絶メシロード 1話

テレビ東京金曜深夜「ドラマ25」枠(昨年の『日本ボロ宿紀行』と同じ枠)。絶メシとは店主高齢や後継ぎがいないなどの理由でこのままでは間もなく絶滅しそうである老舗の飯屋を意味しており、群馬県高崎市の絶メシを紹介しているローカルサイト「絶メシリスト」を原案としていて、サイト作者が関与していている模様。ドラマ化にあたっては1泊2日の車中泊旅行を軸にして車中泊×絶メシで実在する個人経営の飲食店を巡っていく。

1話

普通の中年サラリーマン須田(濱津隆之)は妻(酒井若菜)と娘(西村瑠香)が揃ってアイドルグループの追っかけで週末遠征していて2人が留守の間の金曜夜帰宅後~土曜の夕方までの間に1泊2日で1人の時間を満喫する車中泊旅行をするのが楽しみ。今回出向いたのは山梨県の富士吉田、吉田のうどんで有名なこの地で食べログで高評価だった「たかちゃんうどん」に辿りついた須田はあまりにもローカルなプレハブな外見に驚くが…。

という感じでおじさんが1人旅満喫&旅先の絶メシ店舗で少し話を聞いて交流する、という内容で『日本ボロ宿紀行』同様に実在の店舗でそのまま撮影しつつも店主は役者の人が演じるというスタイル(ED映像では役者の人と恐らくそのモデルになったであろう実際の店の人との写真が出てきた)。

1人旅している濱津隆之の風貌は1人旅好きの旅人っぽくていいんだけど、普通のサラリーマン姿にはかなり無理があって、率直にあのヒゲ面でサラリーマンは無理がありすぎる。最大公約数に合わせてのリーマン設定なんだろうけど。

初回は番組の雰囲気を伝える感じだったので、妻も娘も写真のみ。また娘の方は最近売り出してる「青春高校3年C組」の生徒の1人(日テレの『俺のスカート、どこ行った?』にも生徒役で去年出てた)だが、レギュラーキャスト3人(濱津隆之と酒井若菜と2話から登場の車中泊仲間になる山本耕史の3人しかキャスト掲載されていない)には入れてもらえていたので今後出てきてもほとんど出番はないのか…?(一応本人は3話から登場すると告知している)

乃木坂シネマズ~STORY of 46~ 1話

2019年末にFOD限定配信の全10話、10人のメンバーが各主演で30分弱のオムニバスドラマ。FOD限定とされていたが年明け2020年1月21日からフジテレビ深夜枠で地上波放送も遅れてあっさり開始された。ただし地上波放送は30分枠のCMの都合上多少のカットがされているようで完全版はFOD配信とされている。

1話 鳥、貴族

斎藤飛鳥主演。FOD版が26分、地上波版が23分と表記されているので3分ほどカットされているらしい。鵜人と人間が共存する世界という特殊な世界観で、鵜人とは鼻筋から目元にかけて鳥っぽい装飾がある鳥人間で人間からの迫害が進んでいるという設定らしい。人間の斎藤飛鳥はデザイナーだったがスランプに陥っていて少し人の心が図れないところのある幼馴染、そして創作のヒントを与えてくれる存在となった鵜人が主な登場人物。タイトルが「鳥、貴族」なのは「鳥」以外に何の関係もないがたぶん飲み屋チェーンかよ!っていうギャグなんだと思う。

いつもより長いクリエイター系の個人PVみたいな内容に「サヨナラの意味」MVの設定を組み込んだような世界観をほとんど説明なしに雰囲気だけで見せつけるという非常にクリエイター色の強い内容で特に何の盛り上がりも無く唐突に物語は終了。斎藤飛鳥は創作意欲を刺激された割にはスランプ状態のままだし、幼馴染は鵜人を襲撃、鵜人仲間も駆けつけて3人揃って行方不明になって飛鳥が黄昏ているだけで終わってしまう始末。しかも鵜人(栗原類)のラストカットは謎の舞い、飛鳥のラストカットも謎の舞い…と揃って突然踊り出す超アート展開…。意味不明すぎてだからこういう監督自己満アート系は全く…と言いたくなるようなクリエイター系だった。

