ドラゴンボール超 94話

悟天トランクスは17号と交代で島へ移動。大会の事は黙っておくらしい。ブウ編の時は戦える戦士がいなかったので最前線での戦いを託されたこの2人、父親が2人とも蘇ったからとはいえ、Gフリーザ戦といい、おざなりな扱いが続くなぁ…。激しく落とされた悟飯やピッコロでさえ今回のシリーズで復活したのに、この2人は超ゴテンクス3状態でコピーベジータの足元にも及ばないというのが最後の戦績のまま…。

一時期は超はGT以下とまで言われる事もあっただけに、17号やクリリン、ピッコロ、ブウ、最後は悟空など容赦なく原作生存キャラを亡き者にしたGTに対して、17号と18号とクリリン、17号とピッコロ、カリン様と亀仙人…など原作のその後の関係性を描いた描写が実に当時の読者・視聴者ホイホイ。

フリーザはラストでようやく地上に降臨。しかしスパイに入っていた第4宇宙が第9宇宙をそそのかし、第9宇宙からたくさんの刺客が悟空とフリーザを取り囲む。フリーザはゴールデン化して準備運動として彼らに勝負を挑もうとする…。

瞬間移動でこいつら無視できるんだけど、言う事を聞かないフリーザ、まもなく時間なのに2人が遅い事に苛立つビルスという謎の構図になっているが、そもそもフリーザは以前悟空と戦った時もそこにいるだけのビルスにビビっていた。ビルスが一声いいからおとなしく大会に出ろ!破壊するぞ!と命じれば確実に言う事を聞くはずなのになんで何もしないのか。他の宇宙が破壊神、界王神が圧倒的に命令できる立場で選手を選んでいるのに、ビルスは何故威厳を見せないのだろうか。

リバース 9話

小笠原(武田鉄矢)が刺され、新たな脅迫メールが送られてきた。しかし2発も刺された小笠原は当たり所は良かったらしく、即座に復活。話を聞いた村井(三浦貴大)も心当たりがあると告げる。ようやく小笠原とメンバーそれぞれが同じ方向を向いて10年前の事件と向き合う状態となった。ていうか小笠原があんな嫌味な感じで出現しなければもっと早くみんな協力体制になれたのでは…。

まずは小笠原を刺した犯人は村井の父の秘書が命じたチンピラと発覚。その辺は元刑事・フリージャーナリストの驚異的捜査能力であっさり暴き、村井陣営は崩壊へと向かう。10年前の事件の捜査を打ち切りにさせたのもやはり村井父の圧力で、その見返りが村井の結婚だった。村井は父と決別するため新たな一歩を踏み出していた。

浅見(玉森裕太)のサッカー部の件はかつて深瀬が演説した辺りから動揺の色を見せていた後輩連中が耐えかねて揃って謝罪。しかし肝心の主犯格は10年後に振り返っても嘘ついてよかったと思えた!などとのたまい、折れる気配なし。

谷原(市原隼人)は嫌がらせ上司より上の立場の人に企画書を渡して本社への返り咲きを図るがタイミングが悪く、嫌がらせ上司に書類を受け取られてしまいそのまま捨てられてしまったが、捨てているところを上の立場の人が目撃しており最終回で逆転できそう。ていうか谷原はこのクソ上司に一点集中でどんだけロックオンされているんだろうか。

警察に出頭した美穂子(戸田恵梨香)だったが、全員が訴えないこと、谷原も自分で落ちたと言い張った事で厳重注意に終わる。深瀬には会いたくないと言い放ったが、今度は浅見や谷原が背中を押す形でアシスト。それぞれが新たな一歩を踏み出す中で、深瀬も美穂子ともう1度向き合い2人は仲直り。

広沢の事を改めて振り返るノートに美穂子も記録を重ねていく中で、何気に美穂子は広沢は蕎麦アレルギーだったと書き込む。深瀬は聞かされておらず、蕎麦屋に寄った時に1人だけカツカレー屋に行ってしまったのはそのためだったのかと今更納得する深瀬。ここまでは呑気だったが、喫茶店の奥さん(YOU)が持ってきたハチミツを見て驚愕。それはあの時広沢に渡したのと同じハチミツ、蕎麦のハチミツだった。

広沢を殺したのは…俺だったのか…。

全てがリバースして深瀬に帰ってきたところで最終回へ続く。

原作はここで終了してしまう。ドラマ化される時点でオリジナルでその先を描く、としていて最終回が丸々原作のその後を描く話になる模様。小笠原が新たにつかんだらしき何かも残っているし、深瀬がどうハチミツの件に向き合うのかも気になるところ。

残酷な観客達 4話

音楽室から廊下を出て外へ出ようとするも鍵が締まっていた。そこからカフェテリア(食堂)に灯りが見えたので移動するとまたしても閉じ込められてしまう。が、なんの指示もないままに徐々にみんな眠くなっていってしまい、就寝。目覚めたら食事が用意してあったが2万いいね!もらったら食事という指示が出される!

