FINAL CUT 2話

百々瀬(藤木直人)司会のワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』のプロデューサーである井出(杉本哲太)にFINAL CUTを突き付けた慶介(亀梨和也)。仲間の大地(髙木雄也)と共に運営するメディアの報道被害を受けた人々の相談を受けるサイトにはまたしても『ザ・プレミアワイド』の報道被害報告が寄せられ、今回のターゲットはディレクター兼レポーターの真崎(水野美紀)に決定。

真崎は殺人事件の容疑者に独占インタビューした結果、容疑者が逮捕前に逃走するという問題を起こし、他メディアからもやりすぎだと怒りを買っていた。しかしこの過激な報道姿勢は今に始まった事ではなく、12年前に慶介の母もコイツに騙されて無実を訴えるインタビューを撮影させたが、OAされたのは被害者に申し訳ないと謝罪しているシーンだけだった。12年前の件で言えば井出よりも恨みの深い人物だった。

真崎は逃走中の容疑者が接触してきて金銭を要求してくるとそれを受諾して取材を決行。犯人はなんと被害者と不倫していたという謎のサービス(大嘘)までぶちかまして5,6万円程度で満足して去っていった(直後逮捕されるマヌケっぷり)

前回仕掛けたTV局の監視カメラは全部生きており、加えて新たに仕掛けた監視カメラで真崎の行動はほぼ完全に撮影されていた。ただ盗撮レベルの追跡映像、真崎の娘に迫っていき思いっきり娘を振り向かせてカメラ回すという映像まで飛び出してこれにはさすがの真崎も犯罪だ!と最もなことを言いだすほど。

今回も正体を明かして迫りくる慶介のド迫力と決定打となった犯人に金を渡している映像、犯人が不倫のウソをついていたのは犯人が勝手にやった事だったがなんか真崎が金を渡してウソを言わせたみたいな映像にノーカットで自動的に仕上がるミラクルも重なってこれがFINAL CUTです!を華麗に決めて井出に続く2人目を言いなりにすることに成功。

前回は井出にブチ切れた百々瀬だが、何故か真崎には優しく声をかけた…というくらいしか正直違いが無く、雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)姉妹への1シーンずつの二股っぷりも特に進展なし。ただし慶介は早くも警察の上司である高田(佐々木蔵之介)に正体を見破られるなど絶妙な引きで次回へ続く。

サイトに相談が来る→その相談が『ザ・プレミアワイド』報道被害→担当者がスタッフの誰か→叩けばホコリだらけ→これが貴方のFINAL CUTです!→言いなりを増やしていく

まさかこれ毎回この1パターンで通していくつもりなのだろうか…。復讐モノって大概成し遂げた後はそいつは破滅して物語から退場するのが定番なのでそのまま居残っていくのは新しいけど…訴えかけられる報道被害は100発100中で『ザ・プレミアワイド』絡み、とにかく『ザ・プレミアワイド』だけが悪徳報道を繰り返しているという奇妙な世界観は早くもリアリティのカケラも無い。同業他社からも疎まれているっぽい様子が早くも出ているだけにこんな叩かなくてもホコリが舞っているかのような悪徳番組、とっくにセンテンス・スプリングされて打ち切られていてもおかしくないのでは。そして直接的に慶介が恨みを抱くメディア関係者ってプロデューサー、直接取材を許したディレクターと早くも2トップでこの2トップ以上に恨んでいる人物って残っているのだろうか。

電影少女-VIDEO GIRL AI 2018- 1話

89~92年にジャンプで連載されていた桂正和の『電影少女』のドラマ化。当時もOVA化、実写映画化されたらしいが、25年後のリブートという扱いで、原作の25年後の世界が描かれているとのこと。

といっても原作は二部制で、一部と二部では主人公もビデオガールも異なる。一部が89年から92年まで連載されたのに対して二部は92年に始まって92年の間に10週ちょいで終わり、作品自体も終了したのと過去OVA、映画化、その他メディアミックスの全ては一部のみを対象としており、今回もその一部の続編という事になるらしい。ただし二部の世界観は一部の何年か先の未来の話で一部の主人公も出ていたようだが…。

いずれにせよ今作では原作でビデオガールあいとの日々を過ごした主人公弄内洋太の甥っ子である弄内翔(野村周平)を主人公とし、両親の離婚で中立を取り、どちらにもついていかずに一人暮らしを選択した翔が、絵本作家として海外と日本を転々としているため家を空けていた洋太の家を借りて住むことにしたところから話をスタート。この家は洋太とあいが25年前に暮らしていた家という設定で、押し入れに眠っていたVHSビデオデッキとVHSビデオを発見した翔が再生したところ、あい(西野七瀬)が登場した!という展開。