ただ斎藤飛鳥の圧倒的な美しさは群を抜いていて近年の中でも屈指。髪形も加入当初から変わってないけどやっぱり一気に大人びてきて孤高の美しさという点で橋本奈々未の最終形態にどこか近いところへも向かっているようなそんな雰囲気の良さはあった。ていうかたぶんこれ話はどうでもよくていかに斎藤飛鳥を美しく見せるかっていうのがメインだったのかも。

DASADA 1~2話

日本テレビ水曜深夜30分枠ドラマ。日向坂46主演。けやき坂46時代の「Re:Mind」に続く2作目の主演作。

撮影は2019年夏に行われたと明言されている。このため当時休業に入ったばかりの濱岸ひよりは出演していないが、主題歌制作時には復帰していたため主題歌「青春の馬」には参加してMVにも出演している。

逆に8月下旬に謎の後ろ姿写真が一部で流出すると同時に姿を消し、詳細が一切報じられないままにあれは自分だと認めて9月に自粛を発表した井口眞緒は出演とされているが主題歌には参加していない。

1話

自分をかわいいと言っちゃう系のゆりあ(小坂菜緒)が主人公で実家の洋裁店が借金1000万円の肩代わりで半年以内に1000万円を用意しなくてはならなくなる。あまり仲が良くないクラスメイトの沙織(渡邉美穂)のデザイン画を偶然目にしたゆりあはブランドを立ち上げて金儲けしよう!と提案するもダサいからと拒否されて物語が始まった。

全員クラスメイトではなく所属もバラバラ、生徒じゃない人もいるのでひとまず初回は顔見せ程度。問題の井口に至っては設定では中華料理屋のバイトのグラビアモデルのはずが、中華料理屋のビールのポスターのキャンペーンガールとしてポスターが出てくるだけで済まされ、OP映像でも姿を確認できず。元から他メンバーとの接点が無い独立した役だったっぽいが、昨夏撮影というのが8月下旬から9月以降にまで及んでいたのだとすれば、井口は撮影途中で離脱した事になるので出番が大幅に削られてちょっと出てくる程度になっているなんて事もあるのか…?

ただ番組公式LINEスタンプの井口がまさかのこんなん(1番右下)なので、しれっと復帰してもいいと思うんだよなぁ…。

2話

沙織が仲間になるまで。沙織の普段の姿が描かれ母親役が神田うのという時点で成金感全開だったが、豪邸に住んでいる事が明かされたり、FACTORYファンの集いに張り切ってFACTORYファッションキメキメで出向いたら、待ってたのは地味な格好の人たち(そのうちの1人がキラリこと高瀬愛奈)だったので失望、顔見知り直後にLINEグループ離脱という顛末も。

めげないゆりあの勧誘を拒否し続けていた沙織だが、最後になって突如協力を約束。実は沙織の父こそ借金取り(野間口徹)だった。父親から念のため母親の姓を名乗らせているから問題はないだろうが、という前置きで同じ学校に通っている親から取り立てをすることになったと報告を受けそれが即座にゆりあの家だと分かったのが決定打に。ていうか借金取りってあんな豪邸住めるのか…。

ハイポジ~1986年、二度目の青春。~ 1~3話

テレビ大阪土曜深夜30分枠、関東ではBSテレ東での放送となるローカル枠だがTVerでの配信があるので一応全国で視聴可能。きらたかしの漫画『ハイポジ』の実写化。

1話

離婚寸前&リストラされてどん底の46歳のオッサン光彦(柳憂怜)はヤケクソで訪れた風俗店で滑って転倒して頭部を強打して死亡…したかと思われたが次の瞬間に1986年高校時代の自分(今井悠貴)として目覚める。当初死ぬ前に昔の夢を見ていると思った光彦はとりあえず当時一言もしゃべれなかった憧れの人さつき(黒崎レイナ)と会話したり、高校生当時はお互い知らなかったが実は別のクラスにいた後の妻となる幸子(鈴木絢音)と遭遇するなどしていたが不良に絡まれた際に、当時も同じようにカツアゲされた事と殴られた痛みがリアルだった事から夢ではない、本当に魂が1986年に戻っている事態を認識、人生をやり直してやる!と奮起するのだった…。が、別に戦闘力が高くなったわけではなく、態度がデカくなったわけでもないので不良相手には太刀打ちできずに意外と武闘派なさつきに助けられる始末で物語が始まった。

