散歩する侵略者

2017年9月公開。

元は2005年の劇団イキウメによる舞台作品で、その後2007年、2011年にも別キャストで舞台化され、2007年には舞台を元に小説化もされていた作品の映画化。映画に合わせて小説が文庫化されたほか、公開1ヶ月後には4度目となる舞台化も行われた。

また映画とは別設定、別キャストのアナザーストーリーとした「予兆 散歩する侵略者」がWOWOWで全5回の連続ドラマとしても放送された。 「散歩する侵略者」の続きを読む…

コンフィデンスマンJP 7話

ダー子(長澤まさみ)は経済ヤクザで巨額の富を築き、病で老い先短い竜雷太の愛人の娘として遺産目当てで潜入。そこには兄の岡田義徳と姉の桜井ユキが同居しており、バレないために立ち回る中、婚約者役としてボクちゃん(東出昌大)まで一緒に潜入する事になった。

リチャード(小日向文世)はこの案件を持ってきたきっかけとして活用。リチャードに1年ほど前にスリをかまして逆にスリ返されて仲良くなった佐津川愛美は結局スリで逮捕されてしまったが、この佐津川愛美こそが竜雷太の愛人の娘だった。ダー子は遺産には興味が無いという佐津川愛美から(作戦の事は伝えずに)できるだけ取材して潜入していた…という設定だったが、ほぼ屋敷内の生活で身動きできない2人に代わってリチャードが外から調べたり情報を送ったりするという設定で今回もリチャードの出番は少なめ

中盤では早くも岡田義徳・桜井ユキがコンビの詐欺師巣鴨のキンタ・ギンコだと発覚し、キンタ・ギンコもダー子らの正体までは掴めずとも偽物だと当たりをつけて暴露を目論むが、方針を変更し、どっちがいかに気に入られ遺産を総取りできるかの詐欺師同士の戦いへと発展。ダー子とボクちゃんで結婚式をしたタイミングではキンギンコンビにより幼少期の骨折の事実を知らずに暴かれそうになるが、ダー子は泣きの演技で切り返し、直後に竜雷太が兄弟でケンカするな!遺産目当てなのはわかっているぞ!と一喝、そして倒れてしまったため以降は全員開き直って偽りながらも和気あいあいと家族ごっこを繰り広げた。

直後、岡田義徳・桜井ユキがやっていた兄と妹の本物(中尾明慶・前田敦子)が見つかり、2人から借金だらけで遺産の話は嘘である事、中尾明慶から金庫の番号を聞いて開けたら愛人記録写真集しか無かったことから全員撤収

ボクちゃんだけが放っておけないとしてお手伝いさんの阿南敦子と一緒に屋敷に残り、数週間後の竜雷太の最後を看取る事に。竜雷太は家族でもないのに最後まで残ったボクちゃんに感謝して遺産10億を受け渡すと遺言を残した。

実は中尾明慶・前田敦子はダー子が雇った偽物(本物は会社経営に成功していて竜雷太には興味が無いと後で説明された)で、借金だらけというのはキンタ・ギンコを追い払うための罠、そして残るだろうボクちゃんの性格を見越してのボクちゃんごと騙した罠だった。これにより10億を手にしたボクちゃんだったが腑に落ちないため、自身の権限で遺産を分配。リチャードに分配された分は佐津川愛美に渡されたが、佐津川愛美は興味が無い、それより仲間にしてくれ!と伝える。スリを繰り返してたのに金に興味が無くてスリルに興味があるタイプかこの人。

そして家族ごっこ仲間として岡田義徳・桜井ユキにも遺産を分配したため、生前約束していた花火大会にはダー子やお手伝いさん含めて全員が集合。故人を偲んで花火を見上げるという家族全員偽物なのになんだかしんみりしたオチに。お手伝いさんが実は最後の女でボクちゃんを軽く超える金額の遺産を受け取っていたことや、棺に入れる写真として竜雷太が最後に指定したのは本物の家族(子供の頃)の写真ではなく、偽結婚式の時の偽家族写真で、お手伝いさん含めて全員血の繋がりが無い写真を「家族写真」と満足そうな表情で語る竜雷太がなんか泣けた。遺産目当てなのは暴いていたが、薄々全員偽物だと感じていたのかいなかったのか。本物が家を出ていくまでは家族に愛情が無いと評されていたので、本物に対する記憶もハッキリしたものがあまりなくて、老い先短い状況では本気で信じていた可能性の方が高いか…?

