量産型リコ-プラモ女子の人生組み立て記- 1~6話

2022年夏クール、テレビ東京系「木ドラ24」枠(24時30分~25時)。乃木坂46与田祐希の初主演ドラマ。

5月9日にテレ東のドラマで陽性者が出て撮影休止になったとドラマ名は伏せられて報道されたが、直後に与田祐希の陽性が発表された事もあり今作であったとされる。与田祐希は完全に無症状ながら規定により乃木坂46の10周年ライブに出演不可となってしまったが、そのまま無症状であったため、2日間のうち1日目は欠席、2日目には出演を果たすことが出来た。

1話

イベント会社FUNFUN CREATEのあまりやる気がないのんびり部署と呼ばれるイベント3部でのほほんと働く小向璃子(与田祐希)はある日イベント1部の同期浅井(前田旺志郎)にやる気が無さすぎると一方的にダメ出しされて量産型だと言われてしまう。同じ3部の先輩である中野京子(藤井夏恋)が商店街の古い個人商店の企画を出してきて、帰り道にまさにそんな雰囲気の矢島模型店を発見した璃子は入店。店長の矢島(田中要次)、バイトの郁田ちえみ(石川恵里加)に導かれるままに「量産型」のザクを手に取った璃子は2人のサポートと解説を受けながら店の奥初プラモに興じる。気がつけば熱中していた璃子は翌日いい表情をしていて…と量産型で趣味も何もなくのほほんとしていた主人公はプラモという趣味に目覚めて次回へ続く。

プラモに全く興味が持てずに通ってこなかったので矢島店長がいくら解説しても全く面白そうには感じられず…とプラモという題材は個人的に大外れながら、挙動を見ているだけでも飽きない与田祐希、ちょうど1年前の同枠『お耳に合いましたら。』と同じ制作陣という事もあって、ポッドキャストメインではなく大人になってからの仲間や青春感を醸し出した同作同様に今回もまたプラモ紹介メインとは違った大人になってからの成長や変化をいい雰囲気で描いてくれるんじゃないかという期待は持てる感じ。

ただ璃子が最初から無趣味でもなんかのほほんとしていてそれなりに人生楽しそうだったので、なんかこうもう少しマイナスなところから熱中できる趣味に出会うっていう衝撃の出会い感は無かったかも。出会わなくてもなんとなく楽しく生きていけそうな…量産型の中でも恵まれた量産型っぽさはあった。もっと低めというかギリギリで今日を乗り切っている人の方が今の時代は量産型なんじゃないかな。

2話

イベント1部の高木真司(望月歩)が3部へ移動してくる。かなり頭でっかちな理屈派でいきなり問題点を指摘し始めたり、今回依頼があったスポーツカーPRイベントの企画出しの際にもスポーツカーが憧れの世代である年配勢と関心が薄い若手では感覚が違い、若手のみで企画した方がいいなどと勝手に提言。璃子と京子と高木の3人でやる事になるが、問題点指摘しか出来ない高木に新たに企画を考え出す能力は皆無で何も考えを盛っていなかった。この一瞬でこれ以上いられても文句言うだけの厄介になると判断した京子により高木はとっとと帰ってもらい璃子と京子は2人で企画を考える事になってしまう。1部が高木を放り投げた理由が分かっ

とりあえず出来た企画案をエース社員の大石(中島歩)にどこか距離感があると言われた璃子は好きになるきっかけとして前回のプラモ屋を思い出し、来店。若い女性の2度目の来店に驚く矢島とちえみだったが、璃子が選んだGT-Rのプラモ制作を応援&補佐。前回を遥に上回るパーツの細かさ、細かいエンジンを組み立てたところで完成すると全く見えないという状況でもちょっと嘆いたらケロッとしてしまう璃子の前向き思考もあってプレゼンもうまくいくのだった。

ちえみに璃子が「ザクねぇ(姉)」呼ばわりされているのがちょっと面白かったが、あんな細かい作業で嫌にならない璃子はプラモ作りへの適正ありすぎなのでは。

3話

前回登場した理屈ばかりな高木真司(望月歩)がリーダーを任され(相変わらず理屈で拒否しようとしたが上司命令)、璃子が後輩指導の立場でついて、猿渡(与座よしあき)が監修するような体制になった。璃子ののほほんとした姿勢は良くも悪くも高木としても先輩璃子に全部丸投げ出来る感じでもないし、なんとか奮闘する高木だが今一歩踏み出せない。気がつけば相手との交渉は全部璃子がやっていて、高木はメモしているという名目でずっとPCカチャカチャ。見かねた璃子、そしてもっと先輩に対して踏み込んでご飯にでも連れていってもらえとアドバイスされた高木がどこか連れて行ってくれと言った事で璃子はプラモ屋へ高木を連れていく。

エヴァンゲリオン初号機を作らされることになった高木は何度かくじけそうになるが、矢島やちえみ、璃子の応援で投げ出さずに奮起。ついには全員が居眠りするほどの長時間集中の末にプラモを完成させ、越えられなかった一線を越えられた。

全く描かれなかったが、高木は明らかに一皮むけたようでその後のプレゼンは成功したらしく、大石と猿渡の会話から高木の理屈だけなところが昔の自分のようだから自分を指導してくれた猿渡に託したみたいな事も明かされておしまい。

