タリオ 復讐代行の2人 全7話

NHK金曜22時「ドラマ10」枠(45分)。全7話で2020年10月~11月放送。前クールの『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』(全10話)は元々4月放送開始予定だったが新コロ延期によりそのまま7月にスライドしたため、今作も本来は夏クール予定だったものと思われる。




1話

新人弁護士の白沢真実(浜辺美波)は先輩から押し付けられた綿貫依里子(白石糸)の依頼を受ける事に。依里子は財津建設の御曹司宏樹(三浦涼介)による性被害を受けるもこの白沢の先輩弁護士が無能で大敗、宏樹への復讐を代行業者に依頼するもそれが詐欺だったという件で相談に来ていた。その詐欺師である黒岩賢介(岡田将生)にたどり着いて奪われた金を奪い返すことには成功した真実だったが、宏樹の件の不審さを指摘されて独自に再調査を開始。この過程で策略にはめられて弁護士資格を奪われて事務所も追い出されてしまった真美は金になりそうだという理由で宏樹をターゲットにしようとしていた黒岩と組んで宏樹を追い詰めることに…。

という事で公式の人物紹介が「元」弁護士になっていたように前半であっさり失職。ひょんなことから詐欺師と組んで悪党をこらしめるという物語が始まった。そんなに鮮やかな感じでは無かったが、生真面目すぎてどこか抜けている真実とひょうひょうとした黒岩のコンビはそれなりに面白かった。真美は子供の頃に父親が逮捕されかけて失踪するという謎も残しているが基本は1話完結の模様。

ドラマのメインイラストを担当している永井博がラストで納入業者として絵を納品しにやってきてその絵が永井博の書いた絵だったり、宏樹の父親が演じていた三浦涼介の実父の三浦浩一だったりと随所に小ネタもあって復讐劇なら重くなり過ぎず軽快な感じ。一方で今回最終的に協力者になってくれた男性は妻と娘を守るために浮気離婚を偽装したりと苦い部分もあった。

2話

弁護士をクビになって寮も追い出されたので真実が黒岩の事務所にやってきてそのままなし崩し的に埼玉のとある村の和紙職人で今回の依頼人谷村(竹原ピストル)が登場。村人の大半が入信している宗教の女教祖(伊藤歩)に妻が呪い殺されたので復讐したいという。

怪しげな教祖のインチキを暴く…的な大筋ではあったが、王道を行かない展開でドタバタ。基本的に真美はズレているので常識外れの行動ばかりしているものの黒岩が特別知識があるわけでもなく、早い段階で教祖のトリックのいくつかを暴いたのは結局法律知識のあった真美だったりしたんだけど、それでも戦況は悪化。最後に協力者だった須川(阪田マサノブ)が教祖側だったのを暴くのに黒岩がカマをかけて活躍。そして須川が協力者だとあっさり認めた途端に村人全員が目を覚ますという急転直下な展開は強引すぎた。

最早名前も無く役名が「教祖」という教祖の伊藤歩がはじけた怪演を見せまくり、TVで役者をするのは珍しい竹原ピストルに無理やり「よーそこのわけーの!」と言わせたり、NHKが堤監督の作風をやってみた!的なノリが目立った。そもそも怪しげな村&呪い&宗教という閉鎖空間でのナンセンスなノリも堤監督作品で散々やっているような世界観だし(あんなにふざけ倒してはいないし祟りじゃぁ老人もいなかったけど)、NHKっぽくないノリだった。

一方で教祖が使っていたトリックは概ね暴かれ、村人を利用したパワープレイで予言をいくつか実現させていたことまでは示唆されたものの、真美の親族(父)に犯罪者がいることを知っているそぶりを見せたり、最後に村は燃えて滅ぶと予言して逮捕されていったが後日事務所に戻った2人はその通りに村の半分が燃えたという火事のニュースを見つける…など教祖に本当に見通す能力があったのか不可解な点もいくつか…。いずれも相当数の人員を割いて仕込んでおけば予言を真実に変えることはできるとはいえそんなに裏側を知って加担している村人なんていない感じだったしなぁ。

