本の感想

スポンサーリンク
本の感想

上杉 昇 全歌詞集 1991-2023

リットーミュージックより2023年12月20日全国発売。先駆けて8~12月にかけて開催されていたSPOILS #3ツアー&トーク会場にて先行販売されていた。 WANDS、他者への歌詞提供、al.ni.co、猫騙含めて自身が歌詞を手掛けた全楽...
本の感想

Essay 渡瀬マキ エッセイ

2022年2月22日発売。LINDBERGボーカル渡瀬マキによるタイトルそのままなエッセイ。2年前に入手していたのにすっかり感想載せるの忘 2019年10月24日、12月16日、2020年2月7日、22日、5月6日、2021年2月22日、1...
本の感想

空と風と時と 小田和正の世界

2023年11月22日発売。 著者は追分日出子。 著者が約20年にもおよぶ年月をかけて幼少期から現在までの76年の小田和正の音楽人生を本人インタビューを中心に取材した内容を2022~2023年に行われた最新のツアーのドキュメントまで時系列に...
本の感想

槇原敬之 歌の履歴書

21年10月25日発売。 2度目の逮捕からの復帰アルバム『宜候』に合わせて発売された。 著者は小貫信昭。2020年に『Mr.Children 道標の歌』の著者でもあり、小貫信昭の槇原本は2002年の『うたう槇原敬之』に続く2冊目となる。20...
本の感想

ZARD/坂井泉水~forever you~

2020年5月2日(Musing限定) 2020年7月8日(一般発売) 2019年10月に発売された『永遠 君と僕との間に』に続くZARDオフィシャルブック。今回は総勢25名の関係者インタビュー集として構成されている。 当初Musing限定...
本の感想

Mr.Children 道標の歌

2020年11月19日発売。 著者は小貫信昭。デビューから現在までの"軌跡を代表曲とともに紐解く“読む”ベストアルバム"とされている。
本の感想

音楽と契約した男 瀬尾一三

2020年2月10日発売 公式サイト。 掲示板の方で話題に上がって発売されていたのを知ったこの本。瀬尾一三の歴史を本人コメントを元に誕生から現在までを時系列にまとめ、さらに吉田拓郎/中島みゆき/中村 中による寄稿文、萩田光雄/松任谷正隆/山...
本の感想

永遠 君と僕との間に

ZARD坂井泉水が亡くなった際の追悼リリースの流れの中で2007年に発売された本が『きっと忘れない ZARD OFFICIAL BOOK』。この本の完成版と銘打った新たな本『永遠 ~君と僕との間に~』が発売されたので買ってみた。 30周年は...
本の感想

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿/名探偵コナン 犯人の犯沢さん

少し時期がズレるが、ほぼ同時期の金田一、コナンそれぞれの公式スピンオフが始まり(金田一はアプリ連載、コナンは派生雑誌連載)、11月、12月にそれぞれ第1巻が発売された。これがまあ見事に明暗が分かれたというかなんというか…。
スポンサーリンク