ハロー張りネズミ 6話

この手紙が届いたら訪ねてきてほしい、自分は死んでいるはずで犯人は群馬の県議会議員候補の伊佐川(ムロツヨシ)だ、という浅田玲奈(玄理)からの手紙がゴロー(瑛太)宛に届く。ゴローが訪れると浅田玲奈は死後2週間経過した状態で発見され、自殺と断定される。

犯人が県議候補の伊佐川だと名指しされているのでゴローたちは調査を開始。相変わらず出てくるのはゴローばかりだが、浅田玲奈がキャバ嬢などをやっていた事から元ホステスの蘭子(深田恭子)がその辺りの聞き込みを担当するという自然な流れで蘭子の出番はある程度確保された。グレ(森田剛)は…なんかもう相棒ポジでもない脇役のまま…。

やがて浅田玲奈が元は全く別の顔(役者も別の人)だったことが発覚。調査を進めていくと伊佐川とは高校の同級生で2人はずっと付き合っていたが、政治家になるための資金を稼ぐために浅田に夜の仕事をさせ、夜の仕事をするにはルックスが良くなく稼げなかったので整形までさせていたという。しかし、政治家への足掛かりをつかんだ伊佐川は資金のある有力者の娘と婚約してしまい、浅田を捨ててしまう。浅田は全部バラすと脅したが逆に伊佐川に殺されると感じ、ゴローに後を託したという。

後半はゴローの妄想だったため、当初は伊佐川は爆笑し証拠も無いと言い張る。というか確かに殺すつもりで殺しに行ったら浅田はもう死んでいたとバラす。殺すつもりだったのに勝手に死んでくれてラッキーだった、面倒に巻き込まれたくないから放置したと半笑いのまま告げるクズっぷりを見せる伊佐川だったが、この話を聞いたゴローは浅田の真意に気付いて推理を訂正

伊佐川を殺人犯にしたくないという配慮を見せた浅田は確かに自殺した。しかしわざと2週間後にゴローに手紙が届くように猶予を設け、この間に殺しに来た伊佐川が死んでいる浅田を発見し、通報しちゃんと弔ってくれればそれでよし、ゴローに手紙が届いてももう葬式も済んで全部片付いているはず。もし発見しても放置したなら2週間後にゴローに手紙が届き、ゴローが伊佐川に辿りつき真相をつきつけてくれるはず…というものだった。世間に公表するかはゴローの判断に託された形だが、クズっぷりを見せつけてきた伊佐川に配慮する必要もなく、ゴローは警察ではなくマスコミに情報を渡すと宣言。ここに来てようやく事態の深刻さと身の破滅を実感した伊佐川は泣き崩れ、後日ゲス議員としてマスコミに追われていた(事実を突きつけられた直後に当選はしていたので一応議員にはなっていた)。

ゴローを名指しで浅田が指名してきたのは整形前のキャバ嬢時代にゴローが客として浅田に接触しており、容姿に自身の無かった浅田を持ち上げながら盛り上がってくれてついでに名刺ももらっていたから。元ホステスの蘭子曰く、それでゴローの人の良さを見抜いていたのだろうとのこと。

1話以来の1回で綺麗に完結。ムロツヨシはヨシヒコ以降福田雄一脚本芸人の印象が強く、登場時も主演陣にチャカされた感じで出てきたものの、今回はふざけた役ではなく失脚する悪党役をしっかりやっていたのでなんだかんだ名役者だなと思った。この点は仏以前からわりかしそうではあったがいつでもどこでも佐藤二朗に磨きがかかりすぎて最早同じような役しか期待されなくなってしまった佐藤二朗との大きな違いかもしれない。

僕たちがやりました 5話

ヤング(桐山漣)と名乗るホームレスに襲われ、生尻を披露したトビオ(窪田正孝)だったが、かつて蓮子(永野芽郁)に無理やり襲い掛かろうとしたことを思い出して後悔してむせび泣き。その姿を見たヤングは思いとどまり、トビオは蓮子の元へ一直線に走りだす…が、蓮子は市橋(新田真剣佑)とトビオを探していたので、2人を目撃してしまったトビオはショックで逃亡。蓮子も追いかけたが追いつけなかった。

