WANDS 30周年 全曲回顧~2期 1993-1996~

スポンサーリンク

WANDS 30周年全曲回顧~2期 1993-1996~

大島康祐の脱退により、新たにキーボードとして木村真也が加入。ジャケット写真に登場したのは中山美穂&WANDSでの「世界中の誰よりきっと」からだったが、当時はメガネをかけていなかった。「時の扉」のジャケットでもかけていないが、アルバム『時の扉』以降はトレードマークであるデカメガネをかけるようになった。目が悪いわけではなくキャラ付け(?)でかけていただけのようで、3期になった直後まではこのスタイルだったがその後は長髪グラサン姿へとトランスフォームを遂げた。5期始動時には2期当時のデカメガネ姿を忠実に再現している。

93年はブレイクもあって怒涛のリリースラッシュとなったが、大島康祐のストック曲、新規の提供曲も引き続き採用されていた。メンバーの自作も行われていたが、ギターの柴崎浩による作曲はC/W、アルバムに留まり、提供曲によるヒットが中心だった。94年は一転して6月に発売された「世界が終るまでは…」1作ポッキリで沈黙

95年以降は急速にロック色を強めた。生音バンドサウンドへ移行し、オルナタ方面へ向かった結果、キャッチ―さは薄れ、ヒットからも遠ざかっていく事となった。あまりに急速にやりたい方向に舵を切りすぎたゆえか、「WORST CRIME~About a rock star who was a swindler~」の次のシングルとして用意された曲は(用意されたと言っているので提供だった模様)ポップ路線で、もう無理だと感じた上杉昇は脱退を決意。上杉のいないWANDSに興味がないとした柴崎浩もそれに追従して共に脱退して、他社でal.ni.coを結成。結局上杉と柴崎の間にも音楽性の隔たりが決定的となり、al.ni.coは立て続けにシングル3枚、アルバム1枚をリリースして1stツアーを行うも1年以上の沈黙の末に解散してしまった。

現在はこれらの脱退~al.ni.co解散までの経緯が上杉昇本人の著書によって修正されており、実際には上杉1人で辞めるつもりだったが、脱退を先導していた人物が相手先に柴崎も欲しいと言われたので柴崎も説得して辞めさせた、この人物は上杉には自分がやりたい事だけやればいいと言っていたが、柴崎には最初は上杉に自由にやらせて徐々に自分の音楽性を入れていけばいいなどと双方に違う事を言っていたらしく、この事がal.ni.co解散へと決定的に繋がったとされる。さらにはal.ni.co解散を巡っても契約と違うとかで相当揉めることになるなど、脱退を先導したという人物にまだ若かった2人はある意味騙されたといってもいいような状況だった事が伺える。この問題の人物に関しては実名を公表していない。

2017年過去曲回顧ブログ化New Style第2弾として公開したものをBrand newブログへ移植ついでに修正+アルバム曲をピックアップから全曲回顧にバージョンアップした最終版

世界中の誰よりきっと
/中山美穂&WANDS

世界中の誰よりきっと /中山美穂&WANDS
世界中の誰よりきっと /中山美穂&WANDS 92年10月28日 レコード会社は中山美穂サイド(キングレコード)になっているが制作はビーイングで、中山美穂をビーイングが外部からプロデュースしたような形になっている。ジャケットも中山...

4th 時の扉

4th 時の扉
4th 時の扉 93年2月26日 WANDS単独名義としては木村真也加入後最初のシングル。今作のジャケットでもまだ木村はメガネをかけていない。なんか2人より光が当たってなくて亡霊のようになっているのは何故なのか。「もっと強く抱きしめ...

2ndアルバム『時の扉』

2ndAl『時の扉』
2ndアルバム『時の扉』 93年4月17日 シングル『愛を語るより口づけをかわそう』と同時発売。シングルアルバム同時1位を獲得するばかりか4週連続同時1位を記録。アルバムでは最大のヒット作で唯一のミリオン。ライナーではよく200万枚...

5th 愛を語るより口づけをかわそう

5th 愛を語るより口づけをかわそう
5th 愛を語るより口づけをかわそう 93年4月17日 2ndアルバム『時の扉』と同時発売。2作同時4週連続1位、今作もミリオンを突破した。「世界中の誰よりきっと」含めて4作連続ミリオンと猛烈な勢いとなったが、後の「世界が終るまでは...

6th 恋せよ乙女

6th 恋せよ乙女
6th 恋せよ乙女 93年7月7日 前作と今作の間にはZYYG,REV,ZARD&WANDS featuring 長嶋茂雄「果てしない夢を」のリリースもあり、怒涛のリリースが続き、上位をビーイング勢が占拠する状態が続いていた。2週連...

3rdアルバム『Little Bit…』

3rdAl『Little Bit...』
3rdAl『Little Bit...』 93年10月6日 1st同様のミニアルバム。今作で初めてSound Prduced by WANDSという表記が入った。東芝EMIでの最終作品。 今作の収録候補に「恋せよ乙女(Remi...

7th Jumpin’Jack Boy

7th Jumpin'Jack Boy
7th Jumpin'Jack Boy 93年11月17日 3rdアルバム『Little Bit...』から1ヶ月、まだ出すかという93年最後の新作。シングル4作、アルバム2作という怒涛の1年間となった。 3rdアルバム『Li...

8th 世界が終るまでは…

8th 世界が終るまでは…
8th 世界が終るまでは… 94年6月8日 怒涛のリリースだった93年から一転して94年のリリースはこのシングル1作ポッキリ。2年後の96年にリリースされたベスト盤『SINGLES COLLECTION+6』は今作までが収録範囲とな...

9th Secret Night~It’s My Treat~

9th Secret Night~It's My Treat~
9th Secret Night~It's My Treat~ 95年2月13日 久々のリリースで期待が高かったのか、前作までをわずかに上回る自己最高初動29万枚で初登場1位。しかし2週目以降失速して(2週目9位→10位)、10週で...

4thアルバム『PIECE OF MY SOUL』

4thAl『PIECE OF MY SOUL』
4thアルバム『PIECE OF MY SOUL』 95年4月24日 フルアルバムとして2作目にして結果的に2期での最終作。生音中心のロックバンドへと大きな変貌を遂げて賛否両論を起こしたとされているが現在は圧倒的に最高傑作に上げ...

10th Same Side

10th Same Side
10th Same Side 95年12月4日 10ヶ月ぶりのシングル。『PIECE OF MY SOUL』と初の全国ツアー「LIVE-JUNK #2 PIECE OF MY SOUL」からも7,8ヶ月ぶりとなった。結果的にアルバム...

11th WORST CRIME~About a rock star who was a swindler~/Blind To My Heart

11th WORST CRIME~About a rock star who was a swindler~/Blind To My Heart
11th WORST CRIME~About a rock star who was a swindler~/Blind To My Heart 96年2月26日 前作から2ヶ月での早いペースでの発売となった。当時はこの後にアルバム...

未発表曲

未発表曲
未発表曲 WANDSの未発表曲として後から発表された曲は全て2期に集中していて、1期や3期の未発表曲は発表されていない。このうち一応上杉柴崎在籍時に発表されたのは「白く染まれ」のみで残りは全て解体後である。 白く染まれ ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました