From 1stベスト『SINGLES COLLECTION+4』

1stベスト『SINGLES COLLECTION+4』

B00005F5JN
1997年10月8日
当初3rdアルバムの発売が告知されていたがベスト盤に変更になった。また「大空へ」のシングル発売も告知されていたがタイアップ先の鳥人間コンテストの台風中止に伴いシングルも発売中止になり今作に収録された。何故シングル発売中止からベスト盤に急遽変更という事になったのかは地味に謎だが…予定変更しすぎじゃない…?

もう一度

作詞:小田佳奈子、作曲:多々納好夫、編曲:明石昌夫
+4のうちの1曲。FOVでは唯一(2020年に未発表曲でもう1曲あったと判明)となる明石昌夫が編曲を担当。1度別れたもののもう1度やり直そうという前向きな復活ラブソング。相手の反応があまり描かれていないため相手はもうすっかり終わった気でいたらやべぇ結末になりそうではあるものの、きっとうまく行ったのだろう。…うまく行ったよな…?

『SINGLES COLLECTION+4』をとりあえずヒット曲が入っているベストだからと入手してきて1曲目のこの曲でFOVに魅了されたリスナーは多いんじゃないだろうか。自分もその1人だがまさにこれぞFIELD OF VIEWというようなどこまでも突き抜ける爽やかさが最大限発揮された名曲。
★★★★★
1stベスト『SINGLES COLLECTION+4

もう一度
FIELD OF VIEW
1997/10/08 ¥255

この街で君と暮らしたい

7th この街で君と暮らしたい
7th この街で君と暮らしたい 97年4月23日 新人シンガー小松未歩による提供曲だが、デビュー1ヵ月前であり、今作が作家デビュー作となった。以降98年にかけてDEENやWANDSへも相次いで提供した。対して初期から関わっていた編曲...
アルバム初収録となりオリジナルアルバムには未収録となった。

Dreams

6th Dreams
6th Dreams 96年11月18日 ドラマタイアップもついていたがここでついにトップ10落ち(14位)となり、徐々に低迷していった。ただこれはFIELD OF VIEWに限らずビーイング全体が時代の変化で飽きられつつあったのか...
アルバム初収録となりオリジナルアルバムには未収録となった。

ドキッ

5th ドキッ
5th ドキッ 95年5月20日 初登場4位から25万枚のヒットを記録した5番ヒット作。今作まで5作連続トップ10入りしたがこれが最後のトップ10ヒットとなった。またメンバー作曲による初のシングルとなった。 公式に今作でベース...

DAN DAN心魅かれてく

4th DAN DAN 心魅かれてく
4th DAN DAN 心魅かれてく 96年3月11日 初登場4位から50万枚を突破した3番ヒット作。ドラゴンボール人気により現在は「突然」に続く代表ヒットとして扱われるようになっている。 今作のジャケットは安部潤が抜けた3人...

Last Good-bye

3rd Last Good-bye
3rd Last Good-bye 95年11月13日 1stアルバムからわずか1ヶ月での発売。初登場3位を記録したものの2週目に22位に吹き飛ぶという驚異的なランクダウンを記録して大失速。今でこそ珍しくもないが当時の3位→22位は...
レコーディングノーツでミックス変更が施されている事が明かされている。

突然

2nd 突然
2nd 突然 95年7月24日 自身最大のヒット作。初登場2位から10週連続トップ10入り、100位以内16週ランクイン、122万枚のミリオンヒットを記録した。2位止まりだったのは200万級の超絶ヒットとなったドリカムの「LOVE ...
レコーディングノーツによればシングルはハーフインチ、今作には1stアルバムと同じDATをマスターテープとして使用、つまりシングルだけマスターが違う事が明かされている。

君がいたから

1st 君がいたから
1st 君がいたから 95年5月15日 viewを経ての再デビュー作。viewが知られていなかった事とドラマタイアップで大々的に売り出したのも重なって普通にデビュー作として扱われていて周年起点もここになっている。いきなり初登場3位を...
レコーディングノーツではシングルリリース時の音源を使用、何パターンもミックスを行ったが2種類のテイクをつなげたものを採用したと書かれているのみ。後に浅岡雄也がシングルは3回ミックスを変えたと発言しているがどの音源なのかは不明。普通に考えれば最終版(3番目)のはずだが…。

迷わないで

2nd 迷わないで
迷わないで 94年8月10日 FIELD OF VIEW、the FIELD OF VIEWまで通した全シングルで唯一100位圏外となったシングル。これを持って一旦仕切り直しとなったようで、viewとしての活動はこれっきり途絶えた。...
1stアルバム音源を収録。1stアルバムでは明かしていなかったview時代のリメイクであることがレコーディングノーツに記載されている。というかそれを明記しないと『SINGLES COLLECTION+4』のタイトルが謎になってしまうという事情もあったと思われる。

