ドラゴンボール超 128話

17号の自爆防御により悟空ベジータは助かったが悟空は起き上がれないままベジータが単身ジレンに挑む。しかし変身も出来ずノーマルのまま粘るだけでジレンも手加減モードで受けてくれるので無駄に長いフラフラベジータの最後のあがきが延々繰り返される事態に。家族パワーやキャベとの約束にしても最早パワーアップの糧にもならず、結局前半たっぷりかけて離脱。悟空に最後のパワーを託したため悟空はブルー化する体力を回復させたが、やはり全くかなわずすぐノーマルに戻ってズタボロに。最後の一撃で再び身勝手の極意を発動させて次回へ続く!

ベジータのパワーアップは先日までのブルーのクッキリ版みたいなのが最後だったので、なんだか泣かせと生き様にかけてきた感じだったけど、キャベとの約束だとか家族だとかもこれまで小出しでやってたので、トッポ撃破で終わっていた方がやはり綺麗な引き際だったなと。

そしてついに完全に忘れられてしまったフリーザ。脱落扱いになっていないが17号がバリアを与えないままジレンの攻撃の対象範囲に含まれていたはず。17号がかき消したとはいえ、17号かジレンかいずれにせよノーガードで強大なパワーに晒されてしまったわけでどこへ消し飛んでしまったのか。

17号が自爆直前にフリーザを視界に入れながらもあえて無視したような感じでもあったが実は真の狙いはフリーザをこのドサクサで瓦礫の下に隠しておいて気絶したまま残す事だったりしないのか。フリーザが優勝しても超DBでの望みはまず自身が生き返る事で使ってしまうだろうから、第7宇宙が生き残ればフリーザ1人が謀反を起こしてもサイヤ人3名とビルスがいれば現状の実力で容赦なく仕留める事はできる。フリーザ残して優勝させて超DB与えてもリスク意外と低いんだよな…。他の宇宙の復活とかは先延ばしになるけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)