ACMA:GAME 1~6話

2024年春クール日本テレビ系『日曜ドラマ』(22:30~23:25枠。

2013年~2017年まで『週刊少年マガジン』で連載されていた原作:メーブ、作画:恵広史による全22巻の漫画作品が原作。

原作では主人公の織田照朝が父が亡き後の「織田グループ」総会長となった高校3年生だが、ドラマ化に当たっては間宮祥太朗に合わせて(それでも本人30歳に対して27歳設定)年齢がほぼ10歳上げられているほか、照朝がまだ純粋無垢な中学生の時に父清司(吉川晃司)が謎の男(小澤征悦)に襲撃されて死亡し、言われるがままに宮ノ内(阪田マサノブ)に相続した株を全部譲渡してしまったために、会社を乗っ取られて「宮ノ内グループ」にされてしまい、懇意にしていた会長秘書の岡本(橋本じゅん)の支援で安全のためにインドへと身を潜め、海外を放浪して様々な危険を乗り越えた事で逞しくなって戻ってきた、という設定。

よってかなり大胆改変されているものと思われる。

1話

父清司(吉川晃司)から託された悪魔の鍵。幸運を呼び込むこの鍵の真相を探るべく海外を放浪していた照朝は日本で鍵をめぐる不審死が多発しているニュースを目にして探るために帰国を決意。岡本と再会し、中学時代の友人の初(田中樹)、悠季(古川琴音)とも再会した照朝だったが、早速鍵の所有者の1人である丸子(須賀健太)に目をつけられてしまう。わざと鍵の謎を知る人物を誘い込んだ照朝だったが、丸子は鍵を突きさして「ACMA:GAME」を召喚。ゲームマスターの怪人ガドが現れ、今回のゲームは「真偽心眼~True or False~」だという。

という事で思ったより思いっきりSFな世界観でのデスゲーム。さらにゲームを吹っ掛けた方(今回は丸子)は悪魔の力と呼ばれる能力を行使できる事が途中で判明。丸子は「操気冷却(アーリアル・チル)」の能力だと説明して部屋を極寒にしたが、実際には空間転移系の能力で部屋ごと北極へワープさせていたから寒かったという…。

互いに相手に要求をすることができてゲームに勝利するとそれが実行される、命は軽い扱いだが命を懸ける必要があるわけではない…という事で、丸子は当初は照朝を父親の会社を乗っ取られるようなポンコツと甘く見ていたので命までかけるつもりはなかったが、照朝の方が命をかけると言ってしまったため命がけになってしまった。最終的に勝利し、「命を奪う権利」と言っただけだから今行使はしない200年後だと言って丸子を救ったがどうも救いきれない様子で次回へ続く。

須賀健太がコッテコテの関西弁ヤクザなのは新境地的だったが、さすがにちょっと似合ってなかった…。

2話

悠季は巻き込まれたので協力的になったが、初は部屋が消えているのを見ただけなので「ACMA:GAME」の非現実的世界観に否定的で照朝(間宮祥太朗)とも関係が悪化。しかし中学時代に埋めたタイムカプセルを掘り起こそうと悠季が発案。2人とも断ったが、単独で来ていた照朝が悠季と合流。そこに鍵を手にして調子に乗る格闘家の兵頭(栄信)が襲撃。兵頭は鍵を複数所有する上杉潜夜(竜星涼)にそそのかされて照朝の鍵を強奪しにきただけでゲームの事は知らなかったが、駆け付けた初と悠季を守るために照朝がゲームを発動させた。

今回のゲームは「映影頭踏」。要するに2点先取の影踏み(頭の部分)で、第1戦は校庭での真っ向勝負だったため格闘家の動きについていけずに敗北。第2戦は校舎内だったため、出身校の利を生かして回り込んで勝利。3戦目は暗い体育館内で隙を作るために照朝は触れた物体を1分間停止させる悪魔の能力「一分間の絶対固定」を使用して罠を張るが、上杉潜夜が暗躍して落ちてくるはずの緞帳を止めていたため追い込まれてしまう。しかし最後はストレートに悠季と初が飛び掛かって2人がかりで兵頭を抑えつけたのであっさり勝利…。

丸子が消されたのは照朝が条件を付けた後に丸子が命をくれてやる!と宣言していたため、そっちに上書きしたというかなり無理やりな理屈だった事が判明し、今回はそうならないように照朝が命を奪う権利を主張したのは兵頭が宣言した後。よって兵頭の命を救う事には成功した。兵頭が去った後、タイムカプセルのビデオレター鑑賞会を行った直後に上杉が登場して宣戦布告してきて次回へ続く。

