10th SHINE

SHINE
98年6月3日
前作から2ヶ月でリリースされた活動再開第2弾。7月のアルバム『SHINE』のタイトルチューンにもなった。2作連続での1位を獲得したものの、売上は「END OF SORROW」や「TRUE BLUE」と同等にまで早くも落ち着いた。




SHINE

トヨタのカーナビのCMタイアップ。タイトル通りにキラキラとした明るくキャッチーなロックナンバー。さすがに鳴り響くバンドサウンドにはかなりの重厚さがあるんだけど、歌詞のキラキラJ-POP感とポップなメロディーはLUNA SEAのイメージをぶっ壊すような勢いで、実際シングルの中では最もポップな曲だと思う。当時からかなり好きな曲ではあったけど、賛否は次回作と並んですさまじかったようだ。RYUICHIは「音楽と人」のインタビューでイタズラ電話でこの曲はまるっきり河村隆一じゃないですか!という怒りモードの留守電が入っていたが、この曲の原曲は自分ではなくてJであることを笑い話として後に語っている。曲というか歌詞が河村隆一っぽいっていうのが大きい気がするが…。とはいえこの前向きな歌詞は中学生にはジャストヒットであり、正直1番歌詞がリアルタイムで心に残っている曲だったりもする。そういう意味では1番いい時期にこの曲がリアルタイムで当たれて良かった。
★★★★★
6thアルバム『SHINE
2ndベスト『PERIOD~THE BEST SELECTION~
5thベスト『COMPLETE BEST
6thベスト『COMPLETE BEST-ASIA LIMITED EDITION-
7thベスト『25th Anniversary Ultimate Best THE ONE

C/W Looper

タイトル通りにリズムのループ、ラップなどHIP HOPっぽいアプローチを導入した実験的要素の強い楽曲。ある意味で1番世間に開いていた時期にA面はとびきり分かりやすい事をきっちりやっておいて、他では挑戦を続けていてそんなにバンドの状態は悪くは無かったのかなと思ったりもするが、迷走していたと捉えられなくもない。
★★★☆☆
3rdベスト『another side of SINGLES Ⅱ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*