イヤホンリケーブル初体験

左の音がなんか遠い

先月くらいからイヤホンで音楽を聞いていると何だか左の音が遠いような錯覚に襲われる事が時々起こるようになった。その起こり加減が実に絶妙なさじ加減で完全に音が途切れているとかではなかったため、ついに聴力がやられたのかと正直少し不安になった。

今年はライブで爆音にさらされてないし、近年はライブ用耳栓で完全防備しているのでライブ後に耳鳴りになる事も無くなった。とはいえ10代後半~20代後半の10年に渡っての蓄積ダメージは侮れない。忘れもしない05年4月1日ZONE解散ライブでは病院送りになり一時的に完全な難聴状態も経験している。

やや不安な状況だったが程なく終息。しばらくはまた問題ない日々が続いたが、先日はもっと明確にイヤホン左の音が遠ざかった。やっぱ医者行っておけばよかったか!?と思ったが、どうもイヤホンの着脱部(FW-01はイヤホン本体とケーブルが着脱できる)の接触不良っぽい。ケーブルを動かしたり、回したりすると音が遠ざかり、一定箇所では完全に音が消える。

嗚呼断線

断線!?

2月に買ったばかりで断線!?

早くない…?

学生時代のイヤホンの最大の脅威と言えば断線であり、自転車やカバンに引っ掛けてはよく断線した。いつもより奮発して5000円もしやがる高級(当時の感覚)イヤホンを買ったのに速攻使用不能になり、やっぱ2000円程度でいいや(1番安いのではなく1つか2つ上の価格帯)…というのはイヤホンあるあるの1つだ。これを経験しすぎるとイヤホンに金をかけるのがアホらしくなり、こじらせると極度の音響アレルギーにもなりかねない諸刃の剣。ここを乗り越えると音の景色が変わって楽しくなってくるのだが…。

着脱式という新世界

1万円前後の価格帯からイヤホンには着脱式という新世界が待っていた。本体とケーブルが別になっているので本体が破壊されない限りはケーブルを変えれば断線してもイヤホンが復活する。本体破壊というのは正直ほとんど記憶にない。大体それより先に断線する。

最初に着脱式を知ったときは驚いた。外れんの?そこ?みたいな。イヤホンに1万円とかギャグだろと思って見向きもしてなかったので学生当時は知らなかった。しかも近年では5000円くらいの価格帯でも着脱式があるらしい(選択肢は少ない)。いい時代になったようだ。

前任のFX-850も着脱式だったが使用することなくFW-01に移行したのでリケーブルはしたことが無かった。リケーブルによる音質の差異はミニコンポEX-AR3のケーブルをカーネル・S・マルオ氏が持ってきた音響用の別に高級でも無いケーブルに差し替えたら明らかに音がぶっとくなった…という体感を2人で得た事があったので、少しは分かっていた(なお当初はパワーアップした!という感覚だったが太くなりすぎてもな…と最近考えが変わってきたので先日入手したEX-AR9では付属ケーブル使いに戻した)。しかしそれゆえになかなか適当に選べない。

何を選べばいいのか分からなかったので手を出していなかったが、断線の危機となると話は別だ。何か選ばないといけない。

その前に本当に断線か?

その前に今回の左の音が遠くなる状況。断線の危機以外にもう1つの可能性を消しておかねばならなかった。それは着脱式ゆえにイヤホン本体側の接触部分に何らかの不具合が生じている可能性である。この場合だとケーブルを変えても意味が無い。そしてこの場合だとちょっとどうにもならない。

確認方法としてはこれまた着脱式の利を生かし、左右を入れ替えてみた。すると今度は右イヤホンでこの症状が発動。ということはケーブルが原因に違いない。安心してリケーブルを決意。

選定!その名は…

「FW-01 リケーブル」で検索すると個人で試しているブログよりも価格comのレビューや掲示板がヒットしたが、そこに出ているのを見ていくと軽く数万以上する。やりすぎるともう1つFW-01を買った方が安い。怖いよ!音響の世界マジで魔境だよ!

そんな中、「鬼丸 改」というインパクトな名前が目につく。これは1万しないので他に比べると安く感じる(それでも高い)。しかも公式サイトには対応イヤホンとして、2列目にFX-850やFW-01が載っている(2016年に「鬼丸 改」発売→FW-01発売という順番だったのでサイトにはFW-01を追加したようだが、パッケージにはFX-850とFX-1100しか載ってない)。ビクターのイヤホンのリケーブルを意識して開発されている品であることが伺える(本当にそうかは分からない)。

よし!信じるぜ鬼丸!YAIBAとGOGOMONZしか浮かばないけどな!

と、いう事で「鬼丸 改」到着。

実際聞いてみたところ…劇的な変化はないが、なんだかシャッキリした感じがする。前の方が良かったという感じにはならなかったし、けっこうケーブル自体が硬い感じなのでそう簡単に断線しそうにもない。結果的には変えたのは良かったかもしれない。

公式推奨は泥沼

なおFW-01が公式に推奨しているリケーブルは自社製品のCN-HM01MBをヘッドホンアンプ SU-AX01へ繋ぐというものだ。

一瞬検討した。しかしすぐに破棄した。SU-AX01は10万する。CN-HM01MBも2万を越える。高ぇよ。ビクターが売ってるミニコンポのエントリーモデルの2倍近いよ。しかもこの場合はケーブルが左右に分かれているバランス接続というものになってしまうので、他で使えない完全なセットモノになってしまう。

というか今回知ったが、イヤホンプラグは各社勝手に色々やっていて規格が統一されてないので何も考えずに使うとやっちまう事もあるようだ。1番多いのは3極タイプのようだが、iPhoneを使っていると4極だったり、ソニー製品だと5極だったり…。性能に留まらず、太さも3.5㎜(たぶん1番多い)、2.5㎜、4.4㎜、6.5㎜とか…。泥沼だ…オーディオの世界が沼に例えられる一端を垣間見た

雑記

ドラゴンボール超 105話

亀仙人活躍回。第4宇宙の美女戦士が襲い掛かってきて一瞬色仕掛けにやられかけた亀仙人だったが持ち直して撃破。色々な戦いを見てある程度相手の実力や技を見極めていたという。見てたって…悟飯たちと別れて単独行動になってから設定上数分しか経ってないんじゃ

亀仙人と言えば「ドラゴンボール」の時代、2回目の天下一武道会で初登場の天津飯相手に引退を宣言し、続くピッコロ大魔王相手には魔封波を失敗して死亡。戦いからは遠ざかり、サイヤ人やセルと戦った時には己の無力さや戦いについていけなくなった事を嘆いている過去の人になっていた。

個人的にもDBをリアルタイムで見始めた頃には亀仙人はとっくにエロギャグキャラになっていて、活躍を見たのは全て夕方のアニメ再放送

リアルタイムでは映画版でDr.ウイロー相手に世界一の男と勘違いされて奮戦するもすぐにやられてしまったのと(これはリアルタイムではなく数年後に後追いで見たやつかも)、あのブロリー相手に「ブロッコリーとやら、ワシが相手じゃ!」と酔った状態で宣言し、MAXパワーを披露したと思ったらひょっとこ踊りを始めてツッコミ役のクリリンが連れていく、何かの映画でピチピチギャル相手にサングラスがスカウター化してギャルを計測するというギャグが印象的であった…が、それくらいしかリアルタイムで見てない。

自らいい加減、忘れていると公言する原作者鳥山明の気まぐれにより、映画『復活の「F」』の際に戦線復帰。それどころか鳥山明は「その気になれば亀仙人はこのくらいは強い」などとコメントし、戦闘力を考察したがるファンに対して戦闘力議論がなんの意味も無い事、最早成立させられない事を痛感させた。『Z』や『GT』の頃に億以上の単位で戦闘力を考察するファンサイトがよくあったが、それらはほぼ鳥山明という原作者自らの出した新設定の数々で完全粉砕されたといってもいいのが『超』以降といえる。

