森高千里 シングル回顧2~1994-1999~

ワン・アップ・ミュージック設立以降の活動後半(ワン・アップ・ミュージックは現在のZetimaへ変化してワーナーから完全独立した)。

この時期になると大きな変化はなくなったが、セールス的には全盛期を迎えた。といってもドラマタイアップでポーンとミリオンが出ていた90年代においてあまり大きな当たりも無く、シングル最高ヒットで40万台というのは当時としては大ヒットというほどでもなく、年間チャートになると50位を下回る。「気分爽快」でも年間54位だし、最高ヒットの「二人は恋人」に至っては95年なので年間82位である。これは同時代に活躍していた女性ソロシンガーに比べてもかなり低い。

しかし95年のベスト盤『DO THE BEST』はミリオンを越える大ヒットを記録。1995年の年間チャートでも10位を記録して年間トップ10入りを果たした。これは逆にシングルでミリオン前後のヒットを出している同時代に活躍していた女性ソロシンガーらでも達成できていない偉業であり、大きな1発は無いがヒット曲を連発していた事が実を結んだものと思われる。

一方でこのベスト盤の大ヒットを機に次のシングルからはいきなり売上が半減。タイアップは続いていたが、徐々にヒットから遠ざかっていく事となった。かろうじて年末バラードシングルで持ち直して96,97年と2年続いて存在感は示していたものの、97年の「SNOW AGAIN」を最後に98年以降は本格的に低迷した。

99年には江口洋介との結婚・妊娠を発表。これに伴い新作アルバムが制作されなくなり、99年後半はリメイクシングル、ベスト、リミックス等の企画盤のリリースが相次ぎ、産休に突入してそのまましばしの半引退状態となった。

以降も自選ベストの発売やCM出演などちょいちょいと活動しつつ、00年代後半以降はTV出演も徐々に再開された。2012年の25周年で『ザ・シングルス』発売を機に主にYou Tubeを主戦場として200曲セルフカバー企画を行い、コンサート活動なども行うようになった。しかし現在でも新作アルバムの制作や、そもそもに通常の新曲の発表などは行われていない。

2020.5~6執筆

「森高千里 シングル回顧2~1994-1999~」の続きを読む…

森高千里 シングル回顧1~1987-1993~

シングルが40枚だったので20枚で分割したが、実際の公式ではレコード会社が変わった~19th、20th~で分けられることが多い。厳密には20thは新レコード会社ワン・アップ・ミュージックを設立したが品番は前のままという過渡期で、21stから品番もワン・アップ・ミュージック独自のものに切り替えられた。

また音楽的には自身で楽器演奏(主にドラム)を開始したタイミング(「渡良瀬橋」以降)が大きな転機となっているほか、それ以前にも個性的な歌詞を自作し始めた、派手な衣装を止めたなどいくつかのターニングポイントがあるのがこの前半の特徴だ。

初期の路線は特段個性のあるものではなく、ある程度時代に即したような曲が並んでいたが、まずとんでもない歌詞で強烈なインパクトを残し、そろそろ耐性が出来てきて歌詞がインパクトなだけでは前ほど驚かなくなってくると、自ら楽器演奏を開始するという流れは鮮やか。唯一無二の存在へと進化していった前半を振り返る。

2020.4~5執筆

「森高千里 シングル回顧1~1987-1993~」の続きを読む…

6th ザ・ストレス(ストレス中近東ヴァージョン)

ザ・ストレス
1989年2月25日
作詞:森高千里、作編曲:斉藤英夫
アルバム『見て』収録曲「ストレス」のリミックスによるシングルカットでタイトルは「ザ・ストレス(ストレス中近東ヴァージョン)」に改められた。「ミーハー」に続く“ザ・”付属によるリミックスシングルカットで、方向性もそのままインパクト路線をより拡大させたようなパワーアップ版のようになっている。さらに今作ではウェイトレス姿という一見曲に関係ないがインパクトだけはあるコスプレ衣装にて視覚的なインパクトも重視。一応「ストレス」と「ウェイトレス」の“トレス”繋がりでこうなっているようでとにかくインパクトで覚えてもらおうという考えがあったようだ。さほど大ヒットはしなかったが一応初のトップ20ヒットでここまででは最高の売上を記録し、次回作への弾みとなった模様。