岡田義徳・桜井ユキ含めて家族ごっこをしていた4人が全員「自分たちは本当の家族を知らない」と家族の愛情を知らずに現在に至っている様子をほのめかしていたため、金目当ての家族ごっこでも何か感じるものはあった、というのが最終的には金をもらった義理とはいえ最後の集合と笑顔にあったと思うので、そこもなんか良かった。

ていうか余命間近設定とはいえ、竜雷太が1年ぶりの月9で前回以上にかなり老いて元気が無さそうな感じだったのはリアルで大丈夫なのか少し心配になった。中尾明慶・前田敦子の1シーン出演は面白かったけどまさかこれまた偽物とは…。佐津川愛美は若い頃はなんか頼りないへにょ~んとした感じで、主演級、ヒロイン級としては今一つ定着しなかったけど30代以降で存在感が増すタイプの女優かもしれない。

コンフィデンスマンJP 6話

自転車旅で立ち寄った村のラーメン屋の素朴な味に感激したボクちゃん(東出昌大)は村にふるさとふれあいモールができるはずが産業廃棄物処理場になってしまうと聞かされ、村を守るためにこの手口(村の老人たちに観光施設などを作ると騙して安く買い叩いて、途中で事業中止になったとして知り合いの産廃業者に売りつける)で財を成している社長の内村光良を騙すことに決めたダー子(長澤まさみ)、リチャード(小日向文世)。

当初ボクちゃんが先行してリチャードの持っていた土器を使って遺跡発見を装うが、ウッチャンには考古学に取りつかれた父親に借金を背負わされて苦労した幼少期という過去があったことを調べていなかったので失敗して土器を破壊されてしまう。改めてリチャードが教授を騙ってより真剣に土器を捏造したものの、今度は父親仕込みの考古学知識によりウッチャン自ら茶番だと見抜いてしまう。

そこにダー子が、ウッチャンと同じく考古学に魅せられてありもしない遺跡発掘に明け暮れた挙句に亡くなった父親を持つという重ね合わせたキャラ設定で登場。今回のエキストラ発掘者たちは同じようなマニアたち(金で雇った連中ではない)なので、純粋に喜び合う姿を見たウッチャンは徐々に心変わりを始める…。

しかし今度はボクちゃんが本来の目的であるラーメン屋夫婦まで遺跡発掘で村が盛り上がるかもしれないと浮かれ出したのを見て騙す予定じゃない人たちまで騙している…と落ち込んでしまい、詐欺をバラしてしまった

一方のウッチャンはダー子が送り付けた父親の考古学本(当時全く売れずに借金の原因にもなった)を改めて熟読し、さらにダー子が続けていたキャラ設定に名誉などではなく、遺跡を探すその過程こそが至高という真理に到達。ダー子が既に1億円で入手していたテキトーな山を3億円で買い取り、会社も譲ってしまい、山でかつての父のように発掘の日々を送るようになり、その顔は輝いていた。なおラーメン屋の方は産業廃棄物処理場建設の工事の人たちでめっちゃ賑わっており、便乗値上げもする逞しさで営業していた!