一応脚本サイドも亀仙人の異常なパワーアップへの理由付けはある程度必要だと判断したのか、煩悩を捨てるという修行方針がここまでに描かれていたが、今回は過去エロへその情熱のほぼすべてを注いでいたところを煩悩を捨てた事で強さとしてたぎらせたみたいな形に。それで第4宇宙の戦士を本気でビビらせて逃亡させてしまう形で倒せてしまうのだからどっちみち凄い。

さらに襲い掛かって来た第4宇宙の幻術使いの女戦士には、悟空たちは直球勝負だからこういう特殊な能力を使う相手には分が悪く、こういうのを始末する担当は自分だとしてなんと魔封波を使用(封印した小瓶を場外に捨てる形で勝利)。クリリンは使用後の体力を心配していたがなんと余裕。煩悩変換(?)すげぇぇぇぇ…。

ついには第4宇宙のリーダー格の戦士まで登場。これも攻撃をかわし続けて余裕を見せるが、成長するタイプの戦士だったらしく逆転されてフルボッコに。それでもなお立ち上がり、よいこ眠眠拳という奇策で挑む。効きかかったが相手は自らを攻撃して無理やり目覚めて再びフルボッコ。意地を見せた亀仙人はMAXパワーかめはめ波で撃破。

しかし力尽きて心停止。ゼリーみたいな体形の戦士に動きを封じられていた超サイヤ人状態の悟空はこの少し前から亀仙人を気にかけるもが振り切れずにいたが、倒れた亀仙人を察知して本気で焦り、ブルー化で相手を吹っ飛ばすと駆けつける。…亀仙人が戦っている間中、縛り付けられて身動き取れずに苦戦してたのにブルー化したら1発って最初からやれよ、やられてる方が体力消耗結果的に激しいだろ相変わらずだな…。

ブルー化のままの心臓マッサージという逆に危ないんじゃないかという状態を連打した結果、亀仙人復活。フラフラのまま肩を組んで去っていったが…悟空が戦ってた相手はどうなった…?

少し前に萬國驚天掌も使ったので亀仙人懐かしの主要な技は全て披露するフルサービス。他に残像拳とか酔拳とかもあるけど。ほとんどギャグ技だったよいこ眠眠拳まで引っ張り出してくるとは思わなかった。魔封波だけ2年くらい後の披露だけど、それ以外は軒並み最初の天下一武道会で悟空相手に使用した技なのでほとんどが31年ぶりとかになるという驚異。

これで退場させるのかと思ったら退場にはならず。かといってもう戦えそうにないが隠れてるだけになるのか?クリリンだけ早急に落とされたのが改めて惜しまれる。

ハロー張りネズミ 7話

近所の八百屋(宇野祥平)が毎晩ネギを買って帰る女性(橋本マナミ)と付き合いたいから調べてくれとやってくる。純情中年M字坊主というザ・オッサンな八百屋に対して、高嶺の花すぎるとゴロー(瑛太)ら事務所一行は即座に無理だろ…と感じるも調べることに。

ゴローと蘭子(深田恭子)のなかなか進展しない様子を後押ししようと所長命令でこの2人がコンビで調査をする事になり、深田恭子がメインに。今回もグレ(森田剛)は出番ほぼ無し。ていうか最初の頃は補足調査くらいはしていたのにここのところ深田恭子の出番を増やしたせいでグレほとんど何もしてなくね…?

調べると橋本マナミは夜の仕事をしていて複数の男を関係を持ち、貢がせている事が判明。ゴローはビッチだ!とブチ切れ、ホステスだった蘭子への疑念も膨らんでしまい調査が雑に。蘭子はその割には生活が質素なので理由があるのでは?と告げるが、ゴローは水商売を見下すような発言を連発した事で蘭子怒らせてしまいグーパンチを喰らってしまう。

蘭子は結局自ら橋本マナミのところに乗り込んで事情をうかがうと、やはり家庭の事情でやっていた事、実はそんな中でまっすぐで明るい八百屋の事が好きになっていたと告げる。ゴローは八百屋にはビッチですと調査報告してしまっており、翌朝お互い謝罪したゴローと蘭子は八百屋の元へ走り真実を告げ、八百屋は実家に帰り農業をしていた橋本マナミの元へ爆走して告白しゴールイン。見届けたゴローと蘭子も告白してキス!と盛り上がるが即座にホテルへ連れ込もうとしたゴローは再びグーパンチを喰らって次回へ続く!