ひたすらストレスが溜まると連呼しまくり、そしてストレスが地球も男も女も何もかもダメにしてしまう事を訴えるというストレートな内容だが、シンプルさを追求したためかストレスの原因については一切言及されていない。具体的なストレスの原因を並べた方がストレスあるあるで共感は呼べただろうけど(SMAPの「ストレス」(『Peace!』C/W)はこの手法を取っている)、ひたすらストレスが溜まる、ストレスがダメにすると1番言いたい事だけを明確に繰り返しているのが大きなインパクトに繋がっていると思う。斉藤英夫によるシンセを駆使しまくった初期の80’sアレンジもここに極まった感がある。

オリジナルの「ストレス」も十分にインパクトだが、「ザ・ストレス(ストレス中近東ヴァージョン)」では間奏にエフェクトのかかった声や溜まるぅ~と台詞が入っていたり怪しげなサウンドが加味されたリミックスが施されている。この怪しげな雰囲気が”中近東”の由来か?(なんとなく中近東っぽいイメージ)。

『森高ランド』の新録音では表記が「ストレス」に戻っているが、テンポが速くなってより忙しなくなっている。間奏ではストレスが溜まって苦悩している台詞が入っているが何故か早口言葉を言い切ってああスッキリした!と言い放つという謎のストレス解消も行われていてちょっと笑える。

『ザ・森高』の「ザ・ストレス(ザ・森高ヴァージョン)」ではストレスの国を探す探検隊の男性2人による寸劇が冒頭で展開するなどよりぶっ飛んだ設定に。ついにストレスの国を発見した2人の前に現れたのはストレスの国の女神で…というところから曲がスタートし、曲本編自体は「ザ・ストレス(ストレス中近東ヴァージョン)」とほぼ同じだが、間奏では寸劇の続きで捕まってしまい女神の生贄にされてしまうと焦り助けを求める2人の様子と女神の高笑い、そして『森高ランド』の「ストレス」に入っていた早口言葉でストレス解消しようとする台詞もぶち込まれまさに集大成のような仕上がり。なお探検隊の2人がどうなったか明らかにならないが最後の様子から女神の生贄にされてしまったと思われる。合掌

アルバムへの収録はこのように初期は毎回違うバージョンで収録されていて、シングルバージョンである「ザ・ストレス(ストレス中近東ヴァージョン)」でアルバム収録となったのは99年の『the best selection of first moritaka 1987-1993』が最初だったが、以降のベスト盤では3連続で「ザ・ストレス(ストレス中近東ヴァージョン)」で収録されている。

また2006年には安倍なつみがジョージアGABAのCMソングとしてカバーしてシングルとしても発売された。この際のタイトルは「ザ・ストレス」でC/Wには危機Version、shakabone HIDE Remix、アカペラVersionとひたすら同曲別バージョンで攻め、一応カバー自体は話題にはなったものの既に安倍なつみの人気が低迷しつつあったこともあって7作目にして初のトップ10落ちとなってしまうなどセールス的にはコケてしまった。
★★★★☆
3rdアルバム『見て』(「ストレス」)
1stベスト『森高ランド』(新録音「ストレス」)
2ndベスト『ザ・森高』(ザ・ストレス(ザ・森高ヴァージョン))
4thベスト『the best selection of first moritaka 1987-1993
7thベスト『ザ・シングルス
8thベスト『UHQCD THE FIRST BEST SELECTION ’87~’92

PV
セルフライナー
200曲セルフカバー(2014)

5th ALONE

アローン~ALONE~
1988年10月25日
作詞:森高千里、作編曲:安田信二、編曲:斉藤英夫(森高ランド)
安田信二の作編曲と作家が異なるものの初期の切ない失恋路線を引き継いだ楽曲。前後のシングルがインパクト強いだけに後追いで聞くと地味目な印象になってしまいがちではあるが、今日別れたばかりでタイトル通りALONEになった主人公の未練全開なサビでの好きよの連発はシンプルな言葉遣いが曲の落ち着きや地味さをいい感じにカバーしていて意外と残りやすい。切ない曲ながらもサウンドもけっこう心地いいミドルナンバーだ。

