1st Blurry Eyes

Blurry Eyes Blurry Eyes
94年10月21日
92年にインディーズでシングルを出し、93年にインディーズでアルバムを出し、94年7月にビデオシングル「眠りによせて」でメジャーデビューし、同月にアルバム『Tierra』をリリースして、その次にリリースされたのが1stシングルCDとなる今作。1stシングルではあるがメジャーデビュー作というわけではなく、先にビデオシングルを出していたので初のシングルというわけでもない…というかなり珍しい立ち位置の1stシングル。

2曲ともシングルカットだが、C/Wの「Wind of Gold」は別バージョンであり、今作でしか聞くことができない

94年当時のO社最高位は22位だったが、06年15周年マキシシングル化再発の祭に12位まで最高位を更新した。




Blurry Eyes

作詞:hyde、作曲:tetsu、編曲:L’Arc~en~Ciel
アニメ『D・N・A² ~何処かで失くしたあいつのアイツ~』OP。EDを担当したシャ乱Q「シングルベッド」の方はロングヒットしてミリオンヒットになったがこのアニメにタイアップ効果があったというわけではなかったと思われる。

耽美で濃い世界観が目立つここまでの初期の中ではかなりキャッチーな印象の楽曲で、これが当初普通にアルバム曲だったというのもなかなか凄い。クリアーなサウンド、ギターよりも目立って動き回るベース、hydeの圧倒的な色気を放った美しいボーカル…とこれが1stシングルとは思えない完成度の高さ。圧倒されるというよりうっとりするような美しさを併せ持った楽曲だ。
★★★★☆
2ndアルバム『Tierra
1stベスト『Clicked Singles Best 13
2ndベスト『The Best of L’Arc-en-Ciel 1994-1998
6thベスト『TWENITY 1991-1996
海外限定ベスト『WORLD’S BEST SELECTION

C/W Wind of Gold (Many Kind of Percussion Mix)

作詞:hyde、作曲:ken、編曲:L’Arc~en~Ciel
優雅で美しいhydeのボーカルとメロディーに何故か異色のレゲエ風アレンジという原曲もかなり珍作感が漂うものだったが、このバージョンではサブタイトル通りにドラムをパーカッションに差し替え、よりガットギターを強調、さらにパパパパパッと随所でザ・南国レゲエなラッパシンセ音が鳴り響くというさらに南国感を強調した仕上がりに。ボーカルとメロディーが別に陽気でも何でもないのに、サウンドだけ南国リゾートみたいな陽気なノリでチリチリロンゲの外国人が横揺れしながら踊ってそうなこのミスマッチ感がかなりインパクト。そこをわざわざもっと徹底したところが面白い。
★★★☆☆
アルバム未収録
2ndアルバム『Tierra』(原曲)

コメントを残す