高校2年生になった01年4月、誰か知らないがその教室を使っていた1つ上の先輩が机の中に放置していった作者の次の作品『D・N・A² 』が発見され、友人と読み漁った。その流れで『電影少女』も後から立ち読みでさらっと流し読みした記憶があるが、どんな話だったかはあまり覚えていない。ただ最後はハッピーエンドというかビデオガールとして期限付きで消滅する運命だったはずのあいが実体化して終わり、二部では出てこなかったもののあいと洋太の仲は健在であることが示唆されていたような記憶があるが…。

今作ではビデオガールに戻ってるし、最後にやってきた原作主人公の洋太(戸次重幸)はあいを見るなり久々の再会に感動するもあい本人は記憶がリセットされていて覚えてなさげ…といったところで終了した。設定がどうなっているのか気になるところだが、いかんせん25年も前の作品で乃木坂西野七瀬や野村周平目当てな若い視聴者にとってはそんなん知らんがなというところだと思うし、初期設定だけざっと引き継いでいるのかもしれない。

野村周平が純情高校生をやるには少し年を重ねすぎた&普通にモテるだろお前といった感じで若干の無理が漂う気がするが、西野七瀬も難役…。ビデオから出てくるバーチャルと妄想が入り混じったような感じなので演技が云々といったところではなく、ひたすらかわいいならOKと考えればOKな気もする。そして10代の頃と違って、改めて見るとこのビデオガールの設定の少年の妄想極まる感じがけっこうキッツイな…。そしてその妄想の極みとしての西野七瀬ははまり役なのかもしれない。他のメンバーではこうはいかない。全然主人公に関心を示さないドSな飛鳥版あいとか別の意味で面白そうだがそして今期のテレ東、ジャンプづいているな…。

オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~ 1話

週刊少年ジャンプ50周年を記念してのジャンプを題材にしたドラマ。冴えない営業マンの月山(伊藤淳史)がジャンプを愛するコスプレ集団が集うバー『オー・マイ・ジャンプ!』のオーナー土田跳躍(斉木しげる)に声をかけられるところから物語が始まった。戸惑いながらもオーナーに認められ店通いをするようになった月山は会社で上司に酷いいじめに遭っている部下の最上もがを救うことができず悩んでいたが、このバーでオーナーからキン肉マンの裏話などを聞くと何かが宿って覚醒。上司をぶっ飛ばして最上もがを救い一躍フロア内のヒーローとなった…が、あえなく別ビルの別部署へ左遷されられそこはヤクザみたいな部署でケンドー・コバヤシが上司として登場して次回へ続く。

他のコスプレイヤーたちと違い、月山のジャンプ愛は並以下で、最近は全く読んでないというレベル。しかしオーナーは何かの素質のあるものを見極めて探しているようで、今回月山が上司にキレた事で冷蔵庫に隠された器に1つ灯りがつくという謎演出が。最終的に「少年ジャンプが地球を救う」という部分に繋がっていくのかもしれない。

全体に主要キャストのコスプレ姿は80年代作品+ワンピースルフィ(伊藤淳史)、ナルト(乃木坂46生駒)。ほとんど80年代作品ばかり。ドラゴンボールではなくアラレちゃん(佐藤仁美)となっているほどで、個人的には少年時代の直撃作品がことごとくメインから外されている印象

というか83年生まれで作中の設定も同様の伊藤淳史が「ワンピースナルトは昔読んでたけど最近は読んでない、キン肉マンは意外と好きだった」と発言するのも年齢的にはおかしな話で、キン肉マンだと幼少期すぎるし、ワンピースナルトだと逆に小学校飛び越えて中学卒業や高校以降に連載が始まっている年齢になるので、1番ジャンプを読んでいたはずの小学生時代の連載作品がごっそり抜け落ちている事になる。ジャンプと言われて最初にこの少年時代から外れた3作品を上げる83年生まれは珍しいのでは。

この世代は同じ「マン」ならキン肉マンじゃなくて「ラッキーマン」が直撃だし、ワンピースナルトハンターよりもドラゴンボール幽遊白書ぬ~べ~スラムダンクるろうに剣心辺りに小学生時代いわゆる少年時代が直撃しているはずだが…。剣心は作者的な諸事情で取り上げられそうにな

どうもアラフォー世代(80年代作品)に生駒世代(ワンピースナルト直撃世代)をくっつけた感じで、現在アラサー前後の90年代に小学生としてジャンプに触れていた世代が置いてけぼりにされそう。取り上げられる作品ことごとくタイトルしか知らないという事になり、30%くらいしか楽しめそうにないが、転がり方次第では後半物語が加速するかもしれないのでその点に期待、ということで。