というだけの話をダラダラと行い、21番綾乃(渡邉理佐)と16番楓(原田葵)の3年前の過去がインサートされるなどしたが、転校ぼっちだった楓に綾乃が声をかけてグループに入れてあげたが、綾乃は裏番的存在、楓はくっついていくだけの流される存在…というのが示唆された程度で特にこれといった盛り上がりは無し。裏番ぶる21番に17番ゆずき(平手友梨奈)が突っかかっていくような場面はあったが、最後は少し優しさを見せた21番の姿にゆずきが21番のような存在が必要だと告げるなどよく分からない展開。

また4月途中で体調不良で活動休止になった今泉佑唯がここから撮影不参加になったらしく、「2番がいない!?」とざわつくシーンが加えられたが、最後に出てくるのか脱出成功したのか消されたのかは言及されず。いいね!をもらうための1発ギャグを繰り返すのもそろそろ飽きてきたし、このドラマもしかしなくても全く面白くならないんじゃ…。

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 9話

田丸(西島秀俊)が謎の男にスカウトされていたが特に新たな展開は無し。稲見(小栗旬)の自衛隊時代の同僚の結城(金子ノブアキ)が失踪したと鍛治(長塚京三)から連絡が。間もなく結城は稲見に接触してきて国家へたてつくから協力しろとスカウトしてくる。また分かりやすく悪堕ちした世界を変えてやる系テロリスト出てきたなぁ…。

この時点での結城は大々的に追われているわけではなく、表向き休暇から戻らずそのまま失踪したので捜索しているという段階だったので、静かに潜っていればいいのに何故か通りがかった警官を撃って逃亡するという罪が残るような真似をしたので普通に追われる身に。結城は3日後の約束の場所と自分から指定していた場所には現れなかったが、近くの屋上から去っていく特捜班の顔を確認。一般人として張り込んでいた特捜班だったが、結城が現れなかったから油断したのか、ザ・俺たち仲間です!みたいにセットで揃って場を去っていくもんだから外から見てりゃこいつらが仲間だと分かっちゃうという…。

さらに結城は大胆に特捜班の職場に出現。少し早く出勤してきた大山(新木優子)を脅して閣僚の個人情報を入手。大山が密かに吉永(田中哲司)にメッセージを送っていたので特捜班が駆け付けるが大山を盾にした結城は爆弾を置き土産にして堂々逃亡。死にはしなかったが特捜班の部屋(の隣に稲見が爆弾を持ち去ったっぽい)はズッドーン爆裂して部屋はグチャグチャ、特捜班全員気絶して次回へ続く!

稲見の過去が!?とか煽っていたのにこれまでと同じ自衛官時代に命乞いする同僚らしき男を射殺した以外の回想は出てこなくてほとんど煽り詐欺。回想に出てきた事も無い結城が突如出てきて結城がテロに転じた理由も次回へ持ち越しになったので結局何も分かってないっていう。わざわざ2年も会ってなかった稲見をそんなに魅力ある言葉や理想も語らずにスカウトしようとしたり、逃げるのに無駄に警官撃ったり、特捜班の部屋に乗り込んできたりとここまで挑発してくるのもちょっと尋常じゃない勢いだった。ていうか警察の入口ザルだなぁ…。

貴族探偵 8話

師匠の切子(井川遥)の死に貴族探偵(相葉雅紀)が関わっており、キーワードになる人物が「政宗是正」。愛香(武井咲)は鼻形(生瀬勝久)に警察の力で調べてくれと依頼。そんな中、大学時代の先輩の上原多香子に呼ばれた愛香は母校へ。最近貴族探偵と知り合ったという上原多香子がお互い知り合いらしいという事で呼んだらしいが、研究室にいたかつての同級生が殺害されてしまう。

今回は捜査する刑事が鼻形ではなく、愛香は容疑者として取調室送りになってしまい出番激減。代わりに鼻形が任せろ!と登場し、事件を推理する事に。執事一行の状況整理を聞いた鼻形は犯人を貴族探偵と推理して大外ししてしまう。しかし鼻形は鼻形なりに熟考しており、手帳にはビッシリとメモ書きが残されていたり、貴族探偵を犯人と名指しするからには貴族探偵専任の立場も辞する覚悟を見せる、外した後に偉く落ち込む…などいつもおふざけ担当の鼻形とは思えない真面目さと覚悟を見せていた。妄想だけで犯人を決め、外した後もさほど悪ぶれる様子も落ち込む様子も無くて完全に外すのに慣れきっているいつもの人とは覚悟と気合いが違いすぎていたような…。

結局、犯人はモブ学生の1人で処理された。久々に見た上原多香子が今更の月9初出演、謎のキノコヘアーで誰だか分からない状態だったのは驚きだったが、それ以上に殺された女にだらしない男子院生をやってたのが松川尚瑠輝。『女王の教室』で準主役だったあの少年だったのがエンドクレジットで判明した時の方がビックリだった。男子の方が見た目変わるよな…。

ラストでは鼻形が「政宗是正」は公安の案件で謎の人物だと分かったと告げてくる。これが貴族探偵なのか?と謎が深まったところで次回へ続く。これ…まさか散々謎を振りまいて結局ハッキリしない謎のまま終わるいうオチじゃないよな…?