ドラゴンボール超 116話

ブルー界王拳でもケフラに一撃で倒された悟空は身勝手の極意を再発動。自信満々なケフラは超2までパワーを伸ばし、奮戦。ベジータは身勝手の極意とはかつてウィスが修行の際に頭で考えるのではなく無意識に勝手に体が反応するレベルに到達するのが難しいという話をしていた事を思い出し、悟空がその域に達したと推測。

悟空はすべての攻撃を軽々交わし、気合だけでケフラを吹き飛ばすが、ケフラ曰く攻撃はたいしたことないそうで、むしろケフラの方が自信高め始める始末。自分の攻撃が全く当たらない事を失念していらっしゃるのだろうか。更なる悟空の追撃も全く反応できずに手も足も出なかったがこれもやはりそこまでダメージを受けなかったため、すべての力を開放するとかなんとかでレーザービームみたいな攻撃を開始。

これは悟空もギリギリの回避。身勝手の極意とは無意識で反応することなので回避には有効だが、攻撃はどうしても意識が入ってしまうため使いこなすに至らず、そのため攻撃の威力が低いというウィスの解説も入り、前回発動時は全く不明だった身勝手の極意の内容が明かされた。このため悟空は身勝手の極意を利用してケフラの攻撃を自動回避しながらかめはめ波を準備するのに専念して一切の攻撃をギリギリまでせず、最後の一撃を回避したと同時にゼロ距離でぶっぱなしてケフラを吹き飛ばす事に成功。ケフラはポタラが破壊されて場外へ吹っ飛び、敗北。

これにて第6宇宙はナメック星人2人だけに。破壊神の鼓舞に「必ずや我々が第7宇宙を!」と意気込むナメック2人。本気出してない悟飯ピッコロ相手に速攻腕もがれて再生してハアハア疲れてたような実力で7人残ってる第7にこだわってる時点で負け確定じゃないか。もうここは生き残り狙いで戦況を見極めながら立ち回るところだろ…。

悟空は再び使い果たしてヘロヘロ。悟空に反応してジレンが目覚めていたが、いつの間にかベジータと戦っていたトッポともう1人もジレンの元に集合しており、悟空とケフラの広範囲に及ぶ瓦礫散布被害により戦いが寸断されてそのままベジータVSトッポは中止になった模様。

予告終了後にはブルマ役の鶴ひろみが急死した追悼コメントが流れた。速報が「アンパンマン」の日テレだったのでドキンちゃんの声優が亡くなったという扱いでアンパンマン自体、メロンパンナが登場した頃にはもう見なくなっていたくらい幼稚園の頃のわずかな記憶しかなく(なんかアンパンマンが1番最初で続いてドラえもんにスライドしていってアンパンマンは見なくなる、やがてドラゴンボールとか少年ジャンプ系アニメっていう流れが子供の頃は自然だった記憶がある)、ドキンちゃんとブルマが同じ人なんて意識してなかったので最初ピンと来なかった。そういやバイキンマンとフリーザも同じ人だったんだな。

ブルマは前シリーズの未来トランクス編では最終戦場に駆けつけて連続出演し、その後ブラの出産など出番があったが、大会開始以降は出番が無かったのでここ何ヶ月かは出ていないし、恐らくこの先もまだ出番が無いので収録もかなり前だったはず。最後は大会に送り出すための「みんな頼んだわよ」みたいな台詞だったと思うけど、勝って帰ってきてももうこの声じゃないんだなと思うと寂しい。

ドラゴンボール超 115話

ポタラの使用は案の定、全王が面白いのでOKとなるザルルール改変でお咎めなしに。各宇宙は使う必要が無いと判断し、使おうとした宇宙も失敗に終わり、第7宇宙も負けた場合2人分枠を失うことを理由に止めたので誰も使わないという雑な処理に。事前持ち込みではなくポタラ投げ入りもありらしい。

ゴッドでボコられた悟空はブルー、さらに界王拳という現状使えるMAXパワーで勝負。体力が回復してないと散々連呼していたため、体力が無い現状ではかなり無理しているとかなんとかやたら補足説明入れていたがどっちみちもうムチャクチャだ。1度は攻撃を決めるも次の反撃で瞬殺された悟空は再び身勝手の極意を発動して次回へ続く。

こんな短期間で二番煎じ展開を堂々ぶちかましてくるとは思わなかった。どうせこれで無双してケフラを倒すか、最悪また倒さずに双方体力ゼロで戦闘終了、お互い頑張ろうぜ的に解散…というジレン戦闘後の状態に戻るだけというパターンで終わりそう。

一方他の面々はいつの間にか18号が足を負傷、悟飯ピッコロは第6のナメック星人2人とのんびり戦闘(悟飯がノーマルで戦ってるレベル)、ベジータはブルーでトッポに苦戦しているが何故か悟空とケフラを気にしすぎて本腰が入らない状態(なので本気じゃない)というのらりくらり状態で停滞。完全に話数調整か時間稼ぎになってて話が進まない…。

ドラゴンボール超 114話

ブロリー化したケールだがカリフラの言葉で正気に返り、2人で共闘。フリーザの参戦を断って単身勝負に挑む悟空はゴッドに変身すると2人相手でも形勢逆転となり、特にパワーの弱いカリフラを戦闘不能に追い込む。2人にトドメのかめはめ波というところで2人は事前に授けられていたポタラで合体しケフラと化し、悟空をフルボッコに…。

いやこれはダメだろ!!

