3rd 天体観測

天体観測
01年3月14日
初登場8位と初のトップ10入りを果たすとそのまま10週連続トップ10に居座り、9週目に最高位となる3位を記録。合計11週トップ10にランクインした大ブレイク作にして最大のヒット作。当時ミリオンヒットが急に出なくなった年ではあったが、まだまだ50万オーバーのヒットは珍しくは無かったので01年のトップ級というほどではなかったが(年間26位)、トップ10に11週というロングヒットだけに記録以上に記憶に残るヒット作となった。




天体観測

BUMP OF CHICKEN=宇宙とか、BUMP OF CHICKEN=オーイエーアハーンとか現在も根強いBUMPのイメージになっている要素が詰め込まれた文字通りの代表曲イントロの流れ星感がとにかく秀逸だが、ギターを重ねてこれを演出しているところが原始的ながらうまい。ギター何本も重ねているのでライブじゃ同期無しで再現できなそうだけど…。若き日の…といっても主人公現在もそこそこの若さっぽいけど…2人で天体観測に行くくらいなのでまあ中学生とか高校生くらいじゃないかとは思うんだけど、天体観測した過去の記憶、今その時一緒にいた君はいないんだけど「イマ」というほうき星を1人追いかけている、つまり現実を生きて頑張っている、それをこれだけドラマティックに、そして高揚感たっぷりのサウンドで表現しているところがこの曲の凄いところで、さすが最大のヒット曲。名曲。

当時ロングヒットしまくっていたのでサビ部分のPVは良く見かけたが、かなりほっそりしていたのでなんとまあ線の細いバンドだなぁ…と思った記憶も。02年にはこの曲に着想を得たというドラマ『天体観測』がフジテレビの連ドラとして制作され、この曲含むBUMP楽曲が大量に使用されたが、新曲は使用されなかったので主題歌は中島美嘉の「WILL」だった。
★★★★★
3rdアルバム『jupiter
1stベスト『BUMP OF CHICKEN Ⅰ[1999-2004]

C/W バイバイ、サンキュー

文字通り故郷からの旅立ちの心情を歌ったナンバー。曲終わりの”ひとりぼっちは怖くない”の連呼がひたすら言い聞かせているようで本当は怖いんだな…というのが丸分かりなところがBUMP OF CHICKENっぽい。上京したことがある人であれば広く適用できそうな曲だが、実際にはボーカル藤原の先輩が旅立つ際に作った曲で自分の事ではなかったらしい。
★★★☆☆
C/Wコレクションアルバム『present from you

シークレットトラック
H・I・R・O・W・A・K・I

3~20トラックまで23秒ずつの空白を経て21曲目に収録。今回は普通にド頭から始まるので、3曲目になってからスキップボタンを18連打すれば聞ける。

意外と普通なバンドサウンドだが、全編裏声で”ひろあき”を歌っているという謎曲。ギターの増川のひろあきだけでなく、もう1人高橋のひろあきも一緒にイジられていて誰だよ…といった感じだがマネージャーらしい。名前が一緒なので巻き込まれたのだろうか…。

「天体観測」で知ったリスナーはさぞ唖然としたことだろう。当時今作は手に取らなかったので初めて唖然としたのはアルバム「jupiter」だった。

コメントを残す