From 3rdベスト『Memorial BEST~Gift of Melodies~』

From 3rdベスト『Memorial BEST~Gift of Melodies~』

02年10月9日
B00006HB6V
最後のベストアルバム。the FILED OF VIEW名義では唯一のベストでこの名義でリリースされた最後のCDとなる(iTunesとかで今作からの音源をDLすると全部the表記になる)。FIELD OF VIEW以降の全シングル20曲をリリース順に収録し、最初に新曲「gift」、最後に別バージョンを収録。

ブックレット内部は歴代の写真が大量に使用され、同時発売の『VIEW CLIPS~Memorial BEST~』のジャケット、ブックレットと対になっている(例えばメンバー2人しかアップになっていないページがあるが、『VIEW CLIPS~Memorial BEST~』ブックレットの同じ部分で残りの2人がアップになっている)。なお安部潤在籍時の写真も掲載されているが安部潤の姿を綺麗に切り取って3人だけにしている。

「君がいたから」に回帰するようなビートルズオマージュなジャケットは『Yellow Submarine』風のイラストだが、青基調のジャケットはオリジナル盤よりも実は99年の『Yellow Submarine Songtrack』に近い。近いというかご覧のとおり完全にそっちパロってますよね感全開である。…が、正直かなり珍妙な絵柄のためパッと見では誰のCDなのかも分からず、最後に謎なアートに走ってしまった感もある。最新メンバー写真で4人並ぶ、というのはシングル『Melody』でもうやってしまったというのもあるんだろうけど。

gift

作詞:小橋琢人、作曲:小田孝、編曲:新津健二
最後の公式新曲。同時期に小松未歩が5thアルバムで同じタイトルの曲を発表していたのでまさか最後に提供曲?という不安を一瞬感じたが「Melody」同様に浅岡以外の3人が作詞作曲編曲を分担したオリジナルだったので安心した。相変わらずバンド感はない、打ち込みっぽいサウンド。”愛してます”とファンへの感謝を歌っているようなのに何故こんなに物悲しいのだろうか…。けっこう悲しさが倍増するような寂しい最後の新曲だった。ただ「Melody」同様に解散ライブで披露された生音バージョンこそがこの曲の完成形であったと思う。
★★★☆☆
3rdベスト『Memorial BEST~Gift of Melodies~

Gift
The FIELD OF VIEW
2002/10/09 ¥255

君がいたから

1st 君がいたから
1st 君がいたから 95年5月15日 viewを経ての再デビュー作。viewが知られていなかった事とドラマタイアップで大々的に売り出したのも重なって普通にデビュー作として扱われていて周年起点もここになっている。いきなり初登場3位を...
「gift」の最後の雑踏の音から間髪を入れずにイントロが入ってくるように収録されている。

突然

2nd 突然
2nd 突然 95年7月24日 自身最大のヒット作。初登場2位から10週連続トップ10入り、100位以内16週ランクイン、122万枚のミリオンヒットを記録した。2位止まりだったのは200万級の超絶ヒットとなったドリカムの「LOVE ...

Last Good-bye

3rd Last Good-bye
3rd Last Good-bye 95年11月13日 1stアルバムからわずか1ヶ月での発売。初登場3位を記録したものの2週目に22位に吹き飛ぶという驚異的なランクダウンを記録して大失速。今でこそ珍しくもないが当時の3位→22位は...

DAN DAN 心魅かれてく

4th DAN DAN 心魅かれてく
4th DAN DAN 心魅かれてく 96年3月11日 初登場4位から50万枚を突破した3番ヒット作。ドラゴンボール人気により現在は「突然」に続く代表ヒットとして扱われるようになっている。 今作のジャケットは安部潤が抜けた3人...

ドキッ

5th ドキッ
5th ドキッ 95年5月20日 初登場4位から25万枚のヒットを記録した5番ヒット作。今作まで5作連続トップ10入りしたがこれが最後のトップ10ヒットとなった。またメンバー作曲による初のシングルとなった。 公式に今作でベース...

Dreams

6th Dreams
6th Dreams 96年11月18日 ドラマタイアップもついていたがここでついにトップ10落ち(14位)となり、徐々に低迷していった。ただこれはFIELD OF VIEWに限らずビーイング全体が時代の変化で飽きられつつあったのか...

この街で君と暮らしたい

7th この街で君と暮らしたい
7th この街で君と暮らしたい 97年4月23日 新人シンガー小松未歩による提供曲だが、デビュー1ヵ月前であり、今作が作家デビュー作となった。以降98年にかけてDEENやWANDSへも相次いで提供した。対して初期から関わっていた編曲...