悪魔の能力は仕掛けた際に伝授される設定で今回は照朝からゲームを始めたので「一分間の絶対固定」が与えられて初披露となったが…。てっきりギリギリまで使用せず、追い込まれた際に影そっちのけで本人に飛び掛かって発動させて逆転するパターンと思いきや、緞帳を落とすためにワイヤーを切った後に固定するために使うとは回りくどい。しかも上杉の存在に気付かなかったのであっさり防がれてしまい、最後は2人が飛び掛かって抑え込むという古典的手法とはハズしてきたなぁ…。

3話

悪魔の鍵に魅了された宮ノ内(阪田マサノブ)は所有者のアイドル式部紫(嵐莉菜)を襲撃しようとしたところで潜夜(竜星涼)に割り込まれ、敗北。会社は潜夜のものとなり、紫を従えた潜夜は照朝に勝負を挑む(今回は初のみの参加で悠季と岡本は外で待機)。「五印一当」というカード当てゲームだったが初戦で考えを読まれて照朝が敗北した後は、ノートを使って初に見破られた嘘演技をするよう頼んで翻弄して勝利。3戦目以降は2人同時にカードにマーキングし始め、ついにはマークを塗り潰したり、特殊インキでライト当てると浮かぶやつ使ったりとインチキ連発でそのすべてがOKとなったのでインチキ大合戦に…。

最終的に照朝は敗北してしまうが今回は命を懸けなかったので知っている情報を吐いた後は3つの御願いはお手と回転させられただけで済んだ(1つは取っておくとして行使せず)。照朝はすかさず組織もろともぶっ潰す、そのスリルを間近で味わわせてやるから俺と組めと共謀を持ち掛け、スリル好きな潜夜が全乗りして仲間になって終了。なお紫は逃走してしまった。

という事で早くも主人公敗北からの仲間増員。それよりも会社はどうするんだろうか。照朝が会社を継いでないのはドラマオリジナル設定らしいんだけど宮ノ内が勝負すら描かれずに散ってしまったぞ…。

4話

潜夜との共闘が決まり、組織グングニルについて調査を進める中、照朝が潜夜、悠季といる時に刺客の長久手(桐山漣)がやってきてゲームを挑んできた。これまでガドという悪魔が出現していたがゲームマスターの悪魔は1体ではなく複数いたらしく今回はコルジァ(声・坂本真綾)。今回命はかけずに照朝は相変わらず知っている情報、長久手もグングニルに絶対服従を条件に出していた。「百金争奪」というゲームが展開するが、追い込まれた照朝は追い込まれたと見せかけて潜夜、悠季と共謀して長久手を欺いており華麗に逆転勝利。追い込んだ際に長久手も能力使用して騙していたのでどっちもどっちではあったけど、結局ゲームよりルールの穴を突いてどれだけうまくイカサマできるか勝負なのね…。

長久手は医師だったが自身でも救えない妻をグングニルの指導者ガイドが完治させてくれたので忠誠を誓っていると説明していた。しかし長久手は照朝に負ける前に既に負けた事があってその際に色々条件付けさせられていたらしく、もう1度負けた時に発動する記憶操作により完全な記憶喪失に。妻はどうなったんだと聞かれたり私は何をしていたんだ!と発狂されても照朝らは知ったこっちゃない。後で岡本の調査により妻はとっくに死んでいた事が判明、妻が救われたという時点で記憶操作されていたらしく、精神を病んだ長久手はそのまま入院になってしまった。

改めて戦う決意をする照朝だったが、グングニルからアクマゲームトーナメントの案内が来て参戦する事に。約束の場所に行くと飲めと言われ、飲むと眠らされてそのままビニールパッケージされて山奥に運び込まれた照朝が目を覚まして次回へ続く。もう少し丁重に運べないのか。

一方で初は誰にも教えずに資金繰りに苦しんでおり、犬飼(武田航平)にAIおろちの権利を渡す代わりに会社を救うという条件を突きつけられて断るも既に問答無用で倒産に追い込まれてAIおろち(とおろちの開発者には価値があるが初には価値が無い役不足だと言っていたので開発者の悠季もおろちとセットで転職?)を奪われてしまう。絶望する初の元に悪魔の鍵が降ってきて…。

5話

ビニールパッケージされて山奥に運び込まれた照朝が目を覚ましてしばらく進むと館があり、既に潜夜、アイドル式部紫といった見知った顔と新登場の他の対戦相手は到着していた。彼らも島内の別々の場所にビニールパッケージされて放置され、目覚めたタイミングでそれぞれ歩いてきたのだろうか。まとめて館まで運べよなんで離れた場所に放置して歩かせたんだよ…。それとも運び方は各自異なっていたのだろうか。

遅れて初が登場し驚愕する照朝だったが、初は冷酷な別人になっていて照朝と本気で戦ってみたかったと告げる。犬飼に事実上会社を乗っ取られて倒産に追い込まれたかに思われた初だったが、悪魔の鍵を手にした事によるラッキー効果犬飼が違法な買収行為で逮捕されて失脚、会社を取り戻すばかりか新たな融資が決まりまくって会社の立て直しに成功したという。瞬殺で出番終了とは犬飼ェ…。ていうかこの流れだとまだ目の前にラッキーに身を委ねて会社の立て直しに集中すべき段階なのでは…。鍵所有効果のラッキー発動初手のタイミングで更なる欲望にまみれてトーナメント参戦っておま。

1回戦は照朝と式部紫、初と天才心理学者の伊達(福山翔大)による同時開催。照朝のところにはガド、初のところにはコルジァが出現したが対戦ゲームは「隠蔽看破」で全くおなじものが行われた。コインを隠して隠し場所に1番近いテーブルを当てるというもので、カードゲームのようなややこしさが無く、演技力や駆け引き勝負だけにドラマ的には見やすい。腹黒アイドル式部紫の演技力に翻弄されて1回戦は0点、2回戦では20点先取されてしまい自身は0点に終わってしまった照朝は追い込まれたかに思われたが、3回戦では一点突破で100点を獲得して一挙逆転、式部紫は最終ターンで自身の悪魔の能力で10分後に指定したもの(今回はコイン)から音が鳴るという「オールタイマー」を発動させていたが、やたら時間をかけて待っている様子から照朝が直前でタイマー系の能力だと見破り非常ベルを鳴らしっぱなしにしてタイマー音をかき消して阻止。当てられずそのまま照朝の勝利となった。

一方で人をモルモットだと思っているという天才心理学者の伊達は強敵と思われたがあまり深く描かれないままに初が勝利した結末だけ判明。負けたのに不敵な伊達は何か企んでいるようだがこれで2回戦の照朝の相手は初に決まった。

そして翌日のもう1つの1回戦で判明していなかった潜夜の相手として登場したのは前日には会社がうまく回っているのをオフィスで喜んでいたはずの悠季だった。照朝だけでなく鍵を手にしてからクールだった初もさすがに驚いて次回へ続く。悠季はビニールパッケージで島内のどこかまで運ばれたわけではなく、普通に武装兵に脅されて連れてこられた感じだったのでやはり運ばれ方は各々で異なるのかも…。

6話

悠季は母と弟を誘拐されて人質に取られたのでゲームに参加。手加減する気のない潜夜と「金の銃 銀の銃」での駆け引き対決に挑むことに。悪魔の能力を駆使したり頑張って挑発してみたりして奮戦した悠季だったが、最終的にはやっぱり及ばずに潜夜が勝利。

照朝は悠季の母と弟に救援を呼ぶために電波塔を探して追いかけてきた紫と行動。どうも操られているようだと感じていたが、電波塔では謎のメッセージとパスワード入力画面と爆弾があった。これまで辿ってきた道が「Z」になっていたのに気づいて暗証番号の数字の配置を「Z」の形(右下→左下→右上→左上)の順番に入力したら正解で電波が繋がったので、AIおろちを駆使して悠季の家の付近の防犯カメラをハッキングして誘拐場所を特定、岡本に居場所を知らせた。2話で戦った格闘家の兵頭が照朝の格闘家復帰試合のチケットを持って訪ねてきていて岡本と一緒にいたため、兵頭と岡本が監禁現場に直行、見張りを2人で撃破して悠季の母と弟の救出に成功した事がダイジェスト的に明かされた。いや超速ダイジェストすぎるだろ。救出早すぎるし、兵頭だけでなく岡本まで見張りと格闘して勝利してるし、そもそも変な暗号ゲーム仕掛けて監視していたみたいだし、最初から救出させるように仕向けられていたとしか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました