20th STAY AWAY

STAY AWAY
00年7月19日
前作から半年ぶりのシングル。「虹」以降の怒涛の作品リリース、超バブル的メガヒット連発期の最後の作品にもなり、この後アルバム『REAL』をリリース後は新作のリリースが停滞した。ミリオンセラーが当たり前だった時代もほぼ同時期に終息したため、今作までの売上と次回作以降の売上ではかなり極端な開きが生じている。

GLAY、サザンとの同時発売によるチャート対決が話題となり、GLAYと共に初動50万枚突破の激戦を繰り広げたがGLAYに及ばず2位となった。しかしGLAY共々これまでのように初動50万枚突破からのミリオンセラーを達成できずに共に累計70万台に留まった。2週目以降は初動30万と20万もの大差をつけていたサザンオールスターズが終始上回り続け、最終的な売上では10万枚程度サザンに逆転されている

…が、この日発売されて本当に1番売れたのは14位に初登場していた中島みゆきの『地上の星/ヘッドライト・テールライト』になるとは00年当時誰も思いもしなかった。

C/Wに新曲が収録された現時点で最後のシングルでもある。前世紀が最後だったのかよリミックスやピアノインストが収録されているがカラオケ(hydeless version)は未収録。初回盤は半透明の特殊デジパック仕様。




STAY AWAY

作詞:hyde、作曲:tetsu、編曲:L’Arc~en~Ciel&岡野ハジメ
「NEO UNIVERSE」に続く資生堂CMタイアップ。軽快なロックチューンだが、サビになると音程が低くなり、Aメロの方がなんか高いというセオリーを外した楽曲。しかし全編に渡ってキャッチーなので非常に聞きやすく、特に夏らしい歌詞は無いものの夏という季節にも合った楽曲だったと思う。ラストのサビでメンバー全員が踊るというPVもインパクトだったがCG合成だとアナウンスされており、CG技術はそんなに進んだのか…!?二重に驚いた00年高校1年生の夏であった。

これまで友人に借りるなどして飛び飛びでシングルを聞いていたが、今作は初めて自分でレンタルしてきたシングルでもあるので思い出深い1曲でもある。また何度か触れてきたようにカラオケで自爆していく友人を常々見てきたのでラルクをカラオケで歌う事には慎重になるというかまあ普通にラルク=歌えない、として回避していた中で、今回の曲低そうだから歌えるんじゃね?と思ったというのも自ら手に取った理由の1つだった。というわけで前作で自爆していた2人は依然として前作で自爆し続けていて今作に手を付けなかった事も重なり、個人的にはカラオケで初めて歌ったラルクの曲という思い出もある。
★★★★☆
8thアルバム『REAL
1stベスト『Clicked Singles Best 13
3rdベスト『The Best of L’Arc-en-Ciel 1998-2000
8thベスト『TWENITY 2000-2010
海外限定ベスト『WORLD’S BEST SELECTION

C/W get out from the shell

作詞:hyde、作曲:yukihiro、編曲:L’Arc~en~Ciel
リミックスではなくyukihiroによる新曲。アレンジに岡野ハジメが参加せずバンド単独になっているが、ほとんどyukihiro単独なんじゃないかというくらいバンドっぽさは無く、いつものyukihiroリミックスに近いマニアックさがある。なんだかんだ一連のリミックスよりオリジナル曲である今作の方がいい事はいいが…。

オリジナルも半分くらいは英語だったが、『REAL』に収録されたasian versionは全英語詞になっているバージョン。asianなのに何故全部英語になってしまうのかは正直よく分からなアルバム1曲目でいきなりこのマニアックさというのはちょっとしんどかった。こちらでのベスト盤収録の方が多いが、いずれにせよC/Wの中では非常にベスト盤選曲が多く、yukihiro作曲作品の中では代表作的な存在となっている。
★★★☆☆
4thベスト『The Best of L’Arc-en-Ciel C/W
8thベスト『TWENITY 2000-2010
8thアルバム『REAL』(asian version)
3rdベスト『The Best of L’Arc-en-Ciel 1998-2000』(asian version)
5thベスト『QUADRINITY~MEMBER’S BEST SELECTIONS~』(asian version)

C/W STAY AWAY-Jaze Poo Mix-

作詞:hyde、作曲:tetsu、re-mixed by TT man
yukihiroではないリミキサーによるリミックス。打ち込みリズムと徐々にテクニカルさを増していくジャジーな感じのピアノがサイドで自由に動き回っているといった感じの比較的シンプルなトラックになっていて歌はちゃんと進行する。元が歌メロのしっかりした楽曲というのもあって意外と聞きやすい。
★★★☆☆
アルバム未収録

C/W STAY AWAY-Truly Barbie Forest Ver.-

作曲:tetsu、ピアノ・編曲:HAL-Oh Togashi
HAL-Oh Togashiによるピアノインストバージョン。かなり激しくアレンジされているため、最早何の曲を弾いているのか良く分からず、断片的に「STAY AWAY」のメロディーを奏でているような気がする…というレベル。今作で唐突に収録されたこの後半2曲は何だったのだろうか。比較的1度始めるとそのパターンをしばらく続ける事の多いラルクC/Wの中では外部リミックスとか外部ピアノインストとか1回限りの試みだったし…。
★★★☆☆
アルバム未収録

コメントを残す