音楽と契約した男 瀬尾一三

2020年2月10日発売

公式サイト

掲示板の方で話題に上がって発売されていたのを知ったこの本。瀬尾一三の歴史を本人コメントを元に誕生から現在までを時系列にまとめ、さらに吉田拓郎/中島みゆき/中村 中による寄稿文、萩田光雄/松任谷正隆/山下達郎/亀田誠治それぞれとの対談、そして最後に作品リストがずらっと掲載されている。

一応著者は瀬尾一三名義にはなっているが、瀬尾一三のインタビュー証言を軸にして本文をまとめているのはライターの人という体裁。

瀬尾一三のキャリア、特に初期に関してはあまり知られていないというかいつどうやって出てきた人なのかイマイチ判然としていない部分が多く、簡単に1969年に「愚」としてデビューしたのと、1973年ソロシンガーとしてアルバム『獏』を出したのは作品として残されているのでまあ確実に経歴になれば記載されてはいるがその経緯は良く分からなかった。

実際wikiにはアルファレコードに入社して2年で退社してソロデビューしたが売れなかったのでプロデューサーへ転身したみたいな書き方がされていたが、実際にはソロのミュージシャンとしてやっていくつもりは無くて退社時点でアレンジャー志向であり、アレンジャーとしての自身のプロモーション用に作曲兼アレンジのデモとして作っていたものがあのアルバムだったと明言されていて早速話が違う

デビュー前後の経緯の話から実に興味深いがその後手掛けていってキャリアを重ねていく様子も時系列にしっかり語られていて淡々としながらもようやく瀬尾一三の辿ってきた道筋が見えたというか。特に全くリアルタイムではないだけに前半だけでも面白かった。

そして個人的に核心に迫っていったのはやはり中島みゆきとの出会いとそれ以降。単純に編曲クレジットだけ見ても中島みゆきを手掛けるようになると同時にずっと手掛けていたチャゲ&飛鳥を離れ、徳永英明、長渕剛を並行していた時代もやがて終わり、90年代半ば頃からはほぼ中島みゆき専任のような状態になっていったのは分かっていったが、これまで明かされていなかった何故中島みゆきが瀬尾一三を突如起用したのか中島みゆきの短い寄稿文によって恐らく初めてその理由が語られ、そして瀬尾一三からの中島みゆきの最初の印象、やがて事実上専属になっていった理由、途中から海外レコーディングへ傾いていった理由、そして2014年の『問題集』から国内レコーディングに戻った理由も語られている。

またかなり衝撃的な中島みゆきの普段のアルバムの制作スタイルも明かされていて、この話はその後の対談でもほぼ毎回してその制作スタイルに対談相手が驚くというやり取りが繰り返されるので多少何度も重複する話にはなるが、いやこれビックリ。あの松任谷正隆がただ一言「すげえ」という反応を見せるほど

同時に瀬尾さんは対談の中でいつまでやれるかについても言及していて、それは中島みゆきにも直結してくる事になりそうだ。もしかしてコアな中島みゆきファンだとどのように瀬尾さんと作っているのかどこかに情報が出ていて知っているのかもしれないけど、対談相手が揃って驚いているので周知の話ではないと思われる。そんなわけで中島みゆきファンであるなら割と必読書かもしれない。

全部聞いたとはいえ中島みゆきのコアなファンではないし、瀬尾さんのコンピ盤も3作買ったとはいえ瀬尾さんのファンというわけでも無かったが、1人のプロデューサーの人生をまとめた本としてかなり面白かった。

個人的には瀬尾さんのアレンジは時に重厚すぎると感じることも多かったりはするんだけど、それでもなんていうか常に生の迫力というか躍動感を感じる理由はこういうやり方とこだわりを持っていればなるほどと納得できるところもであった。最近の電子音多用(=ライブでの同期多用)の傾向に味気無さを感じるところもあるので、瀬尾さんの志を受け継いでいく人材って改めて必要なんじゃないかなとも思った。

音楽と契約した男 瀬尾一三
ヤマハミュージックメディア (2020-02-10)
雑記

18周年

15周年を最後に16,17周年は特に周年記事は書いていないんだけど、さすがに毎年同じような振り返り記事にしかならないわけでよくまあ15回も毎年同じような事書いてたなと改めて思う今日この頃。

そもそもサイト/ブログの周年なんてありがとうございます!って感じでもないじゃないっすか正直。サイト/ブログなんてそれこそ勝手に続けているもんなわけで、もちろん見てくれてありがとうってのはあるけど、大勢見てもらえるから続くっていうわけではないわけで。

かといって自分頑張った!とか褒めるもんでもないじゃないっすか正直。仕事なら自分頑張ったと少しは褒めてあげるのが効果的なことなんだろうけど、趣味で好きでやってんのに頑張った!とかなんとかいうのもねぇ…。

