『マシュマロ』実験結果

16周年記念で始めたものの2018年いっぱいで完全抹消となった質問箱もとい悪魔箱

完全終了してから知ったのだが実は他にも似たようなシステムがいくつかあったらしい。その中で気になったのが「世界はもっとマシュマロを投げ合うような安全さで満たされるべき」という思想の元「ネガティブな内容のものはAIがこっそり削除しちゃうので、ポジティブなものだけがあなたに届きます」とする『マシュマロ』なるシステム。

基本的に悪魔箱とほとんど同じなんだけど、AIによるネガティブ質問自動削除がウリとなっており、質問箱に疲れた利用者がこっちへ流れていっているとかいないとか

悪口というレベルはあまりなかったがしかし距離感オンチ/曲解しすぎな質問が多かった悪魔箱。果たして「マシュマロ」のAI削除の威力とは!?というのが気になってしまったので17周年を理由に1日限定でやってみた。AIの設定は仕事っぷりが3段階あり、最強設定(AI仕事する)で実施。

ただ前提として悪魔箱掲載時点でかなり強めに当たっていた事と、悪魔箱終了時に理由をかなり率直に明記した事、加えて「マシュマロ」のプロフィール欄にも”あれだけ書いた後でもまだ距離感オンチな質問は来るのか?”と注記をするという念の入れようだったので、まあこれは悪魔箱を再利用したとしても同じ結果になってほしいところでもあった。

結果、マシュマロは確かに悪魔箱より平和であった。マシュマロだったから平和だったのかは分からないが、来たものには全部答えたので、もし送ったのに回答が無かったというのであればマシュマロAIが仕事をしたという事、しかしそれは送った当人しか分からない。

1つ改めて思ったのは匿名でも質問文に癖があるので大体同じ人っていうのは分かってくる。悪魔箱現役時代は粛々と回答を処理していたが、昨年末から少し時間を置いたことで、これ悪魔箱の時のあの手の質問と同じ人だなとか改めてハッキリしたのは面白かった。

再解放の予定は無いけど、匿名質問システムを使うなら「マシュマロ」はいいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)