アルバム『見て』では表記は無いがアルバムバージョンとなっていてアウトロのフェードアウト部分が変更されていて若干長くなっている。フェードアウトで終わるのはシングル同様だがサビがそのままフェードアウトしていくシングルと異なり先にリズムがフェードアウトしてオフになり、シンセと再度サビの一部を繰り返すのみになって静かに消えていく。

『森高ランド』での新録音では斉藤英夫によるリアレンジで、オリジナルの要素は残したまま打ち込みながらバンドサウンド風にリメイクしているのでオリジナルよりもリズムがしっかりしてギターも鳴っているなどがっしりとした仕上がり。こちらはシングルとほぼ長さは同じながらもフェードアウトせずに演奏が終了する。恐らくライブでのバンド演奏を想定して打ち込みされたものと思われる。
★★★☆☆
3rdアルバム『見て』(表記は無いがアルバムバージョン)
1stベスト『森高ランド』(新録音)
4thベスト『the best selection of first moritaka 1987-1993
7thベスト『ザ・シングルス

4th ザ・ミーハー(スペシャル・ミーハー・ミックス)

ザ・ミーハー
1988年4月25日
作詞:森高千里、作編曲:斉藤英夫
アルバム『ミーハー』表題曲「ミーハー」をリミックスしてシングルカットでC/Wにはアルバム音源そのままのシングルカット「ミーハー(オリジナル・ヴァージョン)」が収録された。リミックスに際してバージョン名だけでなくタイトルに「ザ・」が付属し、以降「ザ・」が多用され、「ザ・」が森高のシンボル(?)のようにもなった。

アルバム唯一にして初の本人作詞ながらアルバムのタイトル曲になっていてシングルカットにもなった事からもその作詞の非凡なセンスが好評だった事が伺える。実際最初の作詞にしていきなりサビで“お嬢様じゃないの 私ただのミーハー”と言い放つのはなかなか凄いセンスだと思う。なんか少しアホっぽい感じもあるんだけど独自の道がしっかりある感じというか…狙って出せるようなものでもなかなかないような…。

オリジナルもなかなかのインパクトだったがこの「ザ・ミーハー(スペシャル・ミーハー・ミックス)」では特にインパクトの強いサビのフレーズを切り貼りして間奏に使用するなど、リミックス、しかも当時よくあった引き延ばし系のリミックスバージョンみたいな雰囲気。当時のシンセサイザーの威力を活用したオリジナルからさらにバリバリに活用しまくったようなサビの切り貼り+ようやく始まった歌メロがサビ始まりに変わっていたりと、た・だ・のミーハー♪のフレーズがより耳にこびりつくような仕上がり。

『森高ランド』の新録音ではオリジナル表記に戻った「ミーハー」として収録。かなりスピーディーになっていて声も低くてかなりあっさり歌っているのでだいぶ印象が異なる。

『ザ・森高』では「ザ・ミーハー(ザ・森高ヴァージョン)」として「ザ・ミーハー(スペシャル・ミーハー・ミックス)」をさらにリミックス。間奏のボーカル切り貼りはより複雑になっているようにも聞こえるが全体には少し落ち着いたような印象も。

と、当時は出すたびに新バージョンで発表されていたが、『the best selection of first moritaka 1987-1993』『ザ・シングルス』では「ザ・ミーハー(スペシャル・ミーハー・ミックス)」が、『UHQCD THE FIRST BEST SELECTION ’87~’92』ではオリジナルの「ミーハー」でアルバム収録されている。
★★★☆☆
2ndアルバム『ミーハー』(「ミーハー」)
1stベスト『森高ランド』(新録音「ミーハー」)
2ndベスト『ザ・森高』(ザ・ミーハー(ザ・森高ヴァージョン))
4thベスト『the best selection of first moritaka 1987-1993』(ザ・ミーハー(スペシャル・ミーハー・ミックス))
7thベスト『ザ・シングルス』(ザ・ミーハー(スペシャル・ミーハー・ミックス))
8thベスト『UHQCD THE FIRST BEST SELECTION ’87~’92』(「ミーハー」)

3rd GET SMILE

GET SMILE
1988年2月25日
作詞:伊秩弘将、作編曲:島健、編曲:斉藤英夫(森高ランド)、編曲:前嶋康明(ザ・森高)
今作よりCDでの発売も始まった。本人作詞ではない初期3作の最後の1作。島健が作編曲という珍しい1曲。90年代以降の島健ってピアノや主にストリングス系のアレンジャーとして、ストリングスアレンジを施す際に色々なところで起用されていたイメージだったのでなんか普通に作曲と編曲している上にイメージの圏外にある普通にユーロビート系のダンスナンバーとは…。サビ頭が”行くぞ”になっているし、ライブでは盛り上がりそうなアップテンポなナンバーだが、アレンジはかなり薄味というか淡々としまくり。ほとんどリズムと薄いシーケンスの音で突き進んで随所でシンセの装飾音が入ってくるんだけどかなり控えめなので延々ビート刻んでいる印象しか残らないという…。

シングルでは最後のサビの繰り返しの途中でフェードアウトしていってしまうが、『ミーハー』収録時のAlbum Versionでは最後のサビがしっかり歌われ、さらに長いアウトロも聞ける…が、しっかり終わらずにこれまたフェードアウト。

『森高ランド』の新録音では斉藤英夫によるリアレンジでギターを効かせたロック系のバンド風アレンジに変更されていて前2作よりもリアレンジの度合いが大きい。というかけっこうガラッと変わった。

前2作と異なり『ザ・森高』にも生き残り、前嶋康明によるコンサート・アレンジ・ヴァージョンとして生音でリメイクされた。『森高ランド』でのロック系アレンジをさらにライブ仕様に発展させたようなイメージ。ドラムが軽めでライブの生バンドアレンジにしては…というところはあるが最初のシングルバージョンのアレンジの薄さに比べると進化したなと感じられる仕上がり。
★★★☆☆
2ndアルバム『ミーハー』(Album Version)
1stベスト『森高ランド』(新録音)
2ndベスト『ザ・森高』(コンサート・アレンジ・ヴァージョン)
4thベスト『the best selection of first moritaka 1987-1993
7thベスト『ザ・シングルス

2nd オーバーヒート・ナイト

オーバーヒート・ナイト
1987年10月25日
作詞:伊秩弘将、作編曲:斉藤英夫
英字表記の場合は「OVERHEAT.NIGHT」で現在の公式サイトではこの表記だがアルバム収録時の表記は最初は「「オーバーヒート.ナイト」でこれ以外は「オーバーヒート・ナイト」である事が多い。また公式の『ザ・シングルス』曲目では「オーバーヒート.ナイト」だが、作品内での表記は「オーバーヒート・ナイト」だったりもして「.」と「・」の違いにこだわりがあるのかないのかイマイチ良く分からないことになっている。2012年のセルフライナー動画では「OVERHEAT. NIGHT」と表記し、元々OVERHEATED NIGHTだったのが言いにくいのでピリオドを入れて…と解説しているので英字のピリオド表記が本人公式と思われる。

当時はEP/CTのみの発売で、88年3月25日に「NEW SEASON」との両A面扱いで8センチCD化されたがジャケ写は1stのものが使用された。このため1曲目収録のシングルCDとしては発売されておらず、You Tubeでのセルフライナー動画でも1stは1stのジャケ写が使用されている8センチCDを持って解説していたが今作はEP盤を持って解説していた。後にSPEEDの作詞作曲で広く名が知られた伊秩弘将だが前作ではHIRO名義、今作で伊秩弘将名義でクレジットされ、森高千里作品で作詞家として、そして同年の渡辺美里の作品では作曲で起用されるという何故か作詞と作曲でそれぞれ別の人への提供で作家デビューしていた。

ユーロビート系でサウンドはいかにも80’sで歌詞も夜がオーバーヒートしている感じ(?)で、なんというか80年代の夜のクラブな雰囲気。AメロとBメロのようなサビの2ブロックしか無くややサビが分かりにくいが、やたら合間にダンシンダンシン言っててクールに決めた台詞っぽいパートも出てくるのでシングルっぽい風格も一応あると思う。アウトロで曲が終わったと思ったら瞬時に持ち直してその後でフェードアウトしていくという謎のフェイントかまされるのが聞くたびになんだか気になる。

