CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 9話

田丸(西島秀俊)が謎の男にスカウトされていたが特に新たな展開は無し。稲見(小栗旬)の自衛隊時代の同僚の結城(金子ノブアキ)が失踪したと鍛治(長塚京三)から連絡が。間もなく結城は稲見に接触してきて国家へたてつくから協力しろとスカウトしてくる。また分かりやすく悪堕ちした世界を変えてやる系テロリスト出てきたなぁ…。

この時点での結城は大々的に追われているわけではなく、表向き休暇から戻らずそのまま失踪したので捜索しているという段階だったので、静かに潜っていればいいのに何故か通りがかった警官を撃って逃亡するという罪が残るような真似をしたので普通に追われる身に。結城は3日後の約束の場所と自分から指定していた場所には現れなかったが、近くの屋上から去っていく特捜班の顔を確認。一般人として張り込んでいた特捜班だったが、結城が現れなかったから油断したのか、ザ・俺たち仲間です!みたいにセットで揃って場を去っていくもんだから外から見てりゃこいつらが仲間だと分かっちゃうという…。

さらに結城は大胆に特捜班の職場に出現。少し早く出勤してきた大山(新木優子)を脅して閣僚の個人情報を入手。大山が密かに吉永(田中哲司)にメッセージを送っていたので特捜班が駆け付けるが大山を盾にした結城は爆弾を置き土産にして堂々逃亡。死にはしなかったが特捜班の部屋(の隣に稲見が爆弾を持ち去ったっぽい)はズッドーン爆裂して部屋はグチャグチャ、特捜班全員気絶して次回へ続く!

稲見の過去が!?とか煽っていたのにこれまでと同じ自衛官時代に命乞いする同僚らしき男を射殺した以外の回想は出てこなくてほとんど煽り詐欺。回想に出てきた事も無い結城が突如出てきて結城がテロに転じた理由も次回へ持ち越しになったので結局何も分かってないっていう。わざわざ2年も会ってなかった稲見をそんなに魅力ある言葉や理想も語らずにスカウトしようとしたり、逃げるのに無駄に警官撃ったり、特捜班の部屋に乗り込んできたりとここまで挑発してくるのもちょっと尋常じゃない勢いだった。ていうか警察の入口ザルだなぁ…。

貴族探偵 8話

師匠の切子(井川遥)の死に貴族探偵(相葉雅紀)が関わっており、キーワードになる人物が「政宗是正」。愛香(武井咲)は鼻形(生瀬勝久)に警察の力で調べてくれと依頼。そんな中、大学時代の先輩の上原多香子に呼ばれた愛香は母校へ。最近貴族探偵と知り合ったという上原多香子がお互い知り合いらしいという事で呼んだらしいが、研究室にいたかつての同級生が殺害されてしまう。

今回は捜査する刑事が鼻形ではなく、愛香は容疑者として取調室送りになってしまい出番激減。代わりに鼻形が任せろ!と登場し、事件を推理する事に。執事一行の状況整理を聞いた鼻形は犯人を貴族探偵と推理して大外ししてしまう。しかし鼻形は鼻形なりに熟考しており、手帳にはビッシリとメモ書きが残されていたり、貴族探偵を犯人と名指しするからには貴族探偵専任の立場も辞する覚悟を見せる、外した後に偉く落ち込む…などいつもおふざけ担当の鼻形とは思えない真面目さと覚悟を見せていた。妄想だけで犯人を決め、外した後もさほど悪ぶれる様子も落ち込む様子も無くて完全に外すのに慣れきっているいつもの人とは覚悟と気合いが違いすぎていたような…。

結局、犯人はモブ学生の1人で処理された。久々に見た上原多香子が今更の月9初出演、謎のキノコヘアーで誰だか分からない状態だったのは驚きだったが、それ以上に殺された女にだらしない男子院生をやってたのが松川尚瑠輝。『女王の教室』で準主役だったあの少年だったのがエンドクレジットで判明した時の方がビックリだった。男子の方が見た目変わるよな…。

ラストでは鼻形が「政宗是正」は公安の案件で謎の人物だと分かったと告げてくる。これが貴族探偵なのか?と謎が深まったところで次回へ続く。これ…まさか散々謎を振りまいて結局ハッキリしない謎のまま終わるいうオチじゃないよな…?

ドラゴンボール超 93話

フリーザを地獄から占いババの力で24時間だけ連れてくることを提案した悟空。アニメ版悟空の常識外れっぷりも行くところまで行った感があったが、いざスカウトの場では久々にクールに頭のキレる悟空が思いがけず顔を見せた。大会出場を持ち掛けての駆け引きは近年の悟空とは思えない言動のキレっぷりで、フリーザが断ると見るやとっととあきらめて去ろうとして逆にフリーザを慌てさせたり、うまくいったら生き返らせろ!という条件も1度では飲まずに却下。MVPは超DBだから自分で活躍して獲得しろと言い放つ。フリーザは自分と戦いたくはないのか?と悟空の闘争本能に訴えかけ、地球のDBでいいから生き返らせることを条件にして悟空もそれを飲んだ。

結果的にフリーザを生き返らせることを独断で承認してしまい、いつものクレイジー独断悟空にはなったけど見せ方が違うだけでこうも印象が変わるものか。既に黒歴史化している悟空のせいで宇宙消滅危機になってしまったみたいな流れもまさに悟空の言動行動の描き方が最悪だったせいなわけだけど、このくらいのキレで悟空を描いていれば…。とりあえずフリーザを生き返らせるのをみんなに黙っているかどうかでまた信用問題になってきそうだけど、何故かレーダー使ってとっとと集められるDBを「ちょっと集めるのに時間がかかる」と言っていたので、集まらなかったフリして約束を反故にするつもりなのだろうか。だったら凄いけど。

別の宇宙のスパイがフリーザを利用して大会前に悟空たちを潰そうと画策する中で、第6宇宙ではキャベがスカウトした女サイヤ人カリフラが超サイヤ化したのに続いて妹分のケールも超化させようとしていた。しかし気弱でおとなしい性格のケールは変身できず。

だがキャベとカリフラが仲良さげに言い合いしているのを見たケールは突如ブチ切れて変身。しかもなんかヤバそうな気をまといながら変身した姿は元の面影の無いムキムキ巨体化で、かつてのアニメ映画版に3度出演したブロリーそっくりの姿に。

この女ブロリー、キャベを指さしながら「まずはお前から血祭りにあげてやる…」だの「力が高まる…溢れる…」だのブロリーの印象的な台詞やポーズ、技などをほぼ完コピしまくり。キャベは早速3人の中で最弱扱いになってしまい、超サイヤ人2に覚醒したカリフラが攻撃を防いだ事で助かり、女ブロリーもケールに戻った。

完全にブロリーのパロディで懐かし世代にクリティカルヒットだなこれ。ブロリーが出た映画3作って93~94年だからもう23,4年前だけどな!

ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~ 最終話

カシ子(倍賞美津子)が友人に宛てた手紙を読んで愛情を改めて感じ、1人で死なせたことを悔いた鳩子(多部未華子)はショックで引きこもりになってしまった。しばし引きこもった後、隣人のバーバラ婦人(江波杏子)が実はけっこうカシ子と親しかったと明かし、死の3日前にも話をしていたと明かす。鳩子を探そうかと提案するバーバラ婦人に対して自由に生きてほしいし、縛られてほしくないからと探すのも会うのも遠慮して死んでいった事が明かされた。

なんとか文具店は再開するも代書は休業したままだった鳩子だが、鎌倉で知り合ったレギュラー出演者の人々との交流や、実家に帰る事になっていた守景(上地雄輔)が鳩子のそばにいたいと思うようになって残る事にしたことなどいろいろあって心を回復。最後はカシ子への手紙を書いて代書屋として復活して大団円となった。

