日本ボロ宿紀行 12話

最終回は神奈川県みよし旅館が舞台。漁港での営業に失敗した2人はいつものように宿へ向かうが、いつもはボロっぷりに目を輝かせる春子(深川麻衣)が終始浮かない表情。一応龍二(高橋和也)がボロっぷりへのツッコミを代行していたが、これでは何だかいつもよりつまらない旅館みたいではないか…。

春子はこのままでは勝ち目が無く、営業を回る資金も無いため、東京に戻ろうと告げる。東京に戻って新曲を作って改めて勝負しようと今更当たり前な事を言い出す春子。そもそも20年前の小ヒット曲を今になってもう1回売ろうという前提に無理があったままここまで来てしまったのに最後の最後で新曲を出そうとか当たり前な事言い出されても…。

龍二は新曲を作る資金も無いだろうと告げるが、春子はバイトして資金を作ると宣言。そこまでしなくても「旅人」の歌唱印税を使えばいいという龍二だったが、実は印税など既に発生しておらず毎月振り込まれていた印税と思われたお金は故・社長(平田満)のポケットマネーであった。それを初めて知った龍二はさすがにショックを受け、春子の前では明るく振る舞っていたが翌日引退すると置手紙を残して姿を消す

一方の春子はこれまでの旅館女将(根岸季衣)に励まされて龍二の歌が好きだという原点を信じて旅を続けることを決意。消えた龍二を追いかけて思いを告げ改めて2人で営業の旅を続けることになり終了。

今回は宿よりも最終回展開に重きが置かれていた感じ。お決まりな展開ではあったけど、そもそも20年前のヒット曲が何故か大量に余ってるので今更営業に出てもう1回売ろうとするという旅の前提が微妙すぎたのが効いてしまい旅を続けるか否かでシリアスになるには色々おかしくなってしまったような。

演じている高橋和也本人が「旅人」を80年代にヒットした歌謡曲の設定、と思いっきり勘違いしてしまっているところも含めて設定にとにかく無茶があった。20年前のヒット曲なので99年のヒット曲のはずなんだけど、制作側含めて感覚が30年前になっててズレてしまっているという。高橋和也本人にしてみれば男闘呼組が活躍していたのが30年以上前なので若い時のヒットなら80年代という感覚から来るものだろうけど…。

それにしても社会全体の高齢化の影響なのか、来年には20年前が2000年になるという事実、来年から80年代が40年前に、90年代が30年前になっていくのを忘れがちだ。

20年前のヒット曲「旅人」の知名度を餌にして余っている売れなかった最後に出せた新曲を売るとか、20年前のヒット曲「旅人」を餌にしてこれが売れなかったらおしまいな最後の新曲を最後にならないように売るとかそういう設定が本来自然だったはずなんだけど、いずれにしても最低2曲用意しないといけないので不自然にしてでも1曲を選んで設定した結果、変な前提になってしまって結局「旅人」はヒットしたんだか売れなかったんだか良く分からねぇっていう変な事になったのか。ていうかいっそもっとテキトーに昔ちょっと売れただけ(何が売れたかは明示しない)の過去の歌謡歌手が再起をかけての「旅人」で地方営業するっていうもっとボヤっとした前提を用意した方がマシだった。

それにしたって主題歌枠は別にあって別の人が歌っているんだから挿入歌と主題歌で2曲で良かった気がしなくもない。まだCDが売れている時代だったら、「旅人」を当然CD化していただろうから自然に2曲用意できていたのだろうか…。

2人の関係性やボロ宿独特の雰囲気など、空気感は非常に良かったのと秋の山々の自然風景も癒されるものだっただけに、この変な設定を一旦破棄、リセットしてしての続編を期待したい。

ジオシティーズFOREVER

もう特定以上の世代じゃないと分からないかもしれないが、ジオシティーズが3月31日付で予告通り消滅した。02年の開設当初ジオシティーズから始まったこのサイト、当時のアドレスは…

