32nd DAYBREAK’S BELL

DAYBREAK’S BELL
07年10月10日
前作から2ヶ月弱でのリリース。ガンダムタイアップ効果もあって、再発を繰り返した次回作を除くと最後の15万枚越え、通常以上のヒットを記録した。




DAYBREAK’S BELL

作詞:hyde、作曲:ken、編曲:L’Arc~en~Ciel
アニメ『機動戦士ガンダム00』OP。ここ最近とは一線を画す少しダークな雰囲気の楽曲。少しだけ90年代に見せていたダークさが戻ったような感じでもあるが、女性目線で戦争へ向かっていく男性への心情を綴ったような歌詞はここのところけっこう前向きソングが多かったので久々に作りこんだ世界観が来たなという印象も。古いリスナーほど評価が高くなりそうな曲だが、個人的には前作と今作を確か同じタイミングで音源聞いたんだけど、前作の方が印象が強かったのを記憶している。改めてラルクを全部聞いてくると、久々にらしさを感じるのはこっちなのかなという感じも。
★★★★☆
11thアルバム『KISS
8thベスト『TWENITY 2000-2010

C/W 夏の憂鬱 [SEA IN BLOOD 2007]

作詞:hyde、作曲:ken、編曲:HYDE P’UNK
シングルになった「夏の憂鬱 [time to say good-bye]」ではなく、3rdアルバム『heavenly』収録の原曲「夏の憂鬱」のカバー。いつも通りのハードなサウンドかと思いきや、ズンドコズンドコすさまじい轟音が鳴り響き、これまでの楽曲よりも一段上に突き抜けている。これはパンク調というよりメタルの領域に突っ込んでいったような…。
★★★☆☆
12thアルバム『BUTTERFLY』初回特典CD『P’UNK IS NOT DEAD

コメントを残す