恋せぬふたり 1話

NHK総合「よるドラ」枠(月曜22時45分~23時15分。

他者に恋愛感情も性的欲求も抱かないアロマンティック・アセクシュアルの男女が始めた同居生活を描く「ラブではないコメディ」

1話

スーパーまるまる本社営業戦略課でバリバリ働く咲子(岸井ゆきの)は人当たりが良く慕われる性格だったが、恋愛に関心が無く、すぐに恋愛前提になる周囲への生きづらさを感じていた。後輩の企画を協力して成功させた際もその気は無かったが後輩が咲子に本気になってしまい勝手に盛り上がって咲子にその気がないと知ると会社を休んで異動願いを出してくる始末。実家住まいでも結婚を期待する両親との関係に徐々に居場所のなさを感じるようになっていた。

そんな中、友人とルームシェアの話が持ち上がり、ウキウキで準備を進めていたが友人が元カレと復縁した事で破綻。何故か友人は逆ギレかましてきた挙句に早くいい人が見つかるといいねなどと捨て台詞を吐いてきたのでますます落ち込んでしまった咲子はネット検索の末にしつこい婚活サイト誘導の検索結果ばかりの中で他者に恋愛感情も性的欲求も抱かないアロマンティック・アセクシュアルを自称して情報発信しているブログを発見。共感し救われる。やがてスーパーまるまるの青果部門勤務の高橋(高橋一)が以前会話をしたときに「恋をしない人間もいる」と言っていた事、ブログに書かれたばかりのカレーうどんで汚れたシャツをまさに今来ていた事からブログ主=高橋と知り、話をすることに。自身の悩みを話し、それでも1人で生きていくのは寂しいという想いを抱えている事に共鳴した咲子は恋愛感情抜きで家族にならないか?と持ち掛けて次回へ続く。

監修も入れて丁寧に描写しているようで、咲子は人懐っこく積極的な性格(だが恋愛に関心が無い)で距離感もどんどん詰めてくる、高橋はアロマンティック・アセクシュアル両方を自認していて1人に対する寂しさはあるものの割と一匹狼タイプでもある。打ち解けるのには時間がかかりそうだがなかなか面白いコンビになりそうだ。

恋愛前提に疑問を提示しまくり、色々な志向があるとしながら1人に対する寂しさは万人共通だ見たいな描き方には違和感があったが(他人に興味がないのがまず先に来る人もいるだろう)、まあ2人とももしくはどっちかが1人で寂しくないとかになると同居する理由が無くなって物語にならなくなるからしょうがないか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました