ドラゴンボール超 107話

クリリンを不意打ちで落としたくらいしか出番の無かった第6のフロストが弱った亀仙人を襲撃。悟空がかけつけようとするがリブリアンが再登場して阻む。どけー!!と叫ぶ悟空。

亀仙人はフルボッコにされるが、魔封波狙いでMAXパワー化して反撃。一応フロストが殺さないように手を抜くのも難しいとか言っていたので、相当手を抜いている事が示唆されてはいたが…さっさと倒せばいいのに余裕ぶっていたせいで魔封波を喰らってしまう。しかし執拗に腕に攻撃を喰らってプルプルしていた亀仙人は魔封波を失敗。ビビったフロストだったが魔封波を使えると判断。近くにベジータを発見し、ベジータをこっちに誘導して復讐を開始。最初から組んでいたのかマゲッタも参戦。攻撃が効かずに吹き飛ばせない重量級のマゲッタを倒すために魔封波を使った亀仙人だったが、フロストは魔封波を取り込んでベジータへ向けるという魔封波返しの応用技でベジータを封じてしまった。

亀仙人は最後の力で一矢報いて封印された小瓶の破壊に成功。救出されたベジータはブルー化でマゲッタの耳栓を破壊し、悪口で弱体化させて吹き飛ばすもフロストは逃亡。亀仙人も力尽きて転落し、第6、第7互いに1人減って決着。

魔封波返しの応用は咄嗟の思い付き作戦であり、元々フロストはどうやって復讐するつもりだったんだろうか…。前の試合以降は逃亡生活で強くなっていない、時間稼ぎのでまかせのようで割とその通りっぽいし(弱くなったというのはさすがに嘘だろうが)、クリリンは不意打ちで瞬殺したのに亀仙人を無駄にいたぶって結局直接落とさなかったのも良く分からん…。

亀仙人とベジータという組み合わせは非常に珍しい…というかベジータは亀仙人知らなくてもおかしくないんじゃないか。最初の襲撃時には会ってないし、人造人間戦に向けて地球に永住してからも特に会う機会無かったし、妻(ブルマ)の昔の関係者としてブルマが自宅でパーティーとか開けば片隅で「パフパフ」とか言ってるファンキーな老人がいるのは目に入るはずだが、ベジータがそんなところまで見ているとも思えないし。

何はともかく大奮戦した亀仙人はビルスに「じいさん」から「武天老師」という名をしっかり覚えてもらい賛辞を受けるのであった。悟飯が「悟空の息子」から「孫悟飯よくやった」と言われる日は来るんだろうか。OP/ED映像だと今シリーズはベジータでなく悟飯が悟空と並ぶ存在のはずで、アルティメットを取り戻した前後はNo.2扱いだったのにいざ大会始まったらなんか苦戦してばっかで不安だ。

なおどけーー!!と言ったきり出てこなかった悟空だがノーマルのままリブリアンと楽しそうに向き合っていてどかす気ゼロ。亀仙人の事はすっかり失念している様子。ベジータが駆けつけたので安心して命も無事だったので目の前の敵と楽しもう、ということなのか。

ハロー張りネズミ 最終話

家賃滞納による強制退去=あかつか探偵事務所解散が迫る中、亡くなった祖父が徳川埋蔵金がこの家には隠されていると遺言を残したと権田(柄本時生)が調査依頼にやってくる。1話に出てきた伊藤淳史の紹介だといい、身代わりになってそのまま養子にした三本采香と仲良く暮らしているらしいことが写真で紹介された。

かつてTBSが散々さがしたのに見つからなかった(自虐)と、半信半疑だった一行だったが現地調査にて、権田家は戊辰戦争後に処刑され、埋蔵金を隠した人物とも言われている小栗忠順が落ち延びて改名した=権田家の始祖は小栗忠順ではないか=埋めた埋蔵金を代々守ってきたのではないか(権田の両親は離婚で家を離れてしまい、権田は祖父に育てられたが一族が代々守ってきた秘密を祖父から受け継ぐ前に祖父が倒れて意思の疎通ができない寝たきりとなってしまっていた)、という事になり徐々に信憑性を帯びていく。