男爵(奥田瑛二)に避けられていたはずの帆子(片瀬那奈)はあきらめていないという発言は繰り返していたが最終話でいきなり婚約したと発表。いきなりナニソレ…。またバーバラ婦人宅のお花見パーティーでは近所のよく出てきていたおばさん(大島蓉子)だけでなく、ほとんど出ていた記憶のないおばさんの旦那まで一緒にレギュラー陣顔して一緒に花見を楽しんでいたのでお前誰だよ!?状態だった。

全部終わっての感想

全体に雰囲気が凄く良いドラマだった。エピソードにはかなり不自然なものも多かったがなんとなく感動的に仕上げてしまい、あまり強引に感じさせないのはそれだけ雰囲気が良かったからだと思う。

鳩子の家族関係に関しては終盤で明かされた鳩子が気づいていなかったカシ子の愛情押しで進行したが、同時に明かされたカシ子が始めた代書屋を代々続いてきた仕事と詐称して幼い頃から無理強い教育してきた事や、連れていくつもりの母親から無理やり鳩子を置いていかせたことなども判明してしまったのと、母親に関しては全く現状が判明しなかったのでモヤモヤするところは残った。

ていうかこの三世代の関係、全て途切れていたという完全崩壊状態だったわけで祖母の死後、孫が納得しただけで母と娘、母と祖母は途切れたままなのであまり解決していない。「母が鳩子を捨てて出て行った」であればストーリー上ももう出てこなくてもいいかと思ったが「連れていくつもりだったので置いていかせた」のであれば戻りたくても簡単に戻れない。何故カシ子の死後も戻ってこないのか、そもそも知らせる人がいないのだからカシ子が死んだの知らないんじゃないのか?など色々気になる事が増えてしまった。代々詐称もアレだけど、それ以上にカシ子が鳩子を置いていかせたという話は入れない方がすっきり終われた気がするなぁ…。

リバース 8話

脅迫文の送り主と広沢(小池徹平)の当時の彼女が美穂子(戸田恵梨香)だったと発覚。大ショックな深瀬(藤原竜也)だが、突き落とされた谷原(市原隼人)も突き落とした犯人が美穂子なの9割確定くらいの勢いなのにそれまでの好感度+直前の記憶が無い事からとりあえず会って話し合いたいと穏やかな方向性で話がまとまった。また事故現場から逃げた村井(三浦貴大)の姿という謎にも迫るが、村井は語らず逃亡してしまう。

後日、明日香(門脇麦)から迫られた村井はようやく真相を告白。かかってきた電話は浅見(玉森裕太)から事故現場を発見したと報告を受けたもので、これを受けた村井は吹雪の山中を徒歩で道無きけもの道を突き進んで事故現場の下流へ到着していたという。車道でさえ未整備のデスロードと化していて車がスタックするほどの悪条件・悪天候下で道なき川沿いの山中を突き進むのはさすがに雪山描写適当すぎやしないだろうか。事故現場のちょうど近くに辿るつける都合の良さよりもそっちの方が気になる。

村井は即座に父親に電話して助けを求めるが、父親は飲酒の事実を聞いた途端に車を燃やせ!見捨てろ!政治家らしい迅速な判断(棒読み)を息子に命じる。さすがに村井もできねぇよ!!と叫び、広沢を助けようと斜面を降りようとしたところで車が勝手に爆発炎上。現場から去っていく姿を浅見が上の道路から見ていた、ということらしい。

警察や救急ではなく即座に父親に電話した村井を父親もろとも最低だと責める明日香。実際には既に浅見・谷原が警察と救急車を呼んでいたわけで、この判断は実際にこういう場面に遭遇すると一概に責めるわけにも…。村井は村井で酒を飲んでたのは知らず、そもそも迎えに来いとしつこく言った自分のせいだとショック状態だったわけで。父親の命令に従わずにちゃんと助けようと動き出そうとしていた姿は、とっととあきらめて血を隠滅しようとした谷原や浅見よりはしっかりしていたとも思う。あと回想で冷凍状態で保護された深瀬を映すのはもう止めてあげて…。

