From 4thベスト『complete of FIELD OF VIEW at the BEING studio』

From 4thベスト『complete of FIELD OF VIEW at the BEING studio』

B0000ABC00
2003年8月25日
B008R1O0SW
2012年9月26日
02年7月から毎月25日に発売されていた『at the BEING studio』第14弾としてFIELD OF VIEWが取り上げられた。今作以降theは無かったことにされ、FIELD OF VIEW名義に戻っている。シリーズは初期の頃は18作出るとされていたが途中から記述が消え去り、この後16作で特に告知なく終了した。スペシャルBOX仕様、ライナーノーツ封入。2012年のBEING LEGEND時にBOXを省いた廉価仕様で限定再発された。

シリーズの目玉になっていた未発表音源が最大のポイントで2曲の未発表曲と1曲の別バージョンが収録された。

君がいたから

1st 君がいたから
1st 君がいたから 95年5月15日 viewを経ての再デビュー作。viewが知られていなかった事とドラマタイアップで大々的に売り出したのも重なって普通にデビュー作として扱われていて周年起点もここになっている。いきなり初登場3位を...

突然

2nd 突然
2nd 突然 95年7月24日 自身最大のヒット作。初登場2位から10週連続トップ10入り、100位以内16週ランクイン、122万枚のミリオンヒットを記録した。2位止まりだったのは200万級の超絶ヒットとなったドリカムの「LOVE ...

Last Good-bye

3rd Last Good-bye
3rd Last Good-bye 95年11月13日 1stアルバムからわずか1ヶ月での発売。初登場3位を記録したものの2週目に22位に吹き飛ぶという驚異的なランクダウンを記録して大失速。今でこそ珍しくもないが当時の3位→22位は...

Dreams

6th Dreams
6th Dreams 96年11月18日 ドラマタイアップもついていたがここでついにトップ10落ち(14位)となり、徐々に低迷していった。ただこれはFIELD OF VIEWに限らずビーイング全体が時代の変化で飽きられつつあったのか...

DAN DAN 心魅かれてく

4th DAN DAN 心魅かれてく
4th DAN DAN 心魅かれてく 96年3月11日 初登場4位から50万枚を突破した3番ヒット作。ドラゴンボール人気により現在は「突然」に続く代表ヒットとして扱われるようになっている。 今作のジャケットは安部潤が抜けた3人...

青い傘で

12th 青い傘で
12th 青い傘で 99年5月19日 これより前はあまり記憶に残っていないが『CDTV』でこの曲が30位台にランクインしているのを見て、「DAN DAN心魅かれてく」とか「突然」の人たち今はこんな位置なんだーと思った記憶がある。過去...

大空へ

From 1stベスト『SINGLES COLLECTION+4』
1stベスト『SINGLES COLLECTION+4』 1997年10月8日 当初3rdアルバムの発売が告知されていたがベスト盤に変更になった。また「大空へ」のシングル発売も告知されていたがタイアップ先の鳥人間コンテストの台風中止...
今作以降ベスト盤皆勤となった。

渇いた叫び

8th 渇いた叫び
8th 渇いた叫び 98年5月20日 ベスト盤『SINGLES COLLECTION+4』から7ヶ月、シングルとしては実に1年1ヵ月ぶりというブランクを経てのBeat reC移籍第1弾。日本コロムビアにビーイングが新たに設立した新レ...

冬のバラード

14th 冬のバラード
14th 冬のバラード 99年12月22日 8センチシングルとしては最終作。ここから『CAPSULE MONSTER』まで謎のトレカ押しが始まり、今作に関しては応募者全員プレゼントという形でトレカがプレゼントされた。トレカの写真はジ...

この街で君と暮らしたい

7th この街で君と暮らしたい
7th この街で君と暮らしたい 97年4月23日 新人シンガー小松未歩による提供曲だが、デビュー1ヵ月前であり、今作が作家デビュー作となった。以降98年にかけてDEENやWANDSへも相次いで提供した。対して初期から関わっていた編曲...

CRASH

11th CRASH
11th CRASH 99年3月17日 自作で独立したのかと思いきやビーイングの新人作家の提供の波が押し寄せ、DEEN、WANDS(まもなく解体)、ZARDなど生き残っていたビーイング勢は大体この時期に1回は新たな作家陣に提供されて...
ライナーノーツの曲解説部分で「CRUSH」に誤記されている。

Holiday

15th Beautiful day
15th Beautiful day 00年2月23日 初のマキシシングル。今作に関してはバンドとオーケストラとのコラボレーションをコンセプトにしたEPやミニアルバム的な要素もある1作。別バージョン除いて唯一の新曲3曲仕様、そして唯...
アルバム初収録C/W。赤坂BLITZでの解散ライブで最後に披露され、既に廃盤のため問い合わせが殺到したので収録したと当時の公式サイトに記載されていた。

あの時の中で僕らは

1st あの時の中で僕らは
あの時の中で僕らは 94年2月9日 記念すべきデビュー作。ビーイングのブームが続いていた中ではかなりひっそりと売り出されていたようで一応セブンイレブンのCMタイアップはついていて当時それなりに店内でもかかっていたらしく、初登場97位...
view時代の貴重音源と宣伝されていたが、未発表音源。声の伸ばし具合がviewと1stベストの中間くらいとなっている。

迷わないで

2nd 迷わないで
迷わないで 94年8月10日 FIELD OF VIEW、the FIELD OF VIEWまで通した全シングルで唯一100位圏外となったシングル。これを持って一旦仕切り直しとなったようで、viewとしての活動はこれっきり途絶えた。...
view時代の貴重音源と宣伝されていたが、思いっきり1stアルバムバージョン。

君を見ていた僕と 僕を見ていた君と

作詞作曲:浅岡雄也、編曲:池田大介&FIELD OF VIEW
シングル「Truth of Love」制作時の未発表曲とされている。既にバンドサウンドを逸脱していた時期だが今作は比較的バンドサウンド寄り、しかし王道ではいられないような試行錯誤感溢れるシリアスな仕上がり。かなり過渡期的な作風だが、正直the路線よりはFIELD OF VIEWっぽい曲で、こっちで行ってほしかった感はある。不思議と引き込まれる楽曲。
★★★★☆
4thベスト『complete of FIELD OF VIEW at the BEING studio
販路限定ベスト『FIELD OF VIEW BEST HITS

君を見ていた僕と 僕を見ていた君と
FIELD OF VIEW
2003/08/25 ¥255

Real prayer

作詞:浅岡雄也、作曲:小橋琢人、編曲:池田大介&FIELD OF VIEW
theがついて2枚のシングルを出してから沈黙の1年間は当時はアルバム制作中とアナウンスされていた。実際制作していたようで解散前のアルバム制作時のお蔵入り曲の1曲とされているが、編曲表記にはtheが無い。打ち込みっぽさはthe以降のサウンドながらアップテンポで流れるようなメロディーが印象的。ボーカル含めてまだ見せていなかった新境地なのは確かで、すんなり聞きやすくて本当にアルバムが出ていたらまた「夏の記憶」や「蜃気楼」とは違った作風が色々聞けたのではないか。やはり最後にオリジナルアルバムは出してほしかった…。
★★★★☆
4thベスト『complete of FIELD OF VIEW at the BEING studio
販路限定ベスト『FIELD OF VIEW BEST HITS

Real Prayer
FIELD OF VIEW
2003/08/25 ¥255

君がいたから(Acoustic Version)

作詞:坂井泉水、作曲:織田哲郎、編曲:池田大介&FIELD OF VIEW
「冬のバラード」C/W用に制作していたとされるリアレンジ。バンドでは無くほぼアコースティック弾き語りに近いアレンジになっているが、ライナーではギター演奏はDIMENSION増崎孝司だとバラされている。こんなところで唐突に暴露した意味が全く分からないが、実は増崎孝司のギター参加は4th、5thアルバムにも表記されていた(名前のみなのでどれに参加したかは不明)。25周年ベストに収録された未発表曲にも表記されているので、恐らく現役時代ほぼ全期に渡ってけっこうギターレコーディングをサポートしていたのではないか…とも思えてくる。

アコースティックなアレンジ自体はけっこういいんだけど、歌がサウンドに合わないほど変に力んでいて違和感がある。お蔵入りしていただけあって本テイクではないままだったのだろうか。

ライナーでは本当の解散ライブ02年12月1日のラストでアンコールまですべて終了したのに観客がその場を動かなかったため、急遽メンバーが再登場してこのバージョンを演奏した、と書かれている。

実際にはメンバー登場時は浅岡さんが「もう、みんな泣くな。これで終わりじゃないんだよ!始まりなんだよ!」などとファンをなだめるようなMCを続けていて、もう1曲何かやるかはその場で決めていた。その最中にアコースティックギターが出てきて当初小田さんが受け取ってかき鳴らしていたんだけど、何故か「じゃあ新津のギターで」と小橋さんか小田さん本人かが発言したので、小田さんは1度抱えて弾く気満々で触っていたギターをわざわざ新津氏に渡して新津氏で演奏を始めるという謎の手順が踏まれた。当時も現場で何このやり取り?とかなり謎だったのでかなり印象に残っている。またこのバージョンというよりかはもっと単純なコード弾きのストロークといった感じの演奏だったのを記憶している(最後にAメロの歌詞をリフレインするのは踏襲していたけど)。そして演奏終了後に再度安部さんが出てきて4人と握手して5人揃って去っていった。
★★★★☆
4thベスト『complete of FIELD OF VIEW at the BEING studio

君がいたから (アコースティック・バージョン)
FIELD OF VIEW
2003/08/25 ¥255

コメント

タイトルとURLをコピーしました