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/3496/

というものであった。独立移籍後、現サイトへ飛ばすためのトップページ(と墓場化した「今週のチャート」)はずっと残してあったが、見ての通り終了告知である。

最も有名だった無料ホームーページがジオシティーズだったので今から無料ホームページを作ろうとすると…まあ探せば色々あるんだけど、容量の問題とかで現代だと特に苦労するかもしれない。うちのサイトも移籍理由が容量の問題だった。なんせ当時は30MBとか50MBしか使えなかったわけで、時代の進化と共に巨大化した携帯画像ファイルなんてそのまま貼り付けようものならあっという間に容量MAXであった。初期のネットデジオもカーネル・S・マルオ氏がいかに音質を落とさずにファイルサイズを小さくするかに苦心して編集していた。

何にせよ一斉に消えてしまったジオシティーズ。それは00年代のインターネットの歴史的遺産でもあったわけだけど、その大半が移籍も無く消えてしまったのはかなり残念な気もある。

一部ブログ化も進んでいるが、当サイトのトップページ及びアルバム感想ページ等の見た目はジオシティーズが消滅してもジオシティーズ時代を彷彿とさせるデザインとして今後ますます懐かしがられるようになる予感がしている。Front Page Expressが次にPCを買い替えた時にまだ動くかどうか次第ではあるが、ジオシティーズ、Front Page Express、ISDN、ADSL…など消えていったインターネットワードを思い出させるサイトとして今後も更新していく所存である。

雑記

とある魔術の禁書目録Ⅲ 26話

ラストオーダーが無事復活。しかし一方通行はベツレヘムの星からテレズマが降り注いだらみんなが危ないので守るために特攻を決意。黒い翼は白い翼に代わり、天使の輪が出現して傷も全て消えた一方通行は微笑みながら浮かんでいき…ってこれ完全に死んだ奴が天に召される時の演出じゃないか。

前回ラストでは確かに自信満々に俺様の勝利だとかのたまっていたはずのフィアンマだったがなんかもうすっかりうろたえていて、敗色濃厚に。今回はもう大した反撃もできずについには上条の突撃で撃沈。上条は最後の脱出ポッドでフィアンマを逃がしてしまい、ようやく助けに来た美琴もスルー。フィアンマが落としていったインデックスの意識を封じている霊装越しにインデックスの幻が出現して記憶喪失を告白して謝罪し、帰還を約束した後はベツレヘムの星を安全な場所に落とそうとステイルと連絡を取りながら実行していたが…。そこにガブリエルが復活。厄介なので上条はベツレヘムの星ごとガブリエルに特攻して北極海に突入すると水中越しにガブリエルごと粉砕。自身を犠牲にして事態を終結させた。

突っ込んだはずの一方通行は何故か学園都市に捕縛されていた。天使にまでなって突撃したのに結果が描写すらされないほど全く通じなかったのかなんなのか…。あまりに自信たっぷりな態度に捕縛者たちが心配になって電極のスイッチを切っているか確認してしまったのでそれでスイッチを入れさせた一方通行は能力を発動させてこのドマヌケな捕縛者たちを粉砕するという学園都市の闇世界を全部ぶち壊すと宣言。

浜面は再び追っ手に囲まれていたが、追っ手側のリーダー格の女が余裕ぶってペラペラ喋っている間にいつかの村人たちが助けに来てくれたので形勢逆転。女の腕と足を撃ち抜いて、女がしゃべりかけていた素養格付(パラメータリスト)という学園都市の重要機密の情報を引き出そうとしたところで出番終了。これが探していた交渉材料とやらで最後までラッキーマン&容赦しないときは本当に容赦しない恐ろしい男だった。

フィアンマは無事に着陸していたが突如現れたアレイスターに右腕を吹き飛ばされ瞬殺されてしまった。瀕死のところにまた新しいキャラ連中が出てきて意味深なセリフだけ吐いておしまい。

