お耳に合いましたら。 1~2話

2021年夏クール、テレビ東京『木ドラ24』枠。『ゆるキャン△2』の後枠。

「Spotify」のポッドキャスト番組と連動していて主人公がポッドキャスト番組を始めてパーソナリティとして成長していく物語。

主演の元乃木坂46伊藤万理華(2017年卒業)はドラマ初主演




1話

漬物会社に勤める美園(伊藤万理華)は普段はあまり言いたいことを言えないが、好きな事になると饒舌に語りまくるという癖があった。喋る練習をした方がいいのではないかと同僚の亜里沙(井桁弘恵)にラジオとかポッドキャスト番組でもやったらどうかと言われた美園は熟考の末に、氷川きよしのファンでポッドキャスト番組を欠かさず聞いているのと、チェーン飲食店のご飯、通称「チェンメシ」をこよなく愛していた事からポッドキャストでチェンメシについて語る番組を始めることを決意。

初回は松屋への愛と松屋のカレー牛についてトーク。スマホでの簡易録音ながら意を決して録音を開始しようとするとレジェンドパーソナリティ吉田照美が出現して応援してくれ、自宅から収録スタジオへと空間が変わって番組を開始(喋り終えると自宅で現実に帰る設定)。最後に発した「お耳に合いましたら」を番組を聞いた亜里沙がハッシュタグにして拡散、そのまま番組名になって次回へ続く。

美園のオタク子供っぽいキャラがかなりのインパクトだったが乃木坂時代から個性派だった伊藤万理華の特性を生かしまくったキャラだなという印象。エンディング曲に合わせて個性的なダンスを繰り広げる姿は美園ではなく完全に乃木坂46で個人PVやってた時の伊藤万理華の真骨頂みたいだったし。ただ卒業後に少年のようなベリーショートにしてしまったため思春期の少年もしくは枯れたオバサンみたいな風貌になってしまい完全に年齢不詳のイタイ子みたいにも見えてしまうところがありもう少し髪が長い方が…とも思った。かわいい要素とかアイドル要素を完全に消し去りたかったにしても極端に振り切りすぎてないか…元アイドルオーラは完全に無くなってしまっていて最初から個性派女優みたいな…。

2話

同僚の亜里沙が張り切ってくれて、音質を上げるべく、機材に詳しい後輩の佐々木(鈴木仁)に協力を依頼して3人で休日にマイクやヘッドフォン等の収録機材集めをすることに(初回はスマホを置いてスマホの録音機能使っていただけ)。

2人の友情と打ち上げのごとくワイワイと餃子の王将で盛り上がったのが楽しかった美園は餃子の王将の上手さを伝えながら中学時代の部活の打ち上げでの王将の思い出と高校は部活やらずに友達もいなくなってしまったが、同僚と後輩がいい奴で久々にあの頃のような楽しさを感じられた!と興奮気味な放送を展開。亜里沙もほっこり、佐々木は音質向上に満足するのだった…。

今回の美園は単にちょっとイタイ子というだけでなく、一生懸命で周りもなんだか放っておけなくてニコニコと見守りたくなる…という雰囲気が良く出ていたと思う。ちょっと変なノリに馴染めなくはあるが回を重ねるごとにたぶんそんな感じが強まっていくのだろう。

ポッドキャスト録音中に現場(王将)にワープして登場したレジェンドパーソナリティはやついいちろう。やはり毎回取り上げる店の店員に扮して登場して料理を渡しながら応援してくれるという定型パターンらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)