6th Dreams

6th Dreams

B00005F5LX
96年11月18日
ドラマタイアップもついていたがここでついにトップ10落ち(14位)となり、徐々に低迷していった。ただこれはFIELD OF VIEWに限らずビーイング全体が時代の変化で飽きられつつあったのか軒並み数字を落としていて、活動停止も徐々に増えつつあった。ここまで6作中5作のA面を担当していた織田哲郎による提供も今作が最後となった。

Dreams

作詞:辻尾有佐、作曲:織田哲郎、編曲:徳永暁人
日本テレビ系ドラマ『ナチュラル 愛のゆくえ』ED。このドラマ欲張りな事にOPにはMY LITTLE LOVER「NOW AND THEN~失われた時を求めて~」を起用していたものの視聴率平均一桁という大コケだったためタイアップ効果はかなり薄かったものと思われる(マイラバは65万売れたが前2作がミリオンだったのでかなりの急落であり、ここから一気に低迷した)。見ていないので分からないがサビ前までしかかかっていなかった…なんていう話も聞いたことが…。

作詞の辻尾有佐はデビュー前の新人で翌97年に辻尾有紗という微妙に漢字を変えてデビューした…が1枚ポッキリで消えてしまった。01年にGIZAからデビューしたthe★tambourinesのボーカル松永安未とは見た目や声が似ている、年齢非公開ながら公開されていた誕生日や出身地の表記が共通している事から当時ファンの間では辻尾有佐=辻尾有紗=松永安未というのが定説になっていたが、最後まで正式に公表はされていない

織田哲郎作曲にしては地味目なミディアム、都会の喧騒に少し疲れた感じの歌詞、これを最後に織田哲郎提供が途絶えた、という点でただでさえよく区別つかないと言われていたDEENが同時期に出した「素顔で笑っていたい」と系統がやや被る。もちろん区別はしているんだけど、なんかポカリ、秋の3rdシングルで違う路線、GT、今作…と意図的にやっていたのかと思える共通項も多かった。

『SINGLES COLLECTION+4』を聞いた時にview時代含めた9作のシングルの中でちゃんと記憶されるのに最も時間がかかったのがこの曲だった…というくらい当初のまったりミディアムイメージが強くてなんでこれシングル?と思っていた。ただ徐々に年齢を重ねて歌詞を中心にじわじわ染み渡るようになってきてかなり好きな曲になっていった。こういった当初(後追いだけど聞いたの中学2,3年生頃)あまり好きじゃなかったけど、大人になってくると好きになっていったという変化をたどった点でもまたDEEN「素顔で笑っていたい」と綺麗に一致した。ポカリ被り、GT被りよりも個人的にFOVとDEENで共鳴しているのって案外この96年秋のシングル同士だったりする。プロデューサーが持ってきた織田哲郎の曲がたまたまそういう歌詞を呼ぶメロディーだったのか、同じようなコンセプトを提示して作詞させたのかは不明。

今作のPVは落ち葉が降り積もる秋の昭和記念公園での演奏シーン主体となっているが、この映像がなかなか綺麗で当時の他のPVと比べてもかなり印象的なものになっている。PVの印象度では当初から最高峰だったと思う。
★★★★☆
1stベスト『SINGLES COLLECTION+4
3rdベスト『Memorial BEST~Gift of Melodies~
4thベスト『complete of FIELD OF VIEW at the BEING studio
5thベスト『BEST OF BEST 1000
販路限定ベスト『FIELD OF VIEW BEST HITS
6thベスト『FIELD OF VIEW 25th Anniversary Extra Rare Best 2020

Dreams
FIELD OF VIEW
2020/05/13 ¥255

C/W Someday

作詞作曲:浅岡雄也、編曲:徳永暁人
浅岡雄也が解散時の雑誌『CDで~た』のインタビューで「Dear old days」かこの曲が自分のベストであると当時答えていたほどのお気に入り曲。歌詞で直接示唆されていないがどうやら後に亡くなった父親の涙を見て書き上げた曲という個人的な思い入れが詰まった曲であるのがその理由のようだ。

「Dreams」にも共通しているどこかスッキリしない心情の中、それでもいつか…といった感じの歌詞だが曲調がかなりまったりしていて、本人の思い入れの強さに反して個人的にはかなり下の方になってしまう印象の曲。これもある程度年月を重ねて良さが見えてくるようになったが…。まっすぐなボーカルゆえにこういった曲調ではもう少し抑えた深みが必要になると思うんだけど、そういった点では声質的にどうにも魅力が発揮されにくいというのもあるように思う。
★★★☆☆
1stベスト『SINGLES COLLECTION+4

Someday
FIELD OF VIEW
1997/10/08 ¥255

コメント

タイトルとURLをコピーしました