ということで今回は途中の過程でボクちゃんだけでなく、リチャードも計画に置いていかれる(どういう設定なのか聞かされない)という初のパターンが。そしてウッチャンで悪徳業者は無理があるんじゃないかと思ったら案の定序盤の悪徳っぷりからなんだか違和感。しかし後は心動かされていくばかりで、最後は金も名誉も捨てて生きがいに走るいい笑顔を見せるなど、ウッチャンの一般イメージに沿ったような流れになったので、今までのゲストと比べても、騙したというよりは騙したんだけど結果人間的に得るものがあって自ら価値が無いと分かっていて金を差し出したという一風変わった話になった。逆にこうも純粋なところを突いてしまうと、普通にいい人のウィークポイント突いて騙したみたいで悪い気がしてくる気がしなくもないが…。

しかも今回は1億円で買った山を3億円で売りつけて純粋に2億の儲けとなったので土偶ねつ造に費やした材料費等はあってもほぼほぼ丸儲けになったというのも珍しかったかも。

世にも奇妙な物語 春の特別編(2018)

フォロワー

白石麻衣(乃木坂46)主演。
セレブな港区OLハルと偽装してフォロワー数稼ぎに躍起になっている冴えないOL白石麻衣が自分を慕うアカウント『ミミ子@ど田舎』に徐々に追い詰められていくホラー。ミミ子の声を担当していたのが竹達彩奈(姿は見せず声のみ)だったので声自体はカワイイ感じなのに、徐々にサイコちっくになっていくのが逆にもっと怖かった。最後はミミ子の正体も明らかにならずただひたすら追い詰められてのバッドエンド。

実際に港区OLハルのTwiiterアカウントを連動させるという現代らしい試みもあったが…。冒頭から白石麻衣がひたすらパッシャパッシャ偽装用の写真を撮りまくる姿ばかり流されていたのでこれどっちかというとインスタ映え的な方向なんじゃないかと思ったんだけど、あえてTwitterなのは制作側のSNS感覚が古いのか、インスタよりTwitterの方が構成上都合が良かった(ミミ子が迫りくるのにDM機能、リプライやブロックなどの見せ方をするのにインスタよりTwitterの方が都合が良かった)という諸事情なのか。最新なようでちょっと遅かったテーマだった気もする。

不倫警察

唐沢寿明主演。
世論が高まりすぎて不倫が犯罪となった世界で、唐沢寿明がひょんなことから不倫の疑いをかけられて追い込まれていく皮肉コメディ。裁判送りにされた挙句に、革命集団による襲撃で脱走に巻き込まれるも、革命集団の仲間割れに巻き込まれて銃撃の末に気を失った唐沢が目を覚ますと世界はさらに激変。不倫を取り締まっていた升毅や、妻の紺野まひるも何故かどこかへと連行されていき、東京が誰もいない荒廃したゴーストタウンと化していた唐沢が絶叫しておしまい。

「1度世間に疑われたら終わりだ!」とか「(当事者同士が許していても)世間が許さない」とか昨今の不倫に限らずな執拗な叩き文化をストレートに皮肉った挙句にゴーストタウン化して誰もいなくなり「世間なんてそんなのどこにもいないじゃないかぁぁぁぁぁ!!!」は、最早この閉塞した現状の中での魂の叫びのように響き渡った。なんでもかんでも気に入らない人がいれば規制規制でそれがエスカレートしたらこうなるという事だったんだろうけど、コメディだと思ってたら不倫ほとんど関係なかったし、メッセージ性がストレートに出すぎてオチも投げっぱなしになってしまったような。それほど訴えたかったのか。

明日へのワープ

三浦春馬主演。
芽の出ないまま30手前まで来てしまったアマチュア映画監督の三浦春馬は女優を目指している佐久間由衣とも年齢的な問題からこじれていき、追い込まれていた。不眠に陥った三浦は心療内科で医師の相島一之から新薬アイリウムを処方される。それは1錠飲んだらその後の24時間記憶が消えるという薬だった。

本人自体は通常の意思を持って行動しているが記憶が消えるため、本人の意識としては飲んだ直後に24時間後へワープする感覚になるという。辛い現実から目を背けるためワープを多用する三浦だったが、結局消えた24時間を任せるのは他ならぬ自分自身であるため、24時間後へワープしても何も変わらない。3錠では1週間飛ばせるというので、賭けていた映画コンペの締め切りまで待てずにとんだところ、速攻で落選が判明するだけだった。就職活動も今からではうまく行かない。ていうか中途採用の面接がものすごく志望者を見下す感じの圧迫面接風だったのが地味に重かったのはなんなのあれ(三浦の前の人とか何故か怒鳴られてるし、三浦も早くしろ!とか怒られるという)。

佐久間にも去られて絶望した三浦は薬を使い切ってしまい、次の診療時に相島一之が席を外した隙にアイリウムを大量に盗み、大量に服用して青春を終わらせてやるんだとほとんど自殺シーンみたいな感じに。

1錠で1日なのに3錠で1週間も飛ばせるという飲めば飲むほど効果が飛躍的に伸びるらしく大量服用を止められていた三浦だったが、盗んだアイリウムをほぼ全部食い尽くした結果、飛んだ先は15年後の未来。どういうわけか佐久間と復縁して幼い娘もいたが佐久間は3年前に病没。映画ではなくフリーライターとして今はなんとかやっているらしいが、映画自体でも2020年に賞を取っていたらしい。あの絶望からも2年間奮起して待望のプロへの道を掴んだにも関わらずそこで何故道を変えたのか、その全ての記憶が無く、共に過ごした佐久間もすでにいないため、空白の15年間に何があったのかさっぱり分からず、激しく後悔する三浦。辛くても記憶こそが未来を創ると痛感していると…。

そこで目が覚めるとアイリウムは最初の1錠を飲んだだけだった(24時間も飛んでいない)。アイリウムによって見た幻想体験により三浦は活力を取り戻して生きていく…。ということで結局アイリウムは記憶を24時間飛ばすのではなく、幻想体験をさせるのが本当の効能ってことだったのこれ…?

少年

倉科カナ主演。
倉科カナの前で起きたバイクと少年の事故。無事だった少年だが、違う名前を名乗ったり変な挙動をした後に倉科カナの前に現れる。不気味なその少年の様子から少年サイコホラーかと思われたが、少年は学生時代に事故死した彼氏の健太郎の生まれ変わりだった!というファンタジー。少年が事故に会ったことで一時的に前世の記憶を取り戻し、彼氏の死に責任を感じて以後10数年時の止まっていた倉科カナの心を動かして最後の挨拶をして消えていくという感動モノ。ベタではあったけど、逆にこの手の生まれ変わりネタって案外最近見てなかったので(小学生の頃なんかこういうネタ良く見た気がするんだけど)懐かしくもあった。

城後波駅

合間に出てきたショートストーリー(アバンストーリー)。ポンキッキーズを終えたガチャンピンとムックが都市伝説「城後波駅」へ向かうという動画を最後に失踪。上司に「戻ってこれなくなる」と言われながらも記者の岡田義徳が調査に向かう。ガチャンピンムックが最後にいた「久津々西駅」にて「城後波駅」への道が開けるという儀式(時刻表アプリで特定の設定で検索する)を行うと不気味な駅員によりやってきた謎の列車に強制的に乗せられてしまった。この土壇場で「城後波駅」=「しろごなみえき」=逆から読むと「みなごろし」だと気づいた岡田は助けてくれぇぇぇ!!と絶叫して前編終了。

しかしそのまま本編最後の『少年』も終わってしまい、いつものタモリの締めのトークも終わってエンディングテロップに突入。エンディング終了後にようやく後編がスタート。

暗黒世界「城後波駅」に下車すると、電車は走り去ってしまうがその電車の中にはガチャピンとムックの姿が。上司に「入れ替わるまで帰ってこれなくなる」といわれたことを思い出した岡田だったが、ゾンビと化していた駅員に襲撃されて殺されてしまう。

…と思ったら最初にやってきた「久津々西駅」に戻っていた。再び駅員に押されて強制連行されてしまう岡田。謎のループ展開となったが、その中で「久津々西駅」=「くつづにし」=逆にすると「しにつづく」=「死に続く」だったことに気づいて岡田が驚愕したまま終わり。

ガチャンピンとムックが後編でほぼ背景。そしてこの世界のシステムがなんだか良く分からないままに終了するという最後に投げっぱなしのオチは見終わった感触が非常によろしくない…。

「久津々西駅」で「城後波駅」へ向かう儀式をする→連行される→「城後波駅」に到着後に殺されるが殺された瞬間に「久津々西駅」に戻るが、直後に強制的に再び連行される→以下ループ

という無限ループ地獄に陥り、「入れ替わるまで帰ってこれなくなる」の言葉通りに、誰かが”「久津々西駅」で「城後波駅」へ向かう儀式をする”を発動させると無限ループから脱出して帰ってこれる。入れ替わりで行った者がまた誰かが儀式を行うまで無限ループ…っていう世界観でいいのか。

コンフィデンスマンJP 5話

リチャード(小日向文世)の盲腸の手術をした医師正名僕蔵は名医だったが理事長のかたせ梨乃のドラ息子永井大をスーパードクターに見せかけるための影武者として利用されており、薄給に耐えかねて直談判したところ、かたせ梨乃にけちょんけちょんにされ、転職を目論むもかたせ梨乃が悪い噂を流したため工事現場のバイトで食いつなぐ日々。工事現場で働く正名僕蔵を見かけて事情を聴いたボクちゃん(東出昌大)はかたせ梨乃と永井大を追放して正名僕蔵を復帰させるための詐欺を行う提案をし、ダー子(長澤まさみ)が動き出す。

ということで偽医者に扮して渡り歩き、かたせ梨乃を重病と偽って手術させるというトンデモ展開に。後半はハズシのハズシのまたハズシという怒涛のハズシ展開のありえない大連発で3周くらい回って逆に凄かった。

かたせ梨乃の偽手術を嘘中継するはずが中継に失敗してダー子が執刀を始めてしまう→失敗する

→正名僕蔵が訪れていて正名僕蔵が救うと見せかける→実は正名僕蔵はかわいそうな人ではなく人格に大きな問題のある性悪でかたせ梨乃も実力は評価していたが人格面が酷すぎて手に負えなかったと発覚。かたせ梨乃が悪い噂を流しているのではなく、正名僕蔵の人格面が酷すぎてすべての病院に断られ、腹いせに自分で噂を流していたことも判明し、手術するなら病院をくれと言い出すのでボクちゃんが殴って退場

→かたせ梨乃の本当の願いは永井大の医師としての覚醒。自信が無いだけで本当は腕があるはずだと確信していた。永井大が覚醒して救うのかと思いきや永井大、速攻逃亡

→実は手術自体が嘘で突如手術台の下からジョージ松原と名乗る造形師(山田孝之)が登場「仕事は選びません!」とかメタ台詞を吐きながら1カット出演で存在感を残す(まもなく公開の映画で長澤まさみと共演している縁での出演)

→結果久々のボクちゃん一緒に騙されてたパターン。しかし最後は仲良く3億円を騙し取り、かたせ梨乃は息子をあきらめて病院を退職、永井大も医者をあきらめて退職と騙されたわりにスッキリした表情でおしまい。

荒唐無稽なベタ展開をここまで連発すると逆に面白くなるのな…。山田孝之がジョージ松原とか名乗って出てきた時点でもう全部これでいいやって感じになってしまった。

謎だったのは最初は乗り気だったリチャードがほぼ外で遊んでいるだけで、手術で人格が変わるというオチに利用されただけでほとんど出てこなかったところ。明らかに小日向文世が別仕事で現場外れていたとしか思えない扱いだったが…。