DEEN FC限定盤予約問題解決

年末にファンを騒然とさせたDEEN25周年ベストFC限定盤にしかオリジナルアルバムが付属しない衝撃ニュース。さらなる衝撃はお粗末な内容更新であり、主に不備が2つあった。

・公式サイトのトップニュースから詳細ページへのリンクが死んでいる
→サイト上の「News」から入れば見れる

・FCサイトからSony Music Shopへ飛ぶと出現するはずの「購入」ボタンが出現せず予約できない
→完全なリンクミス

ということで年明け1日早々にDEENスタッフが新年の挨拶だけTwitterに上げた際に、公式サイトのニュースリンクについては即座に修正をしたらしく解決したが、結局予約できない問題は正月3日続き、4日になって業務が再開されたところでリンクが修正され、「修正しました」と告知された

カウントダウンライブに参加し、興奮冷めやらぬ勢いというのはなかなか馬鹿にできるものではなく、その熱狂の余韻のうちにまず予約の初動がドカドカ動かせるはずが、3日も待たされて冷静になった後ではかなりの機会損失が生じたんじゃないかと思われる。

で、このFCだがいつの間にかスマートフォン用の月額会員システムが出来上がっているので324円で入って予約だけして退会すれば商品価格+324円でFC限定盤が入手可能。なのでスマートフォンでフリックフリックしていたんだけど、会員になった後にPCでスマートフォンサイトのリンクを踏んでみたら…

普通にPCで入れた

モバイル用のサイトはPCでは見れないようになっている事もよくあるが特にそのような対応はしていないらしく、スマートフォン用のファンサイトはPCで登録・閲覧・操作可能だった。

というわけでPCでスマートフォンFCサイトにアクセスし、そこから修正されたリンクをたどってSony Music Shopに飛んでそのままPCで予約を完了することができた。スマートフォンでフリックフリックしながら情報入力する手間が省けた。

ただ改めて考えると売り方は率直に酷いし、予約初動の段階で致命的ミスをぶちかますしで、ちょっとダメダメな感じが漂いすぎ。『DEENAGE MEMORY』の時は必聴盤!とお勧めしまくったけど、今回はとてもファンじゃない人には勧められない

雑記

おみくじバトル2018~10回記念原点回帰~

前回までのあらすじ

初期はただのおみくじ報告だったこのコーナー、2009年に何故か「おみくじバトル」と名称を変更し、2010年以降はエスカレートの一途を辿った。AAの乱発に始まり、趣向をこらし手段を尽くした毎年の展開は次第にマンネリの色を濃くしていった。そんな中で始まった総本山編、それは禁じ手だろ的なHEINETN GARAGARA編、そして読者渇望の最終パターン最凶降臨に始まる衝撃の動画劇…。エスカレートしすぎたおみくじバトルはついに行き場を失い、当初は大吉おめでとうございます、頑張ってくださいなどとわずかに届いていた読者の声も途絶えて久しい。そろそろ拡大路線は止めようと2017年は原点回帰を果たそうと試みた。しかし小吉→吉と続く何のネタにもならない結果となり、苦心の末に何とか乗り切ったがどこが原点回帰なのか、最早ただのパワーダウンだろあれは状態。気が付けば今年は「おみくじバトル」になって記念すべき10回目。このまま打ち切りになるのか。それとも真の原点回帰を果たせるのか。全ての答えは原点にある…!

 

 

 

 

 

 

 

 

「おみくじバトル2018~10回記念原点回帰~」の続きを読む…

雑記

紅白雑感…?

デコ大は乃木坂46だった。これで今から「イチオクエンサー」呼ばわりされるのかと思ったが、思った以上に世間は既にデコ大を見限っていたようでそんなに大した話題にもなってなさげだったので良かった。

そして紅白である。 「紅白雑感…?」の続きを読む…

雑記

始めよう2018年

平成最後のフル1年、2018年が始まりました。
取り急ぎ今年もよろしくお願いします。

去年まではこれを手動更新していましたが今年は自動投稿です。
正直30日の夜にはもうこの文章を書いて自動投稿ボタンを押してありました。これは非常に気持ちに余裕がありますね。

しかしよく考えずともトップページは相変わらず手動で更新しないと賀正モードにならないのではないか…という事に気づき、きっと今年も0時付近にアップロードボタンを手動で押していると思います。トップが変わったのを見るのが先か、ここが自動更新されるのが先か、果たしてどちらなのでしょうか。

紅白感想などはまたおいおい。

2018年もよろしくお願いします。

あと貴方が選ぶ2017音楽大賞の投票がかなり少なくなっているので1月8日まで何卒よろしくお願いします。

雑記

さようなら2017年

サイト的には15周年、ついにブログ導入など新機軸も打ち出した1年となったが変わらぬHTMLスタイルも堅持しながらの両立体制となった1年だった。これ何が便利って予約投稿機能とカスタマイズさえすれば装飾も楽であるという事。特に自動投稿機能が物凄い楽。ここぞというタイミングの時とか今までは手動だったわけですよ。もう明日の新年の挨拶とか予約しておけば寝ててもいいわけですよ(今更感)。

デコ大が恐れていた乃木坂46になってしまい、これでイチオクエンサー呼ばわりされてしまうのかとガックリ来たが、クールな齋藤飛鳥までちょいと涙し、しれっとちょいちょい映し出される公式ライバルAKB48が穏やかに祝福していたのでまあそれでもいいかという気分にはなった。

「風に吹かれても」は最後まで笑顔の平手を見ることはできなかった。発売当時の笑っていたわずかな時期のTV出演を見ていなかったのでTVで1度もこの曲で笑う平手を見ることはできなそうだ。QJとか読むとやっぱ過度な表現者病だと思うし、周囲がそれを盛り立てて許容するような姿勢がますます加速させるわでもう元に戻ることも改善されることも無さそう。そこはもうあきらめた方が良さそうだ。一部だけ切り取られてネットで叩かれていた今泉のインタビューの方が読んでみたらそりゃそうだよなと思えた。

山口百恵になんの思い入れも無いのでカバーもそんなに興味は無いんだけど三浦祐太朗は学年同じ(4月生まれなのでほぼ1年違っててあまり同い年感は無いけど)、埼玉のFM NACK5でレギュラー持ってるので若干の親しみは以前からあったりもする。百恵カバーで2017年特番でよく見かけ、たぶん七光り散々いわれはしたんだろうけど、『I’m home』の売上を見てみるとけっこう普通に売れてて、紅白歌手のあの三浦の大知さんのアルバムより1万枚くらい売れている。次に繋がるとはあまり思えないけど、草葉の陰から応援したい

そういやすっかり忘れていた!とDEENの3月10日の武道館のチケットを取ったらまあ一般発売1週間経過でも余裕で取れはしたんだけど随分と後ろの方だった。これは25周年なので回復しているのか、より幅を狭めて中央に客を集中的に寄せている最中なのか…。現在もチケット絶賛取り放題、転売とは無縁というかたぶん転売しようとしたら赤字投げ売りフルスロットル必至で転売問題とも無縁だと思うので興味のある方は是非(なんという勧め方だ)

個人的にも今年はまずまずの1年だったので、たぶん比較的音楽もフラットな状態で聞いていた1年だったとは思う。振れ幅があるとどうしても暗い方向で救いの曲に共鳴しやすくなったりするんだけど、今年はレミオロメンの「アカシア」や「アイランド」に深く浸るような時期は無かったと思うので良かったんじゃないかと。かといって「翼」や「もっと遠くへ」「スタンドバイミー」なんかで勢いづくような時期も無かった。それは単に今年あんまりレミオロメン聞かなかっただけじゃだからこそ『北極星』モードがしっくり来たわけだけど、立ち止まってもいられないので牛歩でも進むのみ。

というわけで来年もよろしくお願いします。

けっこうカラーが対照的だけどクリスマス明け~年内までで毎年1回は必ず聞きたい2曲。

雑記