実家の家具にも隠し扉があった事から最初に暗号文を発見したのは蘭子(深田恭子)だったが、以降は唯一の頭脳担当と称されたゴロー(瑛太)が1人であれこれ悩み、所長(山口智子)はハイテンションギャグ要員、蘭子は権田を一目惚れさせる圧倒的ヒロイン要員、グレ(森田剛)は添え物状態。グレがもう少し暗号解読で協力してもいいんじゃないか。ポジションがあんまりすぎないか。

ゴローが暗号文を解読して現地へ向かった一行だったが、近所の老人3人衆が暗号文を遠方からカメラで隠し撮り(どんな高性能カメラだ)し、ほぼ同じタイミングで解読していたが、ゴロー達より先に山の岩の奥の洞窟へ潜入していた。しかしそれはであり、罠にかかり落石攻撃を喰らった3人衆は血まみれで動けなくなっていた。暗闇に浮かび上がる血まみれの老人3人衆の姿はゴロー達を震撼させる。

老人3人衆の出番は病院送りになった事で終わり、ゴローは再考。改めて暗号を解読して別の洞窟へ挑むと…マジで埋蔵金あった!!

歓喜する一行だったが、直後悲しみの表情の武士の亡霊が出現(小栗忠順?)。権田にしかその姿が見えていなかったが、直後に洞窟は崩壊。埋蔵金は全て埋もれてしまった。権田は掘り出すのではなく、守り続けろという事だったんだと権田家当主の使命に目覚め、このままにしておくと宣言。

事務所に戻った一行だったが、ゴローやグレは崩壊時のドサクサに紛れてそのまま一部の小判を持ってきてしまっており、これを使えば事務所は継続できる!と真っ黒に盛り上がり、まさかのブラックエンド

この世界では悪霊が普通に存在するし、実際小栗忠順の亡霊が現地に権田にしか見えないようにして登場したので、埋蔵金を守るために亡霊がこっちに出動してきて全員呪い殺されそうになる(そして節子(蒼井優)が助ける)という展開が直後に起こりそうな気がしてならないが、そこに新たな依頼人がやってくる。しかし依頼人は自分は依頼人ではないと告げる。

「このドラマが最終回だから歌いに来たんですけど…」

と言ってきたその客は…野田洋次郎

いつの間にかSOIL&”PIMP”SESSIONSの皆さんも登場しており、キャスト5名と共に主題歌をパフォーマンスしながら終了。

全部終わっての感想

サスペンス、人情、泣き、ホラーまで何でもありの世界観は独特すぎたのと、現代に置き換えたとはいえやはり古き良き懐かしの時代(昭和~平成初期?)っぽさが漂って異彩を放ったドラマだった。なんだかんだ心地よくなってきたところで終わってしまった感じでもあり、カルト的な人気からの続編も期待したいが、大コケしたのに最初から映画が決まっていた『神の舌を持つ男』みたいな政治力もなさそうなのでこれっきりかな。

思った以上に瑛太ばかりが活躍して、当初相棒かと思われた森田剛の出番の無さに驚いたが、それどころかレギュラー入りした深田恭子でさえ直後に出番がほとんど無くなる(幽霊回が瑛太と蒼井優メインだったため)など、活躍に偏りがあったのは気になった。一応森田剛にはメイン回、深田恭子は後半になるほど出番が増えた。しかしサブの調査すらしない回も多かった森田剛はもう少し活躍が見たかった。

深田恭子は一体いつまでかわいいヒロインのままなのだろうか。『神様、もう少しだけ』でのブレイクから来年で20周年だというのに、まさかあの頃まだかわいい路線でやっているとは夢にも思わなかった。しかし実際まだ余裕でかわいい。

対して山口智子は年の割には綺麗なオバサンという扱いでかなりはっちゃけて根性と貫禄を見せていた。芸人的なノリになっていたせいか以前のイメージと異なり、きこりの泉にぶち込んで出てきた綺麗な大久保佳代子…みたいに見えたのは気のせいだろうか…。

僕たちがやりました 9話

市橋(新田真剣佑)が自殺。飯室(三浦翔平)の精神攻撃もあり、トビオ(窪田正孝)は放心状態となり、入れ替わりでやってきた蓮子(永野芽郁)は霊安室で市橋と対面。身内他にいないので霊安室まで行ったの蓮子だけだったっぽいがまさかそこまで行くとは。

自首を決意したトビオ。時を同じくしてパイセン(今野浩喜)、伊佐美(間宮祥太朗)、クズマル(葉山奨之)も自首を決めていた。クズマルはこのドサクサで初めて数々の裏切りを謝罪今更てめ…この…。

しかし普通に自首しても輪島(古田新太)にもみ消されるため、世間に自分たちの罪を訴えるための作戦を練り、準備を開始。当初は懺悔ソングを作って熱唱しようとしてたり(さすがに全員一致で「無いわ」と我に返る)、小道具をこさえたりと何だか文化祭の準備みたいな軽いノリが…。実際にパイセンは文化祭みたいで楽しい(文化祭に学生時代参加させてもらえなかったらしい)ともコメント。この準備期間の間に伊佐美は今宵(川栄李奈)と話し合いを目論み、トビオは蓮子とのデートを重ねながら真実を話すタイミングを伺う…という最低限シリアスな雰囲気も。

最後の夜、マルとパイセンは風俗で童貞を喪失のち、マルはおのののか(東京に進出したらしい)と再会し最後のキャバ豪遊、パイセンは立花(水川あさみ)へ最後の挨拶をしに向かう。終始ふざけ通していたパイセンが輪島展開になってから立花と一緒の時は普通に会話するようになったのがなんか良かった。

伊佐美が今宵と何とか対面を果たし、お腹(の赤ちゃん)を触らせてくれと泣きつき、キラキラネームを命名して去っていったのに対して、トビオは蓮子とデートを重ねながらもギリギリまで何も言えずようやく絞り出した言葉が別れよう、もう会いたくないという冷たい一言のみ。ここに2人の人間性の差が出ていて面白かった。バカさ加減では伊佐美の方が上だったけど、いざとなった時に主人公の方が相手に対して外道という

ついに決行日。あらかじめ罪の経緯を独白した動画をWeb上に挙げ、QRコードを記載したチラシをドローンを使って上空からばらまき、さらに自分たちもばらまきながら街を走り回る。動画ではパイセンが独白を担当。立花と話している時以上に今までのパイセンとは思えないほど真面目かつちゃんとした説明をしていて逆に驚き。効果的な拡散方法だったが、テンションが上がりきった4人のノリは、俺たちがやりましたウェーイ!ウェーイ!という10人殺したという内容と噛み合わないものでなんとも珍妙な…。いや逆に物凄い快楽殺人犯とかサイコパスな印象を植え付けられるのか…?悪戯にしか思われない気がするが。

さらに4人は日比谷野音へ突入。そこでライブをしていたのは主題歌を歌うDISH//。コラボレーションとはいえストーリー展開としては雑すぎてメチャクチャになってしまっているが、まさにドラマ主題歌を熱唱中のライブに乱入し、DISH//にお願いしてステージを借りて僕たちがやりました!と絶叫する4人。しかしそこに覆面集団が現れ、観客は恐ろしい勢いで逃走。あっさりステージへ潜入した集団は4人を次々に鈍器で殴り、トビオも脳天直撃の一撃でダウンして最終回へ続く!

※日比谷野音…というかライブ会場はこんなザル警備ではありません

とテロップを出した方がいいくらいの終盤の雑展開…。

コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命- 9話

3人同時に運ばれてきた急患をチーム全員の迅速な動きで救う事ができ(しかし後に1人急変死亡)、フェローの成長、チームのまとまりを感じる白石(新垣結衣)と橘(椎名桔平)。しかしそれは幻想だった…。

前回立ち直ったかに見えた灰谷(成田凌)だったが、何かやらかした事だけが「ヘッドセット」というキーワードと共に冴島(比嘉愛未)、藤川(浅利陽介)が何か知っている事をほのめかしながらも謎のまま。あれ?なんか見逃したっけ?編集ミス?と不安になったまま詳細不明の灰谷ヘッドセット事件は放置されていたが、その後藤川が白石に報告する形で判明。フライトの際にヘッドセットから現場の消防への連絡をする際にガタガタ震えてしまい動けなくなってしまったという、以前の着陸失敗事故の時の後遺症だという。いやさっさと報告しろよ…。白石との面談の末、ひとまず灰谷はヘリ業務から外されることに。しかし白石、ラストでの大事故の際は普通に灰谷に出動を命じてしまい、橘にたしなめられてから灰谷を外すというやっぱり相変わらずな行動。

緋山(戸田恵梨香)には周産期母子医療センターへの復帰依頼が直々に届く。しかも医局という待遇で迎えてくれるという。上司が出世してセンター長になった事で緋山を評価していたその人が待遇を用意してくれたようで、不幸続きだった緋山にも光明が…。

しかし良く考えたら緋山は序盤の頃に書いていた論文を教授に奪われたと嘆いていた。この教授=高待遇を用意した出世した人なのだとしたらタイミング的に緋山から奪った論文が評価されたのが出世に影響しているわけで、緋山への高待遇は罪滅ぼし的なアレで高待遇用意するからチャラね!テヘペロ!ってやつなんじゃ…。

橘の息子はついにドナーが見つかり、出番のなかった三井(りょう)も再登場したが、息子突如拒否。1時間の間に返事をしなくてはいけないので説得タイムとなったが息子は受けないとしか言わず。再説得の際に医師としての橘を尊敬していたが病気になってから子供の重傷のニュースや脳死のニュースを新聞で追っている、変わってしまった、そんな父は見たくない…という面倒なものだった。

橘は何も言えず苦悩して残り10分となってしまったが、緋山が前シーズンでの裁判沙汰の際に励ましてくれたのを返す形で悩みを吹っ切ってくれたおかげで、息子の許諾を取らずに移植を受けると宣言。運ばれていくヘリの中でとにかく生きていてほしいんだ!と熱弁。この件はさすがにこれで終わりだろう…。

これまでの反動で幸運の風が吹き荒れるかに思われた緋山だったが、丸山智己にはいずれ自分が重荷になるとして別れを切り出されてしまったり、唯一指導していたフェローの名取(有岡大貴)が親父命令で親父の病院に戻る事になる、その理由は前回の針刺し事故のような名門名取の名を汚すようなことがこれ以上起きては困るという親父のエゴによる事案…とやはり笑顔全開ではいさせてくれない模様

藍沢(山下智久)はピアノ少女の将来を奪った事を理由にトロント行きを辞退していたが、西条(杉本哲太)は既に藍沢に決めている。似たような唯我独尊タイプだったのにチームプレイを覚えて丸くなったという車椅子競技の患者が死んだのに合わせた演出でかつての尖りを失いつつある藍沢に白石もらしくないし、いなくなっても大丈夫!と豪語する。…が、白石が思うより灰谷は思い悩んでてそのうちヘリにも乗れなくなりそうな精神状態だし、名取がいなくなる事は知らない。ヘタしたら横峯(新木優子)しか残りませんでした…なんてことになる危機なんだけど、そういうところに気付かずにいいチームになってきたとかけっこうギリギリまで勘違いしていた辺りが実に白石。なんかもうそういう繊細なところに全く気付かないズレた人…という印象になっている。

やがて最終回名物(?)の大惨事が発生。今回は開通前の地下鉄の線路内を歩こうというイベント(ナンダソレ)の最中に落盤というもの。冴島が藤川をやたら心配する描写を序盤から連発し、ついには行かないで!→俺は救命医だからな!(行く)…という死亡フラグテンプレートまで発動。ここで藤川に何かあったら冴島死神説が視聴者の間に定着しかねない状態だったが、追加崩落で負傷したのは主人公藍沢だった…という事で最終回へ続く。

藤川への異様な死亡フラグからの藍沢に落盤直撃とはまた…。ていうか過去の列車事故や飛行機墜落と違って開通前の新品の地下鉄線路内が試運転の振動でとかじゃなくて線路内を歩くイベント中にピンポイント直撃でボッロボロに崩れるって。事故より何者かの爆破テロじゃないのか。

ごめん、愛してる 9話

凛華(吉岡里帆)にサトル(坂口健太郎)に心臓をやると宣言した律(長瀬智也)だったが、それ以上説明しないので怒らせてしまう。しかしそれを聞いていた麗子(大竹しのぶ)は即座に家にやってきて真意を問いただす。

なぜそこまでするのか?の問いにだけ回答しないまま、自身の死期を語った律は条件として若菜(池脇千鶴)、魚(大智)の今後の生活をお願い。その場で歓喜するほどさすがに麗子もクズではなく、明確な返答もしていなかったが、翌日には若菜の家の家電一式が麗子の手配により総とっかえに。話を聞いたその日はひとまずサトルの元に向かって意識を回復したサトルを見届けた後に、即日手配したと思われる。死んだらその後頼むと言ったにも関わらず、翌日配送とは浮かれすぎである。