あの時の中で僕らは

1st あの時の中で僕らは
あの時の中で僕らは 94年2月9日 記念すべきデビュー作。ビーイングのブームが続いていた中ではかなりひっそりと売り出されていたようで一応セブンイレブンのCMタイアップはついていて当時それなりに店内でもかかっていたらしく、初登場97位...
viewの1stシングルの新規リメイク。ボーカル新録音とミックス変更を行っている。声の伸ばし具合が大きく変わっているので聞き分けはしやすい。

大空へ

作詞作曲:小松未歩、編曲:寺尾広
+4のうちの1曲。小松未歩提供で当初シングルとして発売予定だった1曲。中止になったのは「鳥人間コンテスト」のタイアップがついていたが、台風直撃による初の開催中止となってタイアップ先が無くなってしまったのが理由とされ、シングル中止でベスト盤へ変更になったとされる。

シングル予定だっただけあってまさに大空へ羽ばたいていくかのような雄大な楽曲。作詞も小松未歩だけど、当時の小松未歩の楽曲の中でもここまでストレートに応援しているのは案外珍しく、これはもう最初から提供前提でFIELD OF VIEWに合わせたのだろうか。1番最初に聞いた時はそこまででもなく普通以上にいい曲程度だったが、解散ライブで聞いてから凄く好きな曲に変わった。割とライブや後年のベスト盤での扱いも良く、浅岡さん本人もシングル的な立ち位置で気に入っているようだ。

実際解散後のベスト盤ではシングル以外で唯一皆勤で連続収録。一方付属ライナーでは『at the BEING studio』ではシングル予定だっただけあってと曲を褒めた内容だが、『BEST OF BEST 1000』ではどういうわけかこの時期の他のシングルに比べてインパクトに欠けるいきなりディスるという公式に付属させているとは思えないような珍妙な事態となっている。しかしその後で褒めていてスピッツやミスチルと並べても遜色ないとまで書いているだけに何故にいきなりインパクトが無いとか下げたのが謎すぎるが(ミスチルやスピッツがインパクト無いみたいになってるぞ…)、ほかにも変な言い回しや事実誤認が多いので『BEST OF BEST 1000』に書いてあることはあまり真面目に受け取らない方がいいのかもしれない。
★★★★★
1stベスト『SINGLES COLLECTION+4
4thベスト『complete of FIELD OF VIEW at the BEING studio
5thベスト『BEST OF BEST 1000
販路限定ベスト『FIELD OF VIEW BEST HITS
6thベスト『FIELD OF VIEW 25th Anniversary Extra Rare Best 2020』

大空へ
FIELD OF VIEW
2020/05/13 ¥255

ある晴れた日

作詞:小田佳奈子、作曲:浅岡雄也、編曲:徳永暁人
+4のうちの1曲。スローでやや重めのミディアムロック。「Someday」と続けて収録されているのでアルバム終盤にこのゆったり2連発はちょっとかったるい。幅としてはいいんだけどこういう少し重めのスローナンバーは配置が難しい…。そんなわけで長年あまり好きな曲ではなかったが今回改めて個別で聞き返してみたらこれが妙にハマった。時が経つと変わる事があるんだよなぁ。
★★★☆☆
1stベスト『SINGLES COLLECTION+4

ある晴れた日
FIELD OF VIEW
1997/10/08 ¥255

Someday

6th Dreams
6th Dreams 96年11月18日 ドラマタイアップもついていたがここでついにトップ10落ち(14位)となり、徐々に低迷していった。ただこれはFIELD OF VIEWに限らずビーイング全体が時代の変化で飽きられつつあったのか...
C/Wから唯一の収録。

あの頃の僕に

作詞作曲:浅岡雄也、編曲:池田大介
+4のうちの1曲。昔の仲間を通して今の自分と過去の自分と向き合う若き日の人生バラード。「夢見続けて今も」と通じる部分もあり、さらにもう少し時を経て掘り下げたような内容でもある。バラードというほど遅い曲では無いんだけど、じんわり染みてくる。高校時代に早くも中学時代の自分に戻りたいとこの曲のモードに浸っていたが、それからもう少し年月が経って、改めて1度あの頃の自分を取り戻した事もあったけれど、さらに時を経て今は無理にあの頃に戻る必要はなく今を生きればいいという考えに変わった。昔の仲間にも会う事ももうあまり無いだろうし、懐かしくはあるがあの頃に戻りたいとはもう思わない。名曲であることに変わりはないがそれからはあまり聞かなくなったかも。
★★★★☆
1stベスト『SINGLES COLLECTION+4
6thベスト『FIELD OF VIEW 25th Anniversary Extra Rare Best 2020』

あの頃の僕に
FIELD OF VIEW
2020/05/13 ¥255

コメント

タイトルとURLをコピーしました