とはいえ読者皆様にとってもどこかのタイミングが当サイトに来るようになって○周年なタイミングはあるわけで、ひとまずこの18周年記事を通して最初に来たのはいつだったか…などとちょっと振り返ってみるきっかけにでもなれば。

雑記

「それぞれの勝手に年間ランキング2019」公開

今年から新しくなったこの企画、投稿を公開した。

予想としては平成回顧の募集企画くらい(30通程度)だと思っていたので正直「集計します」とは言ったものの集計できないだろうなというのは分かっていて実際その通りになって集計してもほとんど意味がなさそうだったので集計は見送る事になった。

更新の都合上、例年駆け込み票が入る時間帯で集計中止を発表したので駆け込み投稿も皆無だったが(ただしTwitterで一切宣伝しなかったため0時越えての投稿は多かった)、やはりランキングという言葉は今でも人々を熱くする要素の1つではあったらしい。

2007年に投票企画を始めた際は票数の割にはとても活気があって票数が少なくてもある程度集中するところに集中したのでそこそこランキングっぽくなったんだけど、現代では好みがバラバラになっていてもうランキングにならない

また平成回顧時にも触れたように2015年前後をピークに現在の当サイトのアクセス数も最盛期の半分程度まで落ちているのでもう票数が伸びる事も無いだろう。一昔で言うサブカル系だとかフェス文化の中心にいるようなJ-POPとJ-ROCKが何か別ジャンルみたいに扱われていてJ-ROCK側に属しているような音楽ファンのブログや盛り上がりは続いているようで、まるでプロライターのような優れた構成力で音楽シーンの未来や流行の最先端を分析したような文章やチャットモンチーのベストに載ってたみたいな自分語り系(「音楽文」というロキノン系の投稿ブログの影響だと思う)は昔よりも多く見かけるが、そうではない00年前後のテキストサイト時代から細々続いてきたJ-POPの音源レビュー中心の音楽レビューサイト/ブログには明らかに新たな若い世代が現れなくなってきている。雑な言い方をすればなんかもうここ何年も生き残りの老舗だけがいるみたいな感じ。読者層もそんなに入れ替わっている様子が無いし、流行に疎いのは昔からだが筆者の加齢と共にやはりますます若者向けでも無くなってきているので、みんながそのまま加齢していくだけであれば若い時ほどは熱心に聞かなくなっていく人も増えてくるのでアクセスも投稿も減るのは必然といえる。

ていうか一昔前に比べて本当にレビューサイト/ブログ文化は変わったというか廃れたのを感じる。「アーティスト名 作品名」で検索したら以前はもっと個人の人が書いたレビューとかけっこう引っかかったのに今は販売サイトとか情報サイトばかりが検索上位に並ぶし、「アーティスト名 作品名 レビュー」で検索しても何かほとんど出てこない。けっこう昨年のジオシティーズ完全消滅とかも響いているのだろうか。ジオシティーズには00年代前半のレビューサイトやファンサイトがけっこうあったし。

元々当サイトはなるべくアクセス数を増やしたくなかったというひねくれた方針で隠れ家のようにやってきたので、なんなら途中から検索に引っかかりやすいレビューという言葉を使わずに「感想」と言い張って検索逆対策をしていたほどである。アクセス数が半減して最近は厄介な人の特攻を受けることも無くなったので半減自体に焦りとかは無いんだけど…でも当サイトだけじゃなくて近いスタイルのリスナーが減ってるなぁ…という感じはここ1,2年くらいで一気に感じ始めた。減ったなぁ…どころかいなくなったなぁレベルの寂しさは感じている。なので20通でも30通でも投稿が届いたのは単純にまだ近いスタイルのリスナーがいる事が分かって嬉しくもある。同じように感じる人はいるだろうか。

そんなわけでのんびりとしたそれぞれの勝手に年間ランキングを公開しあおうというゆるっとした企画となったわけだけど、個々のランキングはこれまでの集計ランキングとは違う個人個人の嗜好が見えるので、これをざっと並べるだけでもそれぞれの思いが見えてきてなかなか面白くはなったと思う。やはりチャートから当サイトに入った人も未だ多いのでチャート的な盛り上がりに比べれば結果を予想する楽しみとかそういう盛り上がりは無いんだけど、こういうのも良くないだろうか?年々減り続けて最後の1人になるまでは続けていきたいなと思う。

