7th Monotone Boy

87年4月22日
3番目のヒットシングル。当時アルバム未収録となり、休止後のベスト盤『The Best of Dreams』で初めてアルバムに収録された。B面の「Never Told You But I Love You」は『TIME』からのシングルカット。

偶然かソニーが狙っていたのか、同日の松田聖子のシングル「Strawberry Time」は今作と同じ作詞が松本隆、作曲が土橋という組み合わせで1位を獲得、今作は3位だった。 「7th Monotone Boy」の続きを読む…

REBECCA

6th LONELY BUTTERFLY

86年10月15日
アルバム『TIME』10日前の先行シングル。当時のシングル市場は低迷していたため売上枚数だけ見るとパッとしないが、一応ある程度安定してヒット連発の黄金期であったようで、当時の若者であれば一定以上の認知度はあったものと思われる。 「6th LONELY BUTTERFLY」の続きを読む…

REBECCA

5th Raspberry Dream

86年5月2日
前作に続く自身2番ヒットシングル。現在もそのまま「フレンズ」に続く2番目の代表作として認知されている。ギターの古賀在籍時最後のオリジナルシングル。このためなのかアルバム『TIME』に収録されず、オリジナルアルバムに収録された事が無い。 「5th Raspberry Dream」の続きを読む…

REBECCA

4th フレンズ/ガールズ ブラボー!

85年10月21日
当時のシングルジャケットでは2曲併記された両A面表記になっているが、「フレンズ」の知名度があまりに先行しすぎたせいか両A面だった事はほぼ忘れられている。『REBECCA SINGLES』『GOLDEN☆BEST REBECCA』発売時は完全に「フレンズ」単独A面扱いされており「ガールズ ブラボー!」は『REBECCA SINGLES』には収録されず『COUPLING SONGS COLLECTION』に収録された。またベスト盤のブックレットに掲載されているディスコグラフィーでも「フレンズ」は単独A面、「ガールズ ブラボー!」は思いっきりC/Wと表記されている。

自身最大のヒットシングル。最大ヒットといっても85年はレコード売上がかなり低迷していた時期なので枚数はさほど高くなく30万枚程度。年間チャートでは翌86年に累計より5万枚ほど少ない25万枚で30位に入っている。

バンド自体が90年代の到来と共に解散しているので、あくまで80年代のヒット曲の1つくらいの認知度だったと思われるが、99年のremixed editionによるリバイバルヒットによって知名度の裾野が下の世代に大きく広がった。 「4th フレンズ/ガールズ ブラボー!」の続きを読む…

REBECCA

3rd ラブ・イズ・Cash

85年4月21日
木暮・小沼が脱退してしまったため、土橋安騎夫をメインライターにしてリーダーとしての再始動作。ギターは古賀森男、ドラムは小田原豊が新たに加入した。ギタリストはこの後も変動があったが、ドラムの小田原豊は最終メンバーとして固定した。

前2作は100位圏外だったため、今作が初チャートインシングル(30位)。木暮・小沼を実質クビにしたのはひとまず売れることを目的としたためだったと思われるが、その目的の第一歩であるチャートへのランクインをいきなり果たせたという事で、結果的にメンバーチェンジ、土橋をリーダー・メインライターとする選択は一気に吉と出た。 「3rd ラブ・イズ・Cash」の続きを読む…

REBECCA

2nd ヴァージニティー

84年11月21日
2ndアルバム『Nothing To Lose』と同時発売。アルバムには「ヴァージニティー」はそのまま収録され、B面の「黄金の日々」は未収録。結果的に『Nothing To Lose』を最後に木暮・小沼が音楽性の違いで脱退したためデビュー時メンバーでの最後の作品となり、バンドは早くも再構築を余儀なくされる事となった。

脱退した2人は田所豊(後のダイアモンド☆ユカイ)、小川清史と共にRED WARRIORSを結成するが、RED WARRIORSは当初はレベッカ♂を名乗っていたため一時的に同名のバンドが2つ存在する時期があったという。これは小暮の脱退理由が自主的というよりディレクターとの方針の違い(もっとポップな売れるのをやれ)で衝突を繰り返して辞めると宣言する前に実質的にクビになってしまったが、レベッカというバンド名には愛着があったためとされている。

「ヴァージニティー」は代表曲として扱われる事も多い楽曲だが発売当時は100位圏外で売上記録は残っていない。 「2nd ヴァージニティー」の続きを読む…

REBECCA