ナンダコレ。先週もナンダコレだったけど、ブルーでブロリーに手も足も出なかったのにゴッドで余裕になっちゃうのもナンダコレだけど。アイテムの類は禁止事項という認識じゃなかったのかこの大会。ポタラを授けた際の回想で思いっきり「アイテム」と口にしているし。

正確には術以外の武器の使用を禁止となっていて、亀仙人が魔封波の際に使用した小瓶も禁止ではないかといわれるも全王が面白いからOKとなった。しかし悟空たちは道具禁止を仙豆禁止と解釈して仙豆を持ち込まなかったのだからやはりポタラがOKなのは謎だ。ちゃんと確認取らなかったのが悪いだけで仙豆もOKになっていたのでは。そしてポタラも面白ければOKとなるなら、もう勝てないと踏んだ他の宇宙勢にしても合体祭りになるのでは…。

しかしこんなところで合体やられらたら、視聴者は当然ベジットを再度期待するわけで…。

ドラゴンボール超 113話

ヘロヘロの悟空の元にやってきて超2になり勝負しろと言い出すカリフラ。悟空を倒して超3になるとかのたまっているが悟空は体力が回復していないのでノーマルで戦うという。キャベに生き残るように第6宇宙を託されたとも思えない行動…。

ノーマルVS超2でも経験の差で補って善戦してしまう悟空。カリフラも徐々に対応していき、悟空も超2へと変身して互角に戦うというもう体力がどうなっているのか、超サイヤ人のパワーアップとは何なのか全く整合性の取れていない謎展開となり、さらにはケールまで参戦させる悟空、とムチャクチャ。最終的に久々の超3を見せた悟空だがまだ維持できる体力じゃないとして見せるだけで超2に戻ってしまった。ケールは再びブロリー化して次回へ続く!

今回マジワケ分からなかった…。

この大会、最後の1人になるか、時間切れで残った人数が多ければその宇宙の勝ちになるので、ジレン倒せなくても第11宇宙はもう3人しかいないので、現状7人も残っている第7宇宙(悟空)を1人でも倒しておいたほうが得策。第6はナメック星人2人も生き残っているので4人いるわけで、ヘロヘロな悟空を狙って減らしておくというのはまっとうな判断で、シャンパも珍しくそれを見越して命令していた。

しかしカリフラは超3のなり方を教えろ!と悟空に勝負を挑み、悟空を倒してケールと一緒に超3になる!と悟空の体力が戻ってない事を聞きながら挑んでくる。最終的に超3は維持できないレベルまで回復した悟空も意味不明だが、当初超2VSノーマルという圧倒的格差で、最悪一撃でペチッと終わっていたかもしれないような状況だっただけに今の悟空に挑んでくるカリフラさんマジ何がしたいの?っていう。

ドラゴンボール超 112話

体力回復中の悟空を第3宇宙の機械戦士3名が襲撃。別の宇宙のナメック星人2人と対戦している悟飯&ピッコロだったがピッコロが悟飯を救援に向かわせようとするも悟飯は父さんなら大丈夫と言い放つ程度の状況でしかないようで、実際3人がかりでヘロヘロの悟空に何の決定打も与えられない始末。初期から瞬殺される描写しか無かったけどこの第3は全員このレベルなのか…?

キャベはカリフラ・ケールに勝負を挑んできた戦士に割って入って2人を逃がして単身挑む。先週のヒットもそうだったけど第6宇宙は共闘して生き延びるという可能性を考慮しない人たちなんだろうか…。案の定全く歯が立たずベジータに救出され、改めてサイヤ人の誇り、そしてベジータが優勝したら超DBで第6宇宙を蘇らせるという考えを聞いて再度勝負へ挑み、超サイヤ人2へ覚醒して敵を撃破。

ないがしろにされがちな超サイヤ人2だが、変身した途端に一気に逆転する圧倒的強さを見せつけたのって初覚醒のセル編の悟飯以来じゃないか。しかし間髪を入れずに襲い掛かってきたフリーザには全く歯が立たず、超2になってもゴールデン化で瞬殺されてしまい脱落。

ベジータは無謀にもジレンに挑もうとしたところでトッポを相手にする事に。そして未だにヘロヘロの悟空を仕留めきれない第3宇宙機械戦士3名をカリフラがぶっ飛ばし、キャベが逃がしてくれたおかげで体力が戻ったから自分と戦えと超サイヤ人2化して悟空に宣言。だから悟空は回復しきってないんだってば。ナレーションでもフリーザではなく悟空に挑んだ!とか言われてたけど、キャベを倒したフリーザに挑むんじゃないのかよ。ブロリーの力使えば十分善戦できるだろ…。第6宇宙の人たちの思考回路は謎が多い