新・初詣アゲイン2020

年末年始の空気感が急速に薄れていき日常の気配が漂い始めた新年のよく晴れた日、大宮にある氷川神社へ初詣(アゲイン)のため、今年もまたこの地に降り立った。

再び始まる2キロの道程(実際はここまでもこれ以上歩いてきているのでもっと長い)。とはいえこの道中は変わらぬ道程だろうと思っていたら、この1年の間で一部が大きく変わっていた。昨年も紹介し、今年もご覧の通り始まり部分は車道にもなっていてこのまま神社まで一直線だったのだが、この先にある信号からしばらくの区間が完全に歩行者限定道路にされてしまい、車は強制迂回となっていた。ついに参道の一部が車道ではなくなってしまっていた。なんか今年は左右の路地を徘徊している車が少し多いなぁとは思ったんだけど、通れなくなったのを知らずに強制的に路地に入り込んで迷走している車が今もいたのかもしれない。

さらに神社のかなり近くにあった昭和のかほり漂うただのオンボロ大宮図書館が区役所とセットで最新鋭の建物に移転完了。この歩行者限定区間内のすぐ真横にこれが令和の時代の図書館&区役所だと言わんばかりの近未来感溢れる内装で佇んでいた。

学生が終ってから毎年払っているあれやこれやの税金がこんな風に市民に還元されているわけである。中も見てきたが別に公共の施設がここまで近未来全開である必要は無いのではないか、とは正直思わなくもない。とりあえず区役所ばかりどんどん最新鋭になっていくので生まれる前から変わらぬ佇まいの市役所がそろそろ1番ボロいのではないか状態になってきたな…。

そんなわけで少々の時代の変化とサプライズがありつつ、いつもの屋台ゾーンへ突入。時代が反映される屋台ゾーンだが、ついにステーキ系の屋台が消失状態となった。「い○なりステーキ」がいきなり伸ばしまくっていた頃は屋台でもステーキ屋が多かったが、いきなり失速しまくってついに社長の御乱心メッセージが掲示されたり、あえなく閉店ラッシュとなっている世相が見事に反映されているようだ。代わって今までは無かったものとしては「肉巻き」系の店が少し増えたような…。

昨年紹介しただんご屋は今年は行列が長いのでスルー。

昨年出現したと書いた謎のプロモーションスクリーンだが、昨年は普通に神社のお祓いとかのプロモーション映像を流していた。しかし今年はいきなり高橋英樹と真麻の顔がなんか見える。よく見たら思いっきりAmazonプライムのCM(今普通にTVで流れてるやつ)だった。しばしAmazonプライムのCMが流れた後は地元の建設会社のCMが流れ始め、本当にコマーシャル映像スクリーンになってしまっていた。さすがに神社の敷地内に入ってAmazonプライムの宣伝大スクリーンで垂れ流しっていうのは…雰囲気がさぁ…。

たぶん今後ほとんど毎年同じ写真じゃねーか突っ込みが入るであろう中で毎年変わるのがこれ。ネズミっていうのはあまりリアリティがありすぎると割と多くの人がドラえもん状態になってしまうと思うのでイラスト化のさじ加減が難しいと思うんだけどこれはけっこうギリギリまで攻めていると思う。

ネズミに対する反応の参考画像

そしてお祈り後、今年は先日の小吉が良かったからスルーでいいやと思っていたのだが…。おみくじバトラーとしての性なのか、何かに導かれるようにおみくじBOXへ引き寄せられていき…。

というわけで吉。昨年も書いたように「大吉・吉・吉平・平吉・小吉・末吉・平・凶向吉・凶末吉・初凶末吉・吉凶未分・吉凶相交・凶」の13種があるといわれているらしいので、吉でも上から2番目

大逆転の年とかもあるけど、今年に関しては支店でのお告げと概ね近い傾向で、ちょっと悪くても良くなってくるよ(超訳)的なので見解が一致しているらしい。これは地味に嬉しい。

しかし気になるのは「一度は住まいを去るほどの事があるが」の一文。これは穏やかではない。なんなんだこれは。え?何?部屋爆発すんの?「すぐに治まるべし」なので、家や部屋が爆発して要改修になり改修完了でカムバックというより、もっと単純に家出する予言でもされているのか…?

そして相変わらず言葉少ないながら頼もしい断言の数々。ほぼすべての項目がOKな中でここでも1つだけ「失物」が…。

「現るがおそし。水の中にあるべし」ってこれ水没ENDだよな?水の中にあって見つかるけどもう遅いってこれ完全に電子機器水没をストレートに予言されちゃってるよこれ。

今年は家爆発スマホやウォークマン等の電子機器の水没に細心の注意を払いながら過ごしたい。 「新・初詣アゲイン2020」の続きを読む…

雑記

おみくじバトル2020

前回までのおみくじバトル

バトル化11周年、AAとか大量に出てきて無駄に引っ張ったり、この日だけどんどんテンションおかしくなったり、無駄に前後編やって引っ張ったり、どんどん趣向が派手になっていってからちょうど10周年。近年はトーンダウンしながら迷走を重ね続け、何とか2010年代を全て乗り切った。2020年代に突入した今、この謎の恒例行事の行く末はいかに…

というわけで迎えた2020年。2010年代の正月休みの一部をおみくじバトルの構想と構成に費やして早10年。正月特有の新鮮感というか新しい1年が始まった感じというのは大人になると失われていくものであり、さすがにここまで来ると新年の新鮮さにおいてかつてのような特別感は無くなってくる。正直このシリーズは正月特有の特別感に乗っかって勢いで構想していたところがあるので、そこが薄れてくると地味にしんどい。例えば最早動画を作ってドッカンやるような気力はもう無い。なんかそれよりさ、アルバム1枚聞こうよ、という冷静な自らがそこにいる。抗うのか、これが年月だと受け入れるのか、誰もがいずれ通る道、いやこんなおみくじバトルを毎年どうするかという道は未だかつて誰も通っていないので、最初から道のないところに勝手に突っ込んでいって勝手に迷走しているだけなのかもしれないが。いやしれないというか実際そうだな、そうなんだろう。ならば進むも戻るも自由。戻るべきは常に初心にして原点か。シンプルにおみくじを引き、その結果をお伝えする。とはいえこれもまた難しいところで単純な話、残念な内容の方が突っ込みが入れやすくて盛り上がるというジレンマが存在する。途中から薄々気づいていたが、最凶降臨でド派手な動画まで行った事を考えても歴史が証明している。結局悪かったら悪かったでおみくじバトルの構成的にはおいしいのである。そして時々大吉バーンが出てくればそっちも際立つ。ただいちおみくじバトラーとしてはやはり常に勝ち(大吉)を取りに行きたい。それは良く見たらお告げがダメなエセ大吉ではなく、お告げもパーフェクトな真の大吉を。ポルノグラフィティの新藤晴一氏も若き日に某ヒット曲で歌っていた。「どうにか勝ち越してみたい 密かに全勝狙い」、と…。そう、本来この辺りで1ブロック空けて定番のAAが入ってツッコミを入れるところだが入ってこない。先を見ても無さげである。既に読者の大半が今年マジで文字ビッシリなだけじゃねーか、しかもほとんど面白くないじゃないかと思ってとうに読み飛ばして下の画像で結果だけ見てページを閉じた時分だと思うが今年は延々と文字で埋め尽くしていく所存である。なんならしれっと先に結果が小吉だったという文章をこんなところに混ぜ込んでおいたらどうだろうか。下の画像より先に気づかれるのだろうか?下の画像に飛ばずに先にここまで読み進めた貴方だけへの先行配信サービスだ。君こそが本当のBD界隈と言えるだろう。いい加減BD界隈を範囲拡大して違う人を界隈でした扱いするのとかも止めてほしい。さて毎年変わらないいつもの神社。近年は2日ではなく元旦決戦である事が多いが今年はガランガランするのに10人くらい並んでいるという過去最高の込み具合であった。タイミング的にはいつかのHEITEN GARAGARA寸前くらいの時間であったはずだが流行っているのだろうか?そういえばそもそもガランガランが綺麗に4つも並んでいるがそんなにあったか?4つもあったか?1つではなかったとは思うが2つか多くても3つで、4つも無かったような気がするがガランガランが増殖しているのか。これが令和か。令和なのか。願いは最早10年同じ。健康第一商売繁盛、要するに今年も生き抜けますようにという事だ。それ以上何か必要だろうか。シンプルにお願いする。そして恒例のおみくじBOXだ。なんか年々100円を入れる箱が簡素化している気がする。なんかもう小さな缶がチョコンと置いてあるだけ。おみくじバトラーが大量に押し寄せたらあっという間に缶がいっぱいになってしまいそうだが、おみくじバトラーが減少しているのか、頻繁に缶を取り換えているのか…。まあいい。行こう。今年を託すのはお・ま・え・だっ!…だ、だっ!(手が滑って取り直した)

小吉だった。

実は既に先ほど小吉だったと明かしているのだが読み飛ばしていればそれに気づかずここで知り、律儀に読んだ人は知 っ て た という感じだと思う。正直ネタ的にはまたフツーなのが出たなと思った。ただよく見るとこれはここのおみくじでたまに出てくる黄金パターンの1つ、小吉の割にお告げが大吉じゃね?パターンが発動している。まず最初のお告げからしてなんか頼もしい。「今迄の悪い運も開けて栄える」である。逆に言えば今迄悪い運だったんですか…?という疑問も生じるが…そういうことを考えているからいい運が回ってこないで迷走するのだろう。素直に受け取れ素直に感じろ。

学問以外これほぼ大吉じゃないですか。来たよこれ。きてるよこれ。今年この1発でいいんじゃないの?総本山で上塗りするより、支店1発で完結でいいんじゃないのこれ?

「おみくじバトル2020」の続きを読む…

雑記