で政治パーティーに現れた蛯沢が犬飼大臣に生卵アタックをキメようとしていた事を観察眼で見抜いていた鷲津は何らかの恨みがある復讐者だろうと分かっていてあえて雇っていた(何故雇ったかは不明だが側に置いておいた方が監視出来て安心と考えたのかもしれない)。詳細は聞かなかったもののその行動を見て協力者になってくれると確信していると告げ、内部から蛍原・蛯沢、記者の熊谷(宮澤エマ)とコンタクトを取って罠にかけて次々と失脚させていく復讐が始まる…。

出足は好調。必要以上に理不尽シーンと主人公追い込まれを続けると初回から辛くてしんどくなるが、初回から味方も引き入れて早くも復讐行動を開始したので割とテンポが良かった。問題はどこまで順調に計画通りに事を進めていけるかだが、秘書としての有能っぷりは散々示されたのでそれなりに毎回うまく進めていける話になりそうではある。最後の最後の大逆転まで遠回りで追い込まれ展開が続くというよりは1人ずつ失脚させていくパターン+事件の真相に迫っていく…ならいいんだけど。

若手秘書役の小野花梨、他の画像だと全く違うんだけど秘書メイクアップしている今作だとどういうわけか秋元の真夏さんに雰囲気が似ているような…。ジャニーズ時代末期のパターンだと20代の蛯沢役にキスマイ、Sexy Zoneら飯島案件グループから誰か、今回だと息子役にジャニーズJr.とかバーターしていたんだろうけど、ジャニーズ後輩がいないというところにジャニーズではなくなったというのを感じる。

また「冬のサクラ」で年上の今井美樹が相手役だった以外はヒロインがいつまでも10以上年下の20代というのが続いていたが、今回は同世代の井川遥が妻役の既婚者というところも時の流れを感じる。政治家相手の話なので、必然的に高齢者ばかりになってきて画面が終始中高年ばかりになってしまうためか協力者の秘書仲間に若い20代の男女を揃えたりも。ジャニーズ案件というしがらみのない中でどんな展開になるのかは楽しみ。

2話

確実に虻川を追い込んで追放するためには虻川が持つ裏帳簿の確保が最優先となる。裏帳簿探しに加えて更なる罠を張って虻川を追い込んでいく鷲津。虻川も馬鹿ではなく、鷲津を怪しんで唯一の味方となっている貝沼(坂口涼太郎)を使って鷲津を見張らせる。蛍原にはセクハラしていたので近寄らなかったものの新人の蛯沢を警戒していなかったのが最終的に虻川の失敗となった。鷲津も怪しまれているのは察知して熊谷とも組んで虻川の自爆を誘って立ち回り虻川を追い込んでいく。これまで蚊帳の外だった妻の可南子も何かしたいという事で、熊谷をうまく使って、虻川の失言を誘いながらも事件か事故か知りたいというインタビュー動画を流させ、しかしこうなったのは虻川の失言のせいであって、鷲津は大臣の意向に反してはいないというギリギリのラインを突く大立ち回り。普段の態度の悪さから虻川がどんどん追い込まれていき、ついには暴行事件で留置場行きへ。

迎えに来た鷲津はさすがにお前の仕組んだ事だろうという虻川の問いに感情を抑えきれずに表情で自白してしまうも、裏帳簿を蛯沢が発見確保していたため、大臣に裏帳簿を渡して裏帳簿さえ持っていなければ用済みである虻川をクビにさせる事に成功。

蛯沢は兄の会社が傾いていて兄が大臣に陳謝した際に「前向きに善処」と言われたと聞いて喜んでいたが連絡一切なしのまま兄は過労で死亡。なのにパーティーへの出席案内が届いたので卵でもぶつけてやろうと思っていたと大臣への恨みの理由が判明。亡くなった人へ招待状を出してしまうのは蛍原によればよくある事らしく申し訳なさそうに謝られてもいたし恨みの理由弱いな…。回想での兄のあのビミョーな表情を見るに、政治家のいう前向きに善処が建前でしか無く無理めな事には気づいていたっぽく、むしろ研究研究研究で世間知らずだった蛯沢が勝手に大臣バックアップキタコレと期待して勘違いしている感が少々漂う…。大臣が「前向きに善処」なんて方便だという趣旨の話をしている現場に居合わせて蛯沢がブチ切れそうになっていたのは蛍原が明るくフォロー。

裏帳簿は蛯沢が発見していたり、暴行事件を起こすきっかけになったぶつかった相手が蛯沢の友人だったりと蛯沢の活躍が目立ったものの、明るいフォロー役なだけでなく虻川に最後に恨み節をぶつけにいったのはセクハラ被害に遭っていた蛍原だったり、協力者2人の活躍のバランスも良かった。ただ蛯沢の恨みの理由が思ったより弱く、ラストで鷲津に対して時々豹変して怖いと言う蛯沢とそれなりの秘書経験とセクハラ地獄を経験してきたためか鷲津はとても信用できる人だと気にしていない蛍原とで少々温度差が出ているのは気になるところ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました