未来玲可 20周年シングル回顧

小室哲哉プロデュースのブームの末期に突入していた98年、安室奈美恵は産休に突入して年末に復帰、華原朋美は小室との関係が急速に悪化して下手にしか歌えないような怪作を連発、globeがシングル4連続リリースを決行して、無謀なレコード大賞受賞へ向かう中で、新たな小室プロデュースがデビューした。

それが未来玲可である。

当時14歳の中学生として彗星のごとく出現し、いきなり月9主題歌に起用されるという破格の超大型新人扱いで、いきなり30万枚のヒットを記録した。
既に98年になってからの小室プロデュースはシングルでのミリオンヒットどころか50万程度がやっとだったし、月9自体も97年はどれも大ヒットしてブランドを確立していたが、98年になると初回だけ注目されてそこそこの視聴率をたたき出すが2回目以降は低迷して終わるのがパターンになってきていたのでさほどヒットしておらず、30万枚は98年当時において大ヒットではないが中ヒットくらいではあった。またトップ10に4週連続でランクインしたのもあって数字以上に98年末に流行っていた感覚もあった。

一体小室哲哉はどこで彼女を発掘してきたのか、そもそも小室哲哉が発掘したのかすら特に語られなかったし、名前もまあ普通に芸名っぽいしで存在が謎に包まれていたものの、全く表舞台に登場しなかったわけでもなく普通に「ミュージックステーション」に出演して生歌唱も披露した。

しかし終始緊張により若干泣きそうな表情で声が上ずり、曲が進むごとに上ずる回数も増えて声がヘロヘロになっていった。どうやら鋼の心臓を持つ度胸の据わった少女というわけではなく、ごく普通の14歳だったようでいきなりのTV生歌唱という途方もない緊張を考えれば当然ともいえる状況だったのかもしれない。当時視聴者に与えた衝撃は多く、ネットが発達していた時代では無かったのでリアルタイムで語られた出来事ではないにも関わらず現在も引退理由として“Mステでの失敗で自信を喪失した”と筆頭に挙げられてしまうくらいMステ出演の衝撃は伝説として細々と語り継がれているほどである。

結局このMステ出演は夢か幻か、12月に2ndシングル発売予定とCDショップの案内告知も出ていたがそのまま延期・中止になり、やがて3月になってひっそりとアルバムが発売されたがこの際の本人稼働は無くそのまま消息不明となった。

しかもこのアルバム、小室と久保こーじの連名プロデュースであったにもかかわらず小室は一切曲を書き下ろさず、内田有紀に書いた曲をカバーさせた以外は他作家へ全面丸投げ。鈴木あみの1stで見られたように小室が曲を書かない場合、アルバム曲をMARCや前田たかひろが歌詞を書いて久保こーじが作編曲を担う事で仕上げるケースもあったが、なんと久保こーじでさえ1曲書いただけ(C/W含めて2曲)。MARCは6曲の作詞に関与したがそれ以外は外部作家に丸投げしてしまう始末であった(1曲だけTMNの木根尚登の作曲はある)。小室プロデュースなのに小室が一切新曲を書き下ろさなかったというのも前代未聞だが、久保こーじでさえも…となればもう後にも先にも例が無かったのではないか…。

このように「海とあなたの物語」1発屋というか1発しか出さずに消えてしまった謎の人となった未来玲可。”あの人は今”みたいな特集で扱われたという話も聞かないし、未だにウィキペディアにも引退理由が噂レベルのものが列挙されているだけという不確かさだがそれだけ情報が無いままに一瞬で消えてしまったのである。現在は配信でも出ておらずCDも廃盤なので中古でたまに見かけるくらいしかお目にかかれない。

そんなわけで史上最短、たった1回ポッキリで終わるシングル回顧、始まって今日で最終回

2018.11執筆

「未来玲可 20周年シングル回顧」の続きを読む…