1st BELIEVE

BELIEVE
93年2月24日
89年結成、91年インディーズデビュー(アルバム)、92年メジャーデビュー(アルバム)を経て、93年になって初のシングル。初動で7万近くを売り上げていたが当時のチャートレベルは高く、11位となった。終幕前では唯一トップ10入り出来なかったシングル。




BELIEVE

激しいサウンド+シャウト気味のRYUICHIのボーカルは若く荒々しく河村隆一以降に後追いで『SINGLES』で聞いた時にまず誰だこれ!?と衝撃を受けた1曲。荒々しさがありながら1stシングルとは思えない圧倒的に完成された世界観は聞く者を選びそうではあるが圧巻。

アルバム『EDEN』収録時はアルバムバージョンとなり、ミックスが全体に異なる以外にはイントロ部分がいきなりバンド演奏から入るように変更されている。

終幕時には『PERIOD』で再録音され、歌声がすっかりマイルドな河村隆一仕様に変貌したが、なんだか全体にもっさりしてしまった感じがする。原曲の荒々しさと狂気にも似たインパクトがこの曲の肝だったのかもしれない。
★★★☆☆
3rdアルバム『EDEN』(アルバムバージョン)
1stベスト『SINGLES
1stライブアルバム『NEVER SOLD OUT』(96.8.31 日本武道館)
2ndベスト『PERIOD~THE BEST SELECTION~』(再録音)
5thベスト『COMPLETE BEST
6thベスト『COMPLETE BEST-ASIA LIMITED EDITION-
7thベスト『25th Anniversary Ultimate Best THE ONE

C/W Claustrophobia

淡々と進行するミディアムロック。歌声も低いがキメ所ではガッと音程を上げてくるので盛り上がるところは盛り上がる印象もある。LUNA SEAの特徴である美しさを感じるギターの旋律も印象深い。
★★★☆☆
1stベスト『SINGLES

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*