何より依頼人の谷村の妻が死んだというのが呪いでもなく、こんなやべぇ村で和紙職人にこだわる夫に妻が不安を感じていて、教祖に心酔したのはその夫と将来への不安を解消してくれて話を聞いてくれたからというところにあり(高い壺とか買わせてたけど)、それを無下に否定して壺を破壊した谷村自身が妻の心を殺した(自殺に追い込んだ)みたいなオチがついてしまったので後味も悪く…。

主人公2人がドタバタしてて軽快な割にはちょいちょい重いという独特な作風だなこのドラマ。

3話

父親が自殺した子供が依頼人。会社でイジメに合っていたっぽいのでそいつらを見つけて復讐してほしいというもので、父親の件で重なるところがあった真実が引き受け、相手が大企業なので週刊誌ネタとして真相を売るだけで報酬になると考えた黒岩も乗った。冒頭でのドタバタはあったものの、割と双方活躍して真相を暴いてまとまった展開に。

相変わらず自殺した父親の上司は元は家族ぐるみの付き合いで、ずっと後悔していた、最終的に協力してくれたけど会社の不正を見て見ぬフリしていた自身も逮捕の危険が迫る事、そして依頼者の子供もまた学校でいじめられている子を助けてあげたと言っていたけど本当は怖くて助けなかった(見て見ぬフリをしていた)のでそのことを謝りたかった…とか、逮捕されていく黒幕を追いかけるマスゴミの様子から黒幕のはずなのに今度は黒幕がイジメられているみたいだと子供にコメントさせたりと重たい後味も。

4話

2年パパ活をしていて本当に好意を抱いていたが急に金持って逃げられたので相手の男性(堀部圭亮)に復讐したいという一般OL涼子(穂志もえか)の依頼。近々大金が入る予定だと言ったりどこか不審な点がある涼子だったが、調査の末に男性の素性を突き止めた黒岩&真実。すると涼子は突然それ以上の依頼を取り下げてしまう。最後に会った際に父が母に贈った指輪が欠けているのを涼子から指摘され、腕のいい修理屋を紹介された真実だが店主はお喋りな人で涼子がパパ活で裏切られたなんてことはないと口走ってしまう。

怪しく思った真実と黒岩はその相手、平山(堀部圭亮)に接触。すると平山は小説家志望で若い頃に生まれた涼子と妻に冷たく当たって離婚。今もフリーライターをしながらダラダラと夢を追っていたが、偶然知り合いの出版社員がパパ活をしようとしている現場でその相手がの涼子だと知り、正体を明かさずに接触。涼子の小説の才能を知り、新人賞受賞も確信した平山はパパ活の事実が週刊誌に叩かれる前に身を引こうとしたが涼子が言う事を聞かないので無理やり連絡を絶ったという。

その後本当に新人賞を受賞、その会場で直接は会わずとも母への感謝と「パパ」への感謝を告げた涼子の姿に満足し、自分の夢はすっぱりあきらめると去っていく平山。

ここまではいい話でまとまっていたが、その後黒岩&真実が涼子の楽屋を訪れると、涼子は平山が父親だと知っていていつ自分と母を捨てた事を謝罪してくれるのか待っていたが最後まで謝罪しなかったと怒りを露わにし、壇上で「パパ」への感謝を告げたのもお前が母と自分を捨ててまでなろうとしても結局なれなかった小説家になってやったぞ!という涼子なりの最高の復讐という意味合いであり、平山が小説家をあきらめたと聞いて復讐が成功したと喜ぶ始末。

平山と話してある程度平山の思いを知っている2人はかなり苦い表情だが、それ以上口を挟む事も出来ず…。終わってみれば、指輪修理のためにお喋りな知り合いの元へ誘導して2人が平山が実の父だと知ってここに連れてくるところまで全部涼子の書いたシナリオ通り、そりゃ小説家として才能凄いわ…というやりきれないオチに。とはいえ合間には平山の住所を知った後に家まで出向くも呼び鈴押さずに帰る様子や、新しい家族と暮らす平山に微妙な表情を見せたり、涙している様子もあったので、終始復讐心だけで動いていたわけではなさそうなのは救いか。

5話

余命間近の古沢社長(伊武雅刀)から25年前に妻を殺した犯人を見つけて復讐したいと依頼が。調べていくと当時の社員の1人で現在は秘書の織江(中山忍)、現在は園長やってる美佐子(浅香唯)の第1発見者コンビと殺された妻の間で色々とかばいあいの連鎖が起こっていた事が発覚。美佐子が取引先の田所社長(嶋田久作)の工場の機械400万円を壊して弁償騒動になり、金を工面するために風俗で働こうとしたのを当時の恋人が止めて金を奪うために当時の恋人が妻を殺して金を奪ったというのを当日逃げていく恋人を見た事から美佐子は咄嗟に察して言えずにいた(当時の恋人はもう死んでいる)。実際には美佐子は恋人に事情を説明した後に古沢妻にも相談して金をなんとかしてもらおうと話を進めていたので恋人が金を奪うために殺したとすれば全く無駄な殺人であった。これで解決かと思いきや本当の犯人は秘書の織江で、やはり美佐子の事を相談しようとして部屋に入ったが眼鏡が壊れていたので良く見えず、なんか机の上にあった宝石類をステキーと眺めていたら誰かが入ってきたので慌てて包丁を突きだしたら眼鏡が壊れていたので良く見えなかったが相手が古沢妻で盗人だと思われてしまったのでさらにパニくって刺してしまった…というあまりにもあんまりな真相。

知らせない方がいいと判断した2人は古沢には犯人は分からなかったと伝えるが、織江はわざと悪びって犯行を激白してわざと殺されようとするが、秘書として尽くしてもらってきた古沢にはそれが出来ず意気消沈してしまい結局6日後に死亡。死後織江は週刊誌に悪女として自ら殺人犯だと打ち明け(時効)、悪女として世間に徹底的に叩かれる道を選ぶ。今回は黒岩でさえも苦々しい表情で終了。

かばいあいの連鎖だったが肝心の殺害に至る間の抜けたやり取りが…。アワアワしている間に相手を勘違いさせてしまうというのは天性のものなのか、その後も本当は自分が犯人だと言おうとアワアワ泣き出すという回想シーンが2回ほど挟まれたがいずれも古沢社長が勘違いして1度目はそんなに泣いてくれるなんてありがとう会社に尽くしてくれみたいにまとめ、2度目は秘書任命時にそんなに泣かなくても…それとも会社嫌になったの?みたいに切り替えしてしまったため言えず…という。

細かいギャグも多かったが、浅香唯のスケバン刑事ネタもたぶんそうなんだろうなとは思ったが古すぎてよく分からん…。25年前の回想でバブル&80年代みたいな雰囲気醸し出してたけど25年前ってもう1995年よ?浅香唯や中山忍がアイドル活動してたの80年代後半が全盛期だし、スケバン刑事は25年どころか34年も前よ?

近年戦争モノで戦時中の若い2人の悲恋が時を経て…みたいなのを爺さん婆さんでやろうとするのがもう事実上不可能(コナンで数年前にやって寺井ちゃん何歳なんだよ!?状態になった)なのといい、時間経過の感覚がどんどんズレている感じが…。

6話

黒岩が外出した時に真実は赤川(荒川良々)から妻が殺されたがまともに捜査してくれない、犯人を捜してほしいと依頼を受ける。同時期に黒岩は青井(丸山智己)から教師だった母が殺されたがまともに捜査してくれない、犯人を捜してほしいと依頼を受ける。ある程度まで調査を進めた段階で黒岩と真実は双方が受けた依頼に共通点がありすぎる、同一犯なのではないかと互いの情報を開示して協力体制をとるが…。

赤川が青井の母の教え子だったという繋がりまで発覚し、さらに赤川は当時イジメに遭っていたがイジメられる方にも問題があるという考えの青井教師はイジメを黙認し赤川は自殺未遂騒動まで起こしていた。さらに赤川の妻殺害は事件化されていなかったことが判明。赤川の自宅庭を確認したところ、明らかに死体が埋まってそうな跡が…。

と、どんどんサイコホラー化してきたところで2人は真相に行き着く。まず赤川は青井教師を長年恨んでいてついに殺害。犯人が赤川だと気づいた青井は復讐のために赤川の妻を殺害。双方が殺しあって復讐しあってエスカレートする中、母と一緒に暮らしていなかった青井の行方をこれ以上調べるのが困難になった赤川は復讐代行へ依頼して第3者の手で青井の居場所を突き止めようとした。また赤川は妻が殺された後にホテル暮らしを始めて潜伏してしまい自宅から姿を消してしまったので青井もまた赤川の居場所がつかめなくなり、自身や家族の危険もあるため復讐代行へ依頼して赤川の居場所を掴もうとしていた。

これはここで止めて双方出会わないようにした方がいいと黒岩は咄嗟に判断してデータを消去するが、赤川は妻殺害のネット偽記事を制作したりとプログラマーだったため事務所にも既に仕掛けられていて青井の情報が漏れてしまっていた。慌てて赤川のホテルへ向かう2人だが既に赤川は動き出していて…。

最後は家族で食事中の青井の元に赤川が包丁を持って出現。全てを察知した青井は妻と子供に逃げろ!と言い放ち、食べていたステーキのナイフで応戦の姿勢を取るが…というところで詳細は明かされず、直後にニュース速報で赤川が逮捕された事、息子は無事だったが、2人(夫婦)が被害者(殺されたと明言していないが殺されたっぽい)だというニュースを見て絶望する2人という暗黒な終わり方に…。

目には目を歯には歯をとはいうが、実際の復讐のやりあいはやられた分だけやり返すのでは復讐心が満たされない、どんどんエスカレートしていく…という恐ろしさが凄い話だった。特に荒川良々のサイコっぷりが凄く、行動のほとんどがサイコ化していたが(正直あんな状態でよく結婚に至ったな…)、教え子だった時から20年以上恨み続けていたのと、1年前に恨みを抱いたのとの大きな差か。そんなサイコ野郎相手に直接殺しに行くのではなく妻殺害で復讐しようとした丸山智己もなかなかサイコではあるけど、相手が悪すぎた。

7話

これまでエンディングで小出しにされていた失踪した真実の父親(遠藤憲一)の事件。12年前に巨額投資詐欺事件で逮捕された橘(殺陣剛太)が黒幕は真実の父だと証言、父はそれっきり失踪。前回までで橘が出所、真美が会いに行くと真実を知りたければ後でここに来いと指定され、出向くと何者かに橘が殺害されていた、真美の父の同僚だった弁護士鮫島(いとうせいこう)に呼び出された真実は父が黒幕だったのは間違いないと言われ…。というところまでが6話までのエンディングで小出しにされていた。

橘の甥から殺害の真相を巡る依頼があった事から黒岩が動き出すが真実は浮かない表情で資料のビデオの中に父を発見すると父を探しに現地へ向かってしまう。探し回り水産加工業シーハンター社員として働いているところに遭遇したが、父は記憶を無くしていて別人として暮らしていた。父への恨みを押し殺しながらそのままシーハンターに就職して証拠を探し続けるという超展開を経て、父が当時瀕死の重傷で救助され、遺書や謎の資料があった事から自分は何らかの大罪を犯して自殺したのではないかと考えている事は判明。真実は部屋をあさって当時の資料を持ち出し、鮫島へ渡すが…。

一方、真実の様子がおかしいのを勘繰りつつ探っていた黒岩も鮫島にたどり着き、こちらは鮫島が怪しいと睨んで誰にも教えてない携帯番号を渡し、その番号にかけてきた鮫島にわざと滞在先ホテルを教えたところ、変なチーマーたちが襲撃にやってきたので傷を負いながらも撃退。鮫島が黒幕だと確信する。

…とこの時点まででも真実がいきなり水産加工の会社に就職して寮生活始めたりというかなり無理やりなストーリー展開で2人別行動していたが、真実がようやく黒岩からの電話に出て黒幕は鮫島だと伝えた。父を疑い続けていたわ、証拠を鮫島に渡してしまうわ、父の居場所まで教えてしまうわの大失態連発を悟って慌てて父の元へ向かうと父は襲撃されていた…がちょっと血を流しているだけでなんか生きていた。クセ等が似ているのでもしかして娘なのではないか?と問いかける父に違うと告げた真実は救急車で父が運ばれるのを確認すると鮫島を襲撃しようとドスを持って殴り込みをかけようとするが黒岩が阻止。黒岩は俺たちは一緒にいるべきではないと説得。真実は再度父の元へ向かうが何故か父は再失踪してしまっていた。

黒岩は鮫島の事務所に忍び込んで金庫目当てと思わせて大物政治家を脅そうとしているかのようなウソの資料をでっちあげて置いておき、これを知った大物政治家御一行が一斉に鮫島を危険視して嘘の不正の証拠を大量捏造した事から鮫島は逮捕されてTHE END。逮捕の理由になった証拠は全部嘘だが悪い事やっていたのは本当…という。

忍び込んだ際の防犯カメラ映像がヘルメット被っていたとはいえ世間に公開されてしまったため、しばらく姿を消そうとした黒岩。これにて復讐代行は解散に思われたが今度は気仙沼に父がいるらしいことを突き止めた真実が黒岩を連れて探しに向かおうとして物語も終了。

黒岩が薄汚れた詐欺師の自分からは離れて弁護士に戻れと真実を説得するコンビ愛を感じさせる部分はカッコよかったんだけどそれ以外は超展開の連発でグッダグダ…。父記憶喪失のままはいいとして再失踪したままって。

鮫島の変な爪の甘さも謎すぎる。12年前に父を仕留め損ねたのは最近まで知らなかったようで本気で自殺に見せかけて始末したつもりだったようで、実際に橘は出所してすぐに刺客(逮捕済み)を使って殺させているのに、発見した父はちょっと暴行させただけで見逃したのは何故なのか。記憶喪失を確認して殺す必要なしと判断したのだろうか。黒岩へ送ったチーマーも脅しにしても変な感じだったし。

しかも王道である証拠突きつけて大逆転勝利!ではなく、嘘の証拠を使って大物政治家達が勝手に証拠捏造して、その捏造証拠で逮捕…ってなんでそんな世の中の闇深すぎな感じの逮捕経緯になるんだよ。NHK、なんか怖ぇよ…

全部終わっての感想

岡田将生は良かったし、コンビの凸凹感は良かったんだけど、今作での浜辺美波の変なキャラは正直キツかった…。全く笑えない奇怪な挙動を連発するのもしんどかったが事件の足を引っ張る場面が悪目立ちし、最終回での黒幕いとうせいこうにいいようにノセられてしまったのとか、父が消されなかったから良かったものの全7話中最大級の失態で全然成長してない…。頭でっかちで未熟な真実の成長物語という側面は少なくとも皆無だった。

割と後味が悪い事件も多く、痛快な復讐劇でもない深みもあったけど、最終回だけやたら雑になっててこれは残念だった。1話完結を基本にしながら1本連なる主人公が抱えている事件を最終回に向けて散々引っ張ってきて期待を煽り、いざ本格的に展開して解決しようとするとグッダグダになるという典型パターン。去年だと『チート』とかもそれだったけどあれはじわじわビミョーになっていったのに対して今作は最終回1回だけで一気にひっくり返して全部片づけようとしたもんだから全然片付かなかった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)