連絡が取れなくなっていた美穂子は怖い顔をして帰還。羽田空港では深瀬とすれ違ってしまうが、浅見の背後にまるで突き落とそうとするかのように迫っていたところに深瀬が追いついて阻止。背後にいたのに浅見はそのまま気づかずスルーしてしまい、深瀬と美穂子の話し合いに。広沢が浅見に借りていた本を返そうとしていただけで浅見を突き落とすつもりはなかったという。実際怖い顔して動いていたのも単に無表情だっただけで演出・音楽等でそれっぽく思わせていただけだった。ていうか先週は大阪→事故現場(長野)だったはずなのに、また大阪→羽田で帰ってきたって時系列おかしくないか。この数日で大阪→長野→大阪→羽田(東京)って移動したの?

美穂子は広沢が就職しないと言いだして関係がぎくしゃくしている中で(美穂子の父親が働かないので両親が離婚していたため就職せずに海外に1年旅に出るとか言い出した広沢を受け入れられずにだったら別れると即答した)事故が発生したためニュースで行方不明が報道されるのを見るまで広沢の事故の事を知らなかった。通夜葬式1周忌にはショックで参列できず3回忌で初めて参列。その際に4人の存在を知り、広沢が大学の友人たちの間ではどんな人だったのか話を聞きたくて匿名で浅見(学校)に電話をかけたが聞きたい事をあまり聞き出せずに切ってしまった。

以降行動はしていなかったが大阪へ帰る事を考え始めたここ最近モヤモヤしていたこの件をもう1度ハッキリさせようと深瀬に接触、谷原や村井にも接触を図ったがその時はそれぞれの道を進んでいる4人に納得していた。だが深瀬の部屋で「人殺し」の張り紙(ストーカーがやったやつ)を発見して、10年前の事がよぎり、試しに自分宛てに告発文を送って深瀬に見せたところ深瀬がペラペラ喋り、さらに締めに「人殺しと呼ばれるほどのことじゃない」などと発言したために復讐心が芽生えたという。

広沢の事を思い出させるために3人にも脅迫文を送り、谷原に関しては飲み会の帰りなのに車で帰ろうと言い出した挙句に事故で死んだ友人の事を聞いたら当時は免許持ってなかったけど免許持っている今なら多少飲んでても運転に問題は無い、運が悪かったなどとのたまったため、怒りにかられ、腕をつかんできた谷原を振り払ったら谷原が綺麗に転落していき、怖くて逃げたという。

転落させようと突き落としたというより振り払ったら綺麗に落下していったという事で割と事故だった。とはいえ、結局事故当時の谷原・浅見・村井らと同じような行動をしてしまった美穂子。どうすれば許してもらえるか聞く深瀬だったが、美穂子は出頭するといって出て行ってしまった。

そして状況を整理したいと深瀬の家の近くから電話をかけてきた小笠原(武田鉄矢)だったが直後に謎の覆面人物に刺されてしまう。犯人は別にもう1人いる?と原作を越えた展開になってきたところで次回へ続く。

深瀬・谷原のちょい自己保身の入った軽率な発言が火をつけた原因だったとはいえ、今のところ明確に誰が悪いという感じでもないのが難しいところ。そして小笠原を刺した新たな犯人とは…。今更全く出てきてない新人物が私が黒幕です!とか言い出すのはご法度だと思うし、飲酒の件を聞いていてもみ消したい、当時の警察に圧力をかけた可能性が高いのは村井の父であり、また小笠原は元々は村井父の不正疑惑を追っていた記者として村井陣営のスタッフの間でも顔は知られていたと思うので村井陣営のスタッフの可能性が1番高いか…?