絶メシロード 1話

テレビ東京金曜深夜「ドラマ25」枠(昨年の『日本ボロ宿紀行』と同じ枠)。絶メシとは店主高齢や後継ぎがいないなどの理由でこのままでは間もなく絶滅しそうである老舗の飯屋を意味しており、群馬県高崎市の絶メシを紹介しているローカルサイト「絶メシリスト」を原案としていて、サイト作者が関与していている模様。ドラマ化にあたっては1泊2日の車中泊旅行を軸にして車中泊×絶メシで実在する個人経営の飲食店を巡っていく。

1話

普通の中年サラリーマン須田(濱津隆之)は妻(酒井若菜)と娘(西村瑠香)が揃ってアイドルグループの追っかけで週末遠征していて2人が留守の間の金曜夜帰宅後~土曜の夕方までの間に1泊2日で1人の時間を満喫する車中泊旅行をするのが楽しみ。今回出向いたのは山梨県の富士吉田、吉田のうどんで有名なこの地で食べログで高評価だった「たかちゃんうどん」に辿りついた須田はあまりにもローカルなプレハブな外見に驚くが…。

という感じでおじさんが1人旅満喫&旅先の絶メシ店舗で少し話を聞いて交流する、という内容で『日本ボロ宿紀行』同様に実在の店舗でそのまま撮影しつつも店主は役者の人が演じるというスタイル(ED映像では役者の人と恐らくそのモデルになったであろう実際の店の人との写真が出てきた)。

1人旅している濱津隆之の風貌は1人旅好きの旅人っぽくていいんだけど、普通のサラリーマン姿にはかなり無理があって、率直にあのヒゲ面でサラリーマンは無理がありすぎる。最大公約数に合わせてのリーマン設定なんだろうけど。

初回は番組の雰囲気を伝える感じだったので、妻も娘も写真のみ。また娘の方は最近売り出してる「青春高校3年C組」の生徒の1人(日テレの『俺のスカート、どこ行った?』にも生徒役で去年出てた)だが、レギュラーキャスト3人(濱津隆之と酒井若菜と2話から登場の車中泊仲間になる山本耕史の3人しかキャスト掲載されていない)には入れてもらえていたので今後出てきてもほとんど出番はないのか…?(一応本人は3話から登場すると告知している)

乃木坂シネマズ~STORY of 46~ 1話

2019年末にFOD限定配信の全10話、10人のメンバーが各主演で30分弱のオムニバスドラマ。FOD限定とされていたが年明け2020年1月21日からフジテレビ深夜枠で地上波放送も遅れてあっさり開始された。ただし地上波放送は30分枠のCMの都合上多少のカットがされているようで完全版はFOD配信とされている。

1話 鳥、貴族

斎藤飛鳥主演。FOD版が26分、地上波版が23分と表記されているので3分ほどカットされているらしい。鵜人と人間が共存する世界という特殊な世界観で、鵜人とは鼻筋から目元にかけて鳥っぽい装飾がある鳥人間で人間からの迫害が進んでいるという設定らしい。人間の斎藤飛鳥はデザイナーだったがスランプに陥っていて少し人の心が図れないところのある幼馴染、そして創作のヒントを与えてくれる存在となった鵜人が主な登場人物。タイトルが「鳥、貴族」なのは「鳥」以外に何の関係もないがたぶん飲み屋チェーンかよ!っていうギャグなんだと思う。

いつもより長いクリエイター系の個人PVみたいな内容に「サヨナラの意味」MVの設定を組み込んだような世界観をほとんど説明なしに雰囲気だけで見せつけるという非常にクリエイター色の強い内容で特に何の盛り上がりも無く唐突に物語は終了。斎藤飛鳥は創作意欲を刺激された割にはスランプ状態のままだし、幼馴染は鵜人を襲撃、鵜人仲間も駆けつけて3人揃って行方不明になって飛鳥が黄昏ているだけで終わってしまう始末。しかも鵜人(栗原類)のラストカットは謎の舞い、飛鳥のラストカットも謎の舞い…と揃って突然踊り出す超アート展開…。意味不明すぎてだからこういう監督自己満アート系は全く…と言いたくなるようなクリエイター系だった。

ただ斎藤飛鳥の圧倒的な美しさは群を抜いていて近年の中でも屈指。髪形も加入当初から変わってないけどやっぱり一気に大人びてきて孤高の美しさという点で橋本奈々未の最終形態にどこか近いところへも向かっているようなそんな雰囲気の良さはあった。ていうかたぶんこれ話はどうでもよくていかに斎藤飛鳥を美しく見せるかっていうのがメインだったのかも。

SICK’S~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~覇乃抄

SPECサーガ完結篇と銘打たれた最終作シリーズの3分割のうちの6~10話までで1~5話の恕乃抄の7ヵ月ぶり続編。2019年3~5月にかけてParavi限定で配信され、その後12月末にはTBSチャンネル(CS)で恕乃抄、「サトリの恋」と合わせて一挙放送された。

今作の配信に合わせて「恕乃抄」を各回40分の放送枠に短縮させた特別濃縮版をTBS地上波深夜でも放送、加えてBlu-ray/DVD発売、レンタル開始も行われた。

今作に関しては続編公開に合わせてではなく、Blu-ray/DVD発売は2020年2月となった。

「恕乃抄」が戦闘終了後に主人公一派が謎の自衛隊集団に襲撃されるところで終わるという中途半端な終わり方だったがその続きから。今作では『ケイゾク』で柴田を演じていた中谷美紀を一切出さずに柴田をこれまで以上に動かしているので、柴田の出演シーンは全て台詞なし、顔映さずの影武者で乗り切るという力技で押し切る始末…。

序盤は政治的なドタバタが繰り広げられるが、途中からは宗教団体インナープラネッツとの戦いへと話が向かっていき、そのラスボスは『サトリの恋』でサトリと戦った邑瀬(山口紗弥加)。内閣の記録にはサトリと戦ったことも記録され、サトリがその後殺された(『SPEC~翔~』)事も記録されており、当時の関係者の生き残りも出てくるため最も『サトリの恋』と話が密接に関わっていく。『サトリの恋』を先に見ておいたので時を越えての繋がりと終盤の展開はけっこう熱かった。

一方で新たな謎「ホリック」が示され、その謎は最終章へおあずけで今回も終了。結局謎が増えるばかりとなり、『SPEC』の世界観とのつながりも良く分からないままだがサトリの運命が変わっていない事からも、『SPEC』での当麻絡みの事件は起きなかったか、起きて違う顛末を辿ったかは不明だが、当麻と瀬文が存在せず、ニノマエも存在せず、野々村も殉職してミショウが消滅した以外は概ね『SPEC』と同じような権力争いが起きている世界って事でいいのか。

どうにも今回も完結しそうにない予感しかないが…。

「それぞれの勝手に年間ランキング2019」公開

今年から新しくなったこの企画、投稿を公開した。

予想としては平成回顧の募集企画くらい(30通程度)だと思っていたので正直「集計します」とは言ったものの集計できないだろうなというのは分かっていて実際その通りになって集計してもほとんど意味がなさそうだったので集計は見送る事になった。

更新の都合上、例年駆け込み票が入る時間帯で集計中止を発表したので駆け込み投稿も皆無だったが(ただしTwitterで一切宣伝しなかったため0時越えての投稿は多かった)、やはりランキングという言葉は今でも人々を熱くする要素の1つではあったらしい。

2007年に投票企画を始めた際は票数の割にはとても活気があって票数が少なくてもある程度集中するところに集中したのでそこそこランキングっぽくなったんだけど、現代では好みがバラバラになっていてもうランキングにならない

また平成回顧時にも触れたように2015年前後をピークに現在の当サイトのアクセス数も最盛期の半分程度まで落ちているのでもう票数が伸びる事も無いだろう。一昔で言うサブカル系だとかフェス文化の中心にいるようなJ-POPとJ-ROCKが何か別ジャンルみたいに扱われていてJ-ROCK側に属しているような音楽ファンのブログや盛り上がりは続いているようで、まるでプロライターのような優れた構成力で音楽シーンの未来や流行の最先端を分析したような文章やチャットモンチーのベストに載ってたみたいな自分語り系(「音楽文」というロキノン系の投稿ブログの影響だと思う)は昔よりも多く見かけるが、そうではない00年前後のテキストサイト時代から細々続いてきたJ-POPの音源レビュー中心の音楽レビューサイト/ブログには明らかに新たな若い世代が現れなくなってきている。雑な言い方をすればなんかもうここ何年も生き残りの老舗だけがいるみたいな感じ。読者層もそんなに入れ替わっている様子が無いし、流行に疎いのは昔からだが筆者の加齢と共にやはりますます若者向けでも無くなってきているので、みんながそのまま加齢していくだけであれば若い時ほどは熱心に聞かなくなっていく人も増えてくるのでアクセスも投稿も減るのは必然といえる。

ていうか一昔前に比べて本当にレビューサイト/ブログ文化は変わったというか廃れたのを感じる。「アーティスト名 作品名」で検索したら以前はもっと個人の人が書いたレビューとかけっこう引っかかったのに今は販売サイトとか情報サイトばかりが検索上位に並ぶし、「アーティスト名 作品名 レビュー」で検索しても何かほとんど出てこない。けっこう昨年のジオシティーズ完全消滅とかも響いているのだろうか。ジオシティーズには00年代前半のレビューサイトやファンサイトがけっこうあったし。

元々当サイトはなるべくアクセス数を増やしたくなかったというひねくれた方針で隠れ家のようにやってきたので、なんなら途中から検索に引っかかりやすいレビューという言葉を使わずに「感想」と言い張って検索逆対策をしていたほどである。アクセス数が半減して最近は厄介な人の特攻を受けることも無くなったので半減自体に焦りとかは無いんだけど…でも当サイトだけじゃなくて近いスタイルのリスナーが減ってるなぁ…という感じはここ1,2年くらいで一気に感じ始めた。減ったなぁ…どころかいなくなったなぁレベルの寂しさは感じている。なので20通でも30通でも投稿が届いたのは単純にまだ近いスタイルのリスナーがいる事が分かって嬉しくもある。同じように感じる人はいるだろうか。

そんなわけでのんびりとしたそれぞれの勝手に年間ランキングを公開しあおうというゆるっとした企画となったわけだけど、個々のランキングはこれまでの集計ランキングとは違う個人個人の嗜好が見えるので、これをざっと並べるだけでもそれぞれの思いが見えてきてなかなか面白くはなったと思う。やはりチャートから当サイトに入った人も未だ多いのでチャート的な盛り上がりに比べれば結果を予想する楽しみとかそういう盛り上がりは無いんだけど、こういうのも良くないだろうか?年々減り続けて最後の1人になるまでは続けていきたいなと思う。

DASADA 1~2話

日本テレビ水曜深夜30分枠ドラマ。日向坂46主演。けやき坂46時代の「Re:Mind」に続く2作目の主演作。

撮影は2019年夏に行われたと明言されている。このため当時休業に入ったばかりの濱岸ひよりは出演していないが、主題歌制作時には復帰していたため主題歌「青春の馬」には参加してMVにも出演している。

逆に8月下旬に謎の後ろ姿写真が一部で流出すると同時に姿を消し、詳細が一切報じられないままにあれは自分だと認めて9月に自粛を発表した井口眞緒は出演とされているが主題歌には参加していない。

1話

自分をかわいいと言っちゃう系のゆりあ(小坂菜緒)が主人公で実家の洋裁店が借金1000万円の肩代わりで半年以内に1000万円を用意しなくてはならなくなる。あまり仲が良くないクラスメイトの沙織(渡邉美穂)のデザイン画を偶然目にしたゆりあはブランドを立ち上げて金儲けしよう!と提案するもダサいからと拒否されて物語が始まった。

全員クラスメイトではなく所属もバラバラ、生徒じゃない人もいるのでひとまず初回は顔見せ程度。問題の井口に至っては設定では中華料理屋のバイトのグラビアモデルのはずが、中華料理屋のビールのポスターのキャンペーンガールとしてポスターが出てくるだけで済まされ、OP映像でも姿を確認できず。元から他メンバーとの接点が無い独立した役だったっぽいが、昨夏撮影というのが8月下旬から9月以降にまで及んでいたのだとすれば、井口は撮影途中で離脱した事になるので出番が大幅に削られてちょっと出てくる程度になっているなんて事もあるのか…?

ただ番組公式LINEスタンプの井口がまさかのこんなん(1番右下)なので、しれっと復帰してもいいと思うんだよなぁ…。

2話

沙織が仲間になるまで。沙織の普段の姿が描かれ母親役が神田うのという時点で成金感全開だったが、豪邸に住んでいる事が明かされたり、FACTORYファンの集いに張り切ってFACTORYファッションキメキメで出向いたら、待ってたのは地味な格好の人たち(そのうちの1人がキラリこと高瀬愛奈)だったので失望、顔見知り直後にLINEグループ離脱という顛末も。

めげないゆりあの勧誘を拒否し続けていた沙織だが、最後になって突如協力を約束。実は沙織の父こそ借金取り(野間口徹)だった。父親から念のため母親の姓を名乗らせているから問題はないだろうが、という前置きで同じ学校に通っている親から取り立てをすることになったと報告を受けそれが即座にゆりあの家だと分かったのが決定打に。ていうか借金取りってあんな豪邸住めるのか…。