2ndアルバム『ミーハー』のAlbum Versionでは冒頭にカウントが入っているほか、フェードアウトではなく最後まで演奏されるという違いがある。
『森高ランド』の新録音ではテンポがかなり速くされた。シングルとアルバムでは5分前後あったのが3分47秒まで短くなっていてとにかくスピーディー。あっという間に駆け抜けていくようなイメージ。
★★★☆☆
2ndアルバム『ミーハー』(Album Version)
1stベスト『森高ランド』(新録音)
4thベスト『the best selection of first moritaka 1987-1993
7thベスト『ザ・シングルス

1st NEW SEASON

NEW SEASON
1987年5月25日
作詞:HIRO、作編曲:斉藤英夫、Keyboard Solo:森高千里
当時はEP/CTのみの発売で、88年3月25日にC/Wを2nd「オーバーヒート・ナイト」に差し替えた両A面仕様で8センチCD化された。当時のアルバムでのクレジットでは“Sampling Keyboard Solo”というクレジットだったが、1作目にしていきなり本人がキーボードソロ演奏を担当していてPVでもこの箇所ではキーボードの前に行って演奏している様子が映し出される。当初この演奏表記は普通に演奏クレジット枠だったが、後年のベスト盤では何故か作詞作曲編曲クレジットと一緒に併記されるようになり、現在の公式サイトディスコグラフィー、『ザ・シングルス』、『UHQCD THE FIRST BEST SELECTION ’87~’92』では演奏クレジットが非掲載にも関わらず何故か”Keyboard Solo:森高千里”の表記だけ作詞作曲編曲の横に一緒に掲載されている。どうしてこんなことになったのだろうか…。

80年代後期らしい固めのユーロビート風の打ち込みに物凄く固めのボーカルが乗っかる…という初々しさと緊張感が漂う1作目らしい1作目。正直初期の作品は個性もあまりなくて後々あまりに個性的すぎるのもあるがあまり印象に残らない曲が多いが、初期3作の中では売上通りでなんかんだこれが筆頭かなと。失恋から立ち直ろうとする歌詞だったり、割と淡々とした曲調はデビュー作らしい派手さは無いがサビのメロディーの良さはこれが1番かなと思う。

シングルバージョンは歌詞カードに書いてある2サビのリピート部分に突入するより前の1サビのリピート終盤で早くもフェードアウトが始まり、2サビのリピートのド頭(ファーストフードで♪)からすぐに音が消えていってしまう(歌詞カードでは2サビリピート部分にはFade Out表記がされているほど)。

1stアルバム『NEW SEASON』では現在のCD盤では表記が無いがアルバムバージョン。オリジナルより1分ほど長くなっていてシングルではほとんど聞けなかった2サビのリピート部分が最後まで歌われ、さらにアウトロのギターソロ部分まで収録されている。しかしそれでもなおフェードアウトでギターソロと共に遠ざかっていってしまう。

斉藤英夫によるリアレンジが全曲に施された1stベスト『森高ランド』ではリアレンジされた。大幅にイメージが変わるほどではないが、斉藤英夫が当時の制作環境で自宅で宅録してきた1人制作オケという事もあって全体に音が軽めに仕上がっている。ボーカルは経験を重ねて固さが抜けていて森高千里感(?)が増した。加えてアルバムバージョンよりもさらに30秒ほど長くなり、ついに6分越えの長尺になってしまったが、今度こそ最後まで演奏された。2サビを終えた後のアウトロギターソロも最後まで演奏され、もう1度サビ終わりの締めが歌われて演奏がちゃんと終了する。ここまで来るとなんかやっと完全版聞けた!感が強い。そして思ったより長ぇ曲だった…。

初期のアルバム収録では2回とも最終曲を飾っていたので恐らくリアルタイムのリスナーにとって締めの1曲という印象が強かったと思われるが、『the best selection of first moritaka 1987-1993』以降のベスト盤では3連続で時系列収録なので1曲目を飾っていて始まりの1曲という印象が個人的には強い。
★★★☆☆
1stアルバム『NEW SEASON』(Album Version)
1stベスト『森高ランド』(新録音)
4thベスト『the best selection of first moritaka 1987-1993
7thベスト『ザ・シングルス
8thベスト『UHQCD THE FIRST BEST SELECTION ’87~’92