コンフィデンスマンJP-ロマンス編-

2019年5月公開。
2018年春クールのフジテレビ月9枠で放送されたドラマ『コンフィデンスマンJP』の劇場版。視聴率は終始一桁(平均9%以下)とさほど振るわなかったものの(それでも前クールは平均6%レベルだった)、ドラマ途中で映画化が発表されており、およそ1年後に映画化となった。

映画に合わせてドラマSP「スペシャル・運勢編」も放送された。

連ドラ全10話は時系列がバラバラで最終話のメインエピソードが1番古い(1話より前)というものだったが、今作は全10話全てより後の時系列となっていて連ドラ時代に出演していたゲスト陣が大挙して端役もしくはメインキャストとして再登場している。またドラマSP「スペシャル・運勢編」ではダー子(長澤まさみ)を師匠と慕う新たな仲間モナコ(織田梨沙)がいつの間にか加わっていたが、モナコの加入エピソードが今作に当たるため、ロマンス編→運勢編(→そしてロマンス編エンドロール後最終シーン)という時系列になる模様。

香港の富豪ラン・リウ(竹内結子)をターゲットにし、香港を舞台にしてダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)、五十嵐(小手伸也)がラン・リウをだまそうと動き出すが、かつてダー子と恋人役で詐欺をやった事があるというジェシー(三浦春馬)もまたランを騙そうと動き出していた。さらに連ドラ時代(1話)にダー子らのターゲットとなり復讐を企てている赤星(江口洋介)も暗躍していた…。

基本パターンは騙しあいの展開の中で窮地に陥っていき、騙されたと思いきや最後に全てひっくり返すといういつものパターンを踏襲しているが映画にしただけあって連ドラ時代やSPよりもさらに盛り上がるようなド派手なひっくり返しっぷりが爽快。期待通りの「コンフィデンスマンJP」らしい内容だった。さすがに何で出てきたのか覚えてない人も多かったけど、連ドラ時代のターゲットや協力者の再登場も2,3人というレベルではなく、かなり大量かつ割と有名な俳優たちがこぞって1シーンだけのチョイ役で仕込まれまくっているのはなかなか新しかった。

続きが作りやすい構造の作品だけに当たりさえすれば人気シリーズとして続けられそうで、実際今作は当たって1年後の映画第2弾も決定し、30代の長澤まさみの新たな代表作となっただけでなく、翌年不倫で全てを失う事となった東出昌大の救済としても機能しそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)