傷心のトビオは今宵(川栄李奈)と遭遇。そのまま抱き着いて家に転がり込むとそのままめくりめくの世界へ飛び込んで童貞を捧げてしまい、伊佐美(間宮祥太朗)が逃亡中なのをいいことに文字通りにヤリたい放題。そのまま今宵のヒモと化してしまったトビオ。最低だこの主人公

一方で市橋は求心力を失い、No.2だった有原(吉村界人)にとってかわられてしまい、変わらずに接してくれる蓮子に徐々に惹かれていく。恐ろしい形相だった初期とは打って変わってすっかり情けない顔つきになってしまったが、ついには蓮子もろとも有原と部下2名にさらわれてしまう。白昼堂々と…。そもそもなんだかんだ生活圏内を逃げ回ってても逃げきれてしまうくらいの複雑な地形(?)、白昼堂々とスタンガンアタックで女子高生を気絶させ運んでいき、車椅子をぶっ倒して怪我人を同じくさらっていっても誰にも目撃されないどんな治安だこの街

蓮子を襲おうとした有原一味だったが、市橋はNo.1を気取ってくる有原の腕をつかむと自分を刺すという捨て身の行動に出て自殺。予想外の行動にビビった有原一味は逃亡してしまい、市橋も口から流血して死んだかに思われたが助かり、本格的に蓮子に惹かれていく。

クズマル(葉山奨之)は伊佐美を呼び出し、金を奪うために下剤を盛るが、直後に外人詐欺師に睡眠薬を盛られ、残っていた伊佐美の金も全て奪われてしまい、これまでの悪事もバレてしまう。しかし被害者は自分だとクズっぷりを晒しまくるクズマルの姿に、伊佐美もブチ切れるがそこに一報が。

今宵とめくるめく日々を過ごしていたトビオは母の心配する留守電を聞いて賢者モードに突入し、帰宅を決意…したのかと思ったらひたすら1人ボーリング。終わってから金が無いから警察を呼べと暴れまわる。警察に自首する勇気が無いからってまわりくどすぎ…。

しかしそこに釈放されたパイセン(今野浩喜)が駆けつける。真犯人を名乗る男が現れ、弁護士の西塚(板尾創路)が何らかの手をまわして真犯人をでっちあげ、担任の立花(水川あさみ)も西塚に指示されて嘘の目撃証言をした模様だが、トビオたちは自分たちが無罪だったと思い込んで歓喜するのだった。

ていうか既にパイセンが蹴とばした爆弾がプロパンガス付近に吹っ飛んだ映像は出てしまっているので、爆破やったのはトビオ一味で確定しているし、パイセンも知らないパイセンのバック(というか親?)が巨大な権力を用いてもみ消しを図ったという流れになってくるのかこれ…。

コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命- 5話

名取(有岡大貴)が現場で診断し、別の病院へ搬送させた患者が急変して救命に運ばれてきた。名取の診断ミスで、名取は動揺するも強がって言い訳を繰り返す。なんとか患者は助かったもののその患者はレスキューの人でレスキューしそこねて意識不明のままの若者を気にし続ける。その様子と言葉を聞いた名取は自らのミスを認めて謝罪する。

名取のやる気の無い態度が少しだけ改善されるのがメインの展開かと思いきや、予告ではちょろっと触れられていた冴島(比嘉愛未)が突如倒れるというのが大騒動に。なんとそのまま緋山(戸田恵梨香)の尽力でもどうにもできず流産。藤川(浅利陽介)がなんで冴島ばかり、好きなやつに死なれたり(前シーズン)、子供に死なれたり、あんまりだ!と言うほどにあんまりな衝撃展開に。

さすがに主演級5人のうちの1人である冴島に流産展開では全体のトーンも激重。今シーズンでポッと出の名取がウダウダしているのなどどうでもよくなるような勢いで、なんとか合間合間にほっこりするようなシーンも入れてきていたものの、藤川と冴島が供養に向かうラストシーンも気分が沈むばかり。

緋山の丸山智己への突如の恋心展開は冒頭では友人の話として相談を受けた白石(新垣結衣)が不倫!?と叫んで不倫ダメを叫ぶギャグ展開とされたが、丸山智己は今回の負傷によりあっさり離婚。さすがに『コード・ブルー』でゲス不倫なんてやるほどフジテレビも落ちぶれていなかったのには安心突如コロッと恋に落ちてしまうくらいしか見せ場を与えられない緋山の立ち位置がどうもなぁ…。

藍沢(山下智久)はやや影が薄めだったがラストでは緊急手術したピアノ少女の手に麻痺が残った事が発覚するという救いの無さすぎる展開でただでさえ冴島流産で暗かったストーリーがさらにダークに…。

あと前回で冴島にアドバイスされて少し考えを改めた様子の雪村(馬場ふみか)だったが、考えを少し改めた事でこれまで虚勢を張っていた糸が切れたのかなんなのか、冴島が倒れた様子を見ると異様に動揺して半泣きで震えおののくという過剰な反応を示していたのは何だったんだろうか。

DEEN池森バイキングに出演

DEENボーカル池森秀一が昼の番組「バイキング」(「笑っていいとも!」の後枠のやつ)に出演。なんかVTR出演で「人生を変えた名曲」を語るというコーナーがあったらしく、そこに単独で呼ばれたらしい。

冒頭のDEEN紹介では

・このまま君だけを奪い去りたい(99年横浜アリーナ)
・瞳そらさないで(08年初日本武道館、キー2下げ)
以下ナレーションに被せて
・翼を広げて(99年横浜アリーナ)
・少年(02年和音ツアー、『和音』でのリメイクバージョン)

と紹介。何故「瞳そらさないで」だけキー下げ音源を使ったのか謎だが、それよりもフジテレビなのにDBGT主題歌の「ひとりじゃない」を使わずに何故か最後が「少年」。ほとんどライブでやらず、たまにやってもアコースティックコーナー送りとかなのでほとんどライブ映像が無く、原曲でのライブ映像は1つもない「少年」を“数々のヒット曲”の煽りと共に流すとかなんか凄い。

ニューアルバムに2度目のリメイクバージョンが入っているから気を利かせてくれたのだろうか(『PARADE』のジャケットを映して紹介した際に「少年」のニューバージョン収録とか説明書きつけてくれてたし)。ファン人気は非常に高いものの、両A面の2曲目だし、当時ブーム終了後の落ち目期であり、世間には記憶されていない気がしてならないが…。

池森さんが紹介した「人生を変えた名曲」は安全地帯の「悲しみにさよなら」。歌手を目指すきっかけになった曲だという。デビュー前ブラックミュージック一直線という情報が先行しているけど、そういえば安全地帯とか音楽の原点だとかどこかで語っていたような…。

その後歌手を目指してブラックミュージックのシンガーとしてバンドをやっていたという紹介と共に池森さん以外全員黒人というバンドメンバーの当時の写真も登場。これは初めて見た。その後の試しでいいから歌ってくれと「このまま~」に繋がるのはTV出てヒストリーな話になったらもう毎回語っているような話。

ミニコーナーだし1曲他人の曲紹介して終わりなのかと思ったら「このまま~」「瞳~」の2曲を続けて紹介。「このまま~」は試しで歌ったらデビューする事になっていきなり大ヒットして実感が無かったといういつもの話だったが、「瞳~」に関しては初ライブとなった学園祭ライブで1曲目に披露して歓声を浴びた際にプロとしての自覚が本格的に目覚めた(それまで一切TVもライブもしていなかったため初めて直にリスナーの反応に触れたのがこの瞬間だったためと思われるがその説明はたぶん池森さん喋ったんだろうけど端折られた)という形で語られた。意外と語られることが無く、15周年頃からたまにTVに出ても一切披露されてこなくて、あまり曲についてコメントされたことの無かった「瞳そらさないで」に関して何かしらのエピソードが語られたのは初めて聞いたかも。

さらにニューアルバムの宣伝(ただし曲はかからずジャケットのみ)、25周年イヤーとかソニーが勝手に造語で売り出してるけど「来年25周年」としっかり宣伝してコーナーは終了した。

15周年、20周年でもメディア出演はやや増えたが、来年は更なるTV出演も期待できるかも?

雑記

ごめん、愛してる 5話

アメリカに行っている事になっているのでそう簡単に帰れない凛華(吉岡里帆)は律(長瀬智也)、若菜(池脇千鶴)と息子と暮らし始めるが、若菜を襲っていたヤクザがここらを仕切っているヤクザで出店を禁じて脅しをかけてきたため若菜失職。というか7歳程度の知能であんな路上販売だけで生活費稼げていたとは思えないんだけど…。むしろ行政の支援とか受けられるんじゃないのか。

働きたいと主張する若菜。そして凛華があっさりサトル(坂口健太郎)に発見され、アメリカに行ってない事がバレてしまったので若菜を家政婦として雇う事に。怪しむ麗子(大竹しのぶ)。そりゃこの何か月かで続々と得体のしれないのを連続で雇わせてほしいとか言われたら困惑するわな…。

若菜の脳の障害の事を律が誰にも説明しないのでみんな少し幼い感じのおかしい子、教育を受けてないおバカな子としか思ってない感じなんだけど大丈夫なのこれ。隠す方針なの?

さらに指輪が無くなったと麗子が騒ぎ、若菜を勝手に疑ったことから律はブチ切れる。サトルが指輪を別の場所で発見(麗子のピアノ部屋に落ちてたという失態)、双方の間に立ってフォローに走り、なんとか事態は収まった。またサトルは塔子(大西礼芳)との結婚を決め、パーティーを開くことにするという焦りっぷりで、麗子にピアノ演奏を依頼。しかし麗子はケガによる引退から無事な方の片手での演奏も満足できない状態で苛立っていた。また昔は貧乏で疑われる事もあったのに同じことをこの年で他人にしてしまったと律に珍しくきちんと謝罪。唯一の生きがいだったピアノを失い、代わって生きがいだったサトルまで離れていく…と何故か律にだけ苦悩を語り始め、律はあんたのピアノは子守唄のようだ、ただピアノを弾いてやればいい(技術的な話じゃない)とアドバイスした事で解決。

少しは関係が良くなったと思いきや、その後サトルと塔子が婚前旅行に旅立ってしまうとフラフラになり、倒れそうなところを受け止めてくれた律に「触らないで!」と1話の繰り返し。面倒なおばさんだ…。

傷心の律は凛華に抱きしめてもらっていたが、薬を忘れて帰ってきたサトルが目撃してしまい呆然。女として見るなんて無理とまで言い放ったサトル坊ちゃま、遊ばれてるのに塔子塔子言い続け、焦ってスピード婚約にまで持ち込んだサトル坊ちゃま、何故そこでフリーズする…。ていうか人ん家の軒先で抱き合ってる2人が悪いんだけど。

また1人律の正体を疑っていた三田(中村梅雀)は若菜の発言からリュウという偽名を使っていた疑惑の男の本名が律だったのを知り、出身の孤児院にまで出向いて完全に正体を確信。しかし逆に自身の罪深さに打ちのめされてこれまでのように強気に出られなくなってしまう。そんな中、業を煮やした加賀美(六角精児)はついに隠し子疑惑の記事をスクープして次回へ続く。

そういえば前回鼻血まで出て一気に症状が加速したのに今週は症状全く出ず。ていうか出まくったら運転手なんて危険すぎてやってる場合じゃないんだよな…。