乃木坂46鈴木絢音が出ているというので見てみたが、1986年設定なので鈴木絢音は聖子ちゃんカットみたいになっていてちょっとビミョー…。魂だけ学生時代の自分に戻って人生やり直すという超絶ベタな物語な上に、1986年だとリアルタイムの実感が無いので主人公がもう10歳若ければなぁ…。ドラマタイトルの由来にもなっているカセットテープのハイポジの話なんかは、カセットからMDやCD-Rへ切り替わっていくギリギリの世代だったので何とか懐かしさも感じられた。

基本的には今井悠貴が変顔&気持ち悪い中年オッサンノリでドタバタする要素が強くていかにもなテンプレ中年っぷりがこれまた微妙ではあるが…最後まで見れるくらい面白くなるかどうかは…ちょっと分からない…。

2話

引き続き自宅での家族の人物紹介&86年あるある紹介。けっこう頻繁に今井悠貴から柳憂怜に切り替わってメタ的に時代背景を解説したりと柳憂怜の出番も多く、86年の説明も丁寧になってきた。また光彦視点では鈴木絢音まで現代のいしのようこに切り替わるため制服姿のいしのようこと柳憂怜の会話という中年地獄絵図が…。

家庭内では懐かしさと後悔と気のゆるみもあってか、光彦はブツブツ過去を回想したり泣き出したりと家族からすれば相当な情緒不安定。今回は結局さつきに助けられた光彦が、光彦の高校の数少ない不良生徒にお前があいつらを倒したのかと聞かれ、名前を出してさつきに迷惑をかけたくなかった光彦は自分が倒したことにして黙っているように言うがあっさり広まってしまい、不良校の不良を一蹴した救世主のように扱われてしまう。さつきに謝ろうと苦悶しているだけで時間を浪費して屋上に呼び出して次回へ続く。30分しかないのにスローすぎる。まだまだ若さに嬉しがっている様子ばかりでなかなか物語が進まない状態が続く…。

3話

過去に戻れて嬉しがる様子は終わったものの人生やり直して楽しむぞ!という割には不良の抗争に巻き込まれるというのもあるにしても光彦が終始オドオドしすぎてて情けなくて見てられない…。未来の妻相手に「(この当時は知らなかったから)好きじゃない」と言い放って泣かすわ、堂々不良と対峙しようとするさつきに「俺より若いのになんて強いんだ」とか感銘受けて自分が出ていくと決意したまではいいが結局不良相手に土下座。10万円かさつきを連れて来いと言われてしまい苦悩。やり直しアドバンテージ持っててこれってリアル高校時代はどれだけ情けない奴だったのか。本人曰く「前の人生の方がマシだったかも…」な始末。開き直って強気でやり直す物語を見たかったんだけど…なんだこれ。

精神は46歳なわけだから高校時代の自分の周辺の関係者なんて全て子供&親や教師含めても同世代かそれ以下なんだから、精神的にもう少し余裕があってもいいだろうに、特に不良絡みなんて16歳当時だったらこの世のすべての脅威に感じられても46歳であればいくらでも対処する方法は考えつくだろう。それゆえにむしろちょっと偉そうな態度になりそうなもんだけどここまで卑屈かつ下手に出れるの逆に凄い。結局姉に頼ったところ、最近(タイムスリップ後)別人のようだけど今までよりも男らしくなってマシだという。…これでマシなのか。度を超えたヘタレ主人公って辛いな…。

ゆるキャン△ 1~3話

テレビ東京木曜深夜(金曜)「木ドラ25」枠(30分)。2015年から連載されている漫画原作で2018年1~3月にアニメ化もされていた作品の実写化。

原作及びアニメでは実在するキャンプ場や施設名などモデルにしつつ全てもじった名称で登場させていたが(「ほったらかし温泉」が「ほっとけや温泉」になっている等)、実写なのでそのまま実名でキャンプ場や施設が登場するという違いがある。

1話

オフシーズンの冬のソロキャンプが趣味のリン(福原遥)が本栖湖の浩庵キャンプ場で黙々とソロキャンプをするという内容。そんな中引っ越してきて富士山を見るために延々自転車でやってきたものの疲れ果てて爆睡して暗くなってしまい遭難しかけていたなでしこ(大原優乃)を助ける事になる。その後高校でなでしこが転校してきたらしき事が判明(リンはまだ気づいてない)し、後の主要メンバーたちの様子が出てきたところで次回へ続く。

女子高生がキャンプするというゆる~い感じの作品のようで、まあ「けいおん!」のアウトドア版みたいなものか(考え方が古いかつ安直)。昨年の『チート』での福原遥が好印象だったので見てみたけど、1人ソロキャンプしているだけでも絵になるかわいさはさすが。冬のアウトドアは風景も良さそうだし(といっても初回放送前の大晦日に福原遥が「先日オールアップ」したとインスタに上げていたので年内で撮影終わってて冬というより晩秋の景色っぽいけど)、ゆるい系の話ならこじれたような展開もなさそうでほのぼの路線だろうし、ゆるく楽しめそうかも。

2話

転校してきたなでしこは野外活動サークルに入部するが、部員は大垣(田辺桃子)と犬山(箭内夢菜)の2人しかいなくて焚火しているだけだった。あからさまに残念そうな顔をするなでしこに慌てた2人は夏にオークションで980円で購入するも届いたのが秋になってからだったので1度も開いていないテントを引っ張り出してきて校庭で組み立て始める。図書委員をしていたリンは友人の斉藤(志田彩良)とそれを眺めていてなでしこが転校してきたことを知る。

テント設営に失敗してポールを折ってしまった3人はリンが持っていた修繕アイテムを斉藤経由で譲ってもらいテントを完成。この過程でなでしこも気づいてサークルに誘うが1人キャンプが好きなリンは露骨に嫌な顔をしてしまい…。

CM明けにはふもとっぱらキャンプ場でソロキャンプを始めるリン…という先週と似たようなまったりしたソロ映像が続くが、LINEを受け取った斉藤がなでしこにリンの居場所を教えた事でリンが何やら鍋道具一式を持って駆けつけて驚愕したところで次回へ続く。

1人が好きなリンと人懐っこくて明るいなでしこの2人のバランスがなかなか楽しい。期待通り富士山をバックにした自然風景も癒される。一方で大垣のメガネツインテール前髪パッツンな容姿はいかにも漫画キャラのコスプレ感が全開で変なインパクトが…。アニメ版の大垣を見てみたらもう少しかわいらしいビジュアルになってるし、他の4人もナチュラルに寄せているのに、何故大垣だけ変に髪形とメガネが強調されて超個性派な人みたいになってしまったのか。

3話

なでしこは姉の車でやってきていてリンに餃子鍋を振る舞うと戻ってきた姉と共に車中泊。翌朝日の出を見るためにリンの元に戻り、リン就寝中のテントの横で朝日を1人拝むとリンのテントに潜り込んで二度寝していた(後に写真だけで出てきたが姉もテントを訪れて寝ているなでしこにイタズラしていたのでリンとも会ってから自転車のリンとは別れて姉妹で周辺観光して帰った模様)。人懐っこくて明るいなでしことローテンションで一人を好むリンとのバランスが絶妙で2人で餃子鍋しているだけ+富士山の絶景というだけで何か最高だなこのドラマ

その後、今週はバイトのため来週長野方面へ向かうとリンが予定を語った際に「もうすぐ12月」「来週を逃すと道が冬季閉鎖になる」と時期が明かされた。リアルタイムの1月ではなく撮影時期に近い晩秋設定だったらしく、1話2話はまだ11月の話だったらしい。