さようなら2018年

年々加速していくというが本当に加速していく今日この頃。2018年も終わるという事だが、今年は個人的にはなかなか油断ならない中で必死に試行錯誤して進んでいく1年だった。成果という形ではおかげでかなり出たし、元旦に引いた大吉に書いてあったことは概ね当たっていた感じではあるが…。来年も正直油断ならない状況が続くのでその分だけ精神的・体調的に今年ほどではないとは思うが響いてきそうではあるが、今年があったおかげで次に同様の試練になっても今年よりは楽に戦えるだろうというのはなんだかんだ大きい(ポジティブシンキン)。

さてプライベートな話題はぼかししか入らないのでこの辺にしておいて、本サイトに関しては本来のマイペースに戻ってきて、ようやく界隈だとかオフ会よく開催しているとかのイメージを元に戻すことができた。オフ会とかやってたのは10周年からの2年くらいだけで以降はオープンでは一切開催してないんだけど、4,5年は何か内輪感で入りにくいだの界隈だのなイメージがつきまとっていたように思う。時々言われていたがようやくそういう事を言ってくる声が少なくともこちらには届かなくなった。界隈などそもそも無い。それぞれがそれぞれを尊重して時々やり取りするくらいの良好な関係はオフ会開催から5,6年以上が経過した今でも継続していると思っているけど、特定の派閥のように固まっている意識はかつて界隈として勝手に括られてしまっていた人たちも特に持っていなかったと思う。

一方で新たな試みとして導入したものの、そんなん聞く?という質問ばかりな質問箱に関しては一部の方からは心配の声・変な質問ばかりでマジ大変すねと同情の声・無礼者への怒りの声等も頂いていたが、本日付で完全閉鎖とさせていただく運びとなった。先人たちも既にとうに撤退しているが、やはりそれほど無礼者が多いという事だろう。無礼者本人に全く自覚がなく何度も何度もそれ聞く?な質問をぶつけてくるのに対して、善良な一般市民さんに限ってまずかっただろうかと気にしすぎて質問しなくなっていくという構図だったことが推測され、ずっと見ていた人にとっては後半は半ばクソリプ合戦と化していたと感じていた人も多いのではないか。

かなり意図的に面倒な質問に対しては2度と質問してこないか、永久に去ってもらうくらいきつめの返しを連発してはいたんだけど、まあ自覚がないだけに全く効かない事。そしてそんな事を繰り返しているうちにこっちがトゲトゲしくなっていくため、普通の質問への返しまできつくなることもあったのだろう、こっちの好感度ばかりひたすら下がっていくという質問箱とはまさに悪魔のシステムであるという結論に至った。

なお別に好感度を狙ったりはしていないが、こういうところに目をつけて「好感度とか狙ってたんですね」みたいなことを送ってくるわけである。その手のなんでもない主題でもなんでもないところを引っ張ってきて「○○なんですね」「○○なんですか」というのが多かった。

ちょうどここのところ浅岡雄也氏が質問箱を連投しているが、まあひっでぇ質問ばかりで、大体そういう質問って文章の感じがどこも一緒なんだなぁと。そして元々言いたい放題だった浅岡さんでさえもますますトゲトゲしくなっていっていくというのを目の当たりにした。そこに共鳴を覚え、これはマジで質問箱とはとっとと辞めた方がいい悪魔のシステムと思った。浅岡さん、なんかありがとう

7割くらいはちゃんとした人だったとは思うのでそういう方々には本当に申し訳ない。

こういった悪魔箱により徐々に毒された2018年、それによる疲労感の影響も否定しないが、「貴方が選ぶ音楽大賞」に関してはここ2年不正・挑発行為が一部見られるようになってきたモラルの低下、これに伴い個人で管理・判断するのもそろそろ厳しい感じがしてきた、10年続いてキリがいい事などもあって初めて開催を迷う状態となっていて年内の投票開始は見送った

ただ前回の時点で最後を明言していなかった事には心残りがあるのもあって、1月1日~14日の期間で開催、ただし不正・挑発行為がこれまで以上に続く場合や、悪魔箱の影響による投票数の著しい低下、具体的には2012年以降楽曲部門の投票数は100前後以上で推移しているので、この投票数が2011年以前(70~80を下回る)の水準まで落ちるとなった場合は参加者さんもまた主催者である私自身が感じているのと同様の「そろそろ潮時」と感じているという事だと思うのでやはりここで最終回としようと思う。

Twitterの開催可否アンケート企画をやってみたところ、潮時派が2割近くまで行ったので似たような感触を抱いている人は少なくはないようで安心してもいる。

そんなわけで2019年はよりマイペースにやっていきます。

雑記

とある魔術の禁書目録Ⅲ 13話

フロリスと列車から川に飛び込んだ上条は普通に無事だったとコメント。しかしフロリス曰く「水面に激突してぐるぐる回転しながら7回もバウンドした」らしい。ケガ1つ負っていないようなんですが…。

そこに逃げてきた第3王女ヴィリアンがやってきて、さらに天草式の面々も到着したので、天草式に引き渡して上条はインデックスの元へ。フロリスがどうなったか不明だけど元々敵なので捕まったか逃げたか。ていうか瞬殺されて気絶なさっていた聖人神裂が普通に復帰して天草式に同行しているので、森の中で寝そべっていたのを回収されて回復させてもらったのか。

アックアとナイトリーダーはナイトリーダーが「ゼロにする」の一言で攻撃を無効化するけど毎回違う攻撃のために「ゼロにする」って言わなきゃならないのでグワッ(攻撃)→「ゼロにする」→グワッ(攻撃)→「ゼロにする」→グワッ(攻撃)→「ゼロにする」というあまり面白くないやり取りが続いた後なんやかんやでアックアが勝利。そこに上条が到達し、キャーリサとも遭遇するがアックアに助けられて上条とインデックスは助かった。この際に最後の神の右席であるフィアンマがインデックスと上条の右腕を狙っているとの情報がアックアからもたらされる(たぶん今シリーズのラスボス)。

で、なんやかんやでカーテナ=オリジナルを暴走させるとかなんとかで地下鉄のシャッターの電子ロック解除のために上条が美琴に電話して開け方を聞くという形で美琴が学園都市から電話で登場。作戦は成功してカーテナ=オリジナルの威力を削ぐことが出来たので後はキャーリサの元へ乗り込むだけだと意気込む御一行で来年へ続く。

ドラゴンボール超 ブロリー

2018年12月公開。

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』以来3年ぶりの映画。前2作『神と神』『復活の「F」』は『ドラゴンボールZ』だったが、前2作以降にアニメ『ドラゴンボール超』が開始。前2作の内容も『超』で再構築され、その後原作者考案のオリジナルストーリーが展開していたが2018年3月に一旦終了。今作はアニメ『ドラゴンボール超』のそのままの続編となっており、厳密には前2作の続きではない(が、前2作とアニメ版の大まかな流れは同じなのでそんなに違いはない)。『超』の映画化は初となる。

題材となったブロリーは93~94年の映画『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』、『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』、『ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』3作に出演した映画オリジナルの人気キャラ。当時は原作者鳥山明がキャラクターデザインのみを担当したがストーリーには関わっていなかった。

今作はスタッフの提案で鳥山明が原作を担当しているが、本人曰くデザインした事も忘れていたとのこと。かつての設定を基に新たに話を構築しているため、似ているところもあれば大幅に変更された設定もある。

また前史となるフリーザによる惑星ベジータ破壊とバーダックにまつわる話は2014年に発売された鳥山明の漫画『銀河パトロール ジャコ』の最後に収録された書き下ろし短編「DRAGONBALL-(マイナス)放たれた運命の子供」が原作となっている。かつてTVスペシャルアニメとして放送された「たった一人の最終決戦」とは大きく話が異なる「ドラゴンボール超 ブロリー」の続きを読む…

勝手に音楽大賞2018

シングルは聞こうと思っていたものは全部聞き終え、アルバムは「MUSIC MUSCLE」やまだ借りてもいないアジカン、RADWIMPS、ClariS辺りがあるけどこれらは来年に回す。年々候補を上げるのは苦労しないけど並べるのに苦労するのでそろそろやらなくていいんじゃないかなと思いつつも、しかし新年に向けて1つの区切りである事もまた間違いないわけで…。

楽曲部門

大体当時書いた感想と同じで、その中でも現時点で良かった記憶が残っているものを列挙。7位までで1つ壁があるイメージなので8位以下は事実上順不同といった感じ。

アルバム部門

1位 木造の瞬間/藍坊主
2位 822/森山直太朗
3位 DANCE TO THE MUSIC/Shiggy Jr.
4位 重力と呼吸/Mr.Children
5位 FILMS/GOING UNDER GROUND
6位 STARTING OVER/高橋優
7位 DELICIOUS./TWEEDEES
8位 KICK UP!! E.P./Shiggy Jr.
9位 Peachy!/麻倉もも
10位 ROCK GOES ON/相川七瀬
11位 僕だけの君~Under Super Best~/乃木坂46
12位 新空間アルゴリズム/スキマスイッチ
13位 二重螺旋のまさゆめ/Aqua Timez
14位 走り出す瞬間/けやき坂46
15位 BLUE COMPASS/水瀬いのり
16位 ISLAND/doa
17位 ALL TIME BEST~福耳 20th Anniversary~/福耳
18位 海のOh,Yeah!!/サザンオールスターズ
19位 MeRISE/Sabao
20位 Future Pop/Perfume

アルバムは毎年迷うけど1位だけは超鉄板。ベスト盤を除くと★5発動は唯一だったんじゃないかと思う。同時に感想を書き終えた後もちょくちょく聞いていたのもこの1作のみとなるので、基本残りのアルバムはどれもだいぶ忘れていておおざっぱな印象しか残っていないのが正直なところ。「重力と呼吸」や「FILMS」は最初の印象があまりに無さすぎたのでいつもより回数を聞いたり、寝かしたりしてから感想を書いたところはある。

今年もだいぶ聞く数は抑えめにしてなるべく1作ごとに集中したとこはあるんだけど、まだちょっと多すぎたところはあるのかもしれない。

マイブレイク部門

1位 藍坊主
2位 Shiggy Jr.
3位 新しい地図
4位 夏川椎菜
5位 sumika

華麗なる復活を果たした藍坊主が再ブレイクで1位。
Shiggy Jr.はとっちらかった印象の方が強かったけど今年はレンタル追放をきっかけに今までよりしっかり聞いたためか、ある程度軸が定まったためか印象が上がった。
新しい地図は思っていた以上にSMAPっぽさを継承していて楽曲の出来がどれもいい。
夏川椎菜は「パレイド」効果、sumikaは「ファンファーレ」効果。

とある魔術の禁書目録Ⅲ 12話

なんかイギリスの第2王女キャーリサがクーデター起こしてイギリスで内戦が始まった。

キャーリサ、ナイトリーダーというクーデターの首謀者&最側近と行動を共にしていたインデックスと合流すべく上条は移動を開始するが、乗り込んだ列車内で先週神裂に瞬殺された「新たなる光」のフロリスが拘束されており、イマジンブレイカーで拘束を破壊したところ警報が鳴り出したため2人で逃げるため川へダイブ!と移動しているだけで話が終わった。

神裂は真っ先に首謀者を倒すとしてキャーリサ、ナイトリーダーの前に立ちはだかるが、キャーリサには相手にされず、ナイトリーダーはカーテナ=オリジナルの力を受けているとか何とかで凄まじいスピードと攻撃力でいつも魔術だ武器だと振り回している今作には珍しく、ドラゴンボーリー(?)な肉体格闘を披露すると一瞬で神裂を倒してしまった。力を得ているので今は聖人相手といえど遥かに格上だとか説明していたが、いきなりラスボスの前に現れて1発も当てられずに瞬殺されるなんてなんかすっかり神裂が雑魚キャラに…。

第3王女ヴィリアンを殺害しようとキャーリサ、ナイトリーダーがあっさり駆け付けるが殺害寸前にアックアが帰還。聖人崩しを喰らって死んだと思われていたがダメージを負ってパワーダウンしているが生きているらしい。ナイトリーダーと激闘を繰り広げ押され気味ではあったが…。神裂を瞬殺したナイトリーダー相手に弱体化したアックアが割と戦えてしまう(しかもなんだかんだ勝てそう)となると、神裂の立場がますます…。