原作では上条の生死は確認されないままに「二度目の死」とされ、完結。巻数リセットで「新約」として再び物語が始まり、新約1巻は上条がいない学園都市が舞台という流れだったが、さすがに色々意味不明で投げっぱなしなこともあってか、ラストカットで北極海に浮かぶ上条を前回出てきたバードウェイが助けに来るというカットをオリジナルで差し込んで終了。

とても最終回とは思えないような上条・一方通行・浜面の3人とも途中で話が終わり、エピローグが全くないという…。全体に詰め込みすぎで半分くらいはOP/EDカットだったけど、消化不良のまま無理やり最終巻まで走破させた感じ。改変せずに新約への伏線を張りまくったのでそのうち本当にやるつもりなのだろうか。一方通行や超電磁砲をやる以上は本編を放置するわけにも…という理由で消化するためだけにやったような3期だったけど、新約が既に同じ22巻まで出ていてこっちはまだ終わる気配なし、という状態。4期どころか5期6期までやれるくらいのストックがあるだけにもうちょっとどうしようもないかもしれない。もう少しじっくりであれば続きも見たいけど、今回みたいな詰め込みじゃどうにもなぁ…。

日本ボロ宿紀行 11話

静岡県下田市「昭吉の湯」が舞台。今回の営業先は下田城美術館という寂れた場所。宇宙パワーを売りにした怪しい場所では完全にどうかしちゃっているおばちゃんに宇宙に向けて歌えと言われ、報酬は隕石と称した怪しい石。振り切れ具合がヤバかったが、宇宙パワーの看板等は実在するものであり、怪しいスポットとして一部マニアの間では知られた場所のようだ。美術館の名の通り、実在した下田城でもなんでもない観光用の偽の城で、しかもネットの古いレポでは在りし日の姿が見れるが潰れてしまって10年ほど経過した完全な廃墟らしい。とんでもねーところでロケしたなおい…。

ヘトヘトの2人は温泉の看板を見て「昭吉の湯」に向かうが宿もやっていると知り宿泊。部屋が空いていないのでバンガローの方に泊まるという事になり、温泉も日帰り温泉がメインなので景色も良いせいか今回はいつもより風呂のシーンも長め。さらにバンガローは標準的なものだったのでいつものボロっぷりはほぼ施設外観のみに留まるという珍しい展開に。宿泊曲の青年を指名手配犯と間違えたら売れない役者だったというドタバタもありつつ、酔って暴言モードになった春子(深川麻衣)は営業を回る金が無いと吐露。龍二(高橋和也)は100枚売ってやる!と意気込むが最終回という旅の終わりが見えてきて次回へ続く。

よりによって今回みたいな完全に相手に騙された形になるような営業の後で金が無いと言われてもそれはもう完全に春子の営業手腕に問題があるとしか…。

翔んで埼玉

2019年2月公開。

原作は魔夜峰央による少女漫画誌『花とゆめ』に82~83年に連載された漫画。作者が当時埼玉県の所沢市に転居した事から埼玉ディスをネタにして連載が開始されたが、程なく横浜に引っ越したことや、今作自体が漫画としての強烈なストレス下において執筆(近所に編集長ら漫画家生命を左右する偉い人が住んでいた)していて作者曰く追い詰められおかしくなっていた状態で執筆されていた事もあって、連載は中断されたまま未完となった。86年には短編集『やおい君の日常的でない生活』に収録された。

本来そのまま埋もれて消えていたはずだったが、2015年頃からネット上で発掘されて大ウケするようになり、復刊したところ予想以上のヒットを記録。その勢いでついに映画化となった。

原作が未完のためオリジナルでの完結及び作中の話を過去の伝説の話として、現代パートも新たに設定された。高校3年生の役で45歳のGACKTが起用された。

「翔んで埼玉」の続きを読む…