3rd Last Good-bye

3rd Last Good-bye

B00005F5LJ
95年11月13日
1stアルバムからわずか1ヶ月での発売。初登場3位を記録したものの2週目に22位に吹き飛ぶという驚異的なランクダウンを記録して大失速。今でこそ珍しくもないが当時の3位→22位はしばらくチャートファンに語り継がれるくらいの記録的なランクダウンであった。ただしそのまま急落せずその後3週目には18位に上昇、4週目も20位…と最終的に100位以内13週ランクインした。とはいえ前2作でのブレイクの勢いは早くも今作でほぼ消失してしまった。

安部潤が在籍した最後のシングル。というか気がついたら次のシングルでいなくなっていた…というのが恐らく当時の実際のところだったと思う。解散時、歴代のアーティスト写真で安部の姿は完全に消されていたが、『VIEW CLIPS』のインタビューコメントでは浅岡雄也が安部の脱退に名前を出して触れているので現役時代から別に無かった事にはなっていない。

Last Good-bye

作詞:坂井泉水、作曲:多々納好夫、編曲:葉山たけし
FOVでは初の多々納好夫のA面。秋発売だし、3枚目にして爽やか以外のイメージを打ち出したいという事だったとは思うんだけど(よく混同されたDEENも3枚目は「Memories」だったし)…。マイナーなのにサビだけメジャーになっているらしく、サビになると急になんかビミョーな違和感があるのはたぶんそのせいと思われる。個人的にFOVの多々納楽曲の中ではほぼ1番下くらいの印象だったりする。それでもそこそこ好きな曲ではあるんだけど、どちらかというとこれもいい曲だがもっと他にいい曲があるのでわざわざA面にしなくても…というのはなんとなくある。

『SINGLES COLLECTION+4』ではミックス変更で収録されている事が記載されているがなんか全体に響きがちょい違うなくらいしか分からない。

『FIELD OF VIEW 25th Anniversary Extra Rare Best 2020』のT-101 未発表テイクもまたさらに全体に響きがなんとなく違うくらいしか分からない…と2回もミックス変更がある割には明確にここが違うというポイントが無く、な~んか響きが違うな~という微妙な変化を繰り返すのは何故なのか。割とどの音も派手に鳴っているので些細なバランスを変えたくなりがちな曲なのかもしれない。3ミックス違い、ブラインドテストされたら当てられる気は全くしない

今作に関しては3音源配信されていたので下に3音源並べてみたが。見事なまでにほぼ同じ箇所を視聴可能だが、果たしてこの視聴でどこが違うか分かるだろうか…。
★★★☆☆
2ndアルバム『FIELD OF VIEWⅡ
1stベスト『SINGLES COLLECTION+4』(ミックス変更)
3rdベスト『Memorial BEST~Gift of Melodies~
4thベスト『complete of FIELD OF VIEW at the BEING studio
5thベスト『BEST OF BEST 1000
販路限定ベスト『FIELD OF VIEW BEST HITS
6thベスト『FIELD OF VIEW 25th Anniversary Extra Rare Best 2020』(T-101 未発表テイク)

Last Good-bye
FIELD OF VIEW
2003/08/25 ¥255

Last Good-bye
FIELD OF VIEW
1997/10/08 ¥255

Last Good-Bye
FIELD OF VIEW
2020/05/13 ¥255

C/W 夢見続けて今も

作詞作曲:浅岡雄也、編曲:安部潤
浅岡と安部による初期自作の早くも最終楽曲。同窓会の様子を描いた前向きソングだが、普通にこっちA面で良かっただろ…という名曲。主人公は理想と現実が違うと同級生が実感していく中で、恐らく自身もその事を少しずつ感じながらもそれでも今も夢を追いかけている。その姿が眩しい。大人になってからより響いた曲の1つ。設定としては20代半ばくらいの岐路に立つ若者たちくらいで当時の等身大に近いと思うんだけど、今もなお歌い続けている浅岡さんが今歌っても説得力があってまた違った味わいになった曲だと思う。

解散ライブの時には何故かサビのメロディー(“あっても”の部分)が一部変えられて歌われていた。
★★★★☆
2ndアルバム『FIELD OF VIEWⅡ
6thベスト『FIELD OF VIEW 25th Anniversary Extra Rare Best 2020

夢見続けて今も
FIELD OF VIEW
2020/05/13 ¥255

コメント

タイトルとURLをコピーしました