From 1stアルバム『FIELD OF VIEWⅠ』

1stアルバム『FIELD OF VIEWⅠ』

B00005F5J9
1995年10月10日
唯一のO社1位獲得作品。しかし90万、122万のシングル2作を収録していたものの60万程度の売上に落ち着いてしまいもう1つ爆発的なヒットには繋がらなかった。これはまだグループ自体が浸透してなくてアルバム出すのが速すぎたという事だったのだろうか…。

セピア

1st 君がいたから
1st 君がいたから 95年5月15日 viewを経ての再デビュー作。viewが知られていなかった事とドラマタイアップで大々的に売り出したのも重なって普通にデビュー作として扱われていて周年起点もここになっている。いきなり初登場3位を...

突然

2nd 突然
2nd 突然 95年7月24日 自身最大のヒット作。初登場2位から10週連続トップ10入り、100位以内16週ランクイン、122万枚のミリオンヒットを記録した。2位止まりだったのは200万級の超絶ヒットとなったドリカムの「LOVE ...
今作のライナーには特に何も書いていないが『SINGLES COLLECTION+4』のライナーではシングルはハーフインチで、『SINGLES COLLECTION+4』には1stアルバムと同じDATを使用した、と書かれているので一応シングルとアルバムはマスター音源が違うらしい。

恋が愛に変わってゆくまでに

作詞作曲:浅岡雄也、編曲:安部潤
前向きに深まっていく恋を描写した明るくハネたポップロックナンバー。1stアルバムにおいて「セピア」「突然」といった既発曲に続いて最初に登場する”新曲”として申し分ない1曲。
★★★★☆
1stアルバム『FIELD OF VIEWⅠ

きっと離れていても

2nd 突然
2nd 突然 95年7月24日 自身最大のヒット作。初登場2位から10週連続トップ10入り、100位以内16週ランクイン、122万枚のミリオンヒットを記録した。2位止まりだったのは200万級の超絶ヒットとなったドリカムの「LOVE ...

THINK OF MYSELF

作詞:浅岡雄也、作曲:多々納好夫、編曲:安部潤
1stアルバムの中でも代表的な1曲。ライブ人気も高くここぞの盛り上げどころでよく披露された。1stでは唯一のストレートな人生ソング。夏を過ぎてまだ進路を決められずにいながらも希望は見えているといった学生視点での前向きソングで学生時代に本当に実感したし何度も励まされた。ギターをメインにしたロック系であるのもあって解散ライブで聞いた時はこんなに盛り上がる曲なのかとかなり高揚したのを記憶している。解散後に好きになった曲の1つで個人的に1stアルバムではこの曲がNo.1。正直20歳越えた辺りからはこんなキラキラ前向きな心境ではいられなくなってしまったけど、最近は1周回って懐かしさに満ちている。

1度もベスト盤に収録されなかったのに過去のベストの選曲をトレースしたような構成だった『BEST OF BEST 1000』にふいに選曲されたのは地味に謎。
★★★★★
1stアルバム『FIELD OF VIEWⅠ
5thベスト『BEST OF BEST 1000

迷わないで

2nd 迷わないで
迷わないで 94年8月10日 FIELD OF VIEW、the FIELD OF VIEWまで通した全シングルで唯一100位圏外となったシングル。これを持って一旦仕切り直しとなったようで、viewとしての活動はこれっきり途絶えた。...
view時代の2ndシングルのボーカル新録音&リミックス。今作のライナーではボーカルレコーディングにしか触れておらず、view時代に言及していないが『SINGLES COLLECTION+4』ではview時代に触れていてボーカル新録音&リミックスだと正式に明かされている。今作のバージョンは『complete of FIELD OF VIEW at the BEING studio』にも収録された。

Moon Light

作詞:浅岡雄也、作曲:多々納好夫、編曲:池田大介
マイナー調のロックナンバー。さわやかな曲が並ぶ1stアルバムにおいては異色の雰囲気をまとっている。ドッシンドッシン鳴り響くドラムの音色がちょっと派手すぎるというか、徐々に時代性を帯び始めてきた感もあるがカッコいい。
★★★☆☆
1stアルバム『FIELD OF VIEWⅠ

とまどいの季節

作詞:浅岡雄也、作曲:多々納好夫、編曲:池田大介
昔の彼女が親友と付き合っていることを知ってとまどいを感じる心情が描かれているが、まだ学生時代の記憶も色濃い社会人ルーキーっぽく設定されているところが個人的に好き。冒頭に出てくる”卒業前に僕達が通いつめた店”っていう馴染みの店的なものを大人になったら持ちたないなぁ…と高校生当時思っていたんだけど、そもそも飲めなかったので通いつめるような店も作れなかった事に気づいたのはその数年後だった。でも飲み代ゼロなので散在しないとか、もしくはその分趣味に費やせるようになったとは思ふ。
★★★★☆
1stアルバム『FIELD OF VIEWⅠ

明日のために

作詞作曲:浅岡雄也、編曲:安部潤
デモの段階から浅岡と安部で煮詰めたという力作系バラード。かったるさを感じる時もあるんだけど、ふいに聞きこんだ時はかなり名曲だとも思える。「THINK OF MYSELF」と逆で20歳を越えてから良さが分かってきた曲の1つ。
★★★★☆
1stアルバム『FIELD OF VIEWⅠ

君がいたから

1st 君がいたから
1st 君がいたから 95年5月15日 viewを経ての再デビュー作。viewが知られていなかった事とドラマタイアップで大々的に売り出したのも重なって普通にデビュー作として扱われていて周年起点もここになっている。いきなり初登場3位を...
今作収録のバージョンがシングルと異なるのかはライナーでも浅岡雄也のコメントでも正式に語られた事が無い。シングルで3回ミックスが変わったうちの1つが今作に該当するかも不明。ただシングルとアルバムの波形を比べてみると確かに何か微妙に形が違うので何かが変わってはいるようだ…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました