ZARD 30周年シングル回顧4+~2002-2006~

スポンサーリンク

ZARD 30周年シングル回顧4+~2002-2006~

2002年にはZARD第2章として再始動を発表…したがシングル1作のみであった。当時体調不良は明かされず、むしろ90年代の同僚たちが次々解散、ビーイングは大阪のGIZA studioに本格移行していて旧ビーイング勢であるZARDは普通に干されているだけなのではないかという見方もあった。現在は体調不良であった事以外にも時代の変化に適応するため今後の方向性にかなり思い悩んでいたのも休止の一因として扱うようになっている。

03年以降はGIZA studioな作風で本格的に活動を再開。04年には久々にオリジナルアルバムらしい新曲メインの『止まっていた時計が今動き出した』をリリース。新たなる復活をイメージさせる展開となり、04年には初ツアーも決行。精力的な活動が続き、翌年には早くも次のアルバム『君とのDistance』がリリースされた。

この間には葉山たけしのアレンジャー復帰もあり、すっかり染まっていた軽めのGIZAサウンドから90年代の厚みのあるロックバンド風サウンドを現代風に再構築してのサウンド面での王道回帰の傾向もどんどん強まっていた。

しかしツアーはかなり無理して当日今日はダメかもしれないと弱音を吐くほどのギリギリの状況で行うなどかなり体調は悪かったようで、06年にシングル2作が発売されたのを最後に新作発売は停止。続く15周年ベスト『Golden Best 15th Anniversary』は本人公認で発売されたが、再び沈黙していた。

2007年5月28日突如として26日に坂井泉水が亡くなったと発表。同時に体調不良が長年続いていてシングル「ハートに火をつけて」の頃に本格的に体調が悪化して検査を受けたところ子宮頸がんが見つかって極秘入院・手術を行っていた事、1度は回復したが2007年4月に肺への転移が見つかり再入院していて、早朝に病院のスロープから転落したことによる脳挫傷で亡くなったと明かされた。

病死ではなく謎の多い事故死とされたため憶測が飛び交ったが、ビーイング側は一貫して自殺ではない事を強調、また肺への転移というのも絶望的なものではなく治療可能なものであり、坂井泉水本人はその後の作品リリースや次のツアーの構想を長戸大幸と電話で打ち合わせしていて前向きだったとしている。

大昔に公開していたものを破棄して2021.7~9新規執筆

34th さわやかな君の気持ち

34th さわやかな君の気持ち
34th さわやかな君の気持ち 02年5月22日 1年半ぶり過去最長ブランクでZARD第2章スタートを銘打って発売されたが第2章始まりを告げるはずだった「時間の翼」フルバージョンは?というツッコミも続出、結果的に2002年唯一の新作...

35th 明日を夢見て

35th 明日を夢見て
35th 明日を夢見て 03年4月9日 第二章を銘打ったのに点で終わっていた前作から11ヶ月ぶりの新曲。今度こそ本格的に再始動となり、今作以降は06年序盤まで安定したペースでの活動が続いた。 当初音楽雑誌や公式サイトでは別の写...

36th 瞳閉じて

36th 瞳閉じて
36th 瞳閉じて 03年7月9日 初回盤はブックケース(スリーブ)仕様。通常盤と品番も分けて発売予定と告知されていたが変更されて1種発売となった。 瞳閉じて 作曲:大野愛果、編曲:徳永暁人 フジテレビ系『すぽると!』テー...

異邦人 /TAK MATSUMOTO featuring ZARD

異邦人 /TAK MATSUMOTO featuring ZARD
異邦人 /TAK MATSUMOTO featuring ZARD 03年8月27日 B'z松本孝弘のソロプロジェクトとして1曲ごとにゲストボーカルを招いて昭和のヒット曲カバーをする企画作『THE HIT PARADE』への先行シン...

37th もっと近くで君の横顔見ていたい

37th もっと近くで君の横顔見ていたい
37th もっと近くで君の横顔見ていたい 03年11月12日 前2作同様に今作もまた直前まで情報がコロコロ変わっており、10月29日発売予定が延期されたほか、ジャケット変更も当たり前、一時期は「もっと近くで君の横顔見ていたい ずっと...

止まっていた時計が今動き出した

B00012IJ1E
04年1月28日
作曲:中村由利、編曲:徳永暁人
GIZAに染まった軽めのサウンド全開であるアルバムの中では一際存在感を放つ厚みのあるロック調のタイトルチューン。GARNET CROWの中村由利はZARDへの提供は今作が唯一(というか全部で3曲くらいしか外部提供してなかったはず)。徳永暁人が久々に往年のZARDを思わせる厚めのロックサウンドに仕上げていて、往年のファンであればイントロの瞬間から歓喜するような勢いがあった。なんならドラムはもう少し重くても良かっ

タイトル通りに復活を宣言するような楽曲だが、以降のZARDは攻め続けて初のライブツアーまで敢行した。後にこの時期もずっと体調不良は続いていたとされるが、それ以上に意欲が上回っていたのだと思う。ここ数年のブランクを取り戻すかのような勢いがあった。
★★★★☆
10thアルバム『止まっていた時計が今動き出した

止まっていた時計が今動き出した
ZARD

天使のような笑顔で

B00012IJ1E
04年1月28日
作曲:大野愛果、編曲:徳永暁人
ギター中心にリズミカルでキャッチーなのでかなり早い段階で印象に残る曲の1つになった。落ち着いた曲が多くなっていたのでこういう明るいのも珍しかったし、この後の最終曲「悲しいほど 今日は雨でも」もバラード締めではないアップテンポだったので、いつになく違う感じでアルバムが終わるのも第2章始まった感じがあった。後期のアルバム曲はどうしても売上が低いので90年代ファンの数に押されてリクエストベストでもスルーされがちなのが惜しい。
★★★★☆
10thアルバム『止まっていた時計が今動き出した

天使のような笑顔で
ZARD

38th かけがえのないもの

38th かけがえのないもの
38th かけがえのないもの 04年6月23日 例によって6月2日から発売延期となった。初にして結果的に生前唯一となったライブツアーが3月~7月まで開催されていてZARD史上唯一ツアー中にリリースされた作品。 かけがえのないも...

39th 今日はゆっくり話そう

39th 今日はゆっくり話そう
39th 今日はゆっくり話そう 04年11月24日 久々にC/Wに純粋な新曲が2曲収録された。このうちの1曲「雨が降り出す前に」で葉山たけしが「Get U're Dream」以来の登場となった。 今日はゆっくり話そう 作曲:...

40th 星のかがやきよ/夏を待つセイル(帆)のように

40th 星のかがやきよ/夏を待つセイル(帆)のように
40th 星のかがやきよ/夏を待つセイル(帆)のように 05年4月20日 11th「この愛に泳ぎ疲れても/Boy」以来の両A面シングル。「Boy」が実質C/W扱いだった前回と違って『名探偵コナン』のTV/映画のWタイアップで両A面と...

サヨナラまでのディスタンス

B000ADPXNG
05年9月7日
作曲:大野愛果、編曲:葉山たけし
久々に激しめでダークな感じの攻めのロックチューン。葉山たけしの復帰によりそんなサウンドもやれるようになった。実質的なアルバムタイトルチューンとして存在感を放っていたが、まずもって明るくなく、「サヨナラ」が後ろ向きという理由でアルバムタイトルには採用されず、改変した『君とのDistance』がアルバムタイトルになったという。『サヨナラまでのディスタンス』がアルバムタイトルだったら後でマジこのアルバム予言だったとしか思えないと散々言われる事になっていただろう。また2020年からこんなにディスタンスが最頻出ワードになり、ディスタンスまみれの世の中になってしまうとは思わなかったな。
★★★★☆
11thアルバム『君とのDistance

サヨナラまでのディスタンス
ZARD

Last Good-bye

B000ADPXNG
05年9月7日
作曲:多々納好夫、編曲:葉山たけし
FIELD OF VIEW95年の3rdシングルへの歌詞提供曲セルフカバー。FOVへ歌詞提供した4曲のうち3曲は即座に『TODAY IS ANOTHER DAY』でセルフカバーしていたが今作だけ10年スルーされておりもうこのままかと思われていたが、リリースタイミングが秋という事で一致したことからチョイスされたようだ。

FOV版がド派手に盛り上がるアレンジになっていて同じ葉山たけしがアレンジしたものの、ZARDバージョンは厚みはあるが妙に淡々としていてフックが弱め。FOVのセルフカバーは結局どれもFOVがド王道の正解でZARDバージョンでは並ぶ感じもあまり無かったかなと思う。
★★★☆☆
11thアルバム『君とのDistance

Last Good-bye
ZARD

あなたと共に生きてゆく

B000ADPXNG
05年9月7日
作曲:織田哲郎、編曲:小林哲
93年テレサ・テンへ歌詞提供した曲のセルフカバー。テレサ・テンはこの2年後95年に亡くなりこれが最後の楽曲となっていた。没後10年という事と当時のテレサ・テンの年齢40歳が近くなってきたこともあり、セルフカバーに挑んだものと思われるが、確かに今になってハマるというか、全体にこのアルバムの頃はボーカルがちょっとキツそうなところも目立つんだけど今作に関してはいい感じに深みがある。

ていうか若い頃によくこの歌詞書けたなとも思う。歌謡バラードとして秀逸な仕上がりで、GIZAアレンジャー小林哲もかなり奮闘していて最初これも葉山アレンジか徳永アレンジかと思った。テレサ・テンと同じく2年後に坂井泉水も亡くなってしまい、結果的にはセルフカバーするのはこれが最後のチャンスだった事になる。「Last Good-bye」もそうだが、残されていたセルフカバーしていない提供曲を2曲まとめてやっていたというのも不思議なものだ。
★★★★☆
11thアルバム『君とのDistance

あなたと共に生きてゆく
ZARD

君と今日の事を一生忘れない

B000ADPXNG
05年9月7日
作編曲:徳永暁人
アルバムを締めくくる大バラード。スケールの大きな愛を歌っている上に曲のスケールもいつになくデカく、2番のサビがギターソロに置き換えられていて歌われない、その後さらにDメロ、Eメロに該当するような新たな展開を見せる、コーラスが大合唱隊のような派手さで特にサビ部分では明らかに竹井詩織里と思われる声がかなり目立って入ってくる…などこれで全て終わる大エンディング曲のような1曲。結果的にオリジナルアルバム最後の1曲になってしまったわけでこのアルバムにはそういった最後の予兆のような要素も目立つ。
★★★★☆
11thアルバム『君とのDistance

君と今日の事を一生忘れない
ZARD

41st 悲しいほど貴方が好き/カラッといこう!

41st 悲しいほど貴方が好き/カラッといこう!
41st 悲しいほど貴方が好き/カラッといこう! 05年3月8日 結果的に最後になってしまったオリジナルアルバム『君とのDistance』を前年9月に発売して半年ぶりの新作。シングルとしては11ヶ月ぶりとやや間が開いた。 2作...

42nd ハートに火をつけて

42nd ハートに火をつけて
42nd ハートに火をつけて 06年5月10日 結果的に生前の最終シングル。今作のPV撮影を4月に行った直後に体調急変、救急搬送されて子宮頸癌が発覚していたと後に明かされている。当時は何も公表されておらず、何事も無く発売されていた...

コメント

タイトルとURLをコピーしました