さらにその後、単に手書きの遺言だけでというバカな真似はせずに、ちゃんと医師に提供したいと申し出て律が検査を受けて適合するかの検査結果が1週間後とされ、まだ検査を受けた事さえ報告していない状況なのにサトルにドナーが見つかったなどと安直な言葉を与え、リュウ(律)を見かけたというサトルに頑なに見間違いだ!と連呼するなど明らかに怪しい行動を。

目覚めたサトルは凛華が律に気持ちが行っているのを承知の上で、目覚めるなり凛華と結婚すると一方的に麗子に告げ、凛華が断れないような狡猾さを見せる。明らかに表情がフリーズしている凛華相手に話を進めようとするサマは、一方的に塔子(大西礼芳)へ求愛していた時から

ま る で 成 長 し て い な い 

白髪鬼時代の安西先生の顔が浮かんでくるレベル。さらには律を呼び出していつの間にか律の余命間近な事を聞きつけ、自分の方が長生きするから凛華は譲らない!などと外道な宣言。しかし実際にはきちんと勝負して勝ちたいと考えてのこの発言だったようで凛華をなんだと思っているんだ律があっさり凛華を任せたと言い放つ聖人っぷりを見せると梯子を外され動揺。

何故心臓をくれるのか、そこまでして生きようとは思わない、そこまで卑しい人間じゃない!少しは卑しい自覚があったらしいサトルに、律は弟だからだとあっさり真実を明かす。サトルもサトルで混乱しながらも「死産だったっていうあの…!?」と信じがたい状況ながら受け入れ、律はサトルで手いっぱいの現状で自分の事は明かさない方がいいと考えているとこれまた穏やかな聖人的発言で去っていく。律に凛華をかけた勝負を挑もうとしていたサトルは精神的には完全敗北ていうかこれ心臓に悪くない?

加賀美(六角精児)は病室付近を意味もなくうろついていたところを律に見つかり、麗子を恨んでいる理由を明かす。姉がー!麗子の不倫相手の指揮者の妻がー!どうこうと一気にまくしたててかなりあっさり流されてしまったのでイマイチ人間関係が良く分からなかったが、とりあえず身内の恨みだったってことの模様。恨みを生きる原動力にしていた加賀美に、律は弟と母のために命を捧げる覚悟を生きる意味だったと説き、恨みだけで生きる人生をやめるように諭すという聖人っぷりで加賀美も氷解した模様。というかもうこの人出てくる幕が無

麗子は三田(中村梅雀)には律が死ぬので心臓を提供するといっていることを伝える。動揺した三田だったが、どうもこのオッサン、激しい動揺によるけっこう分かりやすい狼狽を見せてもその後の精神の立て直しに長けているらしく(律を捨てた事を40年近く隠し通すばかりか、麗子にさえも死産だと信じ込ませて騙しているくらいだからな…)、凛華にはサトルと結婚すべきだと言いくるめようとし、それでも律に行こうとする凛華に勝手に律の死期が近いという部分だけバラしてしまう。律はギリギリまで凛華にだけは隠そうとしていたのに…。

律を追いかけてきて倒れている律を発見した凛華は何故かビジネスホテルに通し、三田から聞いたという凛華に対して一瞬の間はなんであのオッサンが知って…あっ麗子が話したのをゲロりやがったな…と理解した間に違いなついに観念。しかし母親、弟という話はせず、そばにいたいという凛華といい感じになりかけるが寸前で踏みとどまりプラトニックなままに。というか1話の時のリフレインのような演出で凛華が目覚めると律は既に去っていた。そして去っていった先には何故か今回全く出てこなかった塔子が…という塔子の使い方が前回から当て込みになってない?というところで次回へ続く。

律が聖人化著しい一方で身勝手な醜態をさらし続ける親子、なんかあっさり流されたジャーナリストの恨み、次回ついに土下座号泣謝罪確定の三田、ヒロイン感高まる凛華。救いはほとんど無さそうだけど、せめて少しは救いを。あと三田には相応の天罰を。