さようなら2020年

こんな1年になった挙句にまだ続くとはなぁ…。

風邪を一切ひかない1年は初めてだった気がするので表面的には健康だったことにはなるが、
精神疲労によりこれほど不安定だった年も無い。
我々は何を恐れて何の対策をしているんだろうか?
疑問を持たずにいた方が幸せだったのかもしれない。

今年はそれしかない。そしてまだ終わらない。
幸いなことに直接的に経済的な影響はまだ及んではいない。
そもそも元から人に会わないし、飲み会嫌いだし、ライブもそんな行かないので実際そんなに変わってもいない。
でも綺麗ごとは言えない。影響はもうすぐそこまで来ている。
1年後また無事に、少しは何か変わっている事だけ信じる。

今年はさらに少なくなることが予想されますが、勝手に年間ランキングも成人式頃まで募集してます。いくつか届いている中でやはり今年に対する思いを綴られている方もいてどれも響きます。

2020年の締めくくりとしてはこの曲がふさわしい。「田園」的な気持ちももちろんあるんだけど、現状はこれしかない感じがする。
※30秒切り取りされているのが「悲しみよォォ♪」のところなのでアレなんだけど全体の歌詞的なニュアンスとしてはダウナーだけど前向きでそこが今にリンクするなっていう感じ(序盤の「道を間違えた」っていうのは過剰対策的なあれやこれやにより変異してしまった価値観に対してと捉えた上で、元の日々に対して決してあきらめない気持ちを持っていれば明日はくるという心持ちでの「悲しみよ」っていうそんなイメージ。)
実際は前妻との関係が終焉した時期なので単に男女の別れのニュアンスが強かったとは思うんだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)