続々々・EX-HR99あえなく修理送りになるも修理はまだまだまだ続く件

前々々回、そして前々回、さらに前回レポートしたEX-HR99不具合の件の続報である。

前回ひとまずもう2週間かかるという事で、きっちり2週間経過した3月15日に律儀に電話がかかってきた。ただのメッセンジャーと化して久しい修理担当の人だが報告の約束はしっかりしていてその点においては非常に好印象だ。

まず開口一番謝罪する担当氏。この時点でお察しのように再延長である。

今回の報告はひとまずの決着・回答が今週金曜(19日)に出るので来週その結果をお伝えするというもの。金曜日で対応ファームウェアが完成するかどうかは分からないというが、”上”とやらが通達してきたのは金曜で1度答えが出るという事らしい。

という事で3月22日に直るか直らないかの答えが出るようだが(報告が週明けなのは土曜が祝日なのもあって土日休みのためと思われ)…直りませんでしたとなった場合にどうするつもりなのだろうか。更なる延長もあり得るという事なのか、打つ手が無くなるのか。

そしてこのシリーズを読んでいる方々も薄々勘付いているように見事なまでに1都3県に出されている某宣言Killing a restaurantとこの修理騒動の期間がここまでほぼ一致している。見事に延長までトレースしており、ここまで来るとどちらが先に終わるのかという状態になってきた。とはいえ21日で某宣言The restaurant is sacrificedが終わる場合、修理の結果がどうあれHR99が戻ってくるのはそれより先になるのは確定しているわけだが…。

そんなわけで春はまだ遠い…。

雑記

続々・EX-HR99あえなく修理送りになるも修理はまだまだ続く件

前々回、そして前回レポートしたEX-HR99不具合の件の続報である。

前回修理センターではどうしようもないファームウェアの問題であるため、1ヵ月はかかるとなった最終期限3月1日を迎えた。18時受付終了で17時を回ってきたのでそろそろこっちから電話をかけるかと電話を取りに行った瞬間に電話が来ていてかけなおすという無駄な手間を経てようやくたどり着いた返答は…。

「続々・EX-HR99あえなく修理送りになるも修理はまだまだ続く件」の続きを読む…

雑記

続・EX-HR99あえなく修理送りになるも不具合新発見者になってしまった件

「続」なのにちょっとタイトル変わったけど…。

前回レポートしたEX-HR99不具合の件の続報である。

結論から書くと不具合は認められ、しかも個体の問題ではなく機種全体の不具合であった可能性が高まった、新発見の不具合であったため対応不可能で、ひとまず1ヶ月待ってくれと言われて3月1日まで進展なし確定となった上に、それで解決するかも不透明という最悪の事態が続いている。

ひとまず不具合のまとめをしておこう。

まず最初の不具合

・ランダムに音飛び、途切れる
・ランダムにカウントが不整脈みたいに不規則になる
・カウントが進んでいるのに再生が数秒~10秒程度遅れる事がある
・25秒の無音トラックが35秒再生される
・40秒前後を越える無音が続くとその後の音声が再生されない

修理後

・ランダムに音飛び、途切れる
→たぶん解決
・ランダムにカウントが不整脈みたいに不規則になる
→未解決
・カウントが進んでいるのに再生が数秒~10秒程度遅れる事がある
→解決
・25秒の無音トラックが35秒再生される
→解決
・40秒前後を越える無音が続くとその後の音声が再生されない
→未解決
・ノンストップCDの曲間が必ず途切れる(シームレス再生不可になる)
新症状

という顛末。

というわけで「40秒前後を越える無音が続くとその後の音声が再生されない」の症状発動条件をさらに詳しく調査して記載、シームレス再生死亡の新症状が出たぞという事で症状が発動するCDを同封しての再修理送りとなった、というところまでが前回。

「続・EX-HR99あえなく修理送りになるも不具合新発見者になってしまった件」の続きを読む…

雑記