さようなら2017年

サイト的には15周年、ついにブログ導入など新機軸も打ち出した1年となったが変わらぬHTMLスタイルも堅持しながらの両立体制となった1年だった。これ何が便利って予約投稿機能とカスタマイズさえすれば装飾も楽であるという事。特に自動投稿機能が物凄い楽。ここぞというタイミングの時とか今までは手動だったわけですよ。もう明日の新年の挨拶とか予約しておけば寝ててもいいわけですよ(今更感)。

デコ大が恐れていた乃木坂46になってしまい、これでイチオクエンサー呼ばわりされてしまうのかとガックリ来たが、クールな齋藤飛鳥までちょいと涙し、しれっとちょいちょい映し出される公式ライバルAKB48が穏やかに祝福していたのでまあそれでもいいかという気分にはなった。

「風に吹かれても」は最後まで笑顔の平手を見ることはできなかった。発売当時の笑っていたわずかな時期のTV出演を見ていなかったのでTVで1度もこの曲で笑う平手を見ることはできなそうだ。QJとか読むとやっぱ過度な表現者病だと思うし、周囲がそれを盛り立てて許容するような姿勢がますます加速させるわでもう元に戻ることも改善されることも無さそう。そこはもうあきらめた方が良さそうだ。一部だけ切り取られてネットで叩かれていた今泉のインタビューの方が読んでみたらそりゃそうだよなと思えた。

山口百恵になんの思い入れも無いのでカバーもそんなに興味は無いんだけど三浦祐太朗は学年同じ(4月生まれなのでほぼ1年違っててあまり同い年感は無いけど)、埼玉のFM NACK5でレギュラー持ってるので若干の親しみは以前からあったりもする。百恵カバーで2017年特番でよく見かけ、たぶん七光り散々いわれはしたんだろうけど、『I’m home』の売上を見てみるとけっこう普通に売れてて、紅白歌手のあの三浦の大知さんのアルバムより1万枚くらい売れている。次に繋がるとはあまり思えないけど、草葉の陰から応援したい

そういやすっかり忘れていた!とDEENの3月10日の武道館のチケットを取ったらまあ一般発売1週間経過でも余裕で取れはしたんだけど随分と後ろの方だった。これは25周年なので回復しているのか、より幅を狭めて中央に客を集中的に寄せている最中なのか…。現在もチケット絶賛取り放題、転売とは無縁というかたぶん転売しようとしたら赤字投げ売りフルスロットル必至で転売問題とも無縁だと思うので興味のある方は是非(なんという勧め方だ)

個人的にも今年はまずまずの1年だったので、たぶん比較的音楽もフラットな状態で聞いていた1年だったとは思う。振れ幅があるとどうしても暗い方向で救いの曲に共鳴しやすくなったりするんだけど、今年はレミオロメンの「アカシア」や「アイランド」に深く浸るような時期は無かったと思うので良かったんじゃないかと。かといって「翼」や「もっと遠くへ」「スタンドバイミー」なんかで勢いづくような時期も無かった。それは単に今年あんまりレミオロメン聞かなかっただけじゃだからこそ『北極星』モードがしっくり来たわけだけど、立ち止まってもいられないので牛歩でも進むのみ。

というわけで来年もよろしくお願いします。

けっこうカラーが対照的だけどクリスマス明け~年内までで毎年1回は必ず聞きたい2曲。

雑記

勝手に音楽大賞2017

これまたギリギリ進行のギリギリ決定。ラインナップ自体は1週間前には出揃っていて各作品の感想も書き終えていたんだけど、それを並べるのに難航した。今時珍しいくらいのJ-POPっぷりと変わり映えの無さ、まだ活動してんの!?と驚かれるようなアーティストが大量に並ぶ傾向は15周年経っても変わらない。 「勝手に音楽大賞2017」の続きを読む…

ドラゴンボール超 121話

博士まで合体したら謎の巨大怪物と化した第3宇宙残り全員。しかしこの見た目、ファミコン版の最終作『サイヤ人絶滅計画』のラスボスのハッチヒャックじゃないか。巨大化はヒルデガーンみたいだし、攻撃の多彩さといってもバリエーションがなんだかジャネンバだし、過去のゲーム・映画オリジナルキャラのごちゃまぜ総決算みたいな敵だな…。

次から次へと違う攻撃をしてくるのでなすすべがない一行だったが、落ちそうな悟空はフリーザが助けて全員共闘に。18号が喰われそうになるなどという謎の一幕もあったが(悟空が瞬間移動で救助)、喰ったら勝利判定どうなるんだ。結局この中で1番戦力が低そうな18号は追い詰められて落下した17号を突き上げて身を犠牲にして敗北。最後はエネルギー波対決となったが、17号が途中特攻して額の動力源を破壊したことで勝利した。なんだか木っ端みじんに吹き飛ばしたようにも見えたが、敗北後は全員単体に戻り無傷で生還していた。ダメージを負った状態で客席に戻るケースと、回復状態で戻るケースがあるのが地味に気になる。

あとかなり最初の方に耳の部分で全員の動きを察知しているに違いないと17号が見抜いてまだ参戦していなかったフリーザ以外は納得してたので、まずは耳狙いで攻撃を始めるのかと思ったのに結局最後は力押しになってしまい、17号だけ耳ではなかったがもっと目立つ額を動力源だと当たりをつけて特攻したのは17号だけカッコよすぎた。

これにていよいよ第11宇宙3人との最終決戦。ディスポは既に1度ボッコボコにされて仲間に助けられて以降は参戦せずに偉そうな態度だけ取っているだけなので舞台に残っている面々の中で遥かに格下っぽいんだけど何で1番偉そうなんだろう。戦いが始まるなりみんなに無視されるか、謎の善戦を繰り広げるか、瞬殺されるか。潔く消えてほしい。

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿/名探偵コナン 犯人の犯沢さん

少し時期がズレるが、ほぼ同時期の金田一、コナンそれぞれの公式スピンオフが始まり(金田一はアプリ連載、コナンは派生雑誌連載)、11月、12月にそれぞれ第1巻が発売された。これがまあ見事に明暗が分かれたというかなんというか…。 「金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿/名探偵コナン 犯人の犯沢さん」の続きを読む…

雑記