冴えない中年オッサンが美人に片思いと思いきや奇跡の両想いでゴールインというストレート展開、ゴローと蘭子もこれに乗じて好意を伝え合う…という30代の男女2組による微笑ましい純情物語になるとはこのドラマ、本当に作風が幅広い。そしてやはり深田恭子、若い頃よりかわいい。グーパンチもなんかかわいい。

僕たちがやりました 6話

パイセン(今野浩喜)が釈放され、無罪だったと思い込んで再集結したトビオ(窪田正孝)、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)。金を奪ったクズマル、伊佐美の彼女の今宵(川栄李奈)で童貞喪失した上にしばらくめくるめくの日々を過ごしていたトビオはどんな顔をして会えば…と戸惑うが会ってみたら水に流してバカ騒ぎ。とりあえずバカ騒ぎ。何も考えずにバカ騒ぎ。パイセンの金と思考停止のバカ騒ぎだけが4人を繋いでいるバカ騒ぎ

…の中において今宵の件は必死に隠し通すもクズマルに関してはトビオと伊佐美は一致団結して糾弾。しかし相変わらずのクズマルは全く謝ろうとせずに開き直り険悪に。この険悪もバカ騒ぎが水に流した。というわけでそこそこの日常を取り戻したという形でどう見てもそこそこではないウェーイでバカ騒ぎの日常を謳歌する4人。

そんな中で担任の立花(水川あさみ)がパイセンに接近した事で弁護士の西塚(板尾創路)との関係も明らかに。立花は西塚の雇い主である裏世界のドン輪島(古田新太)に何らかの恨みを抱いていて輪島に近づくために西塚の偽証の誘いに乗ったらしいが、輪島に会うのは失敗し逆に脅されてしまう。その輪島こそがパイセンの父親だという。

西塚から犯人は輪島がでっちあげた偽物の男(借金まみれのホームレスに家族の無事を条件に整形手術を受けさせ死刑覚悟の上で犯人役を演じさせた)という話はパイセンも釈放後に聞いており、ノリでトビオらにも話すが盛り上がっていた3人は沈黙。黙っていればいいというパイセンに最初に乗ったのがクズマルだったというのはブレていないがトビオは困惑。謎の「やっみのなか!やっみのなか!」コールにも無表情のまま同調するが、つけていた刑事、飯室(三浦翔平)が登場。飯室は大体自分がつかんだ話通りだったとして、さらに輪島の愛人の子がパイセンで、息子を守るためではなく殺人犯の父親になりたくないからもみ消し工作をしたと突きつける。

自分1人が真相を掴んでももう覆らないし、最悪自分も消されるからこれ以上は何もしない…と言いながら、しかし真実を知る者がここにもう1人いる事、そして死んだ10人の写真をつきつけ、生涯10人を殺した罪悪感に苦しめ!と物凄い形相で突きつけて去っていった。

ショックを受けたトビオはハイテンションが嘘のような寡黙キャラに。さすがにその場ではショック顔だったクズマルが次の日には逃亡生活をクラスの女子に自慢げに盛って話しているクズっぷりは相変わらずブレない。このままクズらしい末路が最期にあるんだろうか。

放心状態のトビオは屋上からI can flyしたところで次回へ続く!

ということで事件自体の真相はほぼ判明。10人殺し+真犯人としてでっち上げられた男が死刑になれば11人殺しを生涯背負う4人がどう生きるのか…という割と重い展開に。嫌気が刺すほどのバカ騒ぎバカ騒ぎまたバカ騒ぎだったのはもう2度とこんなバカ騒ぎを心から出来ないから…だったとすればまあ…。

最初のバカ騒ぎでパイセンが熱唱していたのが「Ultra Soul」、輪島がキャバ嬢と遊びながら、また自殺を偽装させながら暗黒に歌っていたのが「ALONE」…と謎のB’zカラオケが展開したが会ったことなくてもそこは親子だった…ということか。毎週かかっている主題歌よりカラオケでインパクト残すB’zやっぱ凄い。

コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命- 6話

冷凍庫内での荷崩れ事故が発生。現場で治療に当たる藍沢(山下智久)、藤川(浅利陽介)、雪村(馬場ふみか)。藤川がいったん戻り、灰谷(成田凌)、横峯(新木優子)と交代したが落雷による停電が発生。冷凍庫に2人と割と元気な患者が取り残されてしまう。元気な患者は問題なかったが、倉庫の奥に死にかけの患者がいたことが発覚し、復旧を待っては間に合わないので2人が麻酔無しで止血のための手術を施さなくてはいけなくなってしまう。

相変わらずビビりな灰谷が頼りないので仕方なく横峯が切開するが患者は意識があり激痛の悲鳴を上げる。患者はやめてくれぇぇぇ!と泣き叫び、まるで拷問しているかのような見ている方まで痛くなってくるような月9史上でもなかなか最凶レベル。患者自らが止めてくれと懇願する状況に横峯は出来ないと断念。灰谷はひたすら気配を消す始末だったが、藍沢の言葉で自信を奮い立たせた灰谷が成長を見せ、ビビり気質なところが患者と波長が合った事もあって無事に救う事ができた。

また冴島(比嘉愛未)が早くも復帰。雪村が慣れない状況で悪戦苦闘する中、颯爽と現れて圧倒的な補佐能力で藍沢をサポートする姿に雪村は圧倒される。雪村、柔らかい雰囲気にキャラ変したと思ったらなんか一気に自信喪失しちゃった感じもしなくないが…。ていうか先週のあんまりな展開からの冴島あっさり復帰。夫婦揃って引きずっている様子皆無っていう繋がりの無さが凄い。

今期立ち位置的にやる事があまり無い緋山(戸田恵梨香)は今回は17歳の高校生の脳死判定に関わる事に。前シリーズで母親への感情移入から脳死判定の際の同意の手続きを誤り、後からやってきた事情を知らない親族に裁判起こされるという大騒動を味わった緋山はその件にも触れて、丁寧な書類仕事を淡々とこなしながらも厳かな雰囲気を醸し出し、何も感じない無感情な名取(有岡大貴)との凸凹っぷりを鮮明にさせるといった寸法。先週まで出ていた丸山智己がさっぱり出てこなかったので緋山の恋心展開も中断されてしまい、これまた繋がりが無い。

名取は名取で緋山をうらやましいといい無感情な自分に悩んでいるらしい事は判明したが、名取はどういう方向に着地させるんだろうか。既に横峯・灰谷のコンビが定着しつつある中で当初から一匹狼タイプだった名取の立ち位置はどんどん離れていってるような……。医師としての腕は横峯の以前の発言から横峯・灰谷よりは上のようだが、成長して患者を救う事が出来た2人と違って、前回診断ミスったのがクローズアップされただけだし。

臓器摘出シーンはかなりの時間を割いて行われ、その異様な雰囲気を存分に映し出し、さらに橘(椎名桔平)の息子に心臓が提供されるかもしれない!?と煽っておいて2位だったことが発覚し今回は別の患者へ心臓が運ばれて行ってしまったという相変わらず無情なストーリー展開に。息子のドナーが見つかるかもしれないという一幕だったのに出ていたのは橘だけで三井(りょう)は出てこなかった。

また手の震えが残ってしまいリハビリでも治らないというピアノ少女に対して藍沢もまた苦悩。自分たちはもう成長ではなく結果を期待されるという今回は全体を見渡す役割だった白石(新垣結衣)のナレーションが入り、次回へ続く。なんか冒頭数分だけ異様にコミカルで明るいやり取りをやって、以降激重・激鬱展開っていうのが今シリーズのパターンになってきたな。