1st あの時の中で僕らは

あの時の中で僕らは

B00005F5KX
94年2月9日
記念すべきデビュー作。ビーイングのブームが続いていた中ではかなりひっそりと売り出されていたようで一応セブンイレブンのCMタイアップはついていて当時それなりに店内でもかかっていたらしく、初登場97位とギリギリのランクインは果たしている。

ジャケットは白を基調としていてFIELD OF VIEWとはだいぶイメージが異なる。特に1番奥にいるヒゲオジサンは一体誰なんだ?というくらいFOV以降の小橋さんと風貌が異なる。

あの時の中で僕らは

作詞作曲:浅岡雄也、編曲:池田大介
セブンイレブンTV・CMイメージソング。後年ボーカル浅岡雄也はセブンイレブン店内で聞いてデビューを実感したと語っていたので当時は店内でもCMでもけっこうかかっていたようだ。あくまで歌を前面に押し出したようなじっくり聞かせるバラードナンバー。やたら短く語尾を切って歌っているのと声が若くて固いのが特徴だが、何よりサウンドが全体に抑えられていてエレキギターとか遠すぎないかというくらい遠い。シングルバージョンはアルバム未収録で配信もされていない。

FIELD OF VIEWとして『SINGLES COLLECTION+4』でリメイクした際はボーカル再録音、ミックス変更とされている。アレンジに変更はないが遠すぎたギター含めてバンドサウンドがもう少し前に出ているほか、ボーカルの語尾がやたら伸ばしまくって歌っているので違いがすぐ分かる。こちらのバージョンは配信でも入手可能。

『complete of FIELD OF VIEW at the BEING studio』ではviewバージョン収録と宣伝されていたが実際に収録されたのは明らかに未発表音源であった。語尾の長さがちょうど中間くらいになっていて短すぎず、伸ばしすぎず…といったような印象。声の若さからもview時代の別テイクではないかと思われるが派手なリマスター効果も相まってオリジナルよりも演奏は派手になって聞こえる。前述のようにviewバージョン収録と言っておいて明らかに違う音源をぶち込んできたくらいなので肝心の公式が分かっていないのか、ライナー取材者が分かってないだけで現場は分かっててわざとやったのかは不明。こちらのバージョンも配信で入手可能。

viewバージョンは少し味気ないし固い、FOVバージョンは語尾を伸ばし過ぎて全体にかったるいので、なんだかんだat the BEING studioバージョンがいいとこ取りで1番バランスがいい

なお3種の声の伸ばし具合の違いはサビのタイトル部分の語尾もそうだが、サビを待たずとも冒頭のさよなら♪だけでもかなり分かりやすいので聞き分けは割と容易だと思う。
★★★☆☆
シングルバージョンアルバム未収録
1stベスト『SINGLES COLLECTION +4』(リメイク)
4thベスト『complete of FIELD OF VIEW at the BEING studio』(未発表音源)

あの時の中で僕らは
FIELD OF VIEW
1997/10/08 ¥255

あの時の中で僕らは
FIELD OF VIEW
2003/08/25 ¥255

C/W Believe Me

作詞作曲:浅岡雄也、編曲:池田大介
全楽曲の中で最も古さを感じる80年代~アーリー90’s感漂う疾走系ポップ。ちょいちょい英語を挟んでくる歌詞構成なども意図的なのか94年よりももう少し前の時代を駆け抜けている感じがする。もう数年前ならありふれていても94年時点ではほぼ絶滅していたような香りが漂い、後にこんなノリの曲も無いのである意味貴重なバブリーソング。声も若いので80年代末期くらいの曲でしたと言われてもそんなに不思議じゃない。
★★☆☆☆
アルバム未収録

コメント

タイトルとURLをコピーしました