渇いた叫び

8th 渇いた叫び
8th 渇いた叫び 98年5月20日 ベスト盤『SINGLES COLLECTION+4』から7ヶ月、シングルとしては実に1年1ヵ月ぶりというブランクを経てのBeat reC移籍第1弾。日本コロムビアにビーイングが新たに設立した新レ...

めぐる季節を越えて

9th めぐる季節を越えて
9th めぐる季節を越えて 98年7月29日 初の完全自作シングル。作詞作曲がメンバー、さらに編曲が初めてFIELD OF VIEW名義となった。C/Wでは小田孝の作曲が採用され、浅岡以外のメンバーも作曲を開始。メンバー主体の制作へ...

君を照らす太陽に

10th 君を照らす太陽に
10th 君を照らす太陽に 98年9月23日 前作に続く自作シングル。前作とは逆で表題曲を小田、C/Wを浅岡が作曲となっている。アルバム『FIELD OF VIEWⅢ~NOWHERE NOWHERE~』1週間前先行シングル。 ...

CRASH

11th CRASH
11th CRASH 99年3月17日 自作で独立したのかと思いきやビーイングの新人作家の提供の波が押し寄せ、DEEN、WANDS(まもなく解体)、ZARDなど生き残っていたビーイング勢は大体この時期に1回は新たな作家陣に提供されて...

青い傘で

12th 青い傘で
12th 青い傘で 99年5月19日 これより前はあまり記憶に残っていないが『CDTV』でこの曲が30位台にランクインしているのを見て、「DAN DAN心魅かれてく」とか「突然」の人たち今はこんな位置なんだーと思った記憶がある。過去...

Still

13th Still
13th Still 99年7月28日 4thアルバムへの先行シングル。8月6日にTBS深夜で放送された一色紗英とロンドンを旅する特別番組内にてアビー・ロードでミックスが行われていた事も判明したが、今作でその音源は採用されていない。...

冬のバラード

14th 冬のバラード
14th 冬のバラード 99年12月22日 8センチシングルとしては最終作。ここから『CAPSULE MONSTER』まで謎のトレカ押しが始まり、今作に関しては応募者全員プレゼントという形でトレカがプレゼントされた。トレカの写真はジ...

Beautiful day

15th Beautiful day
15th Beautiful day 00年2月23日 初のマキシシングル。今作に関してはバンドとオーケストラとのコラボレーションをコンセプトにしたEPやミニアルバム的な要素もある1作。別バージョン除いて唯一の新曲3曲仕様、そして唯...

秋風のモノクローム

16th 秋風のモノクローム
16th 秋風のモノクローム 00年10月11日 2ndベスト『FIELD OF VIEW BEST fifteen colours』と同時発売。C/W含めて2曲とも未収録。しかもこのままオリジナルアルバムを出せずに解散になったので...
前2作のベストの続きは今作から。また今作以降全てアルバム初収録。

Truth of Love

17th Truth of Love
17th Truth of Love 01年2月21日 結果的にFIELD OF VIEW名義、Beat reCレーベルでの最後の作品。BAADもPAMELAHも解散発表の無いまま停止状態となり、もうFOVだけとなっていたので、この...

夏の記憶

18th 夏の記憶
18th 夏の記憶 01年5月30日 前作より3ヶ月だが、決算期で何か色々あったのか、Beat reC消滅に伴い古巣ZAINへの出戻り移籍&それに伴いthe FILED OF VIEWへの改名第1弾シングル。移籍した頃はまだ先輩グル...

蜃気楼

19th 蜃気楼
19th 蜃気楼 01年7月25日 前作から2ヶ月で立て続けにリリースされた改名第2弾。早速浅岡雄也の髪色が元に戻っているが、PVでは銀髪に近いようなさらに変化した色合いで出演している。 順位は少し下げただけながら(前2作が4...

Melody

20th Melody
20th Melody 02年7月10日 前作から1年ぶりのシングル。アルバム制作中という情報はあったが、1年経過してようやく入ってきたのは解散発表であった。事後報告で消えていったビーイングの先人達と異なり、ラストシングル、ラストベ...

gift~my dearest~

作詞:小橋琢人、作曲:小田孝
アルバムラストに収録された別バージョン。アレンジ表記が無くなっており、ピアノとボーカルのみ。雑踏の音がバックに入っている1番と2番以降で空間が異なるミックスになっている。より歌詞とメロディーを噛み締める事ができるが、オリジナルよりもさらに物悲しい。なんかもうこれ聞くと完全完結完全終幕って感じで喪失感半端なかった
★★★☆☆
3rdベスト『Memorial BEST~Gift of Melodies~

コメント

タイトルとURLをコピーしました