リピート~運命を変える10か月~ 1話

図書館司書の鮎美(貫地谷しほり)は内気な性格だったが、1年半前にイケメンリーマンの一樹(松田悟志)と図書館で出会い、交際に発展。海外出張で数ヶ月離れ離れになっていたものの帰国後プロポーズが来るのではないかと期待していた。

そんな折、地震を予知する謎の男からの電話がかかってきて、男は風間(六角精児)と名乗り、タイムスリップをしてきたと告げる。後日8人の男女が集められ、風間は10ヶ月前の過去に意識だけを飛ばす形で戻ることができる、この現象を「リピート」と呼んでいる、自分1人でこの利益を独占するのがもったいなくなってきたので、適当な電話番号を押して繋がったこの8名にも次のリピートに招待する、と告げる。

鮎美は8人の中で隣同士だった愛想のいいカフェ経営の天童(ゴリ)、彼女(島崎遥香)のドSな独占欲にウンザリしていたフリーターの圭介(本郷奏多)と少しばかり会話をして、2人は参加を即断していたが、鮎美はやり直したい過去は無いと言っていた。しかしリピートを行う期限までの間に一樹にフラれてしまう。実はプロポーズを決意していた10ヶ月前の鮎美の誕生日の鮎美の仕事トラブルによる遅刻でサプライズをすべて潰された一樹はそういう運命なんだと気持ちが冷めてしまっていたという。

奇しくもリピートできる日付は17年2月24日。鮎美の誕生日は翌日の25日。プロポーズを受けるため鮎美も参加を決意し、18年1月11日、風間の案内で6人は山中の謎の洞穴の奥へと連れられ、その先から差してきた光に包まれると各自記憶を持ったまま17年2月24日へワープしていた。鮎美は早速トラブルを回避し、プロポーズを受けることに成功。数日後再び集まった7人の前で風間は8人のうちの1人でトラック運転手の高橋が亡くなったと告げる。本来の歴史では当然18年1月11日に生存していたはずの高橋に何が起きたのか。

そしてドラマ冒頭では「リピート」を開始した場所で瀕死の天童(ゴリ)、同じく血まみれでズタボロの鮎美と圭介たちというハードな展開が描写されていたがこれにどう繋がっていくのか。物語が始まった!

という感じのタイムトラベルミステリー。木曜日テレ深夜帯という分かりにくい時間帯のドラマだったが、話が面白そうだったので見てみたら初回からかなりミステリアスな展開で引き込まれた。原作がしっかりあるドラマのようなので話がまだ出来てない…という事もなさそうだし、面白くなりそうだ。

ドラゴンボール超 123話

ジレンが何故かベジータにトドメを刺さなかったのでベジータ放置で悟空がジレンに挑む。瞬間移動を連発して回避中心にしながら、地雷のような罠を仕掛けたり、気円斬を駆使してジレンを舞台の外へ落としたりと珍しく悟空の頭脳戦のような戦い方が見られるも外に落としてもジレンは一緒に落とした瓦礫を転々しながら駆け上ってくる始末でしまいにはそれ完全に上に向かって飛行してますよね?(※この空間では舞空術自動禁止措置が取られている)状態。さらにちょっと本気を出したジレンのパンチの風圧攻撃が悟空の頬をかすめると戦意喪失してノーマルに戻ってしまい、ノーマルのまま喰らったら一撃死しそうな風圧攻撃を連発で喰らってこんなすごい攻撃を喰らったのは初めてだ…とか言い出す始末。

そしてベジータも復活。悟空とはブルー界王拳、ベジータは限界を突破してブルーのオーラがより濃くなり、目がクッキリスッキリしたビミョーな新形態となり2人がかりで挑んだところで次回へ続く。

フリーザはディスポの攻撃が効いていなかったため得意げになっていたディスポの小物化がさらに進行するもフリーザの攻撃はディスポのスピードには対応できず。悟飯と17号はトッポに苦戦し、17号が自分もろとも吹き飛ばせ!と悟飯に攻撃させるも仕留めきれず。なんか予告では何故かディスポと悟飯が戦ってて背水の陣扱いされてるので悟飯ももうダメか…。

完全なる引き延ばし回であって、見逃しても全く問題なさそうな回だった…。そもそも最初にブルー界王拳の猛攻+元気玉でもノーダメージというほど実力差があるのに、この2人相手にダラダラ攻撃受け続けたり、攻撃しても仕留めきれなかったり、なんかジレン弱くなってないか