FIELD OF VIEW 25周年 全曲回顧~1998-2001 Beat reC~

98年に日本コロムビアにBeat reCというビーイングのレーベルが作られ、BAADと共にZAINから移籍した。また95年にコロムビアのビーイングレーベルB-CからデビューしていたPAMELAHもBeat reCへ移動した。

この時代より浅岡以外のメンバー3人も作曲を開始し、編曲がFIELD OF VIEW名義になって自作楽曲メインの活動へ移行した。ヒット曲は出せなくなってしまったものの、一定の固定ファンは残り、90年代前半に一世を風靡するも100位圏外にまで落ち込んで消えていく者も出てくる中では消えないギリギリの立ち位置(最低でもシングルで1,2万は売れる状態)でそこそこ安定した活動を継続し、当時のビーイング勢にとって半ば鬼門となっていた(大半が20世紀の間に自然消滅or解散)活動継続で21世紀突入も無事に果たした。

この時代の前半は自作体制に移行したことで、4人+キーボードを入れたシンプルなロックサウンドを追及していたが、後半になると様々なアレンジャーを起用し、新たな方向性にトライするようになり、やがて最終的にはバンドサウンドから離れて打ち込みメインの実験的な作風へとシフトしていった。

またBAADは98年、PAMELAHは99年を最後にリリース停止となり、00年以降Beat reCで稼働しているのはFIELD OF VIEWだけになっていた。01年2月のシングル「Truth of Love」を最後にBeat reCレーベルが閉鎖消滅してこの時代は終了する。

※2015年分割リメイク、アルバム全曲追加、2020年全修正
8th 渇いた叫び
8th 渇いた叫び 98年5月20日 ベスト盤『SINGLES COLLECTION+4』から7ヶ月、シングルとしては実に1年1ヵ月ぶりというブランクを経てのBeat reC移籍第1弾。日本コロムビアにビーイングが新たに設立した新レ...
9th めぐる季節を越えて
9th めぐる季節を越えて 98年7月29日 初の完全自作シングル。作詞作曲がメンバー、さらに編曲が初めてFIELD OF VIEW名義となった。C/Wでは小田孝の作曲が採用され、浅岡以外のメンバーも作曲を開始。メンバー主体の制作へ...
10th 君を照らす太陽に
10th 君を照らす太陽に 98年9月23日 前作に続く自作シングル。前作とは逆で表題曲を小田、C/Wを浅岡が作曲となっている。アルバム『FIELD OF VIEWⅢ~NOWHERE NOWHERE~』1週間前先行シングル。 ...
From 3rdアルバム『FIELD OF VIEWⅢ~NOWHERE NOWHERE~』
3rdアルバム『FIELD OF VIEWⅢ~NOWHERE NOWHERE~』 1998年9月30日 Sound Produced by FIELD OF VIEWとクレジットされ、「渇いた叫び」以外が全部自作となった初のアルバム...
11th CRASH
11th CRASH 99年3月17日 自作で独立したのかと思いきやビーイングの新人作家の提供の波が押し寄せ、DEEN、WANDS(まもなく解体)、ZARDなど生き残っていたビーイング勢は大体この時期に1回は新たな作家陣に提供されて...
12th 青い傘で
12th 青い傘で 99年5月19日 これより前はあまり記憶に残っていないが『CDTV』でこの曲が30位台にランクインしているのを見て、「DAN DAN心魅かれてく」とか「突然」の人たち今はこんな位置なんだーと思った記憶がある。過去...
13th Still
13th Still 99年7月28日 4thアルバムへの先行シングル。8月6日にTBS深夜で放送された一色紗英とロンドンを旅する特別番組内にてアビー・ロードでミックスが行われていた事も判明したが、今作でその音源は採用されていない。...
From 4thアルバム『LOVELY JUBBLY』
From 4thアルバム『LOVELY JUBBLY』 1999年8月25日 Ⅳではなく数字タイトルを廃止。8月6日に放送されたTBS深夜『FIELD OF VIEWと一色紗英のロンドン・ロックまるかじりの旅』でロンドンに出向いた際...
14th 冬のバラード
14th 冬のバラード 99年12月22日 8センチシングルとしては最終作。ここから『CAPSULE MONSTER』まで謎のトレカ押しが始まり、今作に関しては応募者全員プレゼントという形でトレカがプレゼントされた。トレカの写真はジ...
15th Beautiful day
15th Beautiful day 00年2月23日 初のマキシシングル。今作に関してはバンドとオーケストラとのコラボレーションをコンセプトにしたEPやミニアルバム的な要素もある1作。別バージョン除いて唯一の新曲3曲仕様、そして唯...
From 5thアルバム『CAPSULE MONSTER』
From 5thアルバム『CAPSULE MONSTER』 00年3月29日 デジタル&クラブサウンドを導入した初のコンセプトアルバムと銘打たれた作品。25周年ベストでの浅岡ライナーではバンドとテクノの融合とも語られている。 ...
16th 秋風のモノクローム
16th 秋風のモノクローム 00年10月11日 2ndベスト『FIELD OF VIEW BEST fifteen colours』と同時発売。C/W含めて2曲とも未収録。しかもこのままオリジナルアルバムを出せずに解散になったので...
From 2ndベスト『FIELD OF VIEW BEST fifteen colours』
From 2ndベスト『FIELD OF VIEW BEST fifteen colours』 00年10月11日 シングル『秋風のモノクローム』と同時発売。デビュー5年も兼ねた2枚目のベスト盤だが、前回がシングルコレクションだった...
17th Truth of Love
17th Truth of Love 01年2月21日 結果的にFIELD OF VIEW名義、Beat reCレーベルでの最後の作品。BAADもPAMELAHも解散発表の無いまま停止状態となり、もうFOVだけとなっていたので、この...

コメント

タイトルとURLをコピーしました