早くも璃子ではなく同僚を連れていくパターンへ移行。展開上、璃子が手伝ってしまうのではなく1人で作り上げるところに意義が生じているため、璃子は見ているだけ&最後は寝顔提供という与田ちゃん的には寝顔カワイイのでOKだけど、璃子の成長物語という感じでは無くなってしまい主人公があまり動かない感じに…。問題児高木の後輩指導に悩んで先輩らしくどう振舞うかみたいな葛藤もあまり出てなくて変わらぬのほほん感だったし意外な流れになってきた。

4話

これまでプラモは一晩で作り上げていたがこれまでとはパターンを変えて今回はOP明けには璃子が「宇宙戦艦ヤマト」のプラモが壮大すぎて行き詰っている様子と毎晩通って少しずつ進めている様子が描かれた。社内では早期退職の話が持ち上がり、部長代理ながら最早名ばかりで自身も気を遣われるだけの老害だと自嘲する雉村(森下能幸)が掘り下げられた。元々社員5名で始まった創業時のメンバーだったらしく、「満天のど飴」との初契約を取ったのも雉村と現社長だった。しかし社長まで上り詰めた同期とは対照的にいつしか目標も無く、ただ仕事をこなすだけの量産型と化していた雉村はここに来て長年担当していた仕事も璃子や高木に割り振られてしまいフェードアウト退職を考え始めていた。

そんな中で璃子が「宇宙戦艦ヤマト」を作っていると知ると店に同行。元モデラーであり、輝きを取り戻した雉村は一緒にプラモを完成させる事に。その的確な指導は矢島が入る隙が無くなって不貞腐れるほど。いつもと違う雉村も素直な反応をする璃子だったが、そんな素直なところもむしろ良いと受け止めてもらえてついにプラモは完成。何日もかかるとか手伝っても今日では終わらないような事を言っていたが、結局一気に仕上げてしまったようだ。

璃子が雉村を頼るようになり、次の仕事でもリーダーになってもらう事が決まり、高木が抱えている案件にもモデラーの知識が必要だったため高木や京子にも頼られ、一気に若手に頼られるようになって昔の情熱や輝きを少し取り戻しておしまい。

枯れかけていた定年間近のおじさんが再奮起というほど明確に奮起するわけではないが確かに何かが変わって何かを取り戻すというじんわりいいお話だった。しかしやはり周囲の成長物語になったな。

5話

社内のファミリーデーのイベントで子供向き企画を担当する事になった璃子だったが企画が思い浮かばず困っていたところ、高木がプラモ店で大量に買ったまま「積んで」いるプラモが発見され、その中にミニ四駆がいくつかあった事から部長の犬塚(マギー)がミニ四駆愛に熱く燃えだしてミニ四駆で行くことに。クールに承諾していた大石(中島歩)だったが実は彼もミニ四駆に燃えた少年時代を過ごしており、途中からは衝動が抑えられなくなり、璃子が作ったミニ四駆を改造しないのかとウキウキで問いかけてくるように。

この流れで今回は社内でそのまま大石がミニ四駆改造に燃えまくるのがメインとなり、プラモ屋の出番はほとんどなし。改造後、犬塚と高木も加わってひとしきりレースを楽しんだ後に世代は異なるが小学校時代あるあるを話して共通する部分もあって盛り上がる一行というこの制作陣らしい大人になって思うあの頃の思いみたいなのをさらっと描写。少年少女の4人を出して重ね合わせたりとノスタルジーな演出が良い雰囲気。エース社員で自分とは格が違うと思っていた大石と意外と共通点が多かった事に気づいた璃子はほのかに大石を意識するようになって次回へ続く。

6話

姉の夫が入院したという理由で姉の子の翔真(小山蒼海)をしばらく預かる事になった璃子。困っていきなり会社に連れてきているところから始まるが、ゆる~い会社だな…。エース社員のはずの大石まで一緒にミニ四駆で盛り上がろうとしているし…。前回に続いてミニ四駆押しで盛り上がろうとする犬塚や大石だったが、京子(藤井夏恋)は翔真がミニ四駆に興味が無く気を遣っているだけだと察して宛名綴じの作業をやらせるというファインプレイ。

その後は謎の豪邸で現代っ子な翔真との距離感に悪戦苦闘する璃子が描かれたがなんだこの豪邸。様子からして翔真の自宅っぽいので夫が入院したので姉は病院に泊まり込み、璃子は姉夫婦の家に泊まり込みで翔真の面倒を見ている設定なのだろうか。5歳の頃のイメージで接してしまい、今8歳の子供にとっては長い3年を大人にとっては3年は変化がないと嘆く大人あるあるを炸裂させながらもストレスをためていき、小さなことで発散しようとするどっちが子供だというような璃子がちょっとカワイイ。困り果てた璃子は雄たけびをあげたまま矢島模型店に助けを求めて子供向けに「BB戦士373 LEGEND BB 武者頑駄無」を購入するが相変わらずそっけない態度を取られてしまう。

落ち込んで出ていってしまった璃子にさすがに翔真も反省して歩み寄り、矢島模型店で武者頑駄無を一緒に制作して仲良くなるのだった。帰り道で翔真は会社での様子から璃子は大石が好きなのだろうと見抜いて自覚していなかった璃子が動揺して次回へ続く。

説明なしの豪邸登場が地味にインパクトだった。少なくとも姉は量産型どころか現代日本における明確上位ないわゆる勝ち組に属する事は間違いない。そして1度も姿を見せずに預けっぱなしになるほどの入院って姉の夫は大丈夫なのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました