コンフィデンスマンJP-ロマンス編-

2019年5月公開。
2018年春クールのフジテレビ月9枠で放送されたドラマ『コンフィデンスマンJP』の劇場版。視聴率は終始一桁(平均9%以下)とさほど振るわなかったものの(それでも前クールは平均6%レベルだった)、ドラマ途中で映画化が発表されており、およそ1年後に映画化となった。

映画に合わせてドラマSP「スペシャル・運勢編」も放送された。

連ドラ全10話は時系列がバラバラで最終話のメインエピソードが1番古い(1話より前)というものだったが、今作は全10話全てより後の時系列となっていて連ドラ時代に出演していたゲスト陣が大挙して端役もしくはメインキャストとして再登場している。またドラマSP「スペシャル・運勢編」ではダー子(長澤まさみ)を師匠と慕う新たな仲間モナコ(織田梨沙)がいつの間にか加わっていたが、モナコの加入エピソードが今作に当たるため、ロマンス編→運勢編(→そしてロマンス編エンドロール後最終シーン)という時系列になる模様。

香港の富豪ラン・リウ(竹内結子)をターゲットにし、香港を舞台にしてダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)、五十嵐(小手伸也)がラン・リウをだまそうと動き出すが、かつてダー子と恋人役で詐欺をやった事があるというジェシー(三浦春馬)もまたランを騙そうと動き出していた。さらに連ドラ時代(1話)にダー子らのターゲットとなり復讐を企てている赤星(江口洋介)も暗躍していた…。

基本パターンは騙しあいの展開の中で窮地に陥っていき、騙されたと思いきや最後に全てひっくり返すといういつものパターンを踏襲しているが映画にしただけあって連ドラ時代やSPよりもさらに盛り上がるようなド派手なひっくり返しっぷりが爽快。期待通りの「コンフィデンスマンJP」らしい内容だった。さすがに何で出てきたのか覚えてない人も多かったけど、連ドラ時代のターゲットや協力者の再登場も2,3人というレベルではなく、かなり大量かつ割と有名な俳優たちがこぞって1シーンだけのチョイ役で仕込まれまくっているのはなかなか新しかった。

続きが作りやすい構造の作品だけに当たりさえすれば人気シリーズとして続けられそうで、実際今作は当たって1年後の映画第2弾も決定し、30代の長澤まさみの新たな代表作となっただけでなく、翌年不倫で全てを失う事となった東出昌大の救済としても機能しそう。

いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46

2019年7月公開。2015年の『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』以来2作目の乃木坂46のドキュメンタリー映画。監督は岩下力。2018年秋頃からゆるっと監督による密着撮影が開始されたが、乃木坂46の現場ではほぼ常にメイキングカメラが回っているため当初は特にメンバーにもドキュメント映画の撮影が始まっているとは知らされず、12月の若月佑美の卒業セレモニー後に映画第2弾の制作が知らされた。

公開開始から間もなくしてキャプテン桜井玲香が卒業を発表したが撮影時知らされていなかったため今作はシングル「Sing Out!」発売直後頃までを西野七瀬の卒業を軸にしてまとめた内容となっている。

2019年12月25日にBlu-ray/DVD発売。

コンプリートBOX、スペシャル・エディションの2種発売。
DISC-1は映画本編・予告。
DISC-2は完成披露上映会舞台挨拶、初日舞台挨拶
コンプリートBOXのみDISC-3は4期生初の映画舞台挨拶ツアー
コンプリートBOXのみDISC-4はDOCUMENTARY of 乃木坂46アウトカット集

コンプリートBOXは生写真5枚、フォトブックレット付属の特製アウターケース仕様。
スペシャル・エディションは初回仕様のみ生写真1枚、特製アウターケース仕様。

レンタル版はDVDのみで本編1枚。 「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」の続きを読む…

名探偵コナン 紺青の拳

2019年公開。シリーズ23作目。

19作目『業火の向日葵』以来となる怪盗キッドの登場作品。また原作でもキッドとの対決が描かれた事のある京極真が初めて映画のメインキャラとして登場。舞台はシンガポールとなっているが、今作では小五郎・蘭・園子がシンガポールの空手大会に出場する京極を応援するために現地を訪れるという設定で、少年探偵団が同行せず、コナンでのキッド絡みでおなじみの次郎吉も登場しないため、登場人物は絞られている。

「名探偵コナン 紺青の拳」の続きを読む…

X-MEN: ダーク・フェニックス

2019年公開。シリーズ通算7作目。2016年の『X-MEN:アポカリプス』の続編。『アポカリプス』の際に最終作と銘打たれていたが、今作がシリーズの最終作と銘打たれた。制作元である20世紀FOXがディズニーに買収され組織が大きく再編されるのも理由と言われている。

アポカリプスとの戦いから10年が経過した1992年が舞台となり、主要キャストはほぼ全員続投しているが、プロフェッサーと恋仲だったモイラ、アポカリプス側の敵として前作で戦い、逃げ延びたサイロックは出ていない。

また時系列ではウルヴァリンはまだX-MENに合流しておらず、それでも『ファーストジェネレーション』『アポカリプス』では1シーンのみの形で出演していたがヒュー・ジャックマンがウルヴァリン役を引退したため、シリーズ7作目、最終作にして初めてウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)が一切出演していない

今回どうも評判も悪く、公開2週目なのに既に朝イチと夜ラス1日2回上映になっている始末。字幕・吹き替え・ドルビーの3種あって各1日2本ずつなので、一応6本になるし、メンインブラックと同じ状況とはいえ、それにしても公開翌週でこれは予想外の上映時間選択肢の少なさ。ドルビーシネマなんてもう「LAST」がついていて1週間で打ち切りらしい(ドルビーのゴジラが今週までやってるのに)。ムビチケを買ってしまっていたため、本来7月になってから見に行く予定だったが、これはマジで見るタイミングが無くなるかもしれないと急遽休みを前倒して慌てて行ってきた。その翌週(7月1週目)で吹き替え版も打ち切りとなり、7月2週目にはもう字幕版朝イチ上映1本ポッキリになってしまったので急いで見ておいて正解だったようだ。

「X-MEN: ダーク・フェニックス」の続きを読む…